メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

青天を衝け 1話〜23話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、青天を衝けが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 青天を衝けの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

青天を衝け

青天を衝け

2.4
(54件の口コミ)
出演者 3.5
ストーリー 2.4
演技 2.9
映像 3.1
(54件の口コミ)
NHK総合
初回: 2021年02月14日
NHK総合 日 20:00-20:45
初回: 2021年02月14日
NHK総合 日 20:00-20:45

青天を衝けのあらすじ

脚本家・大森美香が「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一を主人公とし、幕末から明治までの激動の時代を描いた第60作目となるNHK大河ドラマ。渋沢栄一(吉沢亮)が資本主義の考えを作り出し、変わりゆく時代を生き抜いていく。

青天を衝けが見られる動画配信サイト

脚本家

話数

最新口コミ

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
青天を衝け 第23話

まさに大きく時代が動いたその日。歴史の授業で大政奉還・王政復古のことは知っていましたが、どこまでが史実かはともかく慶喜はこんな大きなことをひとりで考えて決意したのかと思うと、胸にこみ上げてくるものがあります。明治時代に入ってからもしっかりと生きて当時としてはかなり長生きだったということも記憶しているので、そういった意味でも広い視野を持った策略家であったんだろうなと思います。そしてそんなイメージの慶喜が本当に草彅剛さんに似合っている。

今回のドラマでかなり印象が変わったなと思うのが薩摩藩です。こうした時代劇では主人公側になることが多い薩摩と長州ですが、慶喜が主人公の側面も持っていることか...

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
青天を衝け 第23話

徳川家康(北大路欣也)の語り部としての扱いを今まで以上に上手い形で出してきたなと感じた。

まさかの 徳川慶喜(草彅剛)が、大政奉還 する事を告げたタイミングで出てくるとは憎い演出に感じた。

パリでの栄一達にも影響を与えるのが、徳川幕府終焉が近づく事を予感した回。 

次回は、オリンピック 影響で8月放送(泣) 

まあ、ゆっくり次回の放送を待ちます。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
青天を衝け 第22話

パリの映像がCGであったけど、再現度が凄く、圧倒された。

NHK の気合いの入れ方を感じた。

ディーンフジオカ が演じた、五代友厚が、あさが来た とは別人な感じでここまで同じ役で魅せ方が違うのが凄いなと感じた。

次回も五代に期待したい。

続きを読む
4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
青天を衝け 第22話

篤大夫一行はパリへ到着。航路はかなり省かれ地図でわかりやすく説明されていましたが、当時の船旅を考えるとかなりの長旅だったでしょうね。今同じ航路で旅をしろと言われたら、私は最後まで行ける自信がありません(笑)。篤大夫たちがカルチャーギャップに驚いている間、日本ではかなり大きな動きも。薩摩との軋轢などもあり、さらにはこの年に明治へと改元することになるんですよね。ドラマの流れもさることながら、家康のコーナーがどうなってしまうのかも心配です。せっかくだしたまに出てきてほしいのですが…。

ロケなどができなかったであろうパリのシーンも、かなり違和感なく作られていたのではないでしょうか。おそらくCG...

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
青天を衝け 第21話

L字放送が悔やまれるぐらい、素晴しい回であった今回。

遂に、栄一(吉沢亮)が、パリに行くことになり、次回からが益々、楽しみ。

新キャストも続々登場で今後の期待感が増すぐらい。

新たな章の開幕。

今後の今作の展開に大いに期待したい。

板垣李光人 が慶喜の弟役を演じるのがなんか、大きくなったなと感じた。 

当初は、離脱ぐらいにまで考えていた今作。 

間違いなく回を増すごとに面白くなってきた。 

続きを読む
4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
青天を衝け 第21話

篤太夫と成一郎、それぞれ道を違ってしまったのはしょうがないこととして、そのままずっとすれ違いが続いていたのが気になっていました。なので篤太夫がフランスへと旅立つ前に、ちゃんとふたりが再会できてよかった。しかもずっと会えていなかった長七郎にも会えたし、それぞれの成長を再確認できたような印象です。

慶喜が正式に将軍になったことで周りの人物もだいぶ様変わりしました。比較的近代なので知った名前もありましたけど、歴史にはさほど詳しくないこともあって覚えるのに一苦労しそうです(笑)。新しい時代へと向かうかのようなフレッシュな顔ぶれ、俳優さんの名前はわかるんですけどね…。次のフランス回は「いだてん」...

続きを読む
5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
青天を衝け 第20話
慶喜の将軍就任がいよいよ目前に。貫禄も今まで以上に感じられるし、負け戦になるのに意地を張らず撤退する潔さもある。今のところ私の目には「理想の上司」のように映っているのですが、あれだけの人数を率いているとやはりよく思わない人もいるようですね。 篤大夫もかなり自分の芯が固まってきたように見えます。自分自身と一橋家とそれぞれ客観的に見られているようですし、こちらも主人公としての貫禄がだいぶ出てきたかなと。ただ、前回くらいから少しずつ考えが違ってきている成一郎と、あんな取っ組み合いのケンカをするのには呆れるのと同時に笑ってしまいましたが。次回また篤大夫の大きな転機が描かれるようなので楽しみです...
続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
青天を衝け 第20話

渋沢栄一(吉沢亮)と土方歳三(町田啓太)の語りが良かった、第20話。

なんか、当初、自分が思ってた印象とは随分変わって、面白さが増してきたなという印象。

栄一の主人公としての立ち位置も見えてきたから。

ただ、それでも徳川慶喜(草彅剛)の方が見てて面白いなというのは変わらないが。

大奥の中での、深川麻衣 の陰のある演技は、どこか、RISKY を思わせる感じに見えたのは自分だけかな。

後、磯村勇斗 がもうこれで出演が最後というのはやっぱ哀しい(泣)

続きを読む
4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
青天を衝け 第19話

慶喜が朝廷にいるシーンはいつもスリリング。今の帝とは思うところが似ているようですが、そばにいる公家衆が口を出しますからね。慶喜にも今まで以上に迫力が備わり、腹が据わっているように見えました。

一方で篤大夫は得意の商売でさらに才覚を発揮して、大きな役職にも。現在でも参考になるような商売のしかたを提案している姿は、こちらも慶喜と同じく腹の据わったように見えてかなり頼もしくなりました。気になるのは成一郎のほうで、一橋家に仕えるという覚悟はともかくこの後の歴史の流れを知っている者としては、歴史の流れに逆行するかのように武士・兵隊の方向で力を入れてしまっているのが見ていて心が痛む思いです。まだい...

続きを読む
2.0
出演者 5.0
ストーリー 2.0
演技 2.0
映像 2.0
青天を衝け 第19話

私的に、今朝、比べてはいけないが、黄金の日日 の第12話の延暦寺焼き討ち展開の壮絶なシーンを見てしまった後なので、淡々と進む今作の展開に物足りなさを感じてしまった。

まあ、激しい展開も時にはあるが。

何だろう??

やっぱ、本作に嵌れないのは、大河ドラマ 要素として何処か物足りなさがあるのよな。

前回、栄一(吉沢亮)が、主人公ぽくなったと感じたが、何か今回はまた偉そうに感じてしまった。

まあ、次回は、劇的展開がある事に期待したいが。

五代様は良かったです。

続きを読む
評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す