口コミで見つかる、とっておきのドラマ。

PICK UP 口コミユーザー

急上昇 ドラマランキング

朝ドラ人気ランキング

国内 ドラマランキング

海外 ドラマランキング

韓国・アジア ドラマランキング

CS・BS・ネット ドラマランキング

話題の俳優

いいねアイコン いいねが多かった口コミ

  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第4話

    ドキっとさせて奈落へドーン!!

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    「あの人、子供いますよ」

    衝撃の事実から始まった第4話

    いきなりトップギアのドロから始まる「ギルティ〜この恋は罪ですか」

    コロナの影響で放送がとまってたことで幸か不幸かこのドラ...
    続きを読む 「あの人、子供いますよ」

    衝撃の事実から始まった第4話

    いきなりトップギアのドロから始まる「ギルティ〜この恋は罪ですか」

    コロナの影響で放送がとまってたことで幸か不幸かこのドラマを見るようになり

    めっちゃくちゃにハマっています!!

    正直、今期の春ドラマで一番興奮しています!!

    そんな第3話のあらすじは


    瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞かされた爽(新川優愛)。信じようとしない爽に、瑠衣は「嘘かどうかはすぐ分かることですから」と言い放つ。
    爽は出社したものの、瑠衣に言われたことが頭から離れず、仕事に身が入らない。彼女は考えるうちに自分の留守中に瑠衣が家にあがり込んでいたと気付き、吐き気を催すほど気分が悪くなる。
    そんな中、爽は若菜(筧美和子)とランチをすることに。爽は若菜に、瑠衣から一真に子供がいると言われたことを話す。すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。爽は、若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。


    疲れ果ててマンションに戻った爽は、幸せだった頃の一真との思い出が詰まった部屋を眺めるうちに気持ちを高ぶらせる。思い出を振り払うように部屋の中をめちゃめちゃにしてしまう爽。そして彼女は、一真に手紙を綴るのだった。
    一真が帰宅すると、すでに爽はいなかった。一真は“カズくんへ”と書かれた手紙を見つけて手に取るが、読むことができない。どうしてこうなってしまったのかと後悔する一真。彼は、自分の過去を思い返す…。



    いや正直、この新川結愛、町田啓太さんのウスドキ(うっすい恋愛ドキドキシーン)はいらんなあと思いながらも

    毎回このドラマはそこから一気にドロへドーン!!!

    沼にズーン!!


    花の奥がひりひり焦げ付くような


    シュ〜ラ〜バ〜♫

    ラバラバダ♫

    ラバダバダ♫

    シュ〜ラ〜バ〜♫

    ラバダバダ♫

    ラバダバダ♫

    「映画『男と女』の主題歌」より


    そんなドロに一気に落としてくれる感情の振れ具合が半端じゃなのよ!!

    上がったら必ず落とす!!

    昼ドラ以上の感情の高低差!!!!!


    もう町田啓太さんとか会社の同僚とのウスドキシーンはいらんねん!!

    と思っているところからの

    新川結愛さんの絶叫!!!!!

    いいですね〜!!

    いい叫びですね!!!

    もっとちょうだい!!!!

    もっとちょうだい!!!!

    おじさんに叫び声をもっとちょうだい!!!!

    今回は小池徹平さん演じる「かずくん」の過去

    いいですね〜。

    黒いですね〜!!

    黒いですね〜!!

    そして長いですね〜


    ちゃうねん!!

    お前は可愛い顔してとことん悪いやつでいて欲しかってん!!

    浮気がバレて喧嘩して嫁に惚れ直すとか

    いらんねん!!!

    膝ついて泣くな!!!

    すぐ別の女のところ行け!!!

    瑠璃(中村ゆりか)のとこちゃうぞ!!

    別の愛人のところ行って

    「いや、まいったよ。どいつもこいつも・・。僕にはもえ(仮)だけが唯一心許せる相手だから」

    とかいってラブシーンかまさんかい!!!!

    この小悪党が!!!!!

    なんで愛人一人やねん!!!

    それにしてもこのドラマは期待の引っ張り方が上手いよね。

    話の最後に新たな裏切り者!!

    また新たな展開!!

    もう最高すぎますね。

    観ててこんなにテンションが上がって爆笑するドラマがなかなかございやせんよ!!

    今回は新川結愛さんの1回目の叫びとスマホを池にぶん投げたシーンで声出して笑いました。

    スマホを池に投げるの意味わからんやん(笑)

    明日からめっちゃ困るからすぐ携帯ショップに朝一で行くやん(笑)

    僕はこのドラマのこう言うちょっとしたシーンが大好き!!!

    もう次の話も楽しみで楽しみで・・・。



    ばいふぉな〜う♫
  • 美食探偵 明智五郎 第9話

    僕は大好きなドラマでした!!

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    ついに「美食探偵 明智五郎」も最終回

    コロナで撮影休止を余儀なくされて

    めちゃくちゃ大変ながらもたどり着いた。

    前回のラストのめちゃくちゃ荒い合成映像にちょっと驚いたけど

    ...
    続きを読む ついに「美食探偵 明智五郎」も最終回

    コロナで撮影休止を余儀なくされて

    めちゃくちゃ大変ながらもたどり着いた。

    前回のラストのめちゃくちゃ荒い合成映像にちょっと驚いたけど

    何事もなかったように明るい始まり方

    けっきょく、この新米刑事の立ち位置がよくわからずやったな。。

    原作では重要な役柄なのかな?

    今回もまた毒殺!!!

    このドラマは毒殺おおいね。

    前半のテロの件とか正直、前回とほとんどおんなじ流れやからいらんかったんちゃう?

    あのイチゴがさらわれたところから今回の最後のシーンまで繋げた方が自然やったよな。。

    しかし、マリアの

    「今日殺されるとしたらなにが食べたい?」

    って答えにくい質問やな。

    最後の晩餐なににしたらええんやろ?

    こういうの〇〇って即答できる人すごいよな。

    「今日、なに食べたい?」

    って聞かれても

    「うーん。なんやろなぁ」

    って思いつきもせんもんな。

    今なんかお腹いっぱいやからなんにも食べたくないしな。

    その時で気分変わるし。

    もし最後なら食べたいものが素麺やったら

    ゆがいて

    ちゅるん

    ですぐぶっ殺されるから

    3日くらいじっくりことこと煮込んだスープとか言うて時間かせごかな。。

    しかしながらこのドラマで一番よかったのは

    小池栄子さんの怪演!!

    この作品で本当にこの人のすごさが改めてわかった。

    こんなすごい女優さんだとは思わなかったな


    警察どんだけポンコツやねん

    なんでこいつ銃持ってんねん

    裸足でどこまで走ってんねん

    どないしてマリアと明智は生き残ったんや?

    ツッコミどころ満載で

    最後の最後にようわからんようになってもた

    このドラマの不穏な空気を一気に引き戻してくれる。

    また小池栄子さんの顔立ちと黒のドレスに

    包丁逆手持ちがよくお似合いだこと!!!!

    知ってた?

    包丁を順手で持つのと逆手で持つのとでは罪の重さが変わるからみんな気をつけようね^_^

    そこからの武田真治の死に様よ!!!!!

    わらけるくらいの死にっぷり!!

    ピストルで一発撃たれただけでこのドラマで死んでいった数々の脇役たちをあっさりと超える死にっぷり!!!

    本当にご結婚おめでとうございます!!

    22歳年下ってうらやましいな!!!

    俺の22歳年下って16歳やから手出したら犯罪やけどな!!

    さあ時間的にもクライマックスだ!! 


    そして、最後は崖!!!!


    あの日と同じ崖!!!!


    そうですよね!?

    サスペンスの最後は崖ですよね!!

    こっから独白があって

    最後飛び降りてマリアーなのか!?

    それとも二人でドカンボコン!?

    どうなるの!?

    さあここからが面白いところではございますが!!

    なんとなんと!!

    お時間がいっぱい!!!

    とするのがあの神田伯山のやり方!!

    あれ?

    これ前にやったことあった?

    てか

    この崖でもう少し引っ張るのかなって思ったらめっちゃさっさか終わってエンディング

    あっさり終わってもたなー。。

    正直、前半の毒殺うんぬんはいらないからもっと主要メンバーのええシーンがほしかったかな?

    まあでも、コロナの中で時間も限られたなかやから色んなことを端折り気味でも仕方ない。

    前半ものすごく面白かったけど

    コロナのせいでペースが狂ってしまった本当にもったいないドラマ

    最後の駆け足気味なところがちょっと残念だったけど僕は大好きなドラマでした!!

    スタッフ、そしてキャストの皆様ご苦労さまでした。
  • 私の家政夫ナギサさん 第1話

    待ちに待った期待のドラマ

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    原作が好きなのでドラマが決まった時は、ナギサさんを大森南朋さんが演じることにピンときませんでした。が!とてもGOODです。想像以上にナギサさんです。

    そして、メイ役の多部未華子さんもとても...
    続きを読む 原作が好きなのでドラマが決まった時は、ナギサさんを大森南朋さんが演じることにピンときませんでした。が!とてもGOODです。想像以上にナギサさんです。

    そして、メイ役の多部未華子さんもとても良い。製薬会社のMRとして入社3年目以降、営業成績1位をキープしているテキパキしたキャリアウーマンのアラサーだけれど、仕事以外のことには無頓着。部屋もとーっても汚いので、家事代行サービスに務める妹から、家政夫のスペシャリスト・ナギサさんを送り込まれ、半ば強引にお世話になります。

    疲れて帰宅すると、ナギサさんが家事を完璧にこなしてくれているだけでなく、親身になって心配もしてくれる。的確な言葉もかけてくれる。誰もがあんな家政夫さんがほしいと思うはずです。

    そして、瀬戸康史さん演じる仕事のライバルで、完璧な爽やかイケメン・田所くんが、まさかの隣人という最高シチュエーション。あいみょんのエンディング曲も絶妙です。実写化に大満足の1話でした。

最新口コミ 最新口コミ

  • MIU404 第3話

    メロンパンの車はレギュラー化?

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    二人の台詞回しのテンポがよくて知らず知らず引き込まれる。イヤミな感じがせず、自然にキャラクターが浮かび上がってくるのがいい。
    へんに小洒落たセリフをいじって狙うと痛い感じになるが、このドラマは...
    続きを読む 二人の台詞回しのテンポがよくて知らず知らず引き込まれる。イヤミな感じがせず、自然にキャラクターが浮かび上がってくるのがいい。
    へんに小洒落たセリフをいじって狙うと痛い感じになるが、このドラマは安心して見ていられる。

    冷静な志摩(星野源)がやんちゃな伊吹(綾野剛)をリスペクトしていることがじわりと伝わってくるのもいい。
    今回はそれを表す明瞭なセリフもあって嬉しかった。

    MIUチーム全体の信頼感を際立たせているのが、ムカつく発言を繰り返すエリート九重(岡田健史)。コンサバな見た目のため抜擢されたのかも知れないが、大事な役なのでがんばって欲しい。声がもう少し通るといいね。

    終盤に全部をもっていった感のある菅田将暉。まだ役名も明らかになっていないけど、赤い革ジャンが似合いすぎ。ラスボス的存在になるのかな。
    星野&綾乃のバディを一人で十分に受け止められる存在感がすごい。


    「連帯責任なのよ」の女校長、むっちゃ感じ悪かった。生徒たちがオイタに走ったのもこの校長のせいなんじゃないかと思う。
    先回りしてのシュレッダー、なんか聞いた話だな。
    学校=隠蔽体質のイメージは一般に広まってるけど、実際どうなんだろう。

    メロンパンの車はレギュラーになったのだろうか。目立ちすぎて犯人の高校生たちにも二度目は見破られていた。これで菅田将暉を追うのは無理そうだが、、、?
  • MIU404 第3話

    時は分岐点の前に戻せない

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    菅田将暉をサプライズ登場要員にするなんて贅沢すぎる。素直に声出して驚いてしまった。脱力タイムズのアンタッチャブル復活回みたいだ。
    踏み台にされた岡崎体育へのケアはしっかりしてほしい。

    今...
    続きを読む 菅田将暉をサプライズ登場要員にするなんて贅沢すぎる。素直に声出して驚いてしまった。脱力タイムズのアンタッチャブル復活回みたいだ。
    踏み台にされた岡崎体育へのケアはしっかりしてほしい。

    今回も情報量が多いのに、登場人物に全てを語らせず、演出や映像で補うように視聴者に理解させたのが素晴らしいと思った。
    玉は自分の意思で進むわけではない。弾かれ、回転し、進むその道は、必ずしも自分で選んだものではない。
    犯罪者になるかならないかの分岐点は自分で選べるものではないことを、転がる玉が理解させる。
    そして、それを止められるのが伊吹。溢してしまったのが九重。残酷な比喩だと思う。
    (比喩について言えば、他にも子供たちの悪戯の円陣と大人たちの本気の円陣など、挙げればキリがないので省略。)
    前回の加々見と伊吹が犯罪者と警察官に分岐したのもこの程度の差なんだろう。避けられない障害物の数が少し違っただけ。

    第2話と共通したメッセージはもう一つ。時は戻せないこと。
    九重がどんなに後悔しても、自業自得では片付けられない、抗えない力の中で罪を背負うことになる子供を生み出す前には、戻れない。
    きっといつか、あの時声をかければ成川も「少しの罰を受ける陸上部」に加われたはずだったと後悔するだろう。
    でも、それはできない。罪を犯す前に戻れないのと同じように、「救えなかった」その分岐点には戻ることはできない。
    だから志摩と伊吹は、決定的な罪を犯す前に救おうと奔走する。
    決定的な失敗をしたことがない九重は、罪を犯したなら裁けばいいという考えだから、2人のような必死さがない。たとえ裁かれるとしても、反省では済まされない罪を犯した場合と、いたずらで済まされる罪をを犯した場合ではその後の復帰が大きく異なることを彼はまだ知らない。
    こんな痛みで知るのはかわいそうかもしれないけど、多分必死になっている志摩と伊吹も、こういうことを乗り越えてきた。誰かの痛みでしか学べない、警察は悲しい仕事かもしれない。

    そもそも、自己表現のためにいたずらを主導した成川と他の部員とでは、「戻りやすさ」はかなり違ったと思う。
    成川を追いかけたのが志摩や伊吹なら、最後に声をかけただろうと思ったけれど、それでも成川は戻ってこなかったかもしれない。最後の最後に夜の街へ消えることを望んだのは彼自身の意思だったから。子供にそう思わせた時点で大人としては心苦しい。
    だから、九重のせいで成川が取り返しのつかない地点へ行ってしまったわけでもないかもしれない。元々成川と他の部員とでは、道に置かれている障害物の数が違ったんだろう。
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第6話

    知らない方がいいこともある。

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 今回はるいと秋山の関係が明らかになった。

    まさか、妹だったとは、、、。
    秋山と妹の絆はなぜかわからないけど、深そう。
    血が繋がっていないけれど、さすが兄弟だと思った。
    もしかして、秋山はるいを爽から守ってるのでは??
    過去になにがあったのか??

    爽の敵はるいだ。爽は、なぜるいが狙ってくるのかがわからない。爽は正義感が強すぎる。

    知らないうちに、誰かを傷つけてしまっている アンコンシャスバイアスに気をつけたい。

    美和子にも何か秘密がありそう。

    秘密を抱えすぎていると、ろくなことは無いと思う。


    今後の展開が楽しみだ〜🎵

出演者 からドラマを探す 出演者からドラマを探す

その他の条件 からドラマを探す その他の条件からドラマを探す

TVマガの記事

新着記事

    評価をする