口コミで見つかる、とっておきのドラマ。

PICK UP 口コミユーザー

急上昇 ドラマランキング

スポーツドラマ 人気ランキング

国内 ドラマランキング

海外 ドラマランキング

韓国・アジア ドラマランキング

CS・BS・ネット ドラマランキング

話題の俳優

いいねアイコン いいねが多かった口コミ

  • MIU404 第3話

    モンスター級のドラマなのか、、、?

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む
    第3話鑑賞させて頂きました。

    回を増すごとになんだか、綾野さんと星野さんのコンビの息がどんどんあっていてる感じがしますね!

    勿論、物語的にもそうなっていってるからなんでしょうが、それだけでは無い、もっと深い所でのコンビネーションの良さを感じます

    このドラマ、やはり「アンナチュラル」の様に、毎回なんだか少しモヤモヤする様な、切ない雰囲気が漂ってますね。

    犯人が絶対的に悪いという訳ではなくて、人にはそれぞれ理由があるみたいな

    そして、そこに熱い二人が、絡み合っていって、なんだかとても良い味が出ています

    やっぱり麻生久美子さんに対する、星野さんの恋心的なものもあり

    このドラマ、どうやらモンスター級の匂いがプンプンしてきましたよ


    今回もまた、なんだか切ないラストでした。

    陸上部の無くなった高校の、元陸上部の生徒達が、只走りたいという理由だけに、警察に、嘘の通報をして、警察から走って逃げ切るというお話。

    こう書くと、只のしょうもないイタズラの話に聞こえてしまいますが、ここに、学校を守る為に、理事長により陸上部は抹消されたという過去があったり
    走る事に青春をかけている学生達の青さがあったり
    それをわかってあげれる綾野さんと星野さんがいたり
    と、様々の要素を盛り込む事で、なんだか感動する話になってしまうんだから、あっぱれです。

    流石、手練れのメンバーで仕上げてるなと感心させられます

    しかも、今回は只のオムニバスではなさそうな回でしたね

    陸上部の生徒の一人が逃げて夜の街に辿りつくのですが、その生徒に優しく声をかけ、「薬」(勿論、悪いやつ)を差し出す男

    それが、なんと「菅田将暉」でした

    これは、終盤までもつれる話ですよね笑

    ラスボス感強過ぎるもん菅田さんは笑

    良い意味で一筋縄ではいかないこのドラマ、楽しみがいっぱいありすぎる。

    麻生さんの結婚は?

    星野さんの恋心は?

    綾野さんの闇は?

    菅田さんの目的は?

    あぁ、、、、

    これは間違いない

    ハマっちゃいましたよ

    悔しいなぁ〜
    このドラマにハマるのはベタですよね〜

    でも、しょうがないよ
    好きになっちゃったんだから

    残念ですが、来週が物凄く楽しみです

    皆さん、絶対のやつですよ、これ!

    余談ですが、エンディングテーマの米津さんの曲のMV、発表した日に150万再生いったみたいですね、此方も流石の人気です、それでまたこの曲が良いんだからイヤになっちゃうよね〜笑

    とにかく、色々楽しめるドラマです!
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第5話

    今回の一番の見どころは!!!

    3.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.0

    正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

    昼ドラのようなドロドロ感

    登場人物全員裏切り者

    またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

    ...
    続きを読む
    正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

    昼ドラのようなドロドロ感

    登場人物全員裏切り者

    またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

    もうここ最近ではこんな風に急に吐き気をもよおすと言うことはないって言うのは周知の事実のはずなのに昭和の時代から続く

    「もしかして妊娠!?」

    の演技!!!

    演出家の先生!!!!もうそろそろこういう妊娠発覚パターンやめませんか!!

    そんな今回のあらすじは

    一真(小池徹平)との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽(新川優愛)。彼女が複雑な思いを抱えながらカフェにいると、美和子(徳永えり)から声をかけられる。そして美和子は、そろそろ秋山との子供を作りたいと爽に語る。爽は、秋山(町田啓太)と美和子の幸せな生活を思い、うらやましくなる。
    一方、一真は爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた。そんな中、瑠衣(中村ゆりか)が一真を訪ねてくる。自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとする。最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ちするのだった。一真は瑠衣の前で、どうしていいか分からないと無様な姿を見せる。そんな一真に瑠衣は、ある秘密を打ち明ける…。

    ある日、出勤した爽は、会社の前で秋山の姿を見つける。秋山は、爽に連絡を続けていた。しかし、爽からはまったく返事が来ない。心配になった秋山は、爽の顔を見るために会社まで来てくれたのだった。しかし、爽は秋山に見つからないように身を隠し、秋山に“二人で会うのは、もう止めよう”とスマホからメッセージを送るのだった…。
    爽は、一真と会ってけじめをつけようと決意。爽と一真は、あるレストランで久しぶりに顔を合わせる。「離婚してください」と一真に離婚届を突き付けるが―


    オープニングで目を引いたのはやはりなんと言っても

    テロップに書かれていた

    「ドロキュン祭り開催中」

    の文字!!!

    何それ!!ドロキュンって何!?しかも祭りだよ!!!

    ドロキュン祭りってどこでやってるの参加したい!!!

    いやー、面白くなってきやがった!!!

    さあどうなるんだろう。。

    いやどうでもいいけど一真って浮気するくせに脇甘すぎやしませんか!?

    めちゃくちゃ嘘つくの下手やん。。。

    そんで、悪いことするやつは過去のトラウマのせいで浮気したり悪いことをしてしまう

    みたいな設定いるかな?

    正直過去がどうであれいい奴はいい奴やし、悪い奴は生まれ育ち関係なく性根から悪い奴が多い。

    なーんか今回だらだらしてるんだよな〜。

    全然ドロキュン祭り開催されないし

    おまけに妊娠もしてないんかい!!!!

    じゃああの急な吐き気はなんやねん!!!!なんもないのに急に吐き出すって言う方がやばいやろ!!

    アオハルシーンもなんか妙に長いし〜。

    ちゃうちゃう我々が求めているのはこんなことじゃないんだ

    誰かが裏切れ!!!

    誰かが頭抱えろ!!

    誰かが絶叫しろ!!

    我々は断固としてアオハル

    そして町田啓太さんのアオヒゲを拒否します!!!!

    後半になってやっと新たな裏切り者が発覚して

    なかなか根深い恨みが爽に向けられて面白くなってきたんだけど

    正直、前半だらだらしすぎてて集中力が切れてしまっていたな〜。

    もっとテンポだしていきましょう!!!!

    ただ今回の一番の見どころはどこだったかわかりますか?

    新たな裏切り者が発覚したところですか?

    違います。

    一真の

    「脱げよ、シンプルに行こうぜ」

    って言うクソダサイセリフでしょうか?

    違います。

    町田啓太さんの制服姿のアオヒゲですか?

    違います。


    今回の一番の見どころは

    新川結愛さんの酔っ払いの演技の下手さです!!!!!!

    これは信じられない下手さです!!!

    私は新幹線の中でこのドラマを見ていましたが

    思わず声に出しました!!

    この酔っぱらいの演技レベルはすごいです!!!

    ここまで酔っていない酔っぱらいは今までドラマを見てきて初めてです。

    いやーいいものを見せてもらいました。

    このシーンのことしか印象になくなるくらい

    インパクトのある下手さです。

    正直この酔い方だったら後の展開が成立しないのではないかと心配するくらいの酔い方でした。


    ちょっとだらだらしてしまってもったいなかったけどきっと次回は興奮させてくれるでしょう!!!

    バイフォな〜う

    ってこの歌XJAPANのToshiさんが歌ってたのね!!

    知らんかった・・・。
  • 私の家政夫ナギサさん 第1話

    ハナコ岡部の演技を見て!

    4.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    私の家政夫ナギサさん

    正直なこと言いますね。
    正直、このドラマ 全くノーマークでした。
    来週放送の半沢直樹が楽しみ過ぎて、頭の片隅すらなかった。

    ですが
    初回が高視聴率を叩...
    続きを読む 私の家政夫ナギサさん

    正直なこと言いますね。
    正直、このドラマ 全くノーマークでした。
    来週放送の半沢直樹が楽しみ過ぎて、頭の片隅すらなかった。

    ですが
    初回が高視聴率を叩き出したとネットニュースで観て
    「あ、私の家政夫ナギサさんってドラマ始まったんだ・・・」
    と知りました。

    これまた正直なことを言うと
    多部未華子さんに大森南朋さんって・・少しばかり地味だな〜と。(本当に失礼な話しです)

    でも数字がここまで良いのにはドラマに何か理由が隠されているのではないか?

    そんな興味本意で1話を鑑賞することに。

    ストーリーは
    働くことを諦め専業主婦になった母に育てられ、働く女性、強い女性になれと母からプレッシャーをかけられ、人生を仕事に捧げる女性。仕事はできるが、それ以外はてんで駄目。
    彼はいないし、部屋は汚部屋。そんな姉を心配した妹は自分が勤務する家政婦サービス人気男性家政婦を送りこむ。

    観始めての最初の印象。

    【なんか清潔感がある!!】

    オフィスのシーンにとっても役者の衣装一つにとっても
    他のドラマに比べ圧倒的な清潔感を感じた。
    こんな感情になるってドラマはかなり観てるが、あまりないんです。

    冒頭の会議室のシーンも
    イケメン役者がいる訳でもないのにすごく華やかに見えた。

    何だ?この長々続く清潔感は?

    やっと清潔感に慣れ始めた時に
    また新たな感動があらわれた!

    【ハナコ岡部の演技がイイ!!】

    芸人がドラマとかに出た時の変な違和感が皆無!
    この雑味のない演技、抜群!
    熱演とは違うベクトルのハマり方をしている!岡部の人の良さが役からも出てて好感しかない!

    富田靖子さんは出てるし
    大森南朋さんの家政婦役は新鮮だし
    ライバル会社の瀬戸君の颯爽な登場は、おひねりもんだし

    あれよあれよと鑑賞し
    気がつけば1話が終わっていた。

    ぶっちゃけると
    ストーリーに新しさがあったわけではないが、最後まで見てしまう不思議な引力があった。

    結果、観て良かったという満足感が心の中を埋め尽くす。

    キャリアウーマンが自分よりも年上の男性を部下にしたことで仕事だけじゃない大切なことに気づいていくアン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロ出演、私の大好きな映画「マイインターン」の世界観。

    何か仕事で頑張り過ぎている人にこのドラマを観ることをオススメします!

    疲れた心をマッサージしてくれるようなセリフがたくさんあります!

最新口コミ 最新口コミ

  • 愛の不時着

    世界が虜になった韓国ドラマ

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    まず。勝手なイメージで90年代とかちょっと古めの時代設定かと思ってたら全然現代の話でびっくりしてますwww

    前半は北朝鮮の保護部に家宅調査されそうでハラハラしっぱなしだし、ぶっとんだ設定に...
    続きを読む まず。勝手なイメージで90年代とかちょっと古めの時代設定かと思ってたら全然現代の話でびっくりしてますwww

    前半は北朝鮮の保護部に家宅調査されそうでハラハラしっぱなしだし、ぶっとんだ設定にもハマりきれなかったりしましたが、後半苦しすぎて3回位泣いたというww

    そして脱北者の証言などで虫を食べて生き延びたくらいの恐怖政治&独裁国家のイメージしかなかった北朝鮮の暮らしが、素朴ながら愛すべき姿でいっぱいで、ヒロインとおばちゃん達が育む友情がすごく好きだった。

    視聴者から圧倒的支持を受けたという 北朝鮮版“F4”ことヒョンビンの部下4人も、年齢やキャラの個性が際立ってて私も愛しちゃいました。

    無骨だが誰より優しい長男、北朝鮮人なのに韓流ドラマファンでコッソリ視聴しちゃう次男、寡黙なイケメンの三男、幼く純粋で家族思いの末っ子。もうこの設定だけで推しが出来てハマっちゃう。

    脇を固める登場人物もすごく魅力的だと飽きずに見られるし、笑えて思わずホロリするシーンははもっと見たくなる!

    そして結局9話では号泣号泣号泣号泣あーー、南北統一してくれー!頼むー!って
    TVに向かって叫ぶくらいは主軸のストーリーにも沼っていましたwww

    世界が虜になった韓国ドラマ、納得です。
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第6話

    これぞ「ドロキュン」の本領発揮!

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    続きを読む
    第6話鑑賞させて頂きました。

    自粛期間中に伴い放送が止まっていたこのドラマも、やっと再開してからの2回目、今回で6話となりました。

    このドラマ、「ドロドロ」と「キュンキュン」を混ぜ合わせた、新しいジャンルのドラマ

    通称「ドロキュン」ドラマ

    最初に聞いた時、僕は「なんだそりゃ笑」と少しバカにした様な気持ちで観ていました


    しかし、今ではガッチリハマっています笑


    良いんですよ、「ドロキュン」!


    コレとコレ一緒に食べたら絶対マズいでしょと思って食べたら

    「あれ、これいけるな」

    の感覚に近いです。


    「ドロドロ」と「キュンキュン」って全く逆の物がお互いの味を引き立てているんですよね〜

    どっちもが、どっちもの良いフリになっているんです。


    「ドロドロ」っていうのがホントにドロドロなんですよね、全部の詰め合わせとでも言いましょうか

    旦那が親友と浮気している
    旦那には実は子供がいた
    会社ではハメられる
    旦那と浮気していた親友は元彼の義理の妹
    元彼の嫁は嘘をついて元彼と結婚している
    主人公の母親は精神的病気
    会社でハメてきた奴は旦那の元嫁の弟

    などなど

    これでもかって位どんどん出てきます笑

    しかし、やっぱり「ドロドロ」ってこれぐらいやらなきゃ面白くないんですよね

    やり過ぎて、やり過ぎって事はない
    それが「ドロドロ」だと気付かされました。


    これだけずっと「ドロドロ」を喰らわされてると、知らず知らずのうちに此方も犯されてくるんです、、、

    そして、普段だったら、ホントに何でもない

    本当にほんの少しの

    「キュン」

    で普段の10倍位のキュンキュンを喰らってしまう、、、、



    恐るべし「ドロキュン」



    元彼が結婚してるってのが良いんですよね〜

    救いが無いというか、結局元彼の方に走ったら、それは「キュンキュン」でなく、「ドロドロ」になってしまうっていう、表裏一体の所がホントに良い!

    そして、その元彼の奥さんが元彼を騙して結婚してるっていう、抜け道まで用意してくれている

    ふざけたドラマに見えて、実によく出来ている笑


    只、このドラマの実に可愛そうな所は、物語が展開していき、どんどん面白くなって来るはずのその直前で放送休止になってしまったんですよね、、、

    本当に勿体ない、、、

    もっと話題になっていたドラマだと思います。
    「ドロキュン」って言葉も良いし。

    まあ、しかし、ドラマとしては加速して行ってるのは間違い無いので、この調子でどんどん「ドロキュン」していって欲しいです!


    しかし、「中村ゆりか」さんは、「ホリデーラブ」の時の「松本まりか」さんが出てきた様な感じがしますね、このドラマを機に跳ねそうですね!

    悪役が上手な役者は伸びるんですよね〜

    楽しみです!



  • MIU404 第2話

    どの「悲しい人」に感情移入するのか

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 「あんな言い方をするなら犯人じゃないだろう」という思い込みこそが一番危険だとよく理解できる残酷な話だった。
    信じたいというバイアスこそが、人の目を最も曇らせる。
    志摩もきっと、何度も「信じたい」フィルターで裏切られて、最初から疑う姿勢になったんだろう。

    今回はドラマとしての演出がすごかったと思う。後から気付いたが。
    ほとんどがノロノロとしたカーチェイスにもかかわらず、全く画面に飽きないのはどういうことだろうか。
    会話劇、少しだけ切り替わる署の映像、映す表情。
    工夫がされていれば、ただの尾行でもこんなに面白いのかと驚いた。飽きない自分に気づいてしまった。
    そして松下洸平という役者のチョイスも素晴らしかった。
    善良そうな青年っぷりにも関わらず、切羽詰まった表情も、震える手も、涙ぐんだ瞳も。信じたくなってしまうような演技が凄かった。
    車を運転した夫婦は、信じたい気持ちが多分にあったことは考慮しつつ、彼の必死さに絆された部分もあるだろう。私もそれに絆されてしまった。刑事にはなれない。

    今回の話は、悲しい話だったと一言で言ってしまえば簡単だが、誰に感情移入するかでもしかすると見えるものが全く違うのではと思った。
    私は、今度こそと信じた夫婦と、自分と同じ目にあわせたくないがゆえに警察らしさより信じる気持ちを優先した伊吹が悲しいと思った。
    相棒を失ったらしい志摩の悲しみは、まだ今回(=伊吹が相棒の間)挽回ができると思った。
    そして、犯人の加々見については、その境遇の悲しさ、同じような感情を抱いて伊吹のようになれなかった不条理さに嘆くと同時に、どうして父への怒りを他の人に向けてしまったのかという怒りを覚えた。(もちろん救ってやらなかった世界への怒りもある。)
    だから、罪を犯したくなかった加々見へ一番悲しさを覚える人の感想は、かなり新鮮だった。
    私のような、加々見に同情できない人間は、ふとした拍子に自分も加々見になりうると自覚しながら生きた方がいい気がした。
    同情できない気持ちの根幹にある「遠い人間だ」という思い込みと過信が危ない気がする。

    そういえば、志摩が謝った瞬間、伊吹が志摩を庇って殉職する可能性を考えた。
    でも、この物語の一番悲しい終わり方は、相棒解消なのではないか。
    吹けば飛ぶような存在の4課で、その日が来た時、二人はどんな表情をするのか気になる。

出演者 からドラマを探す 出演者からドラマを探す

その他の条件 からドラマを探す その他の条件からドラマを探す

TVマガの記事

新着記事

    評価をする