【佐藤史恵さんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • 捨ててよ、安達さん。 第8話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    それは卑屈になってしまうかも

    第8話。

    捨ててよプレゼンに現れたのは、靴(早織)。

    ちょっといつも登場するモノたちとは違う雰囲気。
    暗く、自信なさげで卑屈な言葉を吐き続ける。

    これまでちょっとコミカルな感...
    続きを読む 第8話。

    捨ててよプレゼンに現れたのは、靴(早織)。

    ちょっといつも登場するモノたちとは違う雰囲気。
    暗く、自信なさげで卑屈な言葉を吐き続ける。

    これまでちょっとコミカルな感じだったがなんか鬼気迫る感じ。

    安達さんが若い頃、年上の男性と交際していたときに
    履いていたというハイブランドのハイヒールでした。

    背の小ささや子供っぽさをごまかすために背伸びして
    買ったハイヒール。サイズや足にも合わないため、
    痛みを我慢して履いていた。

    安達さんの脚を傷だらけにしてしまって申し訳ないと謝る
    元カレのために買ったハイヒール。


    私のこと思い出すの嫌ですよね。

    辛かったんですよね、私のこと履いてるの。

    幸せにするどころかこんなに傷つけて…


    ハイヒールサイドはそんな風に思っていたのか。

    恋が終わってしまったのはタイミングなど
    もろもろが合わなかっただけ。

    ムリして自分をよく見せようと頑張って買った服や靴。
    その恋が終わってしまったときに見るとやるせなくなる。
    だから、目が届かないところに置く。そしてそのままになる。

    それからずっと箱に入れっぱなしにされたハイヒール。
    卑屈になってしまうかも。

    ハイヒールと若かった自分ごと抱きしめられるほど
    大人になった安達さん。

    夜のデートが多くて、太陽の下を歩いてみたかったという
    ハイヒールの願いを叶えるくだりはよかった。

    辛かった恋と未熟だった自分と無理して履いていたハイヒール。
    これらと向き合うのは本当にツラいですからね。
  • 正しいロックバンドの作り方 第7話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    オギノ部屋の冷蔵庫には…

    第7話。

    「電撃ロックFes」の一次審査を通過!
    ”悲しみの向こう側”の4人は、二次審査に挑む。
    お題は「朝焼け」。1週間後に締め切りということで
    急ピッチで取り掛かるメンバーたち。...
    続きを読む 第7話。

    「電撃ロックFes」の一次審査を通過!
    ”悲しみの向こう側”の4人は、二次審査に挑む。
    お題は「朝焼け」。1週間後に締め切りということで
    急ピッチで取り掛かるメンバーたち。

    作詞はリーダーのシズマが担当。

    「朝焼け」が見たいと言い出し、朝焼けがキレイに見えるというベースのオギノ宅へ。

    このオギノくんの家のクセがすごい!!
    醸し出す雰囲気もなんか普通じゃない感じがしていましたが。

    時折見せていたオギノくんの納豆好き。
    打ち合わせ場所に納豆3パックを持ってきてその場で食べ始める始末。
    それもかき混ぜないで固まったまま食べるのがおいしいという。

    自宅の冷蔵庫を開けると納豆のパックと水だけ。
    モデル体型をキープする秘訣は納豆だったのね。。

    さらに畳のある部屋にはテントと寝袋、ペットのカメが。
    そのほかパソコンと黒の服という無機質な部屋。

    隠れ家というか、アジトというか、スナイパーが潜伏しそうな
    ニュアンスの部屋。
    生活感がなさすぎて。。。

    「朝焼け」を見ないと創作意欲がわかないと言っていたシズマ。
    なかなか歌詞の神様が降臨せず、期日が迫る。。

    前回作詞したときに降りたのは断食3日間した後だったという。

    でも、辛かったから断食したくないとダダをこねるシズマ。

    オギノ宅に来て数日経ってるのにやらないのかよ、シズマ。

    締め切りまであと数日なのに。そして、眠り続けるオギノ。

    歌詞が降りるスイッチを探し、オロオロするオギノ以外。

    眠り続けていたオギノが突然目を覚ます。

    オギノのシズマと思い出話がスイッチに!

    家を提供し、歌詞の降臨を促した今回の功労者オギノくんに
    納豆をたくさんたくさん買ってあげて!!

    オギノくんが眠りっぱなしだったら、、、どうなってたの!?
  • 捨ててよ、安達さん。 第7話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    松本まりか&徳永えりの最強コンビ

    第7話。

    先週の予告から楽しみにしていたゲスト、
    松本まりかさんと徳永えりさん。

    松本さんは、ドラマ「ホリデイラブ」で中村倫也さん演じるモラハラ夫に悩む浮気スル妻役。浮気スル夫役は...
    続きを読む 第7話。

    先週の予告から楽しみにしていたゲスト、
    松本まりかさんと徳永えりさん。

    松本さんは、ドラマ「ホリデイラブ」で中村倫也さん演じるモラハラ夫に悩む浮気スル妻役。浮気スル夫役は塚本高史さんでした。
    浮気サレ妻役の仲里依紗さんを追い詰める松本さんの鬼気迫る演技たるや。アニメ声のインパクトで釘付けに。中村さんのドSモラハラリーマン夫のキャラもよかった。このふたりのヤバイ夫婦役はまた見てみたい。

    徳永さんが、ドラマ「恋のツキ」で渡辺大知さん演じる(先日安達さんの婚約指輪役で出演!)恋人と同棲中のアラサー女子役。
    高校生役の神尾楓珠さんと年の差の恋に落ち、激しくも美しい濡れ場が切なさMAX。今や国宝級NEXTイケメンランキング2020で1位を獲得した神尾くんと徳永さんが演じる禁断の恋と心が温かくなるラストがたまりません!ドラマ「フルーツ宅配便」で演じたデリヘル嬢・みかん役も徳永さんもうまかったです。

    閑話休題

    松本さんは、安達さんの愛読書である小池真理子さんの「狂王の庭」の単行本。徳永さんは、その文庫本で登場。

    まりか嬢とえり嬢の登場がまず素敵。
    緞帳が開いて、舞台が始まったような…。

    文庫とは格が違うの

    単行本が口火を切って文庫がもめるもあっという間に仲直り。
    御贔屓女優たちのケンカをもうちょっと見てたかったーー!

    そこに現れる電子書籍版!

    安達さんがダウンロードしていたのを忘れていた…。
    まさか単行本・文庫本・電子書籍の3人が揃っての
    捨ててよ、オーディション。

    安達さんが脳内を埋めるために3つの形態で購入していた
    「狂王の庭」読んでみよう!どの形態にしようか。











  • 正しいロックバンドの作り方 第6話

    3.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    まるで「鬼滅の刃」の炭治郎のような

    第6話。

    「電撃ロックFes」の1次審査は、エントリーバンドの楽曲への投票で決まる。50位以上で通過。現状52位の「悲しみの向こう側」。

    投票数を伸ばすために選んだ手段がバンドの動画...
    続きを読む 第6話。

    「電撃ロックFes」の1次審査は、エントリーバンドの楽曲への投票で決まる。50位以上で通過。現状52位の「悲しみの向こう側」。

    投票数を伸ばすために選んだ手段がバンドの動画チャンネル!

    今っぽくて若者らしくて勢いがあっていい!!

    動画の撮影場所はレトロな喫茶店。

    悲しみの向こう側は、おしゃれなカフェというより
    レトロな喫茶店が似合う。

    シソンヌ・じろうさんがゲスト出演した1話の舞台も
    雰囲気のある喫茶店でした。

    動画の内容はリーダー・シズマ(藤井流星)へのドッキリ。

    喫茶店のマスターと組んで、コーヒーやら水やらをぶっかけ、
    激辛メニューなど昔懐かしいドッキリで
    シズマをキレさせようとするも、キレるどころか
    海のように広く大きい心、深い懐を見せて
    仕掛け人のメンバーたちが逆ドッキリに合うという。。

    シズマが「鬼滅の刃」の竈門炭治郎のような優しい心の持ち主であることが描かれました。

    テロップやストーリーの展開など動画チャンネル風の見せ方
    でいつもとは違うドラマを見ているようで楽しかったですね。















  • 捨ててよ、安達さん。 第6話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    業界人なのに悪趣味って…

    第6話。

    「業界人なのに悪趣味」

    今回も謎の少女(川上凛子)の剛速球が決まりました。
    冒頭からグイグイえぐってきます。

    安達さん曰くとてもお世話になっているという業界人ご夫婦...
    続きを読む 第6話。

    「業界人なのに悪趣味」

    今回も謎の少女(川上凛子)の剛速球が決まりました。
    冒頭からグイグイえぐってきます。

    安達さん曰くとてもお世話になっているという業界人ご夫婦の結婚式の引き出物をバッサリ。

    キスしてるふたりの写真のバスタオル。
    しかも普通に使おうとしたら色落ちしそうなシロモノ…。

    「こんな悪趣味なのを押し付けて色落ちまで」

    「捨てちまえ」

    言葉が強い。潔い。ひとつも間違ってない。鋭い。
    業界人は全員センスがいいわけではない。

    そんなアウトにアウトを重ねまくったバスタオルは、
    床にこぼれた賞味期限ギリギリの牛乳を拭くという
    タオルの使命をまっとうしてポイされました。

    牛乳がこぼれなければこのバスタオルが安達さんの夢の中に
    登場したかもしれません。
    相当ウザいキャラクターだっただろうなと。

    1回目の結婚相手からもらった婚約指輪で出てきた渡辺大知くん。
    スタイルがいいから、シルバーのタキシードが似合う似合う。

    安達さんの1回目の結婚相手が
    どうしても浮かんでしまう微妙な品ですが、
    さわやかに清々しく描いているのがよかった。

    ふたりの思い出の地・海に捨ててほしいという指輪。
    少女は夢の中という便利な設定を使ってみんなで海へワープ!

    真っ青な空の下一面に広がる海ではしゃぐ指輪と若き安達さん。

    お互いにありがとうを言い合って、
    現実に戻って質屋行きで指輪とはバイバイ…のはずが。

    指輪を誤って排水溝に流してしまったと娘のメモが。

    排水溝から指輪が行きたかった海に戻ったなんて
    キレイな終わり方!と思いきや…

    まさか安達さんの娘がこっそり持っていたとは。
    この裏切り方はニクイ!上手い!!

    最後の最後の2展開で悪趣味なバスタオルのくだりが
    すっかり吹き飛んでました。

    今回もすっかりやられましたわ。

    来週は徳永えりさんと松本まりかさんて
    もう楽しみ過ぎる人選ーーー!!
  • ピーナッツバターサンドウィッチ 第8話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    謎過ぎるPBS。。

    PBS最終回。

    美晴(瀧本美織)のことをまっすぐに愛してくれた年下さわやか
    萌え袖ボーイがちょっとかわいそうだったけど。。

    モヤモヤしていた4人それぞれの恋の道筋が決まり、
    第1...
    続きを読む PBS最終回。

    美晴(瀧本美織)のことをまっすぐに愛してくれた年下さわやか
    萌え袖ボーイがちょっとかわいそうだったけど。。

    モヤモヤしていた4人それぞれの恋の道筋が決まり、
    第1回でモヤモヤをぶちまけたファミレスに集合したのがアツイ!!

    店員に扮した椿(矢作穂香)からのピーナッツバターサンドウィッチも
    おいしそうだったな~なんてほっこりしてたら急展開!

    一歩も事務所から出なかった小林(伊藤健太郎)と権田(伊藤修子)が
    4人の調査終わりで椿を契約満了でポイ!!!

    そして、大オチが椿も調査対象だったという、、、

    椿、おつかれとしかいえない!!幸せを祈る!!!

    ふたりはまた椿的な子を採用して調査を今後も続けていくのだろうか。。恐るべき謎の組織PBS。

    ということは続編もーーーー!?
  • 正しいロックバンドの作り方 第5話

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    気になっていたシズマの漢字表記は

    第5話。

    シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)兄弟の家でミーティングをしているバンド“悲しみの向こう側”。

    ずっと気になっていたシズマの漢字表記。
    実家にあった卒業アルバムで「赤川...
    続きを読む 第5話。

    シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)兄弟の家でミーティングをしているバンド“悲しみの向こう側”。

    ずっと気になっていたシズマの漢字表記。
    実家にあった卒業アルバムで「赤川静馬」であることが発覚。

    横溝正史の名作「犬神家の一族」の青沼静馬と同じ表記!!
    ちょっとというかだいぶテンションが上がったのは私だけでしょうか。

    赤川と青沼もなんか遠からず、近からず。。

    シズマと聞くと、自動的にあの白マスク→菊人形→沼から
    ニョキっと突き出た二本の足が頭に浮かんでしまう病気にかかって
    いるからです。

    今回のストーリーの軸になったロボットを盗んだ犯人探しも
    静馬漢字表記解禁記念にちなんだものだったのか…。

    などと勝手に妄想が暴走してしまいます。

    ふせえりさんと小市慢太郎さんの熟年カップルがよかった。
    春巻きの中に指輪を仕込んでプロポーズとか、
    ロマンティックじゃないところがいい!

    この熟年新婚さんのハネムーンや新婚生活などを
    番外編で見てみたいなと思いました。


    美食探偵に続き、連続小市マン!!
  • 捨ててよ、安達さん。 第5話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    捨てなくてもいいこともある

    第5話。

    私の芝居、どうですか?
    安達さんと化学反応を起こせてますか?
    私たちでグルーヴを起こしましょうよ!

    ドラマの収録現場でグイグイ安達さんに意見を求めてきた後輩女優・梶原ひ...
    続きを読む 第5話。

    私の芝居、どうですか?
    安達さんと化学反応を起こせてますか?
    私たちでグルーヴを起こしましょうよ!

    ドラマの収録現場でグイグイ安達さんに意見を求めてきた後輩女優・梶原ひかり(梶原ひかり)さん。

    安達さんがその場を濁すと…

    正直言って当たり障りのないことしか言わないじゃないですか!!
    いい作品にするには必要だと思ってるんで!

    ド正論をかますひかりさん。

    めんどくさい。正論めんどくさい。

    アナタの意見は間違っていないが、、正直。。

    今までは輪ゴムやレジ袋などの捨てるのか捨てないのかはっきりしてくれーというモノたちが擬人化して夢の中に出てきました。

    しかし、今回はひかりさんが夢の中に。

    大きな声での「おはようございます!!!」と派手や衣装とウィッグで存在をアピール。安達さんはドン引き。

    安達さんのこと嫌いとかじゃなくて尊敬できないだけです。
    誰からも好かれたいんですよね。

    小さいときから気を遣わなくていい人まで気を遣って
    消耗して生きてきた安達さんの核心に触れる言動。。。

    周りの人に気を遣って何が悪いの!

    ここから安達さんが形勢逆転!!

    安っぽい持論振りかざして相手のこと全然見てないからね。

    こっちからグルーヴかましてやってるんだよ

    わかったか、この頭でっかちが!!

    一発ノックアウト!

    夢の中で安達さんとひかりさんが役者魂をぶつけ合う。
    ひかりさんがド正論をかましたことで、安達さんが人として
    役者としてバージョンアップした瞬間。

    たしかに熱い、この会話。

    誰からも好かれたいという気持ちが安達さんを強くしてきた。
    当たり障りのない会話をして和ませるというのも社会では必要なこと。

    戦わないように生きるのも方法のひとつ。

    誰からも好かれたいと思うことは悪いことじゃない。
    捨てるべきことじゃない。

    今回は「捨てなかったよ、安達さん」回でした。




  • ピーナッツバターサンドウィッチ 第7話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    萌え袖さわやかボーイの行く末は

    最終回を翌週に控えた第7話は美晴回。

    美晴と7年交際している同棲中の彼氏・涼太。マッチングアプリで知り合った年下さわやかボーイ時田。

    涼太が知らない女と楽しそうに歩いているところを見...
    続きを読む 最終回を翌週に控えた第7話は美晴回。

    美晴と7年交際している同棲中の彼氏・涼太。マッチングアプリで知り合った年下さわやかボーイ時田。

    涼太が知らない女と楽しそうに歩いているところを見かけてしまった美晴は悩みを時田に打ち明け、自分だけをまっすぐ思ってくれる時田と一夜を過ごす。翌朝涼太からプロポーズ。実は美晴に内緒で女友達にプロポーズの件を相談していて、浮気ではなかった。

    美晴は結婚の話をしない、食器を片づけない、ベッドでなくソファで寝てしまう涼太にイライラしつつも言葉にしなかった。

    それが原因で心がすれ違い、寂しさがつのってマッチングアプリに
    手を出してしまった。

    そこで出会った年下イケメンの時田。いつも美晴だけを見て好きだと
    言ってくれる。涼太と気まずくなり、家を飛び出してきた美晴の
    ために急遽かけつけてくれた。いつもスーツ姿なのにざっくりホワイトの萌え袖セーターを着て。

    そこへ偶然通りかかる涼太。時田に殴りかかる。

    ♪けんかをやめて~ふたりを止めて~私のために争わないで

    は流れないものの、このドラマ3回目だかの修羅場。

    美晴と涼太カップルの「言葉」足らずでのすれ違いで生まれた
    心の溝。7年間で1ミリほどの亀裂がマリアナ海溝みたいにとんでも
    ない深さになっていた。

    涼太へのコミュニケーション不足だったと自分を責める美晴だが、
    悪いのは涼太のような気がしてならない。
    自分のタイミングでプロポーズ。ずいぶん自分勝手だなと。

    とはいえ、マリアナカップルが起こした事故に巻き込まれてしまった時田こと萌え袖さわやかボーイがかわいそうすぎる。。。






  • 正しいロックバンドの作り方 第4話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    高校生のオギノくんが多少ロックだった

    第4話はオギノくんバンド脱退の危機編。

    栗原類さん演じるベースのオギノくん。

    スーパーロングヘアにいつも全身黒づくめで言葉数が
    メンバー内では一番少ない「謎」で出てきた人物。

    ...
    続きを読む 第4話はオギノくんバンド脱退の危機編。

    栗原類さん演じるベースのオギノくん。

    スーパーロングヘアにいつも全身黒づくめで言葉数が
    メンバー内では一番少ない「謎」で出てきた人物。

    シズマから高校時代のオギノくんの謎行動が急に明かされました。

    ・納豆を弁当として持参
    ・その納豆をかき混ぜずに食べる
    ・デリバリーピザを弁当として持参
    ・そのピザの周りの硬い所だけ残す
    ・帰宅部なのに朝錬している

    ううむ。どうも急だなという感じ。。

    バンドの曲を作っているオギノくんがバイト先の店長に正社員にならないかと声を掛けられているという。きょうはその面接。

    彼が脱退したらバンドの曲を作る人がいなくなる…とのことで全員でバイト先の居酒屋へ。

    面接は和やかで笑い合ったりして、盛り上がっているように見える。

    店内はほぼ満席。

    しかし、ホール内にいるスタッフ(伊藤修子)ひとり。

    あちこちで皿が割れる音が聞こえ、そのたびに伊藤さんと面接中のふたりの「失礼しましたー」の声が響く。

    ほどなく、ほぼ満席の客がいるのに伊藤修子さんがすごすごと帰っていく…。

    バンド内で社会人に最も近い就活中の大学生のテツ(神山智洋)の敏感なこと。

    店内の雰囲気を察してこの居酒屋がブラック企業だということに気づきます。

    これは鋭かった!

    オギノくんは正社員を断り、バンドの道を選んで
    無事フェスにエントリー完了!
    バンドは続行!!

    今回も残念ながら、ロックバンド「悲しみの向こう側」のロック的要素が感じられませんでした。

    オギノくんの過去は多少ロックだったけれども。。
評価をする