吉高由里子の出演ドラマ

ガリレオ第2シーズン

4.1
  • 出演者 3.9
  • ストーリー 4.0
  • 演技 3.9
  • 映像 3.9
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
2013年
最終回 2013年06月24日
出演 福山雅治 吉高由里子 渡辺いっけい 澤部佑 今井隆文 逢沢りな タモト清嵐
脚本 福田靖
主題歌 KOH+ 「恋の魔力」
原作 東野圭吾
  • ガリレオ第2シーズン

    シーズン1のほうがよかった

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    ガリレオ1ファンからすると
    湯川先生と柴咲コウとの恋の行方?
    が気になっていたから
    ガリレオ2の
    吉高由里子はいまいちでした。。
  • 東京タラレバ娘

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.9
    • 演技 3.9
    • 映像 3.8
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    初回 2017年01月18日
    最終回 2017年03月22日
    出演 吉高由里子 榮倉奈々 鈴木亮平 田中圭 金田明夫 大島優子 坂口健太郎
    脚本 松田裕子
    主題歌 Perfume 「TOKYOGIRL」
    原作 東村アキコ
  • 東京タラレバ娘

    30代の女子のリアル

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    東京タラレバ娘は1人の子の恋愛の物語ではなく3人それぞれ違った感じの恋愛について描かれていたので面白かったです。勢いで結婚できる20代だったはずなのにいつのまにか理想と現実に悩む30代の独身女性... 続きを読む 東京タラレバ娘は1人の子の恋愛の物語ではなく3人それぞれ違った感じの恋愛について描かれていたので面白かったです。勢いで結婚できる20代だったはずなのにいつのまにか理想と現実に悩む30代の独身女性のリアルなところだと思い、わかるわかる!と思いながら見ていました。
  • 正義のセ

    3.9
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.9
    • 演技 3.8
    • 映像 3.8
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    初回 2018年04月11日
    最終回 2018年06月13日
    出演 吉高由里子 安田顕 三浦翔平 広瀬アリス 平埜生成 塚地武雅 宮崎美子
    脚本 松田裕子 松本美弥子 梅田みか
    主題歌 福山雅治 「失敗学」
    原作 阿川佐和子
  • 正義のセ

    よかった

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きものではないので見やすかったです。
    吉高由里子さんとヤスケンのコンビはよかったです。
    キャストが華やかなのでら内容はそこそこだけれど
    おもしろかったです。
    主題歌もよかったですよ。
    ...
    続きを読む 続きものではないので見やすかったです。
    吉高由里子さんとヤスケンのコンビはよかったです。
    キャストが華やかなのでら内容はそこそこだけれど
    おもしろかったです。
    主題歌もよかったですよ。
    三浦翔平さんも可愛かったです。
    検事たちのかけあいがおもしろくて
    またみたい作品だとおもいました。
  • 4 篤姫

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.7
    • 映像 3.6
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 2008年01月06日
    最終回 2008年12月14日
    出演 宮﨑あおい 高橋英樹 平幹二朗 江守徹 松坂慶子 堀北真希 堺雅人
    脚本 田渕久美子
    原作 宮尾登美子
  • 篤姫

    若いのに貫禄のある演技

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 篤姫が放映中だった頃、まだ宮崎あおいさんは20代前半だったかと思います。前半では、若さを生かした初々しい演技、恋をする姿がとても可愛らしかったです。ドラマが終盤になるにつれて、どんどんと貫禄が出てきて、御台所としてどっしりと構える姿に驚きました。こうも変われるのか、と驚きの演技でした。
  • 5 花子とアン

    3.7
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.7
    • 映像 3.7
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2014年03月31日
    最終回 2014年09月27日
    出演 吉高由里子 伊原剛志 仲間由紀恵 石橋蓮司 室井滋 鈴木亮平 賀来賢人
    脚本 中園ミホ
    主題歌 絢香 「にじいろ」
    原作 村岡恵理
  • 花子とアン

    良妻から悪女まで高い演技力!

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 「花子とアン」放映時の黒木華さんはいわゆる良い人と言われるような役が多かったと思います。
    じっと苦難を耐え忍ぶ、影ながら見守り支える、みたいな役です。
    花子とアンでも田舎から都会に出て来て一生懸命働き、やがて自分の店を持つまでになった努力家の人役だったのですが、関東大震災の時に愛する男性を亡くしてしまいます。
    プロポーズされ恥ずかしさからつい素直になれずに返事をしないままの別れでした。
    そういった自責の念から震災後自暴自棄になり、前向きに復興に取り組む周囲の人達に対してひどい言葉を投げつけたりとすっかり人が変わったようになってしまうというシーンがありました。
    これまでは良い子だった彼女が驚くほど荒んだ様子はまるで別人のよう。
    見たことも無い冷たく無表情な顔で周囲を見下す目つきに驚くとともに、思わず背筋がゾッとしてしまいました。
    この人、本当の悪役やったらすごく怖い人になりそうです。
    でも良い人を演じると、本当にほのぼのとして癒し系なんですよね。
    この両極端な二面性に黒木華さんの演技力の高さを感じました。
  • 6 わたし、定時で帰ります。

    3.6
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.4
    • 映像 3.3
    TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     11:07
    初回 2019年04月16日
    出演 吉高由里子 向井理 中丸雄一 柄本時生 泉澤祐希 シシド・カフカ 内田有紀
    脚本 奥寺佐渡子 清水友佳子
    主題歌 Superfly 「Ambitious」
  • わたし、定時で帰ります。

    働き方改革

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 残業をしている私ってカッコいい。残業に否定的な意見を持ちながら、心の深いところでは、働くことを美徳としている自分がいた。仕事は定時で終わらす方がカッコいい。プライベートと仕事を分けて楽しむ定時女を見習いたい。
  • 7 私が恋愛できない理由

    3.5
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.4
    • 映像 3.4
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2011年10月17日
    最終回 2011年12月19日
    出演 香里奈 吉高由里子 大島優子 稲森いずみ 田中圭 萩原聖人 勝村政信
    脚本 山崎宇子
    主題歌 安室奈美恵 「Love Story」
  • 私が恋愛できない理由

    主題歌が1番印象に残ってる

    3.8
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    綺麗な人、可愛い人、格好良い人がたくさん出演するので見始めたら、何だかんだで最後迄見ていたなぁ。大島優子ちゃんが処女って、おい!って感じだったけど、あんなに可愛い処女なら重くないでしょ!って思っ... 続きを読む 綺麗な人、可愛い人、格好良い人がたくさん出演するので見始めたら、何だかんだで最後迄見ていたなぁ。大島優子ちゃんが処女って、おい!って感じだったけど、あんなに可愛い処女なら重くないでしょ!って思った。男って分からん。

    田中圭くんは、出演してた事は覚えてるけど。正直どんな役だったか覚えてなくて、ごめん圭くん。印象が薄かったんだなぁ。香里奈さんが格好良くて、それが印象に残ってて。圭くんガンバレ!
  • 8 知らなくていいコト

    3.4
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.6
    • 映像 3.2
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    2020年
    最終回 2020年03月11日
    出演 吉高由里子 柄本佑 重岡大毅 秋吉久美子 佐々木蔵之介 小林薫 今井隆文
    脚本 大石静
    主題歌 flumpool 「素晴らしき嘘」
  • 知らなくていいコト 第10話

    視聴者は本当に「知らなくていい」の?

    1.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
    いつからだろう。『知らなくていいコ...
    続きを読む デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
    いつからだろう。『知らなくていいコト』を見ては、ある種の気持ち悪さを感じるようになっていた。メッセージ性があるようで(たいして)ない、トレンドや時事問題を上手く取り入れているようで上手に扱えていない、登場人物それぞれの人生が交差しているようで微妙に噛み合っていない。特にここ最近は「不倫は悪い」を大前提に、ケイトと尾高の関係を作品全体で正当化しているように見えてきて、それが何とも言えない気持ちを残した。


    今作の目玉だったケイトの恋愛は、急スピードでイージモードに突入する。不倫関係は職場公認のものになっていたし、家庭があるはずの編集長は尾高の妻子を顧みずにケイトの恋愛を後押し。すでに離婚の手はずを整えた尾高は、勢い余ってケイトにプロポーズをした。ここまで来たらケイトがサヨナラ満塁ホームランを打ってハイボール片手に「ウィ~~!」の未来しか見えてこない。特に、今までなんの問題もなかった尾高の良き妻が、薄暗い部屋で赤ん坊を一人置き去りにして出ていくような〝悪妻〟として描かれていたのが、最高潮に気持ち悪かった。編集長はこれを「妻の復讐だ」と言っていたけれど、ケイトと尾高のただならぬ関係を“きれいに”印象付けるための必要悪に見えた。

    「この世には、知らなくていいことがある」

    ケイトが記事に書いた一言は、この物語の着地点とも言えるだろう。ケイトと尾高のその後の未来も、それに翻弄された尾高妻の心情も、大量毒殺事件の真相も。なにがなんでも真実を追い求めていたケイトが、「知らなくていいコトもあるよね…」と悟るラストは確かに爽やかだ。でも私は“あえて”モヤモヤを残した脚本に、すこしズルさを感じてしまった。せめて一話から追っていた毒殺事件の真相くらいは明らかにされても良かったと思う。“小さな息子のために罪を背負った乃十阿”というのも、週刊イースト編集部が「ケイトのお父さんが犯罪者じゃないといいな」という理想論の上に作った美しき虚構に過ぎない(息子はカメラ目線で明らかになんか入れてたけど)。

    「白黒つけたがる現代の風潮に“あえて”グレーを提案する」

    そんなメッセージが『知らなくていいコト』にはあったのかもしれない。だけど私はやっぱり知りたかった。物語を見届けた、一視聴者として。
  • 9 美丘-君がいた日々-

    3.2
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.3
    • 映像 3.4
    日本テレビ系 土曜 21:00 〜     21:54
    2010年
    最終回 2010年09月18日
    出演 吉高由里子 林遣都 寺脇康文 谷原章介 真矢みき 勝地涼 水沢エレナ
    脚本 梅田みか
    主題歌 福山雅治 「蛍」
    原作 石田衣良
  • 美丘-君がいた日々-

    当事者たち以上に

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    わずかな余命を力一杯生きようとする
    今ではよくあるストーリーではあるけど
    余命が短い自分、そして彼女を大切に思っている恋人という当事者たち以上に
    家族や友人など周りの人たちがしっかり覚悟を決めて...
    続きを読む わずかな余命を力一杯生きようとする
    今ではよくあるストーリーではあるけど
    余命が短い自分、そして彼女を大切に思っている恋人という当事者たち以上に
    家族や友人など周りの人たちがしっかり覚悟を決めて
    最後まで見送ってやろうとしている姿がよかった。
    自分があの中の誰かだったら、こんなに強くなれるかな、と。
    それでも前向きに生きなきゃな、と
    だれかに強制されるでもなく、自分できちんとそう思えます。
  • 10 東京DOGS

    3.1
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2009年
    最終回 2009年12月21日
    出演 小栗旬 水嶋ヒロ 吉高由里子 三浦友和 大塚寧々 田中好子 ともさかりえ
    脚本 福田雄一
    主題歌 EXILE 「ふたつの唇」
  • 東京DOGS

    小栗旬と水嶋ヒロの共演!!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    なんと言っても小栗旬と水嶋ヒロの共演!!

    今でももう見ることのできないキャスト。

    そして、それまでさわやかなイメージだった、
    水嶋ヒロのワイルドな演技と、
    冷静な小栗旬の演技との...
    続きを読む なんと言っても小栗旬と水嶋ヒロの共演!!

    今でももう見ることのできないキャスト。

    そして、それまでさわやかなイメージだった、
    水嶋ヒロのワイルドな演技と、
    冷静な小栗旬の演技との掛け合いがとても良かったです!

    あと、ヒロイン役には、まだブレイク前の吉高由里子!
    演技はまだ不慣れな感じでしたが、
    初々しさもあり、とても可愛らしかったです!

    全体的に好評価です、オススメです!!
  • 11 ラブシャッフル

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2009年
    最終回 2009年03月20日
    出演 玉木宏 香里奈 松田翔太 DAIGO 吉高由里子 貫地谷しほり 谷原章介
    脚本 野島伸司
    主題歌 アース・ウインド & ファイアー 「FANTASY」
    バングルス 「ETERNAL FLAME」
  • ラブシャッフル

    ありえない内容ですが羨ましい

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    主演は玉木宏、香里奈と美男美女の共演で、内容は20代半ばから30代の高級マンションの同じフロアに住む男女4人が、ふとした事から顔見知りになり、それぞれの恋人を交換するというラブストーリーですが、... 続きを読む 主演は玉木宏、香里奈と美男美女の共演で、内容は20代半ばから30代の高級マンションの同じフロアに住む男女4人が、ふとした事から顔見知りになり、それぞれの恋人を交換するというラブストーリーですが、この年代で高級マンションに住んでと羨ましい内容でもありますが、スピーディーな展開と先の読めないところも楽しめます。
  • 12 冗談じゃない!

    3.0
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 2.8
    • 演技 2.7
    • 映像 2.9
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2007年04月15日
    最終回 2007年06月24日
    出演 織田裕二 大竹しのぶ 上野樹里 田中圭 飯島直子 草刈正雄 田口浩正
    脚本 伴一彦
    主題歌 織田裕二 「Hug,Hug(ハグハグ)」
  • 冗談じゃない!

    2回目以降に面白くなってくる

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.7
    • 映像 3.2
    始めてリアルタイムで見たときは、なんかいまいち入り込めなくてそんなに好きじゃなかったんだけど、ちょっと時間をあけて改めて見てみると、すんなりコメディドラマとして受け入れられた。
    1回だけだと、ど...
    続きを読む 始めてリアルタイムで見たときは、なんかいまいち入り込めなくてそんなに好きじゃなかったんだけど、ちょっと時間をあけて改めて見てみると、すんなりコメディドラマとして受け入れられた。
    1回だけだと、どうしてこれを?なんで?みたいに思ってしまった部分も、2回目に見ると面白くなってくるっていうか。
    上野樹里ちゃんも大竹しのぶさんもコメディエンヌができる人だから、最初こそアクの強さに驚いてしまうけど、最後まで見てからもう1回見ると、すごいな~って思えます。
  • 13 太陽と海の教室

    2.8
    • 出演者 2.6
    • ストーリー 2.6
    • 演技 2.6
    • 映像 2.6
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2008年07月21日
    最終回 2008年09月22日
    出演 織田裕二 北川景子 岡田将生 北乃きい 濱田岳 吉高由里子 冨浦智嗣
    脚本 坂元裕二
    主題歌 UZ 「君の瞳に恋してる」
  • 太陽と海の教室

    教師役は似合ってなかった

    3.2
    • 出演者 2.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.0
    織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がま...
    続きを読む 織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がまだ若かったと思うし、月9ヒロインには時期尚早だったと思います。
  • 2020

      知らなくていいコト

      3.4
      • 出演者 3.8
      • ストーリー 3.3
      • 演技 3.6
      • 映像 3.2
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
      2020年
      最終回 2020年03月11日
      出演 吉高由里子 柄本佑 重岡大毅 秋吉久美子 佐々木蔵之介 小林薫 今井隆文
      脚本 大石静
      主題歌 flumpool 「素晴らしき嘘」
    • 知らなくていいコト 第10話

      視聴者は本当に「知らなくていい」の?

      1.0
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
      いつからだろう。『知らなくていいコ...
      続きを読む デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
      いつからだろう。『知らなくていいコト』を見ては、ある種の気持ち悪さを感じるようになっていた。メッセージ性があるようで(たいして)ない、トレンドや時事問題を上手く取り入れているようで上手に扱えていない、登場人物それぞれの人生が交差しているようで微妙に噛み合っていない。特にここ最近は「不倫は悪い」を大前提に、ケイトと尾高の関係を作品全体で正当化しているように見えてきて、それが何とも言えない気持ちを残した。


      今作の目玉だったケイトの恋愛は、急スピードでイージモードに突入する。不倫関係は職場公認のものになっていたし、家庭があるはずの編集長は尾高の妻子を顧みずにケイトの恋愛を後押し。すでに離婚の手はずを整えた尾高は、勢い余ってケイトにプロポーズをした。ここまで来たらケイトがサヨナラ満塁ホームランを打ってハイボール片手に「ウィ~~!」の未来しか見えてこない。特に、今までなんの問題もなかった尾高の良き妻が、薄暗い部屋で赤ん坊を一人置き去りにして出ていくような〝悪妻〟として描かれていたのが、最高潮に気持ち悪かった。編集長はこれを「妻の復讐だ」と言っていたけれど、ケイトと尾高のただならぬ関係を“きれいに”印象付けるための必要悪に見えた。

      「この世には、知らなくていいことがある」

      ケイトが記事に書いた一言は、この物語の着地点とも言えるだろう。ケイトと尾高のその後の未来も、それに翻弄された尾高妻の心情も、大量毒殺事件の真相も。なにがなんでも真実を追い求めていたケイトが、「知らなくていいコトもあるよね…」と悟るラストは確かに爽やかだ。でも私は“あえて”モヤモヤを残した脚本に、すこしズルさを感じてしまった。せめて一話から追っていた毒殺事件の真相くらいは明らかにされても良かったと思う。“小さな息子のために罪を背負った乃十阿”というのも、週刊イースト編集部が「ケイトのお父さんが犯罪者じゃないといいな」という理想論の上に作った美しき虚構に過ぎない(息子はカメラ目線で明らかになんか入れてたけど)。

      「白黒つけたがる現代の風潮に“あえて”グレーを提案する」

      そんなメッセージが『知らなくていいコト』にはあったのかもしれない。だけど私はやっぱり知りたかった。物語を見届けた、一視聴者として。

    2019

    2018

    2017

    2014

      花子とアン

      3.7
      • 出演者 3.8
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.7
      • 映像 3.7
      NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
      初回 2014年03月31日
      最終回 2014年09月27日
      出演 吉高由里子 伊原剛志 仲間由紀恵 石橋蓮司 室井滋 鈴木亮平 賀来賢人
      脚本 中園ミホ
      主題歌 絢香 「にじいろ」
      原作 村岡恵理
    • 花子とアン

      良妻から悪女まで高い演技力!

      4.0
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.5
      • 映像 4.0
      続きを読む 「花子とアン」放映時の黒木華さんはいわゆる良い人と言われるような役が多かったと思います。
      じっと苦難を耐え忍ぶ、影ながら見守り支える、みたいな役です。
      花子とアンでも田舎から都会に出て来て一生懸命働き、やがて自分の店を持つまでになった努力家の人役だったのですが、関東大震災の時に愛する男性を亡くしてしまいます。
      プロポーズされ恥ずかしさからつい素直になれずに返事をしないままの別れでした。
      そういった自責の念から震災後自暴自棄になり、前向きに復興に取り組む周囲の人達に対してひどい言葉を投げつけたりとすっかり人が変わったようになってしまうというシーンがありました。
      これまでは良い子だった彼女が驚くほど荒んだ様子はまるで別人のよう。
      見たことも無い冷たく無表情な顔で周囲を見下す目つきに驚くとともに、思わず背筋がゾッとしてしまいました。
      この人、本当の悪役やったらすごく怖い人になりそうです。
      でも良い人を演じると、本当にほのぼのとして癒し系なんですよね。
      この両極端な二面性に黒木華さんの演技力の高さを感じました。

    2013

    2011

    2010

    2009

    2008

    2007

    評価をする