メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

TokyaKmockさん 330
TokyaKmockさん 330
リアルタイムより録画メインですが俳優さんが好きでいろいろなドラマを見ています。 TBSの月曜20時枠が大好きでした。 特にお気に入りだったのは「名もなき毒」「ペテロの葬列」と「確証」です。
リアルタイムより録画メインですが俳優さんが好きでいろいろなドラマを見ています。 TBSの月曜20時枠が大好きでした。 特にお気に入りだったのは「名もなき毒」「ペテロの葬列」と「確証」です。

最新口コミ

恋する母たち 第6話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

蒲原の不倫相手、山下のり子が不穏な雰囲気だけで終わった前回。これから何かをやらかしてくるんだろうと思っていましたが、かなりしたたかでとんでもない女性でした。蒲原と不倫をしていた頃はどこか垢抜けなさも感じられるタイプの女性だったのに、今回はこれまでと雰囲気もまったく違い、今までは自分を抑えていたのかどこか隙のある女性を演じていただけだったのか…。蒲原自身が転落していくのは自分でまいた種なので自業自得ですが、こうなるとまりや子どもたちがかわいそうになってきます。

優子は初めての営業職なのに、天性の勘があるのか努力の方向が正しくてすごい。そうやって比べてしまうと、やはり杏だけがどこか気持ちに...

続きを読む

ルパンの娘2 第7話

4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

話の流れは昨年の前作同様、ちょっとだけシリアスになりつつありますね。美雲は言葉づかいと貧乏暮らし、かなりギリギリを攻めた腕時計なんかはコメディ的ではありますが、置かれた状況は結構シリアス。前作の和馬がひとり真面目路線を背負っていたように、美雲がシリアス路線を背負っているよなところがありますね。あの世界観では、これはこれで結構難しいポジションなんじゃないかなと思います。

それにしても円城寺さんって本当に有能ですごい!と思ったあとに、まさかまさかのオチを持って行ったので笑ってしまいました。三雲家にとっては笑うどころではありませんでしたが。あといつも笑ってしまうのが、マツさんの「○○やな!」...

続きを読む

この恋あたためますか 第6話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

前回の社長解任もかなりの衝撃でしたが、そこからココエブリィのアルバイトとして働き始める展開もかなりの衝撃でした(笑)。でも実際現場で働いてみると意外な発見があったり目線が変わったりするものなので、今回のことはお坊ちゃん育ちな元社長にはいい経験になったように思えますね。その後の“研修”旅行でのようすを見ても。

新谷北川コンビの恋は一時停滞気味。新谷のほうは特に実家との関係もあるようなので、今後ココエブリィを出て行くという可能性もありそう。新谷の恋が叶うかどうかはともかく今のメインストリームにいる女性陣なら、誰とくっついてもスイーツ開発のブレーンとして実家のお店を切り盛りしてもらえるんじゃ...

続きを読む

姉ちゃんの恋人 第5話

1.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

キャラクターや会話の違和感を覚え始めていましたが、今回真人の過去が伝わってしまい恋についても言及されるというくだりがあったせいか、真人側の人たちと主人公側の人たちとで空気感に差がありすぎるなと、またえもいわれぬ違和感を抱いてしまいました。

真人側には林遣都さん、和久井映見さん、光石研さんと演技巧者が揃っているので、ただでさえ後ろ暗さのある設定にリアリティがこもってしまって素直にドラマを楽しめないんです。実際に不可抗力や正当防衛なのに前科がついてしまったという人もいるんでしょうけど、2時間サスペンスとかならともかく連ドラでそれを引きずり続ける設定は、今この時期には私には重たすぎるみたいで...

続きを読む

監察医 朝顔2 第4話

4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

前回のラストでちょっと張りつめた空気が生まれてしまった、朝顔と大じいじ。しかしつぐみちゃんの無邪気で明るくまっすぐな言葉が、あの緊張感をウソのようにとかしていましたね。今回の事件も結構心苦しい流れになっていたので、まさに子はかすがい(大じいじから見ると孫ですが)といった感じです。
このドラマは事件や事故そのものもわりと当たりが柔らかくソフトな印象ですが、中でもつぐみちゃんのかわいらしさは群を抜いて癒やしの存在。このまま元気に育ってほしいですね。

事件以外のストーリーも進みつつあり、最後には桑原の怪しげな行動も…。平和な万木・桑原家であってほしいので、このことは引っ張りすぎないで早めにネ...

続きを読む

極主夫道 第7話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

龍が現金収入を得るためにいろいろ頑張っていました。今までも主夫としての才能を見せてきていますが、今回はこれまで以上に龍の器用さがわかってしまいましたね。ゴリゴリの極道感さえでなければ、なんでもできるのでその気さえあればかなり収入アップに繋がりそうな気がするのですが…そこは龍なので、きっと家族を優先させるんでしょう。

今回は警官役の古川雄大さんも大いにフィーチャーされた回でした。コメディの才能をしっかり発揮してくれていたので、今後は役の幅も広がりそう。ダンスが得意なだけあって名乗りの振り付けもバッチリでした。稲森いずみさんといい今回の古川雄大さんといい、コメディもきちんとできる俳優さんの...

続きを読む

危険なビーナス 第7話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

前回から一気に確信に近づき始めましたが、今回出てきたヒントはフラクタル図形というあまり耳慣れないもの。図形そのものはなんとなく見たことがあるような気がするものの、脳の何かとどんな関係があるのかいまいちわからないので、その謎解きは次回以降に期待したいと思います。

矢神家は中心に近づけば近づくほど食えない人ばかり。今回は康之介の愛人から養女になった佐代さんがメインでしたが、銀座でクラブのママをやっているだけあってどこまでが本音かわかりにくいところがミステリアスでよかったです。
あとおなじみの妄想、今回は出るのが早かった(笑)。隣人のおじさん、このドラマにしては珍しく完全にいい人っぽいので見...

続きを読む

麒麟がくる 第33話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

今回は長ゼリフのお三方に尽きますね!春風亭小朝さん、吉田鋼太郎さん、そして坂東玉三郎さん、それぞれ舞台や高座で長年経験を積んできた一流の方ばかりなので、あれだけの長ゼリフでもするすると耳に入ってきますし感情や熱量もとてもよく伝わってきます。今回かなり感情的になっていた光秀の長谷川博己さんもさすがでしたが、ひとりで話す舞台&高座経験が豊富なだけあってお三方の迫力と芯の強さに圧倒されてしまいました。

しかし義昭はすっかり人が変わったようですね。覚慶を名乗っていた頃の面影は今ではほとんどありません。幕府の中にいるからああなってしまったのか、それとも足利将軍家の血がそうさせるのか…武将たちでは...

続きを読む

35歳の少女 第7話

2.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

各々がそれぞれドン底に突き落とされたようだった前回、ラストの望美が多少の希望を抱いたように見えたものの、今回も全体的に底を低空飛行しているというか、平行移動しているというか…。今どき土曜の夜22時(今週は1時間遅れでしたが)に一家団らんでテレビを見ているというお宅は少ないでしょうけど、土曜の夜に何を見せられているんだろう…という気持ちを抱いてしまいました。

あの正論を振りかざして周りを振り回すのはいわゆる遊川脚本の醍醐味なんだと思いますが、いろいろ疲れることが多いご時世なので見ているとやっぱりちょっと疲れてしまいます。いろいろ「考えさせられる」ようなフィクションは嫌いではないものの、今...

続きを読む

恋する母たち 第5話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

これまでメインとなっていた3人に訪れた変化が多かったものの、前回から引き続き家族や周辺人物への変化が大きかった今回。冒頭、妻の不倫現場を目撃してしまったシゲオと優子の会話、メスだのオスだのという言葉がするっと出てくるあたりはシゲオの小説家らしさかもしれませんが、またこれも柴門ふみ節だなあと感じてしまいました。さらにストーリーは新展開が続いているので、今回は今までで一番見ていて飽きない流れのようにも感じます。

ドラマの中でヘイトを一手に引き受けている山下のり子、前回で少し落ち着くのかなと思いましたがまだまだ火は消えていそうもありませんでしたね。これからさらなる反撃に出そうでちょっと怖いで...

続きを読む

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す