メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

TokyaKmockさん 457
TokyaKmockさん 457
リアルタイムより録画メインですが俳優さんが好きでいろいろなドラマを見ています。 TBSの月曜20時枠が大好きでした。 特にお気に入りだったのは「名もなき毒」「ペテロの葬列」と「確証」です。
リアルタイムより録画メインですが俳優さんが好きでいろいろなドラマを見ています。 TBSの月曜20時枠が大好きでした。 特にお気に入りだったのは「名もなき毒」「ペテロの葬列」と「確証」です。

最新口コミ

おかえりモネ 第54話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

上京してお仕事にも慣れてきてすっかり垢抜けて大人っぽくなってきたモネちゃん、たくさんの人以上に自分の大切な人を守るために気象予報士の仕事がしたいという方針は相変わらずのようでした。その気持ちも大切なんですがモネちゃんが関わっているのはより大勢の人が見ている全国放送でのお仕事。しかも朝の早い時間帯はこれから出かける人、仕事に向かう人がわずかな時間で情報を確認していることでしょう。

注意喚起も大事ですが、楽しい話題も大事。特にいろんな経験が少ない小さな子は、脅してばかりだと怖くなって何もできなくなってしまうのは確かにそうだなと思いました。ただモネちゃんがあれだけ熱心になるのは震災で何もでき...

続きを読む

おかえりモネ 第50話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

いよいよ始まった東京編、実に見ごたえのある1週間でした。まずおもしろいなと思ったのがキャラクターの対比。宮城編では地元で生まれ育った人がほとんどを占めていて、そこで流れるような少しゆっくりとした時間を人々のキャラクターやしゃべりでも感じられました。そして東京編は、いい意味でいかにも東京!といった人たちが続けて登場します。宮城編からほとんど変わっていないモネちゃんがいることで、さらにその対比が目立っておもしろかったですね。

さらにテレビ報道と気象予報、どちらも刻一刻と状況が変わっていくふたつの仕事を同時に描き、それぞれのおもしろさを伝えてくれたと感じました。おもしろい仕事だというだけでな...

続きを読む

青天を衝け 第23話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

まさに大きく時代が動いたその日。歴史の授業で大政奉還・王政復古のことは知っていましたが、どこまでが史実かはともかく慶喜はこんな大きなことをひとりで考えて決意したのかと思うと、胸にこみ上げてくるものがあります。明治時代に入ってからもしっかりと生きて当時としてはかなり長生きだったということも記憶しているので、そういった意味でも広い視野を持った策略家であったんだろうなと思います。そしてそんなイメージの慶喜が本当に草彅剛さんに似合っている。

今回のドラマでかなり印象が変わったなと思うのが薩摩藩です。こうした時代劇では主人公側になることが多い薩摩と長州ですが、慶喜が主人公の側面も持っていることか...

続きを読む

おかえりモネ 第45話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

家族にだから言えないこと、きっと誰にでもあると思います。特に胸の奥でモヤモヤしている、うまく言葉にできないことならなおさら。ましてやモネちゃんが抱いてきたものは自分で選べるようなことではなく、たくさんの人に降りかかってしまった雨のようなもの。モネちゃんがあれからずっと抱えていたことをようやく家族に吐露できてよかった。そしてそれをきちんと聞いて受け止めてくれる家族でよかった。

気象予報士試験のほうも三度目の正直でやっと合格、診察室で静かに喜びを噛み締めていろんなものをひっくり返す先生に笑ってしまいました(笑)。柚子の伏線がこんなところに繋がるとは(笑)。サヤカさんのヒバが伐採され、モネち...

続きを読む

青天を衝け 第22話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

篤大夫一行はパリへ到着。航路はかなり省かれ地図でわかりやすく説明されていましたが、当時の船旅を考えるとかなりの長旅だったでしょうね。今同じ航路で旅をしろと言われたら、私は最後まで行ける自信がありません(笑)。篤大夫たちがカルチャーギャップに驚いている間、日本ではかなり大きな動きも。薩摩との軋轢などもあり、さらにはこの年に明治へと改元することになるんですよね。ドラマの流れもさることながら、家康のコーナーがどうなってしまうのかも心配です。せっかくだしたまに出てきてほしいのですが…。

ロケなどができなかったであろうパリのシーンも、かなり違和感なく作られていたのではないでしょうか。おそらくCG...

続きを読む

おかえりモネ 第40話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

浅野忠信さん演じる漁師の新次の過去と今が明らかになった週でした。現在になってから酒浸りで震災以外にも何かあるのだろうなと思っていましたが、あまりにも重たくつらい…。5年の歳月は長いようでいて短く、立ち直るに十分な時間だと思う人もいる一方で、新次のようにまだまだ歩き出せない人もいる。親子の叫びがあまりに沈痛でしたね。

そんな風に見ているこちらまでつらくなってしまうのは、やはり上質な脚本とすべてを言葉にしない演出、そしてていねいな役作りにあるのではないかと感じます。特に浅野忠信さんはほんとうにそんな漁師がいそうと感じてしまうほどで、改めて演技力とほどよく力の抜けた作り込みに感心。何度立ち止...

続きを読む

青天を衝け 第21話

4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

篤太夫と成一郎、それぞれ道を違ってしまったのはしょうがないこととして、そのままずっとすれ違いが続いていたのが気になっていました。なので篤太夫がフランスへと旅立つ前に、ちゃんとふたりが再会できてよかった。しかもずっと会えていなかった長七郎にも会えたし、それぞれの成長を再確認できたような印象です。

慶喜が正式に将軍になったことで周りの人物もだいぶ様変わりしました。比較的近代なので知った名前もありましたけど、歴史にはさほど詳しくないこともあって覚えるのに一苦労しそうです(笑)。新しい時代へと向かうかのようなフレッシュな顔ぶれ、俳優さんの名前はわかるんですけどね…。次のフランス回は「いだてん」...

続きを読む

おかえりモネ 第35話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

今週全体を通してなんだかとても印象的だったのは、初めての気象予報士試験や普通免許の取得などを経てモネちゃんの顔がとっても明るく穏やかになっているなということでした。これまではどこかうつろ…というほどではないんですが、あまり「芯」が通っているように見えなかった。だけど見習いからステップアップして仕事の楽しさと厳しさ、そして気象予報士の資格を取るという目標ができたことでひとりの人間としての芯が固まり始めた印象です。ただ島を出たいという一心で山の仕事を始めたモネちゃん、まだ20歳ですからこれからいろんな道をたどっていくんでしょうね。

個人的にとっても好きなのが藤竜也さんをはじめとするモネちゃ...

続きを読む

青天を衝け 第20話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

慶喜の将軍就任がいよいよ目前に。貫禄も今まで以上に感じられるし、負け戦になるのに意地を張らず撤退する潔さもある。今のところ私の目には「理想の上司」のように映っているのですが、あれだけの人数を率いているとやはりよく思わない人もいるようですね。

篤大夫もかなり自分の芯が固まってきたように見えます。自分自身と一橋家とそれぞれ客観的に見られているようですし、こちらも主人公としての貫禄がだいぶ出てきたかなと。ただ、前回くらいから少しずつ考えが違ってきている成一郎と、あんな取っ組み合いのケンカをするのには呆れるのと同時に笑ってしまいましたが。次回また篤大夫の大きな転機が描かれるようなので楽しみです...

続きを読む

おかえりモネ 第30話

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-

録画でためながら見続けてようやくリアルタイムに追いつきました。本作は第1話からそうだと思うんですが、とにかく「みなまで言わない」脚本と演出が大好きです。今週のキーになったトムさんの過去や両親のなれそめ話なども、ポイントポイントをしっかり見せながらすべてを語り切らない見せ切らないことで、我々視聴者がいろいろと想像する余地を作ってくれているのが見ていて本当に楽しいです。

どうやらネットではトムさんの「昭和の倫理観」がつつかれていたようですが、これも会話の前後からみんなが想像しているだけでドラマの中でははっきり不倫や浮気とは言われていないし、トムさんのあの性格からして彼が勝手に昭和を代表して...

続きを読む

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す