【桂三四郎さんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第4話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5

    ドキっとさせて奈落へドーン!!

    「あの人、子供いますよ」

    衝撃の事実から始まった第4話

    いきなりトップギアのドロから始まる「ギルティ〜この恋は罪ですか」

    コロナの影響で放送がとまってたことで幸か不幸かこのドラ...
    続きを読む 「あの人、子供いますよ」

    衝撃の事実から始まった第4話

    いきなりトップギアのドロから始まる「ギルティ〜この恋は罪ですか」

    コロナの影響で放送がとまってたことで幸か不幸かこのドラマを見るようになり

    めっちゃくちゃにハマっています!!

    正直、今期の春ドラマで一番興奮しています!!

    そんな第3話のあらすじは


    瑠衣(中村ゆりか)から、一真(小池徹平)に子供がいると聞かされた爽(新川優愛)。信じようとしない爽に、瑠衣は「嘘かどうかはすぐ分かることですから」と言い放つ。
    爽は出社したものの、瑠衣に言われたことが頭から離れず、仕事に身が入らない。彼女は考えるうちに自分の留守中に瑠衣が家にあがり込んでいたと気付き、吐き気を催すほど気分が悪くなる。
    そんな中、爽は若菜(筧美和子)とランチをすることに。爽は若菜に、瑠衣から一真に子供がいると言われたことを話す。すると若菜は、爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。爽は、若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。


    疲れ果ててマンションに戻った爽は、幸せだった頃の一真との思い出が詰まった部屋を眺めるうちに気持ちを高ぶらせる。思い出を振り払うように部屋の中をめちゃめちゃにしてしまう爽。そして彼女は、一真に手紙を綴るのだった。
    一真が帰宅すると、すでに爽はいなかった。一真は“カズくんへ”と書かれた手紙を見つけて手に取るが、読むことができない。どうしてこうなってしまったのかと後悔する一真。彼は、自分の過去を思い返す…。



    いや正直、この新川結愛、町田啓太さんのウスドキ(うっすい恋愛ドキドキシーン)はいらんなあと思いながらも

    毎回このドラマはそこから一気にドロへドーン!!!

    沼にズーン!!


    花の奥がひりひり焦げ付くような


    シュ〜ラ〜バ〜♫

    ラバラバダ♫

    ラバダバダ♫

    シュ〜ラ〜バ〜♫

    ラバダバダ♫

    ラバダバダ♫

    「映画『男と女』の主題歌」より


    そんなドロに一気に落としてくれる感情の振れ具合が半端じゃなのよ!!

    上がったら必ず落とす!!

    昼ドラ以上の感情の高低差!!!!!


    もう町田啓太さんとか会社の同僚とのウスドキシーンはいらんねん!!

    と思っているところからの

    新川結愛さんの絶叫!!!!!

    いいですね〜!!

    いい叫びですね!!!

    もっとちょうだい!!!!

    もっとちょうだい!!!!

    おじさんに叫び声をもっとちょうだい!!!!

    今回は小池徹平さん演じる「かずくん」の過去

    いいですね〜。

    黒いですね〜!!

    黒いですね〜!!

    そして長いですね〜


    ちゃうねん!!

    お前は可愛い顔してとことん悪いやつでいて欲しかってん!!

    浮気がバレて喧嘩して嫁に惚れ直すとか

    いらんねん!!!

    膝ついて泣くな!!!

    すぐ別の女のところ行け!!!

    瑠璃(中村ゆりか)のとこちゃうぞ!!

    別の愛人のところ行って

    「いや、まいったよ。どいつもこいつも・・。僕にはもえ(仮)だけが唯一心許せる相手だから」

    とかいってラブシーンかまさんかい!!!!

    この小悪党が!!!!!

    なんで愛人一人やねん!!!

    それにしてもこのドラマは期待の引っ張り方が上手いよね。

    話の最後に新たな裏切り者!!

    また新たな展開!!

    もう最高すぎますね。

    観ててこんなにテンションが上がって爆笑するドラマがなかなかございやせんよ!!

    今回は新川結愛さんの1回目の叫びとスマホを池にぶん投げたシーンで声出して笑いました。

    スマホを池に投げるの意味わからんやん(笑)

    明日からめっちゃ困るからすぐ携帯ショップに朝一で行くやん(笑)

    僕はこのドラマのこう言うちょっとしたシーンが大好き!!!

    もう次の話も楽しみで楽しみで・・・。



    ばいふぉな〜う♫
  • 美食探偵 明智五郎 第9話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5

    僕は大好きなドラマでした!!

    ついに「美食探偵 明智五郎」も最終回

    コロナで撮影休止を余儀なくされて

    めちゃくちゃ大変ながらもたどり着いた。

    前回のラストのめちゃくちゃ荒い合成映像にちょっと驚いたけど

    ...
    続きを読む ついに「美食探偵 明智五郎」も最終回

    コロナで撮影休止を余儀なくされて

    めちゃくちゃ大変ながらもたどり着いた。

    前回のラストのめちゃくちゃ荒い合成映像にちょっと驚いたけど

    何事もなかったように明るい始まり方

    けっきょく、この新米刑事の立ち位置がよくわからずやったな。。

    原作では重要な役柄なのかな?

    今回もまた毒殺!!!

    このドラマは毒殺おおいね。

    前半のテロの件とか正直、前回とほとんどおんなじ流れやからいらんかったんちゃう?

    あのイチゴがさらわれたところから今回の最後のシーンまで繋げた方が自然やったよな。。

    しかし、マリアの

    「今日殺されるとしたらなにが食べたい?」

    って答えにくい質問やな。

    最後の晩餐なににしたらええんやろ?

    こういうの〇〇って即答できる人すごいよな。

    「今日、なに食べたい?」

    って聞かれても

    「うーん。なんやろなぁ」

    って思いつきもせんもんな。

    今なんかお腹いっぱいやからなんにも食べたくないしな。

    その時で気分変わるし。

    もし最後なら食べたいものが素麺やったら

    ゆがいて

    ちゅるん

    ですぐぶっ殺されるから

    3日くらいじっくりことこと煮込んだスープとか言うて時間かせごかな。。

    しかしながらこのドラマで一番よかったのは

    小池栄子さんの怪演!!

    この作品で本当にこの人のすごさが改めてわかった。

    こんなすごい女優さんだとは思わなかったな


    警察どんだけポンコツやねん

    なんでこいつ銃持ってんねん

    裸足でどこまで走ってんねん

    どないしてマリアと明智は生き残ったんや?

    ツッコミどころ満載で

    最後の最後にようわからんようになってもた

    このドラマの不穏な空気を一気に引き戻してくれる。

    また小池栄子さんの顔立ちと黒のドレスに

    包丁逆手持ちがよくお似合いだこと!!!!

    知ってた?

    包丁を順手で持つのと逆手で持つのとでは罪の重さが変わるからみんな気をつけようね^_^

    そこからの武田真治の死に様よ!!!!!

    わらけるくらいの死にっぷり!!

    ピストルで一発撃たれただけでこのドラマで死んでいった数々の脇役たちをあっさりと超える死にっぷり!!!

    本当にご結婚おめでとうございます!!

    22歳年下ってうらやましいな!!!

    俺の22歳年下って16歳やから手出したら犯罪やけどな!!

    さあ時間的にもクライマックスだ!! 


    そして、最後は崖!!!!


    あの日と同じ崖!!!!


    そうですよね!?

    サスペンスの最後は崖ですよね!!

    こっから独白があって

    最後飛び降りてマリアーなのか!?

    それとも二人でドカンボコン!?

    どうなるの!?

    さあここからが面白いところではございますが!!

    なんとなんと!!

    お時間がいっぱい!!!

    とするのがあの神田伯山のやり方!!

    あれ?

    これ前にやったことあった?

    てか

    この崖でもう少し引っ張るのかなって思ったらめっちゃさっさか終わってエンディング

    あっさり終わってもたなー。。

    正直、前半の毒殺うんぬんはいらないからもっと主要メンバーのええシーンがほしかったかな?

    まあでも、コロナの中で時間も限られたなかやから色んなことを端折り気味でも仕方ない。

    前半ものすごく面白かったけど

    コロナのせいでペースが狂ってしまった本当にもったいないドラマ

    最後の駆け足気味なところがちょっと残念だったけど僕は大好きなドラマでした!!

    スタッフ、そしてキャストの皆様ご苦労さまでした。
  • ハケンの品格

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    もしかしてずっとこのパターン?

    コロナで撮影休止のブランクから

    ようやく動き出した春ドラマ

    「ハケンの品格2」

    13年ぶりの続編にめちゃくちゃ期待してた第一話

    まあ、物語に無理が多少あるけど

    勧善...
    続きを読む コロナで撮影休止のブランクから

    ようやく動き出した春ドラマ

    「ハケンの品格2」

    13年ぶりの続編にめちゃくちゃ期待してた第一話

    まあ、物語に無理が多少あるけど

    勧善懲悪の時代劇感もあって面白かった。

    さあ、ここからどう進んでいくのか期待の第二話

    そのあらすじは

    S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。
    そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。
    「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。
    きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。しかしそれが裏目に出てしまい・・・。


    いや、僕はサラリーマン経験ないけど

    こんなハケン派遣はけんって差別対象になるもんなの?

    めちゃくちゃ見下されてるし

    派遣社員自身も

    「いやいや、私も派遣ですから。。」

    みたいな卑屈な感じがものすごく気になるよね。

    おそらくこれは後半にむけて視聴者に「ハケン差別ストレス」をため込んでおいて

    最後に大前春子がバシッと決めてそのストレスを発散してくれるという

    前回と全く同じパターン!!!!

    というか完全に水戸黄門!!!

    遠山の金さん!!!

    印籠か桜吹雪か大前春子の違いはあっても

    パターンはほぼ同じ!!

    ただ、今回の話は悪役がめちゃくちゃ中途半端。。

    社長が派遣を目の敵にしていることがわかったら急に全社員が派遣社員を見下し始めるという

    まるでプログラミングされた動きを忠実にこなす

    ドラクエの村人のよう!!

    人間味が全然感じられない(笑)!!

    まあ、それも主要キャストを引き立たせるための方法なのかもしれないけど

    脇役の俳優さんのプログラミング村人みたいな演技を観ると

    なんか急にリアリティが感じられなくなって冷めてしまうのは僕だけ?

    この会社の営業企画課の一致団結力すごいな(笑)

    会社ってこんなふうに一つの企画をこの課全員で当たるの?

    ほかに仕事めちゃくちゃあるやろ(笑)

    ほんでソバーガーってなんやねん(笑)

    実際、お蕎麦屋さんとのプレゼン企画で「ソバーガー」をプレゼンしたら怒鳴り散らされるやろな(笑)

    ただ、山本舞香さんは可愛いな〜。

    いや、男はみんなもう1人の子のほうが好きよ。

    間違いなくね。

    でも、山本舞香さん可愛いわ。

    ほんま可愛いとおもたわ。

    sunnyの頃から可愛いおもてたわ

    てか篠原涼子と山本舞香、sunnyで共演してるやん!!

    だからなんやってことやけど

    このドラマ毎週、1話完結の時代劇方式でいくつもりなのかな?

    これ毎週は結構飽きるなぁ。

    もうすでに二週連続で飽きてきてるもん。

    それに大泉洋さんが出てないのはなんかちょっと物足りないのと

    小泉孝太郎さんが喋るたびに

    「ハズキルーペ」感が出まくるのよ!!

    会社終わりであの店行って館さんと会うんかな?

    とか

    ハズキルーペを椅子の上に置いて女の子に座らせたりしてんのかな?

    あの会社で溜まったストレスをメガネハラスメント

    とか思ってしまうのは僕だけ?

    あのCMが大好きな僕からしたら

    企画書を提出されたときに

    「字が小さくて見えなーい!!!」

    って言うてほしいな。。。

    「さすがメイドインジャパン」

    言うてくれへんかな?

    こんなに心の奥に染み込ませる

    ハズキルーペすごい

    ハズキルーペ大好き

    ちゃうちゃう!!ハズキルーペ関係ない!!!

    来週は違うパターンを期待します。
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第3話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5

    このドロドロがめちゃくちゃ面白い!!

    いやー、まさかこのドラマでこんなに興奮するとは思わなかったなー。

    いいですよ!!

    このドロドロの昼ドラ感!!

    第二話の次回への引っ張りもよくての第3話

    そのあらすじは
    ...
    続きを読む いやー、まさかこのドラマでこんなに興奮するとは思わなかったなー。

    いいですよ!!

    このドロドロの昼ドラ感!!

    第二話の次回への引っ張りもよくての第3話

    そのあらすじは

    爽(新川優愛)は、一真(小池徹平)と瑠衣(中村ゆりか)がキスしているところを目撃してしまった。ショックのあまり仕事も手につかなくなった爽は、会社を早退して若菜(筧美和子)の家を訪ねる。爽が一真の浮気を打ち明けると、若菜は「仕返しに浮気しちゃえば?」と言い出す。爽は、秋山(町田啓太)のことを思い出して動揺するがチートンの前を通りかかると、龍(阿部亮平)に詰め寄られている寺嶋(神尾楓珠)を見かける。龍は、寺嶋を爽のストーカーと勘違いしていた。龍の誤解を解き、爽は寺嶋の話を聞くことに。寺嶋は、爽の様子を心配して見舞いの品をチートンに預けて受け取ってもらうつもりだった。爽は、寺嶋が編集部でアルバイトを始めたきっかけを尋ねる。寺嶋は高校生の頃、失恋して落ち込んでいた時に爽の作った記事を読んで救われ、それをきっかけに編集の仕事に興味を持ったと語る。自分の仕事がしっかりと届いていたと知り、爽の心は晴れるのだった。

    一真と向き合おうと爽が一真にメールを送ろうとしたその時、瑠衣から声をかけられる。瑠衣は、何食わぬ顔でいつも通りに接してくる。爽はそんな瑠衣に対して感情を抑えられなくなり――

    これは修羅場ですね!!!

    待ってましたの展開!!

    まさかの第3話で第一の修羅場が!!

    序盤でこの感じだと後半どうなっちゃうの!?

    新川結愛さんと中村ゆりかさんの女同士の第1ラウンド

    こういうシーンを観たかったのよ!!

    実際僕らはこういうシーンを目の当たりにしたことはないけど

    すごく興奮しますね。

    ただ、それにしても新川結愛さんがとても冷静。

    普通、現場で見た瞬間突撃してボッコボコでしょう。

    ヴァンダレイシウバ並みのマウントパンチの連打でしょう!!

    あまりにも冷静で、無感情すぎます。

    女性って感情が先走るから

    こういうシーンで、冷静でいられるとは思わないのよね。

    そういう意味ではもっと欲しかったかな。

    髪の毛引っ張り回して相手の女がハゲハゲになるくらいのキャットファイトしてほしかった。

    正直このドラマにはこういうシーンを求めてます。

    町田啓太さんと新川結愛さんのアオハルシーン

    我々は全く必要としていないのです!!!!

    どこぞの世界にあんな青髭浮いてる高校生がおんねん!!!!

    あの時間分ドロを引っ張ってほしいのよ!!

    あんなアオハルにドキつくやつはおらんねん!!

    ドロがほしいの!!

    ドロが!!!!!!

    まだ、現在の秋山とのシーンは後半のスーパードロへの布石だろうからいいとして

    高校時代のシーンはあまりにも茶番すぎ!!

    ドロなの!!

    ドロ!!

    だからもっと新川結愛さんには感情を爆発させてほしいよね。

    旦那を詰めるシーンももっと暴れてほしいのよ

    あんな柔らかいものしか投げないような怒りじゃだめざんす!!!

    堅いもの!!

    割れるもの!!

    汚れるもので暴れまわらなきゃ!!!

    クッションやティッシュ投げるって完全に後片付けのこと考えてるやん!!!!

    あの感じやったら男は

    「あれ?意外と怒ってないぞ?これなんとかなるやろな?」

    って見抜きますよ。

    ワインかけるのもグラスごとバリーン!!

    机の上どしゃー!!!

    窓ガラスバシャーン!!

    ってされたら男はびびりまくります。

    というのも男はこれできないんです。

    まじで男はどれだけ腹が立って暴れ出してもどっか冷静な部分が残ってます。

    だから男ができない大暴れをされると、理解できない行動に恐れ慄きます。

    だからこの程度の感情の爆発だと

    「お?時間経ってエッチしたらなんとかなるんちゃう?」

    って思いますよ新川さん!!!

    そして次回へのつなぎ

    最高やないかーーーーーい!!!!
  • 美食探偵 明智五郎 第8話

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5

    あれ?最初こんなドラマやったかな?

    第1話の時点で「このドラマめっちゃ面白い!!」となって

    豪華なゲストに主要キャストのキャラ立ち、何より主役二人のコントラストが素晴らしいとめちゃくちゃハマってしまった「美食探偵 明智五郎」...
    続きを読む 第1話の時点で「このドラマめっちゃ面白い!!」となって

    豪華なゲストに主要キャストのキャラ立ち、何より主役二人のコントラストが素晴らしいとめちゃくちゃハマってしまった「美食探偵 明智五郎」

    第8話のあらすじは

    地下アイドルのココ(武田玲奈)がストーカーの田畑
    たばた
    (森永悠希)に食べさせたのは、一度症状が改善した後、7日後に死に至る猛毒のキノコ“ドクツルタケ”だと気づいた明智(中村倫也)。



    病院へ急ぐが、消えた田畑の代わりに現れたマリア(小池栄子)から、次は苺(小芝風花)を殺すと告げられる。



    明智は苺を守るため、「事務所で一緒に暮らさないか」と提案! みどり(仲里依紗)が加わったマリア・ファミリーが不穏な動きを見せる中、行方不明の田畑が死を迎える運命の7日目が訪れる。



    マリアに会うと言って出かけたココの後を追う明智と桃子(富田望生)だったが、その頃、苺の身にはマリアの黒い影が忍び寄っていた……!


    て言うかこのドラマ始まった時こんな感じだった?

    探偵モノにコメディタッチ多めのほのぼのした面白さもあるドラマだと思ってたのに

    いつの間にかサイコスリラーに変わっとるやないかい・・。

    いや別に面白いからええねんけど。

    マリアファミリーも勢揃いで物語も終盤。

    前回の仲里依紗さんが再登場した時に「やっぱり〜!!」って興奮したけど

    あんまり重要な役どころじゃないのね。

    なんか第一話から見ててこんな感じになるとは全然思わなかったなぁ。

    もうコミカルの感じが出てもなんか笑えないもんね。

    めっちゃゾクゾクするシーンの連続
    いや、面白いねんで

    面白いねんけどな。

    なかなかスリラー感ましましじゃないですか?

    確かに毎回人が殺されてるけど!!

    毒殺されまくってるけど!!

    もう上遠野さんが出てきても笑いの空気になってないよね。

    このままだともう一人の若刑事はもう居場所なくなってしまうよ!!

    三号が出てきてもなんか明るくならない!!

    もう世界観が出来上がってしまってるのだよね。

    クルックのシーンとか面白いはずなのにシリアス感が出過ぎててもう笑ってる場合じゃねえんだよ!!

    ついさっき血塗れで人死んでるんだよ!!

    ドクツルタケめっちゃ怖いやんけ!!

    あっさり言うてるけど

    そんな時限爆弾みたいなキノコあんのかいな!!

    いや〜

    このドラマ、めっちゃゾクゾクします。


    ただ、あのいちごちゃんの落ち方で

    あの引っかかり方は絶対無理です。

    一回転して頭からズドーンです。

    まあいいところで明智五郎が間に合って

    懐かしのファイト一発パターンです。

    助かった苺の最後の演技

    宇多田ヒカルさんの歌の力も合わさって

    ラストシーンはドキドキしましたね。

    小芝風花さんの演技は素晴らしいです。

    この作品でファンになりました。

    ただ最後の最後

    明智五郎と小池栄子が落ちていくシーン


    あれなんや!!!!!!!!

    なんや最後に安っぽい合成シーンは!!!!

    小芝風花さんの名演でめっちゃ盛り上がったところで

    あれなんや!!!!!!!!

    この令和の時代の撮影技術じゃないやろ!!!!

    なんやあれ!!

    タイムスリップすんのか?

    昔タワーリングインフェルノって映画でビルの最上階からロープにつられたゴンドラで降りるシーンで

    あまりにもの合成加減にそれまでのリアリティのある世界観がぶっ壊れたのを思い出しました。

    ただあの映画は1974年やからね!!!!

    約50年前と同じくらいの合成レベルはめちゃくちゃずっこけました。

    他に撮り方あったやろ!?

    いやー最後の最後で肩透かし喰らったような感じの「美食探偵 明智五郎」

    次回で最終話

    どないなるのやろなー。
  • ハケンの品格2 第1話

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    派遣社員の方の意見も聞いてみたいな。

    13年の長い空白を経てあのスーパー派遣が帰ってきた。

    「ハケンの品格」

    いや〜コロナの影響で放送延期になっていたこのドラマ

    再放送でやっていたこともあって期待がめっちゃ高かった...
    続きを読む 13年の長い空白を経てあのスーパー派遣が帰ってきた。

    「ハケンの品格」

    いや〜コロナの影響で放送延期になっていたこのドラマ

    再放送でやっていたこともあって期待がめっちゃ高かったのよね。

    キャストよし、設定よし、構成よし

    その上前評判も良いと言うこの「ハケンの品格2」

    第一話のあらすじは

    かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)は呟く。「今、彼女が来てくれたら…」当時を知る浅野務(勝地涼)が聞く。

    「まさかあの人呼ぶんですか」。
    「私を雇って後悔はさせません。三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」
    こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原涼子)は戻ってきた。

    「とっくりが舞い戻ったって本当か!」 旭川支社 支社長補佐の東海林武(大泉洋)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。


    実は僕、こう言う会社員系のドラマが好きなのだ。

    と言うのもサラリーマン経験どころかまともにアルバイト経験もないと言う世間知らず落語家なので

    こう言う会社員ものはすごくファンタジックな世界として見えて素直に楽しめるのだ。

    ただ、派遣社員さんってそんなに切実なの?

    三ヶ月で更新されなかったらいきなり無職みたいな感じなの?

    社員と派遣社員の仕事の内容や待遇の違いもわからない僕はこう言うのまじで信じてしまうんだよね。

    落語家の世界しか知らない僕にとって「ハケンの品格」とか「半沢直樹」とか「ノーサイドゲーム」みたいな世界観ってすごく新鮮。

    逆に関わりのあるマスコミとか出版関係とかのドラマだとなんかワクワクが薄いのだよね。
    そんなこんなでオープニングで驚いたのが

    「特別出演 大泉洋」

    え?今回大泉洋さんレギュラー出演じゃないの?

    あの「とっくり」と「くるくるパーマ」の掛け合いは今回はないのかしら?

    そうこうしながら始まった第1話

    オープニングの流れは前作とほぼ同じ流れ(笑)

    13年のブランクを経てのこの始まり方はファンの心をうまくくすぐります。

    でも13年前とは働き方改革でかなり職場環境が変わっているだろうし

    セクハラ、パワハラと言ったコンプライアンスがめちゃくちゃ厳しくなっている今

    このスーパーハケンがどう立ち回っていくのか楽しみすぎる。

    相変わらずの気持ちいいくらいの仕事っぷり

    定時でしっかり仕事終了する徹底ぶり

    めっちゃいいキャストで周りが固められているのに

    主役の圧倒的インパクトで物語の中に引き込まれる素晴らしいキャラ設定!!

    篠原涼子さんやっぱり最高です!!

    しかし、会社ってセクハラ、パワハラそんなにうるさいの?建前だけちゃうのん?

    ええとこのサラリーマンの友達に聞いたら

    「いや、今めっちゃ厳しいで。仕事以外の話するのも気ぃ遣うで」

    ほんまかいな!!

    セクハラ、パワハラ、オフィスラブちゃうの!?社内不倫は蜜の味ちゃうの!?

    「いや、社内恋愛とか、社内不倫っって人事部は全部把握してるから。社内の人間関係は一通り網羅してるはずやで」

    スパイやん!!!!

    人事部ってスパイやん!!!

    「そう。だから人事部の人間は同僚から疎まれんねん」

    ほんまかいな!!

    すごいな人事部!!

    だからそんな人事部の人間がセクハラするなんて自殺行為ってことよね。

    しかし相変わらずぶっとんでるのにどこか自然に入ってくるのは

    続編ということもあるけど、大前春子のキャラがビンビンに立っているからだな。

    大泉洋さんとの定番の絡みも見れたしやっと春ドラマが盛り上がっていきそう!!

    このドラマ、派遣社員のかたの視点での感想聞きたいなあ

    なんぼファンタジーで信じ込んでしまうっていうても

    干物で商談は決まらんのはわかってるけど(笑)

    男女ともに楽しめる「ハケンの品格2」

    先がめちゃくちゃ楽しみだ。
  • 美食探偵 明智五郎 第7話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5

    やっと復活!!待望の第7話!!

    新型コロナの影響で一時撮影が中断し、やっと復帰した待望の「美食探偵 明智五郎」

    前回の終わり方があまりにも気の毒だったのだけど

    やっと撮影も再開してどんな展開になるのか?

    正直...
    続きを読む 新型コロナの影響で一時撮影が中断し、やっと復帰した待望の「美食探偵 明智五郎」

    前回の終わり方があまりにも気の毒だったのだけど

    やっと撮影も再開してどんな展開になるのか?

    正直これだけ間が空いてしまうと前のな言うようどんなんだったかな?って忘れてしまいがちになるのだけど

    前回のインパクトが強烈に残っていたのですっと入れたね。

    そんな今回のあらすじは

    地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動する友人・ココ(武田玲奈)からストーカー被害の相談を受けた苺(小芝風花)は、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも明智(中村倫也)のもとへ。

    ストーカー化したファン・田畑(森永悠希)が家まで押しかけると聞き、明智はボディガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。

    すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気づく……。

    一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届き……。忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとしていた!


    今回は、地下アイドルを恐怖に陥れるストーカー

    いや〜、前回のラストの数きを引きずってなのか

    世界観が暗い!!!

    ドラマとしては面白いんだけど、陰な部分が濃くなりすぎてちょっと楽しい部分が控えめになってきている。

    明智五郎はもともとクールな役どころなんだけど、クールを通り越して暗い。。。

    このドラマの太陽だった苺もなんか表情が険しいんだよな〜。

    序盤のようなビカビカの明るさを取り戻して欲しいなあ。

    また地下アイドルって闇が深そうなテーマやしな・・。
    その中で上遠野刑事だけ変わらず明るくコミカル担当になってくれてるのが唯一の救い。

    あまりにもサスペンス感が出過ぎていてちょっと明るさ欲しいな〜

    って思っていたら、逆にマリアファミリーが明るく見えるよね

    でもやはり今回すごく印象に残ったのは

    ストーカー役の森永悠希さん!!

    いやー、この人のストーカー感というか変質者感

    見た目だけでなく、このなぜか上から目線な喋り方、声質、身長、メガネ、髪型、服装

    パーフェクトストーカーです!!!

    このストーカーの何が怖いかって

    善意と愛の塊であることよね。

    愛情が歪みすぎててこうなってしまっている。

    いきすぎた愛情が一番の恐怖なのかもしれない。

    いや、まじでこっちが拒否しているのに愛情注がれるほど迷惑なことないからね!!

    え?ストーカーにあったことあるかって?

    ないわ!!!

    はっきり拒否できるタイプやし

    家に来られたりしたら爆発的にブチギレて泣かすわ!!!!

    めっちゃ可愛かったら話は変わるけど・・。

    逆に俺がストーカーのストーカーになるかもしれんけど・・・。
    まあでもイケメンでも可愛くてもストーカーは嫌だよね。

    「車に轢かれてもその車がポルシェだったらOK!!」

    とはならんからね。

    いやー、しかし森永さん。

    すごくゾクっとしましたよ。

    いいですね〜!!

    だいたいこのドラマは殺される人は序盤にあっさり殺されるのだけど今回はいい感じに活躍したね。

    今回は少ししか出番がなかったマリアファミリーだけど

    終盤、また新たな展開が出てきましたね!!!!

    いや、私は密かに期待しておりましたよ!!!!!

    だって、あの件に関しては結末がぼやかされてたもんね!!

    ただ、顔が出る前にエンドクレジットで先に名前出したのはネタバレやったけど

    顔が出たときの新たな展開への期待感に興奮しました。

    次回も楽しみだな!!!

    後、どうでもいいことだけど

    クルックの声は水卜麻美アナウンサーだったのね(笑)
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第2話

    3.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 4.0

    中村ゆりかさんの悪女が好き!!

    衝撃のラストからの第2話

    まだ第1話だと言うのに展開が早くて見てる人を飽きさせないよね。

    いや、不倫ドラマだってことはもともとわかっているので

    どうやってドロドロの不倫劇を見せ...
    続きを読む 衝撃のラストからの第2話

    まだ第1話だと言うのに展開が早くて見てる人を飽きさせないよね。

    いや、不倫ドラマだってことはもともとわかっているので

    どうやってドロドロの不倫劇を見せるのか

    誰がどうやって裏切り

    どう追い詰められ

    どう切り抜けるのか

    そんなシーンが見どころの「ギルティ〜この恋は罪ですか」

    第2話のあらすじは

     爽(新川優愛)は、置き忘れたストールを取りに行くため、再び秋山(町田啓太)の店を訪れた。秋山の作ったピザを食べながら、当時のように楽しく語り合う爽と秋山。そこに、秋山の妻・美和子(徳永えり)が現れる。その頃、一真(小池徹平)は、瑠衣(中村ゆりか)の部屋にいた。瑠衣は「奥さんどんな人?」と何食わぬ顔で一真に尋ねる。
     爽が帰宅すると、一真が待っていた。お互いに言えないことを抱えながら、ワインとチーズで乾杯する爽と一真。一真が眠った後、爽は、ふとした拍子で自分のバッグの中身をこぼしてしまう。
     すると、小さな機械がバッグに入っていたことに気付く。それは、GPSだった。爽は、一真がGPSを仕掛けたのではないかと疑惑を抱く――。 爽は仕事の合間に、一真をランチに誘うメッセージを送る。一真は、仕事の都合で行けないと返信してくる。爽が一真の会社に電話を入れると、一真は不在で午後からの出社と聞かされる。一真は、確実に嘘をついていた。爽の疑惑はさらに深まる。



    このドラマの引っ張り方、ものすごくいですね。

    次の回がワクワクする。

    少し展開が読めるところが逆にいいのよね。

    予想通りではなく待ってましたかんが高まる感じかな?

    ただ前回も書いたのだけど
    主役二人の制服姿はまじで見てられへん(笑)

    アオハル感を出すなアオハル感を!!

    出そうとしてるけど出てないねん!!

    まじでこの主役二人の恋が進んでいく感じには全然興味わかないのよ

    話がすすんでいくとこの二人も不倫関係になってダブルドロドロになってくれたら見どころはあるだろうから伸び代として我慢しよう。

    今回の見どころは中村ゆりかさん演じる瑠衣の悪女っぷり!!

    いや〜僕はこの悪女好きですね〜。

    爽も一真もこの悪女の掌の上で転がされてる感じが見ててすごくいい!!

    「家来ちゃった」

    いや、既婚者の自宅に来たらあかんよ!!!!!!!

    一真としては恐怖でしかないやろ

    と思いながらも

    自宅に招き入れる一真

    いや入れるんかい!!!!!!

    絶対入れたらあかんやろ!!!!

    この旦那、完全に浮気隠せてます、できる男風な感じ出してるけど

    やることに抜かりがありすぎる!!!!1

    嫁が海外出張でも行ってない限り絶対家にあげたらあかんのよ!!!!

    「嫁の写真を見せる気はないよ」

    「このベッドでするつもりはない」

    いやいやいやいや

    もう家入れてる時点でスーパーアウトやから!!!!

    その後の悪女がたまりませんね。

    シャワーでびちゃびちゃになって

    「ねえ、出会った日のこと思い出さない?」

    何これ!!

    なんで服の上から水浴びるねん!!!

    帰りどないすんねん!!

    水も滴るいい女とかけてのか?

    かけてんのか?

    かけてんのかーい!!!

    かけてると水を掛けるとも、かけてんのか?

    かけてんのかーい!!

    いやいやいいですね。

    しかもこのエレベーターのシーンは最高ですね。

    このシーンをラストにして次に引っ張ってもいいんじゃない?

    ってくらいです。


    いや、この悪女がどんどん引っ掻き回してくれると期待してたのに


    爽の気づきが早すぎるよ〜。

    点と点が線になるのが早すぎるって

    探偵並みの推理能力やで

    「私、言ってない・・。」

    ただこの、ほのぼのしたところから急に始まる修羅場感の急展開が嫌いになれない

    正直こう言う騙し合い駆け引きをたくさん見たいね。

    もう、制服姿のアオハル感はいいからドロドロを見せて欲しい。

    次回も楽しみだ!!
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜

    3.3
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.5

    しっかりとフラグを立てた第一話

    コロナ騒動で撮影休止が相次いで見ていたドラマが軒並み撮影ストップ

    なんかないかなーっと思ってた時にお客さんから勧められて「ギルティ〜この恋は罪ですか?」

    「登場人物全員裏切り者」
    ...
    続きを読む コロナ騒動で撮影休止が相次いで見ていたドラマが軒並み撮影ストップ

    なんかないかなーっと思ってた時にお客さんから勧められて「ギルティ〜この恋は罪ですか?」

    「登場人物全員裏切り者」

    このフレーズで全員が裏切り者であることは明かしてしまっているので

    誰がどう裏切っていくのかを楽しみにするドラマなのかな?

    ツッコミどころ満載の予感に打ち震えながらの第一話のあらすじは


    女性誌編集者の爽(新川優愛)は、結婚して6年になる広告代理店勤務の夫・一真(小池徹平)とラブラブな関係で、仕事も順調。その一方で、爽には“ある悩み”があった。爽は子供が欲しいのだが、子供を作る意志がない様子の一真に言い出せないでいたのだ。 爽は行きつけのバーで、飲み友達の瑠衣(中村ゆりか)といろんなことを話していた。爽は瑠衣に、子供が欲しいのに夫に言えないでいることを打ち明ける。瑠衣は、言いたいことはハッキリ言った方がいいとアドバイスする。瑠衣に背中を押され、一真に自分の思いを話そうと決意する爽。爽は一真に、子供が欲しいと伝える。しかし一真は、子供は欲しくないと拒否。爽はショックを受けるものの、一真の気持ちを受け入れようとするのだった。

    翌日、爽は編集長に任された“忘れられない恋愛特集”のページ作りを進めていた。そんな中、トラブルが発生する。撮影で借りる予定だったレストランがダブルブッキングで当日に使えなくなってしまったのだ。代わりに、編集部でアルバイトとして働く大学生・寺嶋(神尾楓珠)が知っているというレストランで場所を貸してもらうことに。その店のオーナー・秋山(町田啓太)と顔を合わせた爽は、動揺。秋山は、爽が高校時代に付き合っていた初恋の人だった。


    いや、ごめん冒頭から突っ込んで申し訳ないねんけど

    この二人の制服姿はないで(笑)

    まだ100歩譲って新川結愛さんはギリギリちょいアウトやけど

    町田啓太さんはどう見てもアウトです。

    ブラウン管時代ならともかく今は4Kから8Kへ移行していこうと言う時代ですよ!!

    なんぼドーランを厚塗りしても薄ら青髭が残る感じはごまかせません!!

    ハイヴィジョンですから!!!!

    ドラマやから仕方ないにしても、29歳の町田啓太さんに制服を着せたのには悪意を感じる(笑)

    しかも冒頭はあかんよ!!!

    いきなり最初のシーンで「え!?大人が制服着てる!!」ってなってたもん

    ともかく今回のドラマはどろどろの不倫劇

    まずは爽やかBGMに乗って主人公のリア充っぷりをアピールしながら話は進んでいきます。

    なんてわかりやすいフリ!!!

    ここからドロドロの奈落の底に突き落としていくのね!!

    そうやっぱりこう言うのはわかりやすく演出してくれた方が楽しめるのよ

    中途半端になるより

    わかりやすいフリから「待ってました感」を出してもらいたい

    見ているこっちが先の展開をちょっと読めるくらいの方がいいの!!

    そうしたら、その通りになったとしてもフリがきいてたら「待ってました」になるし

    裏切ったら効果は倍になる。

    そこから主人公の「私は不倫は許せない」と言うわかりやすいフリ

    いいですね〜!!

    「待ってましたポイント」を着実に貯めていきます。

    ただチョコチョコ出てくる制服姿

    あれはもう本当に第1話だけにしてください(笑)

    なんのアオハル感もママレードボーイ感も出てません。

    飲み友達に「子供が欲しいけど旦那が反対してる」と言うわかりやすい

    不倫への言い訳フラグも立ちました

    ただここで私桂三四郎がものすごく気になるやりとりがありました。

    「女だってただしたいだけの時もある」だって!?

    おーーーーーーい!!

    それは聞き捨てならねえなあ!!!!!!

    そりゃあいったいいつなんでやんすか!?

    なんかサインでてまへんのか?

    昔、ホットドックプレスで「女がしたいときのサイン」

    って言う項目を丸暗記してものすごく注意して観察したけど

    今思うと足を何度も組み替えるとか、やたらと唇を触るとか全然関係なかったよ!!!

    足を組み替えるのは姿勢が悪くて骨盤が歪んでるからだし

    唇を触るのは単純に痒かったからだったみたいだよ!!

    まじで教えて欲しいそのときのサイン!!!!!!

    いや〜第一話でこれだけわかりやすいフリをしてくれると後々わかりやすくていいよね。

    不幸フラグ

    不倫フラグ

    いろいろ立ってますよ〜

    そしてラストシーンで実は小池徹平さん演じる旦那の不倫が発覚!!

    そしてなんと親身になってる飲み友達の彼氏が優しくてエリートの旦那!!!!!

    いいですね!!!

    いいフリ、そしていい終わり方ですね!!!!

    その後の新川結愛さんと町田啓太さんのシーンはいらんと思ったけど

    まず2人の裏切り者が出たところで第1話はお開き

    さあこっから待ってましたの連続!!

    裏切りの連続!!

    続きが楽しみだ!!


    ただ一言だけ言わせて

    嫁に隠れてメール打つときは画面が見える方向を嫁側にしちゃ絶対ダメ!!!!

    後ろからすっと覗かれた瞬間一発アウトです!!!

    嫁にはスマホの背面側を常に見せるようにポジションをとる!!!!

    これは基本中の基本ですよ!!!!
  • 正しいロックバンドの作り方 第5話

    2.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 1.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0

    あとは最終回を楽しみにします。

    今日こそは音楽やれよ!!!

    そう心の中で叫びながら見はじめた「正しいロックバンドの作り方」

    はっきり言って毎回おんなじパターン

    コメディからのいい話

    そしてバンドの結束は...
    続きを読む 今日こそは音楽やれよ!!!

    そう心の中で叫びながら見はじめた「正しいロックバンドの作り方」

    はっきり言って毎回おんなじパターン

    コメディからのいい話

    そしてバンドの結束はさらに強くなってきた・・。

    しかし、さらなる波乱が待ち構えていようとは!!

    これも1回2回は面白くみてきてきたけど

    毎回やられると完全にだれてしまってちゃんと見る気なくすよね

    4人の仲の良さ、明るさが楽しかったのは最初だけで

    パターンに飽きてしまうと、このコメディのシュールさも受け付けなくなってしまう。

    正直、シュールなコメディはたまにでいいねん。

    このドラマはベタな方が面白いのに、シュールさを狙いすぎてるのかちょっと見ててしんどいなあ

    でもこれはおじさんの感覚でこう思ってしまうだけなので

    女子高生には面白くてたまらない雰囲気なのかもしれない

    ただやっぱりストーリーがほとんど進まないで足踏みを続けられると見る気しなくなるんだよな。

    そんな「正しいロックバンドの作り方」第5話のあらすじは



    バンド“悲しみの向こう側”のメンバー4人は、シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)が暮らす赤川家のシズマの部屋で、「電撃ロックFes」一次審査の結果を待ちながら、話し合いをしていた。
    「あなたにとってバンドとは何ですか?」
    有名になった時のシミュレーションだと、メンバーにインタビューを始めたシズマに対し、テツは「なんでもいい」とスマホを触りながら答える。心ここにあらずといったテツの態度に、シズマが怒り始めたその時……。
    「大変よ大変!!!」
    とシズマとテツの母・麦子(ふせえり)が大慌てで入ってくる。
    麦子によれば、テツが大切にしていたロボットのおもちゃがなくなったという。20万円はするという年代物のロボット。居間を掃除する際に、落としたら大変だと思い、一度縁側に置いたはずが、気付いた時にはロボットが消えてなくなっていたという。
    その日、家にいたのは、”悲しみの向こう側”の4人と、麦子の彼氏である幸野(小市慢太郎)だけ。
    麦子に疑われたオギノ(栗原類)とコバ(吉田健悟)は、無実を主張するがどこか怪しい…


    いややっぱり音楽やらへーん!!

    まあ別にええねんけど・・・。

    音楽やらないでみんなで実家におるってことは今回もストーリーの進展はないな

    お母さんが片付けてしている間にロボットのおもちゃがなくなって

    誰かが盗んだんじゃないかっていう推理もの

    てか、お母さんがすぐ友達を疑うのがすごいよな。

    普通、もしそうなったとしてもすぐに息子の友達を犯人扱いせえへんで

    めっちゃ嫌なオカンやん。

    でもこれは経験あるねんけど友達が家に来て帰ったらものがなくなってたっていうのは

    子供ながらにめっちゃ傷ついたな。。。

    同じマンションに住むFくんがくるたびにものがなくなり

    自転車は勝手に乗りすてられ

    おもちゃを騙し取られ

    本当にロクでもないやつだったけどのちに彼は大人になってからも盗み癖は治らず

    刑務所に何度も出たり入ったりしている・・・。
    ことは全くなく

    地域で一番の高校に入学、大阪大学を卒業したのちエリートコースを歩んでいるらしい・・・。

    世の中どないなっとんねん!!!!

    絶対あいつの息子も物盗んどるわ!!!

    そんな小さい頃のトラウマはさておき

    この犯人探しのシーンも僕がちょっとだれてしまったのか

    途中からどうでも良くなってしまった・・・。

    最後、お母さんにその彼氏がプロポーズするシーンも

    なんの感情も湧くことなく・・・。

    て言うかお父さん死んでたって言うの全く知らんで?

    なんでお父さんなくなってるのに

    第2話の「悲しいこと」を言い合うシーンで出てこなかったんやろ?

    最初の方は面白かったのにな〜。

    結構好きなドラマだったのに

    なんか毎回おんなじパターンで飽きてしまった・・。

    最終回だけ見ることにするかな・・・。
評価をする