【宮地ケンスケ(ニブンノゴ!)さんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木 第2話

    3.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 2.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.0

    トリックが・・・

    キワドい2人

    第2話を鑑賞。

    2人が異母兄弟と知ったところからスタート。

    兄妹だと知ってさらにギクシャクするのかと思いきや
    知る前とあまり変わらないままバディ継続。
    ...
    続きを読む キワドい2人

    第2話を鑑賞。

    2人が異母兄弟と知ったところからスタート。

    兄妹だと知ってさらにギクシャクするのかと思いきや
    知る前とあまり変わらないままバディ継続。

    回数短縮のために泣く泣く断念したのか?
    そもそもそういうものを描くドラマではないのか?

    謎だ…

    1話と同様
    2人の掛け合いもテンポいいし、なんと言っても演技に引き込まれる。
    サブキャラもキャラ濃いから死に役にならず印象に残る。

    演者に関しては申し分ない!

    だが…
    前回以上に…

    ストーリーが…

    深くいくのかなと思いきや
    浅め浅めで時間は進み
    結果最後までその浅いままで終わってしまった印象。

    MIU404みたいに考察して楽しみたいところだが考察する部分がほとんどなし…

    まず2話のゲストに残念ながらそこまでの魅力を感じれなかった(辛口になってしまい申し訳ないです)

    こういう刑事ドラマのゲスト回ってやっぱり幅広く認知度がある役者をブッキングしないとダメだと思う。

    結果
    ストーリーに厚みが出なかった。

    自分をかばって罪を被ろうとしてる後輩の気持ちを知って「自分がやりました…」と自白するシーン。

    今、レベルが上がっている刑事ドラマで
    このオチは久しぶりにずっこけた。

    逃げきれない証拠を最後どーんと見せて逮捕。
    逮捕されて罪を被ろうとしてたことを聞いて涙する・・・って流れにはできなかったのか?

    トリックも

    雨の日に5階までよじ登れる?
    SWATでも転落するんじゃない?(笑)

    凶器はウイスキーの瓶だったけど
    本当に殺したいならもっと鈍器なものを選ばない?
    ウイスキーだと相手を傷つけることはできるけど命までは奪えないと思うけどなぁ。

    猿に引っかかれた傷を絆創膏外して見せてるし…

    ここまでにしときますけど
    他に気になった箇所、軽く2桁はありました(汗)

    主要メンバーの演技が良いだけに逆に話しの荒さが浮いてしまった印象の第2話。

    でも、こればっかりは仕方ない。
    コロナだったり、大人の事情だったりで間違いなく時間はないはず。

    でも時間ないなりにみんなの心に刺激を与えるような展開になっていってほしいです!

    山田さんの演技は相変わらずよかったです!
    3話に期待させてもらいます!
  • おカネの切れ目が恋のはじまり 第1話

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    三浦春馬さん、素晴らしい。

    お金の切れ目が恋のはじまり

    第1話を鑑賞。

    本当に残念ですが
    もう、この世に俳優・三浦春馬さんはいません。

    このドラマを放送するのことを決断したTBSに最大級の賛辞を送...
    続きを読む お金の切れ目が恋のはじまり

    第1話を鑑賞。

    本当に残念ですが
    もう、この世に俳優・三浦春馬さんはいません。

    このドラマを放送するのことを決断したTBSに最大級の賛辞を送りたい。

    観る前は
    三浦春馬さんの死が大き過ぎてストーリーも入ってこないのかなと思っていましたが

    三浦春馬さん演じるおもちゃメーカーの御曹司・浪費癖がひどいけどどこか憎めない猿渡を見てると、この時間だけはそういう悲しい現実を忘れさせてくれた。

    やっぱり、凄いスキルを持った俳優さん。

    金持ちの息子ってこんな人が多い!っていうデータをしっかりインストールできてる。
    もう、あっぱれとしか言えないレベル。

    金持ちって生まれた時から裕福だから、どん底を知らない。
    どん底を知らないってことは人間の悪い心の部分が宿ることがない。
    だから神様みたいにニコニコして、前向きだし、素直で忖度知らず。
    そんな御曹司あるあるをしっかり演じれてるよな〜。

    逆に昔貧乏だったけど金持ちになった奴に嫌な奴が多い(笑)

    このお話し
    「凪のお暇」の脚本家の大島里美さんのオリジナル脚本。

    昨今、漫画や小説のドラマ化ばかりだが
    ドラマの嗅覚がハンパないTBSはやはり動きを見せてきた!

    去年までだったらオリジナルのラブストーリーなんか、どこの局もやらなかった。


    でも、今年はコロナ禍の影響や、視聴率も13歳〜48歳の世代のファミリーコア層を各局意識するようになった。

    転換期は今だと!とTBSが先陣を切った。

    しかも主役が松岡茉優さん!
    この思い切りの良さも今絶好調のTBSだと間違いなく吉と出るだろう!

    実際1話も安定の面白さ。

    金遣いが荒い、社長の息子の猿渡慶太は金の大切さを勉強しろと経理課に異動させられる。
    その経理部にいる玲子と出会う。

    おまけに慶太はマンションを売却され寝泊まりする場所もなく、玲子の家が営む民宿にやってきた。

    清貧女子の玲子と浪費家の慶太。

    2人の恋の展開の横軸
    お金とは?という縦軸

    「恋」と「金」
    これを演技派2人がしっかりバランスよく交わされてくれる。

    1話の
    営業部のエリートと言われているが
    実家の商売がうまくいってない、奨学金の返済、小さな兄妹を食わすために、夜な夜なデータ入力のバイトしたり出張先の新幹線を金券ショップで売って、格安バスで移動しお金を稼ぐ社員。

    疲れ果てて
    「頭の中、金金金!」
    絶叫してしまうシーンは、胸が熱くなった。

    これはただのラブコメではないぞと確信しました。

    全4話ですが、これは絶対最終回まで見届けさせていただきます。
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木 第1話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    クセになるバディだ!

    キワドい2人 K2

    ぶっちゃけ、まだMIU404ロス中な上に
    間髪入れずもう新ドラマ。
    おまけに刑事バディもの。

    これは嫌でもMIU404と比べてしまうって・・・神様。
    ...
    続きを読む キワドい2人 K2

    ぶっちゃけ、まだMIU404ロス中な上に
    間髪入れずもう新ドラマ。
    おまけに刑事バディもの。

    これは嫌でもMIU404と比べてしまうって・・・神様。

    別れて一週間しか経ってないのに友達に恋人候補紹介されてる感じ。

    始まった当初
    初出勤、困ってる人がいたら助けてしまう真面目一徹な神崎。
    足が悪いご年配の女性を歩道橋をおんぶで運ぶ。
    そのあとにご年配の団体が来て、全員を運んで遅刻というシーンがあった。

    『こういうタイプの刑事ドラマ?昔、TBSの月曜8時にあった枠みたいなやつじゃん…』

    これは、失礼だが「ながら鑑賞」するか・・

    そう思ったんですが
    山田君の演技にどんどんこのドラマの世界観に導かれていってしまった。

    以前
    いとうあさこさんと対談させてもらった時に、いとうさんが山田君の演技を絶賛してましたが

    今回、改めて山田君の役者としてのスキルを感じずにはいられなかった!

    山田君のセリフって雑味がないですよね?
    綺麗に入ってくるというか、なんかスッと入ってくる。
    セリフがテレビで例えると4Kなんだよなぁ。
    鮮明なんです。

    田中圭さんも鬼のように忙しい中
    キレ者刑事を見事に演じきっている。

    今クール3本掛け持ちしてて、それが全部キャラが違うのに演じ分けてるのって凄いよ!

    2人の掛け合いもこれまた最高!

    「ベビーフェイスと塩顔ハラスメント」というキラーワードも出て来た!

    はい、捕まりました!このドラマの魅力に!

    真面目な新人刑事と破天荒な刑事のバディものは王道。
    芸人でいう面接コントや取り調べコントくらい王道。

    王道って通(つう)ぶるやつは避けたがるが
    でも王道を徹底的にやり切ろうという姿勢がこのドラマから見えてくる。

    王道だが、会話劇のレベルは高い。しっかり笑える。
    主役の2人がコメディドラマに結構出てるから地肩が違う!

    コメディ要素は高め、そうなると難しい話しは邪魔になってくる。
    だからなのか1話目は誘拐をテーマにした話。

    犯人逮捕あたりに荒さはあったが、それはご愛嬌。
    事件もこれくらい分かりやすい方が吉とみた。

    1話の最後に
    黒木と神崎が異母兄弟だということが判明する終わり方も良し!

    神崎と父親に何があったのか?
    2話目の以降の引っ張りもしっかりあり!

    そして舞台が池袋!
    池袋と言ったら池袋ウエストゲートパーク!
    池袋ウエストゲートパークと言ったらTBS!

    池袋を撮らせたらTBSが日本一!

    池袋を楽しめるドラマかもしれません!

  • MIU404 第11話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    最高すぎるフィナーレ

    MIU404 第11話(最終回)

    始まりがあれば終わりがある。
    日本のドラマは1クールで終わりがやってくる。

    この短期間の出会いと別れには慣れていたはずなのに・・

    今回...
    続きを読む MIU404 第11話(最終回)

    始まりがあれば終わりがある。
    日本のドラマは1クールで終わりがやってくる。

    この短期間の出会いと別れには慣れていたはずなのに・・

    今回ほど終わりが来ないで欲しいと思ったドラマは過去にない!

    前のレビューでも書いたけど
    ここまで捨て回のないドラマは稀(まれ)

    もちろん、こういうドラマの最終回ってみんなの期待が入り混じり
    ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでも賛否になる。

    しかも、このコロナの状況で撮影に制限もあったり
    イレギュラーなスケジュールになったことで出演者の撮影時間の確保も難しい部分もあったはず。

    けど脚本家と演出家とプロデューサーがお互いを信頼し
    金曜22時に間に合うように出演者とスタッフが二人三脚で迎えた最終回。

    私はそういうのをひっくるめて
    最終回の結末はどうなってもよかった。ゴールを見守りたいという気落ちが強かった。

    気になったシーン

    クルーザー置き場での久住と伊吹の長い会話。
    演技者の2人による贅沢な会話劇に「ここは、パルコ劇場か?」と錯覚してしまった!
    怪我の功名とも言えるこのシーンが脳裏を離れない。

    久住演じる菅田将暉の悪役に痺れた。
    SNSでも話題になっていたが、目の奥まで悪役になりきっていた。
    ジョーカーを演じたヒースレジャーを見てるようだった!

    桔梗の「小さな正義を一つ一つ拾った先に、少しでも明るい未来があるんじゃないんですか?」という稲妻が落ちたくらいの響くセリフを最終回に野木先生はぶち込んできた!

    全国の警察署のロビーに1枚1枚貼っていきたいくらい(笑)

    そうなんです!
    正義に限らずどんなものでも小さいから効果がないとかでなくその一つ一つが大きくなり形になるのだから!

    まさかの夢オチか?と一瞬ソワソワしたけど(夢オチって漫画でも映画でも異常に評判良くないから…)

    最後まで見ると、まさかの去年の話しっていうのも気持ちいい設定。

    最後2020年はマスクつけてバディ継続。

    満足いく最終回でした。
    2020年で観たドラマの中でも1、2番の面白さ。

    最後にこの方の話しをさせてもらいたい!

    九重役の岡田健史さん。
    このドラマでかなりスキルを上げましたね!!

    1話の時、人気やフレッシュさはもちろんあったが演技派の星野源さん・綾野剛さん、そして演劇界の小さな巨人こと橋本じゅんさんと共演となると経験不足が嫌でも画面通して出てしまってた。

    けど後半からの岡田さんの顔つきが変わってきた。

    間違いなく何かを掴んだ!
    自分の持ってるプロという考えをさらにアップデートし、それをアウトプットしてた!
    演技見てたら私はそれを感じずには入られなかった!

    また一人、気になる若手俳優が増えてしまったよ。

    何か続編があると期待してしまうのは私だけではないと思う。
    もしシーズン2があるのならコロナの流行も落ち着いた頃で、たくさんのエキストラを前に派手なアクションとかやってほしい!
  • MIU404 第10話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    失速しらずの面白さ!

    MIU404 第10話

    ここ2週間、仕事の作業が続いていたためドラマをゆっくり観る時間がなかったが
    今週やっと溜まっていたMIU404の9話と10話を鑑賞。

    こんな面白いまま最...
    続きを読む MIU404 第10話

    ここ2週間、仕事の作業が続いていたためドラマをゆっくり観る時間がなかったが
    今週やっと溜まっていたMIU404の9話と10話を鑑賞。

    こんな面白いまま最終回直前まで来れるドラマってなかなかないよ!!

    今、話題の半沢直樹ですら顔芸やりすぎて少しばかり胃もたれしてる状況(でも面白いのには変わりないんですが)なのに

    このドラマは1話から10話まで捨て回がない!

    前半の久住や桔梗の家に盗聴、YouTuberのRECとばらばらの話しと見せかけといて
    その点と点を強引にではなく自然と違和感なく繋いできた!!


    すべてがエクセレントでしっかりテーマがあり、そのテーマは今どこも取り上げない日本の隠れた闇。

    そしてなんと言っても
    予想だにしない展開の連続!!

    10話の最後もドローンで都内12か所に爆弾攻撃したという展開に

    うわーーーと驚かされ

    その10分後には
    それがフェイクニュースだったと知って

    うわーーーーとさらに驚かされる。

    驚き疲れしまくり!
    体重も100グラムくらい落ちたんじゃないかな?(笑)

    ったく、どれだけ野木さんに騙されたか・・・

    そう

    このドラマは大きなテーマに【フェイク】が見え隠れする。

    ガマさんの回もガマさんが認知症のフリをして妻を轢き殺した犯人を殺害していたり

    今回の10話だって、フェイクニュースがテーマ

    そう
    この時代は昔以上にフェイクに溢れてしまった。
    悲しいことにフェイクか真実かを見極められない人々が増えてしまった。

    ドラマでも桔梗がこぼしてしたけど
    冷静に考えたらそれがフェイクとわかることばかりなのに
    ネットで騒ぎ鵜呑みにしてしまう奴が多すぎる。

    そんな馬鹿どもに野木先生は警鐘を鳴らしているのではないか?

    最終回直前でこのドラマをおさらいさせてもらうと

    綾野剛さんの仕上がりっぷりがえげつない。
    もちろん星野源さんも素晴らしいです。

    ですが、後半の伊吹はもう刑事ドラマ史上3本に指に入るほどのキャラクター。

    1話から演技が続いているんですよ。
    1話完結の刑事物って1話ごとにリセットされるんですけど、伊吹は続いてるんですよ。

    伊吹という人間を完全にインストールしている。
    もともとすごい役者さんですが、今回のドラマで頭一つ抜けましたね。

    とにかく最終回まで本当に素晴らしい流れです。
    もう、これは野木さんの脚本、出演者の演技、プロデューサー、監督、スタッフ、全員の情熱が支えてきたのでしょう。

    最終回を見終わった時に色々書かせてもらいますわ。

    陣馬さんが…どうか… 何も起きてませんように!!

    そして九重が復帰できますように!
  • 私たちはどうかしている 第2話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5

    佐野史郎さん、怪演!

    私たちはどうかしてる

    2話を鑑賞。
    1話の興奮をそのままな2話でした!

    まあこのドラマの魅力である昭和感は1話よりもパワーアップ!
    特に大旦那の佐野史郎さんが見応えすごかった...
    続きを読む 私たちはどうかしてる

    2話を鑑賞。
    1話の興奮をそのままな2話でした!

    まあこのドラマの魅力である昭和感は1話よりもパワーアップ!
    特に大旦那の佐野史郎さんが見応えすごかった!

    すごく言い方が失礼になるが
    1話を観た時
    今、この時代に佐野史郎さんを起用することへの若干の違和感があったが
    2話で「こりゃ、佐野史郎じゃないとダメじゃん!」となりました。

    やっぱり昔のドラマテイストにこだわり持ってるのであるなら
    そしてその当時話題になった役者を投入したということではないかと推測する。

    もうその作戦は見事的中!

    味方なのか?はたまた敵なのか?
    このドラマのキーマンをしっかり昭和テイストで演じている。

    どこのシーンが見どころかって?
    もちろん食卓のシーンでしょ!

    七桜を招いて椿、母親、大旦那の4人で食事。
    そこでいきなり大旦那が七桜に湯呑をぶん投げる!

    あまりの早さに投げたものが湯呑なのかハッキリ確認できないほど!
    多分湯呑みだったはず!

    で、そのとんでもないスピードの湯呑を七桜がよける!

    あの早さ、避けれるなんて
    末裔がくノ一だったみたいな伏線とかじゃないですよね?笑

    避けられて悔しかったのか
    大旦那は七桜の首を絞める!

    もうカオス!

    ヤマザキ春のパン祭りならぬ夏のカオス祭り!!

    この首絞めてる時の佐野さんの表情が
    あの社会現象を起こした冬彦さんだった!!

    歓喜!!
    このシーンをスタジアムとかで観たかった!!

    このシーンだけではないんです!

    佐野さんだけではない
    観月ありささんの嫌な義母役も最高!!

    前回のレビューで書きましたけど
    主役女優という重責から解放された観月さんの演技
    我々のようなおっさんドラマ好きはこの歴史を目撃できたことを感謝しなければいけない!

    猫も飛び起きるような声で七桜を罵倒し、最後に花瓶の水をかけるシーンがあるんですが

    普通だったら・・・
    花瓶の水30〜40%くらいが顔にかかれば大成功ですよ。

    でもね観月ありさくらいになってくると
    90%以上の水をかけれるんです!!

    濡れ具合でいうとバケツの水かけたれた量とほぼ一緒!

    ここは要注目です!ちゃんと観てほしい!
    私がそこまで大袈裟に言ってないことがわかります!

    90年代、2000年代のドラマ好きで、このドラマを観てない人
    お忙しい方もいるかもしれませんので1時間全部観てくれとは言いません
    せめて、佐野史郎さんと観月ありささんの演技シーンだけでも観てください!
  • 私たちはどうかしている 第1話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0

    夏ドラマのダークホースだ!

    私たちはどうかしてる

    コロナの影響でイレギュラーなスタートばかりの夏ドラマ。
    もともとこの時期は東京オリンピックが開催される予定だった
    『勝負ドラマを放送してもオリンピックで誰も見な...
    続きを読む 私たちはどうかしてる

    コロナの影響でイレギュラーなスタートばかりの夏ドラマ。
    もともとこの時期は東京オリンピックが開催される予定だった
    『勝負ドラマを放送してもオリンピックで誰も見ないだろ』と言わんばかりに各局一風かわったドラマや肩の力を抜いたドラマが目立つ。

    その中でも
    日テレの水曜22時「わたしたちはどうかしてる」が面白すぎる!

    この面白すぎるというのは

    内容ももちろん面白いのだが…
    まあ、簡単に言うと『M 愛すべき人がいて』的な面白さ。

    大映ドラマと東海ドラマのハイブリッド!
    それに加えて、コロナ対策を余儀なくされた撮影方法が良い隠し味になっている。

    ストーリーを簡単に言うと
    有名老舗和菓子の若旦那が誰かに殺された。その現場を目撃したと言う若旦那の息子。
    その息子が口にした相手が住み込みで働く従業員だった。
    身に覚えがないと言うもそのまま逮捕され、獄中で死んでしまう。
    その従業員の娘が大人になり、老舗和菓子に復讐をする。

    このスタートがすでに昭和の香りプンプン。
    僕が中学校の時、風邪で学校休んで見た昼ドラとほぼ一緒(笑)

    気になる
    ドラマのタイトル
    「わたしたちはどうかしてる」

    どういう意味なんだろ??

    そう思っていたら1話の26分が経過した時でした

    会ったばかりの花岡七桜(浜辺美波)に光月庵の高月椿(横浜流星)がいきなり結婚しようと言う。それを受け入れる七桜。

    えーー?早くない??

    その後の七桜のセリフ
    『わたしたちは・・・どうかしてる・・・』

    してるよーー!!

    っていうか、このタイトルの伏線回収早くない??

    もうここで私の心は鷲掴みされました!

    しかもその椿には親の決めた相手との結婚が控えていた。
    その結婚式に七桜を呼ぶ。

    どうかしてる!

    で、その結婚式に七桜は来る。椿はこの人を結婚すると七桜を家族に紹介する。

    どうかしてる!!

    で、七桜は光月庵で下っ端から働き出す。で、すぐに溶け込む。
    普通は結婚式に乱入したような女、怖くて少し距離置かない?

    どうかしてる!!!

    松本人志さんがすべらない話で「すべらんな〜」という回数くらい「どうかしてるわ〜」って言ってしまいます!

    でも、そうやっていじらせるだけで終わってないのがこのドラマのすごいところ。

    まずキャストが最高すぎる!横浜流星が超絶ハマり役!こんな和服が似合う若手俳優そうはいないですよ!

    観月ありさの義母役も素晴らしい!今までは<何年連続、主役やってます>という主役縛りが彼女を苦しめていたけど、今回思いっきりクセのある脇役を演じきっている。

    やっぱり主役を何十年も張ってきた女優のバイプレイヤーの厚みはハンパない!
    間違いなく今後話題になるはず!

    物語の芯となる「和菓子」もほんと綺麗に撮っている。ここの部分に一切遊びを入れない!

    和菓子に敬意を称してる。和菓子好きでない人も食べたくなるような演出に脱帽。

    和菓子が持つ【わびさび】がそのままドラマになっている。


    まだ観てない方!
    今なら途中参加間に合います!今週の3話からでも是非観ていただきたい!
  • 半沢直樹2 第5話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    帝国航空編も激オモロ

    半沢直樹 第5話

    今週から『帝国航空 再建編』が本格的に動きだした。
    東京セントラル証券編がひっくり返るほど面白かっただけに帝国航空編に集中できるか不安でしたが

    もう5話でその...
    続きを読む 半沢直樹 第5話

    今週から『帝国航空 再建編』が本格的に動きだした。
    東京セントラル証券編がひっくり返るほど面白かっただけに帝国航空編に集中できるか不安でしたが

    もう5話でその不安は木っ端微塵に消え去りました!

    いやー!熱い!半沢直樹が熱い!

    政府の案が実行される前に自力で再建をしてほしいと半沢直樹は考える。
    空港を視察した時、徹底したサービスに半沢は驚く。縦割りで効率が悪くなっていることに気づき、そこを社員が一つになって修正すれば自力で再建できると確信する。

    半沢は再建計画をまとめ、役員に見せる

    だが、その内容が帝国航空の社員に一斉送信で送られてしまう。

    社員たちは強く反発。

    役員と東京中央銀行の一部の人間しか知らない情報なのに…

    さー!!
    ここで!!
    半沢直樹のリークした悪者の成敗劇が始まるのです!

    今週は「半沢名言劇場」といっても過言ではないほど連発しましたね!

    『近寄るなーー!!』

    このソーシャルディスタンスの時代だから余計響くセリフ。

    今後、飛沫飛ばしまくりの人が近寄ってきたら

    『近寄るなーー!!』って使いたい(笑)


    あと、ネットでも話題になったセリフは

    『あなたから腐った肉の臭いがします!』

    これ、めっちゃくちゃ痺れたー!
    こんな汚い言葉使う半沢直樹のことをもっともっと好きになったぜーー!

    いいんだよ!悪い奴には多少口が悪くなっても!

    最後は帝国航空の社員のほとんどが集まってる中で
    黒幕を突き詰める!

    コロナ禍でエキストラたくさん使う福沢演出、今回は見れないと思っていたら
    見せてくれましたね!


    最後、黒幕は警備員や他の写真に取り押さえられることなく走ってその場を去った。

    村に悪人が来たが正義の侍によって追い出される感じ!

    またまた時代劇テイスト!

    もうこれぞ半沢直樹という回でした!

    この帝国航空は実際にあったJAL再建とリンクさせてるんですよね〜

    そういう実際にあった話しを着色してフィクションにするドラマが大好物。

    大和田さんは5話では少し休憩(笑)
    ヒートアップしていた顔芸&アドリブ名言を5話ではクールダウン。

    小説半沢直樹のファンによるとこの再建編は傑作らしい!
    楽しみです!
  • おじさんはカワイイものがお好き。 第1話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    バズる予感プンプンドラマ!

    おじさんはカワイイものがお好き。
    第1話。

    ムロツヨシさんや佐藤二朗さん、滝藤賢一さんなど
    最近は実力あるベテラン俳優が主役に起用されることが増えた。

    今期はあの眞島秀和さん...
    続きを読む おじさんはカワイイものがお好き。
    第1話。

    ムロツヨシさんや佐藤二朗さん、滝藤賢一さんなど
    最近は実力あるベテラン俳優が主役に起用されることが増えた。

    今期はあの眞島秀和さんが主役となって連ドラに再降臨!!

    去年「サウナーマン」で主演をしているが時間帯や放送エリアも大きくなった!
    着実にゴールデン帯の主役俳優に近づいてきてますよ!

    ここ3〜4年の眞島さんの活躍は凄まじかった。

    特に『隣の家族は青く見える』はかなりのインパクトだった。
    その次は『おっさんずラブ』で続けて同性を愛する男性を演じたのだがどちらも全く違う演じ方!

    最近では東京ラブストーリー2020の課長役も良かったんですよね〜。

    ただ、この木曜11時台のドラマ枠

    過去にちゃんと最後まで観たドラマが1本もない。。。

    なぜか習慣化しない。

    裏に「アメトーーク」やってるし、あと・・この枠、吉本芸人出るでしょ?それがなんか引っかかって(笑)

    でも今回は名バイプレイヤーの眞島さん主演で、イケてるおじさんがかわいい物が好きっていう設定。

    もしかすると「おっさんずラブ」くらいバズるんじゃないか?!と感じ
    1話を鑑賞しました。

    結果から言うと

    1話観て・・・よかったーーー!!

    めちゃくちゃ面白いじゃないか!

    イケメンで仕事もできる小路三貴、43歳。

    子供のころに出会った「パグ太郎」に一目惚れ。
    それからパグ太郎のグッズを見つければ一目散に入手するほど。

    だが高校時代、ゲームセンターのUFOキャッチャーで大きなパグ太郎をゲットしたところを女子に見られバカにされたことをきっかけに人には言えずにいる。

    そんな小路の周りに自然とカワイイものには目がない人々が集うようになってくるって言うお話。

    勝手にライバル視する職場の同僚の鳴門も猫好き。だが、誰にも打ち明けられてない。

    小路の姉の息子の真純も萌え系漫画家志望。でも誰にも言えていない。

    よく街で遭遇する謎の男(今井翼)。
    一話の最後に小路の職場で再会。
    謎の男の正体はデザイナー、男は小路のカワイイもの好きを見抜いていて、その男もカワイイキャラクター好き!!

    初めて同じ「カワイイもの好き」と言うおじさんに出会って1話は終了する。

    普通に面白い!
    そして今井翼さんがいい味出してます!

    いい意味で演技に脱力感を出せていた!

    これは、2話も観てしまうやつです!

    私のドラマ鑑賞のルールの一つ

    『時間は有限!1話で鷲掴みにされなかったら2話は観なくていい!』

    があるんですが
    これは観させていただきます!!

    皆さん!
    今だったらTVerとかで1話見れます!
    オススメ!
  • 半沢直樹2 第4話

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    めまいがするくらい面白い!

    半沢直樹 4話

    東京セントラル証券編の最終回!
    面白いドラマを見るとレビュー書くとき、ピアニストくらい指が動きます。

    ただ、何故でしょう
    「半沢直樹」は超絶面白いのだが、ここ...
    続きを読む 半沢直樹 4話

    東京セントラル証券編の最終回!
    面白いドラマを見るとレビュー書くとき、ピアニストくらい指が動きます。

    ただ、何故でしょう
    「半沢直樹」は超絶面白いのだが、ここがよかった!ここがよかった!と噛み砕いて感想言うドラマではない気がする。

    他のドラマのレビューを料理で例えると『コースメニュー』

    一品一品ごとに感想を言えるのだが

    半沢直樹に関しては『人生で一番美味しかった たい焼き』みたいなもの。

    死ぬほど美味かった!最高!
    でも褒めるとすれば「あんこ・焼き加減」くらいじゃないですか?

    『あれ?他のドラマはあんなに絶賛が止まらないのに・・半沢直樹は少なくないですか?』

    そうじゃなくて、どっちも最高なんだよ!
    なんなら人生で一番美味しかったたい焼きの方が死ぬまで覚えてると思う。

    なので半沢直樹のあんこ部分にあたる

    <後半の半沢直樹、電脳への追加融資を決定する役員会に殴り込み>
    を語らせてください!

    部下の伊佐山に裏切られた大和田が宿敵・半沢直樹と手を組み悪事を成敗する。
    何度も何度も言ってしまうが、もうスーツを着た時代劇!
    もう太秦で撮影してるんじゃないか、これ?

    前半戦のクライマックスだけあって
    堺雅人さん、香川照之さん、市川猿之助さん、古田新太さんの演技の気合いの入り方がエグかった!

    顔を近づけ、声を荒げる一髪触発なシーンが続く。

    このご時世に「ここまで近づける?」って言うくらい近づけます!

    ソーシャルディスタンスって2センチだっけ?笑

    顔芸も普段のだと刺激が足りないのか、いつも以上に顔を動かしていた。

    粉飾決済の証拠も入手し、伊佐山と三笠は万事休す!

    観てて実に痛快だったーー!
    ここまでスッキリさせてくれるドラマが近年あっただろうか?
    「半沢直樹」だけshowroomみたいに投げ銭システム導入できませんか?
    決まったーっと言うところで投げ銭したいです!!

    半沢はこの活躍で晴れて東京中央銀行に戻ることができた!
    『よかったー!』と思う一方
    もう東京セントラルのメンバーに会えないと思うとそれはそれで寂しい…

    賀来賢人さんが「今日から俺は」と全く違う演技を披露して話題になっていますが
    今田美桜さんの演技をもっと評価してほしい!!

    彼女の演技ってまだ若いのに気負ってなくてすごく柔軟。
    若い役者さんってテレビドラマっていうことに力んでしまい、パワーがどうしても先行してしまいがちだが、彼女は押し引きを心得た演技ができる。

    そんな今田美桜さんの演技を堪能できないのは寂しい。。

    日テレ「親バカ白書」の方に出演してるけど… 半沢直樹の方の役が良いんだよなぁ。

    来週からは『帝国航空再生計画編』
    これもまた傑作なんでしょうね。楽しみです。
評価をする