要潤の出演ドラマ

コウノドリ1

4.4
  • 出演者 4.3
  • ストーリー 4.3
  • 演技 4.3
  • 映像 4.2
TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
初回 2015年10月16日
最終回 2015年12月18日
出演 綾野剛 松岡茉優 吉田羊 坂口健太郎 平山祐介 清野菜名 豊本明長
脚本 山本むつみ
主題歌 miwa 「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」
原作 鈴ノ木ユウ
  • コウノドリ1

    良作

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 --.-
    続きを読む ちょうど自分が妊娠してた時期に放送されていて、
    色々重なる部分があり、考えさせられたドラマだった。
    幸運な事に、安産で今も子供は元気に育ってるけど、
    出産って本当に奇跡的。
    普通に生まれて育つのが当たり前じゃないという事がよく分かった。

    内容が内容なだけにブルーな気持ちになる事もあるけど、
    女性も男性もぜひ見て欲しい作品。
  • 流星の絆

    4.3
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.2
    • 演技 4.2
    • 映像 4.1
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2008年10月17日
    最終回 2008年12月19日
    出演 二宮和也 錦戸亮 戸田恵梨香 柄本明 三浦友和 要潤 尾美としのり
    脚本 宮藤官九郎
    主題歌 「Beautiful Days」
    原作 東野圭吾
  • 流星の絆

    一番好きなドラマ

    5.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    続きを読む 出演者・ストーリー・演出全てにおいて大満足!
    東野圭吾原作だから割と暗め、重めになるかと思いきや、
    毎回クドカンお決まりの笑いあり😆

    ただのジャニーズドラマでもないし、
    脇役のバナナマンの設楽や中島美嘉も違和感ないし、
    何度観ても面白く、最後は泣ける。

    何より観るとハヤシライスが食べたくなる〜🍛
  • 僕らは奇跡でできている

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    関西テレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年12月11日
    出演 高橋一生 榮倉奈々 小林薫 戸田恵子 要潤 児嶋一哉 田中泯
    脚本 橋部敦子
    主題歌 SUPER BEAVER 「予感」
    Shiggy Jr. 「ピュアなソルジャー」
  • 僕らは奇跡でできている

    そう、僕らは奇跡でできている

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    優しすぎて毎回涙出た。

    そもそも僕らは(誰とも違う1人の人として)奇跡でできているんだからその奇跡を大事にしよう。
    普通に押し潰されずに誰かと違う自分を前向きに捉えて、受け入れてあげて、...
    続きを読む 優しすぎて毎回涙出た。

    そもそも僕らは(誰とも違う1人の人として)奇跡でできているんだからその奇跡を大事にしよう。
    普通に押し潰されずに誰かと違う自分を前向きに捉えて、受け入れてあげて、自分らしさを大事にして日常を楽しみ、自己肯定感を養い、個を認め合うことの大切さが詰まったドラマ。

    そんなことを思えなかった主人公の過去のできごとや今そんな風に思えていない人たちが丁寧に描かれていて、それぞれの問題を露わにしながら、徐々に救いの手を差し伸ばしていく展開がとてもよかった。

    物語の捉え方は人それぞれ。どの物語が刺さるかも人それぞれ。
    個人の生き方や考え方は違うのに、そこに正解を求めること、自分本位の正解を押しつけることはナンセンスである。

    答えを求めようとしすぎない。
    そもそも今の時代、確固たる答えなんてほぼないに等しい事象が多々ある。
    自分の考えや世界観を持ちながら、他の人のそれらも受け入れて、自分の世界観を更新、確立していく。
    それが楽しい人生を歩む第一歩である。

    また序盤の方で付き合うこと、好きになることを拒むことの変数に「他の人と比べて変わっていること」が入るのが、極めて日本的で残念な風潮だなと感じた。
    こういうのを部分部分に散りばめてくる脚本が秀逸で、純粋な子供との対比で、より大人へそういう思考についての問題提起をしてくる。

    好きなことを突き詰めようとすると逃げてると言われる。
    みんなと同じじゃなきゃいけないってのはいわば呪いで、それを強要されることはしんどい。
    誰かからこう思われるから、みたいなレッテルが本当にしたいことをできなくする。
    そんな社会の縮図…実は思い込みだったりする。

    生きている人生も環境も見るものもすることも全て違うのに、誰もが同じように興味を持つわけがない。

    自分が生きること、存在することに他者(家族ですらも)からの承認なんて必要ない。
    これは考えてみると当たり前なんだけど、その考えを知ったときは目から鱗だった。
    それだけ他者から見た自分にいつのまにか依存しちゃってる。

    「誰もができることができるのはすごいことじゃないんですか」って言葉で、多くの人が救われたと思う。
    もっとできることに目を向けていいんだって。
    こうしなきゃって自分をいじめ続ける生活はやっぱりしんどいもんね。
    そういうのを認め合える人間関係があるのっていいなーと。

    また、虹一くんが母のすごいところを100個言ったシーン本当によかった。
    自分の好きなことややりたいことから遠ざけようとする母は、虹一くんにとっては理解できないはずなのに、それでもすごいことをたくさん言える。
    純粋にそう思えてそれを伝えられることがどれだけ尊いことか…それがすごい伝わってきた。

    8話には一つのネグレクトが起こる背景が描かれていた。
    みんなができることができないことでこんなに苦しくて辛いなら、いっそのこと開き直れたらいいのに。
    そういう人たちはどうやって生きていけばいいんだろう。
    答えなんてないのにわかってくれる人がいないとずっと堂々巡りなのは、本当にしんどい。
    人が生きていく上で必要な学びって、必ずしも今のような形で統制されないとできないもんなのかな…

    9話。
    その人がどんな立場であれその人はその人以外の何者でもない。
    犬がネコ科であってもその動物はその動物として存在する。他の何者でもない。
    比喩的に山田さんの存在を母でも家政婦でもなく、山田さんとして受け入れる展開に涙。
    その人はその人として存在してる。ただそれだけ。

    さらに、他者への羨ましさは知らぬ間に嫉妬に変わり、その人を否定する行動や言動に繋がる。
    でもそれってその人がいちいち口を挟むことじゃなくて、勝手に比較してその人の視点で攻撃してるだけ。
    結局自分と向き合わないと他者を攻撃し続ける人生が待ってる。
    それは悲しいし何の解決にもならない。

    やりたいことを見つけるのとやりたいことで生きるのが難しいのはわかる。
    でもそういう生き方が受け入れられないのは違うよなーと思った。

    そして最終回。
    自分らしく生きることにおいての風当たりの辛さを光として前向きに受け入れる相河先生。

    人は弱い生き物で自分と向き合って変えることはできるだけ避けたがる。
    誰かのせいにしておけば自分と向き合わなくても、自分を変えなくても、自分の限界を知らなくて済む。
    それに気づいて一歩前に進む樫野木先生とそれを確かに変えた相河先生のかけあいに感動。
    フィールドワークってめっちゃいいなー。

    僕らは関わったもの全てでてきている。
    関わったもの全てが奇跡で、僕らは奇跡でできている。
    もう本当に素敵すぎる。

    この作品は登場人物誰もに寄り添えるし、どこかしらに共感させられるし、心動かされる。
    誰も否定しない優しすぎる世界がそこには広がっていた。涙が止まらない。

    P.S.
    高橋一生史上ベストアクトな作品。
    カルテットの家森さんを超えました。
  • 4 GOOD LUCK!

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.9
    • 映像 3.9
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    2003年
    最終回 2003年03月23日
    出演 木村拓哉 柴咲コウ 堤真一 内山理名 いかりや長介 竹中直人 段田安則
    脚本 井上由美子
    主題歌 山下達郎 「RIDE ON TIME」
  • GOOD LUCK! 第1話

    キムタクは1話導入、必ず何かが起こる

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    過去作色々なキムタクドラマを観てきたが、必ずと言っていいほど1話はじめは慌てている。(主に寝坊)

    今回も第1話でキムタク節を存分に発揮していて、キムタクアレルギーがない方であったら楽しめる...
    続きを読む 過去作色々なキムタクドラマを観てきたが、必ずと言っていいほど1話はじめは慌てている。(主に寝坊)

    今回も第1話でキムタク節を存分に発揮していて、キムタクアレルギーがない方であったら楽しめる導入だと思う。

    飛行機ものは、飛び立つ時のSEによってメリハリを生むことができるので、テンポ感もいい。

    そして何より、柴咲コウが可愛い。めちゃんこ可愛い。
  • 5 下剋上受験

    4.1
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.9
    • 演技 4.0
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年01月13日
    最終回 2017年03月17日
    出演 阿部サダヲ 深田恭子 小林薫 風間俊介 山田美紅羽 要潤 若旦那
    脚本 両沢和幸
    主題歌 斉藤和義 「遺伝」
    原作 桜井信一
  • 下剋上受験

    親子で一緒に勉強できるなんて素敵

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマを見て思ったのは、親子で一緒に同じ問題を解いて、一緒に成長していくことって、一番子供を賢くするために大切だなってこと。
    親ができないことを子供は習得しようとは思わないし、一緒に親が頑張ってくれるから子供も頑張れるんだよな?。
    わたしも息子が小学校に上がったら一緒に学び直そうかなと思った(笑)
  • 6 まんぷく

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    NHK総合 月曜〜土曜 08:00 〜     08:15
    初回 2018年10月01日
    出演 安藤サクラ 長谷川博己 松坂慶子 橋爪功 松下奈緒 要潤 大谷亮平
    脚本 福田靖
    主題歌 DREAMS COME TRUE 「あなたとトゥラッタッタ」
  • まんぷく

    面白かったです

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    一気に見てしまいました
    面白かったです!!
  • 7 サイレーン刑事×彼女×完全悪女

    4.0
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.9
    • 演技 3.9
    • 映像 3.9
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2015年10月20日
    最終回 2015年12月15日
    出演 松坂桃李 木村文乃 菜々緒 北山宏光 高田翔 要潤 山口紗弥加
    脚本 佐藤嗣麻子
    主題歌 Anly 「太陽に笑え」
    [Alexandros] 「Girl A」
    原作 山崎紗也夏
  • サイレーン刑事×彼女×完全悪女

    原作をしっかり再現してくれたドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 原作の漫画のイメージをしっかり再現してくれたドラマ!!

    キャラも違和感なく、菜々緒と松坂桃李のやり合いが凄い!!

    アクションもしっかりやり切って、菜々緒と松坂桃李が高身長なので見応えが素晴らしかった!!

    木村文乃の落ち着いた演技が少しだけ漫画と違ったけど。
  • 8 カンナさーん!

    3.9
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.8
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年07月18日
    最終回 2017年09月19日
    出演 渡辺直美 要潤 斉藤由貴 山口紗弥加 工藤阿須加 トリンドル玲奈 中脇樹人
    脚本 マギー
    主題歌 AI 「キラキラfeat.カンナ」
    原作 麻耶雄嵩
  • カンナさーん!

    渡辺直美の新境地ドラマ!

    4.6
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    はっきり言って、渡辺直美は演技力とか関係なく、あの雰囲気がそのままあれば演技が成立してしまう。

    でも、夫役の要潤さんと、子役がとてもかわいくて。
    あとは、ストーリー展開とか、やっぱり面白...
    続きを読む はっきり言って、渡辺直美は演技力とか関係なく、あの雰囲気がそのままあれば演技が成立してしまう。

    でも、夫役の要潤さんと、子役がとてもかわいくて。
    あとは、ストーリー展開とか、やっぱり面白かった。

    いつもカンナみたいに明るくいるのはしんどいけれど、渡辺直美だからこそ説得力ある役だと思った。
  • 9 空飛ぶ広報室

    3.9
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.7
    • 映像 3.7
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2013年04月14日
    最終回 2013年06月23日
    出演 新垣結衣 綾野剛 柴田恭兵 水野美紀 要潤 ムロツヨシ 生瀬勝久
    脚本 野木亜紀子
    主題歌 安室奈美恵 「Contrail」
    原作 有川浩
  • 空飛ぶ広報室

    空幕広報室、好きになっちゃいました

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    航空自衛隊の広報室について、テレビを企画する会社に勤める主人公(新垣結衣さん)が、取材をする名目で接点を持っていく所からドラマは始まります。
    その広報室には本当に自分達の仕事に誇りを持っている...
    続きを読む 航空自衛隊の広報室について、テレビを企画する会社に勤める主人公(新垣結衣さん)が、取材をする名目で接点を持っていく所からドラマは始まります。
    その広報室には本当に自分達の仕事に誇りを持っている人達が集まり、主人公の単なる取材対象という枠を飛び越えて心を掴んでくるのです。
    自分の仕事に焦っていた主人公は、純粋に仕事や仲間を信じている広報室のみなさんに接しているうちに、考え方が徐々に変わってゆきます。

    最初は頭の固い嫌な女だった主人公が、仕事と恋を通して成長してゆく素敵な物語!
    綾野剛さんがカッコイイのは勿論、ムロツヨシさん、水野美紀さん、柴田恭兵さんらの強力な個性で圧倒され、私も広報室に行きたい~と思ってしまったくらいです。
    このドラマを視聴して以来、自衛隊を観る目が変わりました。
    恋愛ドラマとしても秀逸です!
  • 10 僕と彼女と彼女の生きる道

    3.9
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.7
    • 映像 3.5
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2004年01月06日
    最終回 2004年03月23日
    出演 草彅剛 小雪 美山加恋 りょう 東幹久 山口紗弥加 大杉漣
    脚本 橋部敦子
    主題歌 &G 「WonderfulLife」
  • 僕と彼女と彼女の生きる道

    美山加恋さんが可愛い

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    僕と彼女の生きる道というドラマでは、同じく草彅さんが主演で命の大切さのような内容だったので、こちらも続編か内容が似たドラマなのかなと思っていたら、突然シングルファザーになるという内容だったので、... 続きを読む 僕と彼女の生きる道というドラマでは、同じく草彅さんが主演で命の大切さのような内容だったので、こちらも続編か内容が似たドラマなのかなと思っていたら、突然シングルファザーになるという内容だったので、ついていけるかなと思ってみていました。
    実際に見てみると、自分はこちらの方が楽しく見れて、再放送も見ました。
    今は大人になった美山加恋さんが幼い時で、凜ちゃんという少女を演じており、「はい」という返事が可愛いです。穏やかなイメージの草彅さんが、厳しい父を演じつつも、小雪さん演じる家庭教師の助けによって子供に対する接し方を学んでいくところが良いです。
    男女とも転職することに抵抗はあると思いますが、家庭を支えている立場だからこそ、そこは慎重にならねばいけないけれど、娘との時間を作りたくて思い切った決断をするところや、変わっていく父を見て応援する娘もいいなと思えます。
    見どころは、せっかく親子がいい感じになってきたのに、母親が迎えに来る場面で、家庭教師との関係もどうなってしまうのかなというところだと思います。
  • 11 龍馬伝

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.6
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 2010年01月03日
    最終回 2010年11月28日
    出演 福山雅治 香川照之 大森南 広末涼子 寺島しのぶ 佐藤健 島崎和歌子
    脚本 福田靖
  • 龍馬伝

    新たな坂本龍馬像の構築した男

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    続きを読む 維新の志士である坂本龍馬を現代風にアレンジし、これまでの坂本龍馬像を刷新したとおもいます。勿論、ルックスや声は誰もが認める才をお持ちで、演技についても渋い面もコミカルな面も演じ切る演技力が素晴らしかったです。
  • 12 海月姫

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.3
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年03月19日
    出演 芳根京子 瀬戸康史 工藤阿須加 北大路欣也 要潤 木南晴夏 松井玲奈
    脚本 徳永友一
    主題歌 Beverly 「A New Day」
    原作 東村アキコ
  • 海月姫

    面白い

    5.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    イケメンが女装するとゆうのが魅力的ですね。あとは陰キャラの女の子達が綺麗になるのも夢があって良いと思います。
  • 13 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

    3.4
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.4
    • 映像 3.8
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    2016年
    最終回 2016年09月06日
    出演 波瑠 横山裕 渡部篤郎 原田美枝子 三浦貴大 篠田麻里子 山中崇
    脚本 古家和尚
    主題歌 [Alexandros] 「Swan」
  • ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

    恐怖のサイコパス殺人犯

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む このドラマをみて、佐々木希さんのサイコパスな演技が上手すぎてビックリした。

    他のドラマでは、可愛い役やクールな役が多かったので、
    サイコパスな殺人犯の役がこんなに上手いとは!

    実際に殺人犯はこんな人なのかなと怖くなるドラマです。
  • 14 タイヨウのうた

    3.4
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.3
    • 映像 3.3
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2006年
    最終回 2006年09月15日
    出演 山田孝之 沢尻エリカ 松下奈緒 要潤 小林麻央 ベッキー
    脚本 渡邉睦月
    主題歌 柴咲コウ 「Invitation」
  • タイヨウのうた

    泣かせるイケメン俳優!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマを見て、山田孝之さんの演技がとてもお上手だと思いました。当時私はまだ中学生でしたがこんなに演技力の高い若い俳優さんがいるのだと感動しました。
    山田孝之さんが泣いているときは自分のことのように悲しくなり自然と涙がでました。
  • 15 仮面ライダーアギト

    3.3
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.3
    • 映像 3.4
    テレビ朝日系 日曜 08:00 〜     08:30
    2001年
    最終回 2001年01月27日
    出演 賀集利樹 要潤 友井雄亮 秋山莉奈 藤田瞳子 山崎潤 升毅
    脚本 井上敏樹 小林靖
    主題歌 石原慎一 「仮面ライダーAGITO」
    原作 石ノ森章太郎

    16 うぬぼれ刑事

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 金曜
    2010年
    出演 長瀬智也 生田斗真 西田敏行 中島美嘉 要潤 荒川良々 矢作兼
    脚本 宮藤官九郎
    主題歌 TOKIO 「NaNaNa(太陽なんていらねぇ)」
  • うぬぼれ刑事

    長瀬の演技が最高!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 毎回繰り広げられる、主演の長瀬智也のうぬぼれ加減が最高に面白かった!
    すぐ女性を好きになってしまうところ、好きになった相手がみんな事件の犯人として捕まってしまうところ、とにかく見ていて可哀想で、でも憎めないキャラだと思った。
    中島美嘉の演技も上手いし、可愛いし最高だった。
  • 重版出来!

    凪のお暇からきました

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    黒木華さんの他の作品が見たくてparaviで視聴。
    凪のお暇と同じく、これも漫画原作ですよね

    まだ1話か見てないですが、面白いです!2話以降も楽しみ。
  • 18 LADY~最後の犯罪プロファイル~

    3.1
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.9
    • 映像 2.8
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2011年01月07日
    最終回 2011年03月25日
    出演 北川景子 木村多江 ユースケ・サンタマリア 平岡祐太 須藤理彩 小澤征悦 要潤
    脚本 荒井修子
    主題歌 柴咲コウ 「無形スピリット」
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~

    真剣な演技に心打たれました

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    加害者の側に立って事件をみるという独特のスタイル、美しさもかわいさも捨てた北川景子さんの本格女優としての演技が見れました。
    華やかなドラマではなかったですが、北川景子さんのどんな役にでも全身全...
    続きを読む 加害者の側に立って事件をみるという独特のスタイル、美しさもかわいさも捨てた北川景子さんの本格女優としての演技が見れました。
    華やかなドラマではなかったですが、北川景子さんのどんな役にでも全身全霊で取り組んでいる姿勢をはっきりと感じ取れる作品でした。
  • 19 極悪がんぼ

    3.1
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.1
    • 映像 2.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2014年04月14日
    最終回 2014年06月23日
    出演 尾野真千子 三浦友和 夏菜 宇梶剛士 竹内力 中野英雄 三浦翔平
    脚本 いずみ吉紘 池上純哉
    主題歌 氣志團 「喧嘩上等」
    原作 田島隆 東風孝広
  • 極悪がんぼ

    みんな怖い

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む みんな顔も怖くて言葉使いも怖くてさすが裏社会のドラマだと思った。金を騙し取られるとか最悪だと思う。力さんの顔の怖さはすごいと思う。みんな口が悪すぎる。よく女であんな怖い人が集まるところで働けたと思う。
  • 20 悪魔の弁護人 御子柴礼司

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    東海テレビ系 土曜 23:40 〜     00:35
    2019年
    最終回 2020年01月25日
    出演 要潤 ベッキー 玄理 本村健太郎 田中こなつ 津田寛治 勝野洋
    脚本 泉澤陽子 戸田彬弘
    主題歌 Lefty Hand Cream 「ポーカーフェイス」
    原作 中山七里
  • 悪魔の弁護人 御子柴礼司

    償えない罪

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 主人公御子柴(要潤)は未成年の時に幼い女の子を殺し、バラバラにし、遺族の元に死体を届ける事件をおこし世間から死体配達人と呼ばれていた。少年院で一時過ごしたものの少年法に守られ罪には問われなかった。
    少年院で出会った指導教官や同部屋の少年の影響もあり、多くの人を救いたいと弁護士になった。

    数々の事件を担当したある日、昔自分が殺めてしまった少女の家族の弁護を受け持った。その法廷で自分が死体配達人であることを打ち明け、被告人を無罪に導いた。

    私は御子柴は本当に死体配達人なのか?というミステリードラマだと思って見始めたが、違った。

    自分を世間の冷たい目に晒し、償えない罪を必死に償おうとする姿はそばに居る事務員洋子(ベッキー)にも痛々しく写り少しでも力になりたいとに同情も誘う。

    一方、検事の岬にもかつて弁護士だった父がいる。父もまた悪事を起こしたが罪を受けておらず、そんな父を許せずにいた。

    ミステリードラマだと思って見始めたが1話で早々に打ち明け、はぁ!?となった。
    全く新しいタイプのドラマだと思った。

    御子柴の反省を自分の母親の法廷で述べ全ての犯罪の原因は自分にあり、自分を断罪してほしいと願う。
    罪を償いたいが、世間が許してくれる罪の償い方が無い。とにかく罪を償わない奴が嫌いな岬検事もさいごは御子柴を受け入れた。
    御子柴と御子柴の家族、被害者家族と全てについてまわる世間の目はいつまでもきえることはない。

    人の噂や評判だけでその人を見ず自分の目で見た相手を信じていくこともまた大切なんだと思った。
  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 チェインストーリー 第1話

    プロレスの試合を楽しく見るためには?

    2.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 2.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0
    チェインストーリーって言葉自体を初めて聞きましたが、今回そのチェインストーリーというものを初めて見ました。当たり前や、名前すら初めて聞いたんやから。
    調べると、チェインとは鎖という意味で、「前...
    続きを読む チェインストーリーって言葉自体を初めて聞きましたが、今回そのチェインストーリーというものを初めて見ました。当たり前や、名前すら初めて聞いたんやから。
    調べると、チェインとは鎖という意味で、「前回のドラマと次回のドラマを結ぶ間のドラマ」ということで、本編では描ききれなかった登場人物の過去や秘密などを描いた物語だそう。あぁ、それで今回のは1話と2話の間なので「#1.5」ってことなんですね。
    今回はレンが働いている囲碁喫茶のマスターとママの秘密について。まぁ、秘密といっても、この二人の出会いを描いてるだけで、「この二人がなぜ親身になってレンの面倒を見てるか」という芯の部分は描かれてない。ただ、この二人のなんとなくの立ち位置とキャラ付けを理解することができて、2話目以降のドラマを見る時に感情移入しやすいかも。プロレスでも、キャラ付けやこれまでの関係性や立ち位置が分かった上で見ると、より試合を面白く見れますしね。ちなみに、このドラマのチェインストーリーはネット配信のみのようで、それも時代やなあと思った。ひと昔前なら、ドラマ本編の放送日の深夜とかに放送してたんやろけど、今はそこはネットなんですね。
    それで今回のこの話のテーマは「マスターとママ、どちらが先の惚れたのか?」。単純なテーマやし、ドラマ本編を見る時に何の関係もないんやけど、これを知っとくと本編での二人の会話とかノリとか関係性の意味がより深く分かるという感じ。チェインストーリーの定義で「本編とあわせて観ることで、ドラマの内容をよりよく理解するためのドラマ」というのがあるが、この役割は十分に果たしてるし、長さも11分ほどなので、本編を面白く見れている人にとっては絶対に見た方がいいと思う。十分とか11分とかややこしいな!
    あと、この「どちらが先の惚れたのか?」の言い合いをして、お互いの記憶違いと思い込みのせいで結果が一致しないというフォーマットと二人のやり取りが完全に落語です。もし今後、僕がこんな内容の落語を書いたらパクったと思ってもらっても差し支えありません。この場合、差し支えありませんっておかしいやろ・・・。
  • 22 花燃ゆ

    3.0
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.0
    • 映像 3.1
    NHK総合 日曜 18:00 〜     18:44
    初回 2015年01月04日
    最終回 2015年12月13日
    出演 井上真央 大沢たかお 北大路欣也 長塚京三 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大
    脚本 大島里美
  • 花燃ゆ

    偉人の妹の生涯を丹念に追いかけた物語

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真...
    続きを読む 吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真央ちゃんが凛々しくチャーミングに演じていて、最後までぐいぐい引っ張られてみてた。
    最後の鹿鳴館のドレス姿が本当に素晴らしくて、そんなシルクを作り、海外に売り出して日本を豊かにすることを目的に啓蒙していた美和は凄い、と思った。
  • 23 TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~

    3.0
    • 出演者 2.9
    • ストーリー 2.8
    • 演技 2.8
    • 映像 2.9
    フジテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2012年10月14日
    最終回 2012年12月23日
    出演 深田恭子 瀬戸朝香 時任三郎 佐々木希 要潤 瀬戸康史 梶原善
    脚本 宇田学
    主題歌 THE 5TH DIMENSION 「UP,UPANDAWAY」
  • TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~ 第1話

    深キョンが大人っぽい

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 --.-
    続きを読む 可愛らしい役が多い深キョンが管制官役に。
    大人っぽい深キョンもなかなか良いね。管制官の仕事ってよく知らなかったけど難しくて一瞬も気が抜けない大変な仕事なんだなぁって勉強になった。
    これから管制官として成長していく深キョンを見るのが楽しみ!!
  • 24 まんてん

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2002年09月30日
    最終回 2003年03月29日
    出演 宮地真緒 浅野温子 赤井英和 三橋達也 小日向文世 照英 広岡由里子
    主題歌 元ちとせ 「この街」
  • まんてん

    まさかの宇宙飛行士を目指すドラマ?!

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    主人公の”まんてん”が宇宙飛行士を目指す話。
    大卒でもなく、なんの特徴もない女の子が、知恵を駆使してそのルートを探り、気象予報士になって宇宙飛行士の募集枠に食い込んで、あげく出来婚、出産、めち...
    続きを読む 主人公の”まんてん”が宇宙飛行士を目指す話。
    大卒でもなく、なんの特徴もない女の子が、知恵を駆使してそのルートを探り、気象予報士になって宇宙飛行士の募集枠に食い込んで、あげく出来婚、出産、めちゃめちゃ波乱万丈ですさまじいことになっていました。
    女性のキャリアが云々と言っても、あまりに規格外なんだけど、宮地真緒のキャラクターと、それを支える夫の藤井隆君が凄くよくて、最後まできっちり追っかけた、懐かしいドラマ。
  • 25 夜王

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2006年01月13日
    最終回 2006年03月24日
    出演 松岡昌宏 北村一輝 香里奈 要潤 内藤剛志 かたせ梨乃
    脚本 いずみ吉紘 渡辺啓
    主題歌 TOKIO 「Mr.Traveling Man」
    原作 倉科遼
  • 夜王

    これぞ男の中の男

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む このドラマを見たのは再放送がきっかけでした。しかし、放送される前のCMで主人公演じる松岡さんが共演者の女性にコップに入った水を顔面にかけられていたのを今でも鮮明に覚えています。その時はまだ小学生だったのでそこまでドラマに興味がなく、見ませんでした。数年前に再放送でやっているのを発見し、そこからレンタルビデオ屋に行き、全部1から見直したり、ものすごくハマりました。ホストという世界に対しての見方が正直180度変わりました。チャラチャラした男だけじゃなく、夢があって、やりたいことがあって、と熱い男達の話でした。 松岡さんは素の松岡さんもなかなか熱い男の中の男の方ですが、この主人公も松岡さんに似てなかなかな熱い男でした。ただ、お世話になったかたせ梨乃さん演じる加納麗美が死んだあとの死にかけている演技は見ものです。本当に同じ人物なのかな?と引き込まれらぐらいです。もちろんほかのキャストも豪華です。ライバル役の北村一輝さん、優しい兄貴役の要潤さん、いい味出す荒川良良さん、佐藤二郎さん。 他にも豪華キャストばかりです。銭湯に行くシーンがあるのですが、そこでの仕上げられた体を見れば、海に行きたくなること間違いなしです。
  • 26 ヒミツの花園

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2007年01月09日
    最終回 2007年03月20日
    出演 釈由美子 堺雅人 真矢みき 寺島進 要潤 池田鉄洋 本郷奏多
    脚本 永田優子
    主題歌 安室奈美恵 「Baby Don't Cry」
  • ヒミツの花園

    イケメンだらけドラマ

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    大人気少女漫画家が実はイケメン兄弟だった!
    なんて少女漫画的なストーリー 笑。
    でも主人公の仕事を頑張る姿とか元気もらった作品でもある。
    主人公の先輩編集者役の真矢みきさんがめっちゃ面白かった!...
    続きを読む 大人気少女漫画家が実はイケメン兄弟だった!
    なんて少女漫画的なストーリー 笑。
    でも主人公の仕事を頑張る姿とか元気もらった作品でもある。
    主人公の先輩編集者役の真矢みきさんがめっちゃ面白かった!担当になった「月刊 石仏」面白すぎて今でも覚えてる。
  • 27 アタシんちの男子

    2.9
    • 出演者 2.6
    • ストーリー 2.6
    • 演技 2.6
    • 映像 2.4
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    初回 2009年04月14日
    最終回 2009年06月23日
    出演 堀北真希 要潤 岡田義徳 向井理 山本裕典 瀬戸康史 つるの剛士
    脚本 武藤将吾
    主題歌 GIRL NEXT DOOR 「Infinity」
  • アタシんちの男子

    私の青春ドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    その頃はドラマが全体的に面白い時期で、学校から帰ってきてドラマを見ることが日課であり、毎日それが楽しい時期だった。このドラマはその時期にちょうど合っていた。設定も当時流行っていたイケメンが多く出... 続きを読む その頃はドラマが全体的に面白い時期で、学校から帰ってきてドラマを見ることが日課であり、毎日それが楽しい時期だった。このドラマはその時期にちょうど合っていた。設定も当時流行っていたイケメンが多く出演するというもの。他にも瀬戸康史さんの作品で面白いドラマはたくさんあるが、自分の青春はこれだった。
  • 28 小公女セイラ

    2.8
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.3
    • 映像 3.3
    TBSテレビ系 土曜 19:56 〜     20:54
    2009年
    最終回 2009年12月19日
    出演 志田未来 林遣都 樋口可南子 斉藤由貴 田辺誠一 大和田伸也 浅丘ルリ子
    脚本 岡田惠和
    主題歌 UVER world 「哀しみはきっと」
    原作 フランシス・ホジソン・バーネット
  • 小公女セイラ

    有名じゃない俳優、演技力最高!

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    このドラマを見て、林遣都さんを初めて知りました。
    その頃はあまり有名な俳優さんというわけではなかったので、誰だろう?という感じで見ていたのですが、イケメンで演技もとても上手く、一気に虜になりま...
    続きを読む このドラマを見て、林遣都さんを初めて知りました。
    その頃はあまり有名な俳優さんというわけではなかったので、誰だろう?という感じで見ていたのですが、イケメンで演技もとても上手く、一気に虜になりました。

    あまり感情を表に出すようなキャラクターではない役なのに、表情や雰囲気で役になりきっていて、この人は誰だ!とネットで調べました。
  • 29 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    2.8
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 2.3
    • 演技 3.2
    • 映像 3.0
    読売テレビ系 日曜 22:30 〜     23:25
    2020年
    最終回 2020年03月15日
    出演 横浜流星 清野菜名 山口紗弥加 佐藤二朗 吉田美月喜 要潤 白石聖
    脚本 佐藤友治 蛭田直美
    主題歌 Billie Eilish 「bad guy」
  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第10話

    出演者はよかったが…

    2.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 3.5
    • 映像 5.0
    清野菜名さんと横浜流星さん目的で見たドラマでした。
    脚本は、おもしろさが何一つなかった。
    途中から脚本家を変えてほしいと思った。
    横浜さんが出ていたドラマのなかで一番面白くなかった。
    キ...
    続きを読む 清野菜名さんと横浜流星さん目的で見たドラマでした。
    脚本は、おもしろさが何一つなかった。
    途中から脚本家を変えてほしいと思った。
    横浜さんが出ていたドラマのなかで一番面白くなかった。
    キャストの人たちは、演技力がすごかった。
    でも、面白くなかった。
    もう少し、横浜さんや清野さんの事考えて欲しかった。
    録画してたけど、後悔しました。
  • 30 太陽と海の教室

    2.8
    • 出演者 2.6
    • ストーリー 2.6
    • 演技 2.6
    • 映像 2.6
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2008年07月21日
    最終回 2008年09月22日
    出演 織田裕二 北川景子 岡田将生 北乃きい 濱田岳 吉高由里子 冨浦智嗣
    脚本 坂元裕二
    主題歌 UZ 「君の瞳に恋してる」
  • 太陽と海の教室

    教師役は似合ってなかった

    3.2
    • 出演者 2.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.0
    織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がま...
    続きを読む 織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がまだ若かったと思うし、月9ヒロインには時期尚早だったと思います。
  • 2020

    2019

    2018

      僕らは奇跡でできている

      4.1
      • 出演者 4.1
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      関西テレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
      2018年
      最終回 2018年12月11日
      出演 高橋一生 榮倉奈々 小林薫 戸田恵子 要潤 児嶋一哉 田中泯
      脚本 橋部敦子
      主題歌 SUPER BEAVER 「予感」
      Shiggy Jr. 「ピュアなソルジャー」
    • 僕らは奇跡でできている

      そう、僕らは奇跡でできている

      4.5
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.5
      • 映像 4.5
      優しすぎて毎回涙出た。

      そもそも僕らは(誰とも違う1人の人として)奇跡でできているんだからその奇跡を大事にしよう。
      普通に押し潰されずに誰かと違う自分を前向きに捉えて、受け入れてあげて、...
      続きを読む 優しすぎて毎回涙出た。

      そもそも僕らは(誰とも違う1人の人として)奇跡でできているんだからその奇跡を大事にしよう。
      普通に押し潰されずに誰かと違う自分を前向きに捉えて、受け入れてあげて、自分らしさを大事にして日常を楽しみ、自己肯定感を養い、個を認め合うことの大切さが詰まったドラマ。

      そんなことを思えなかった主人公の過去のできごとや今そんな風に思えていない人たちが丁寧に描かれていて、それぞれの問題を露わにしながら、徐々に救いの手を差し伸ばしていく展開がとてもよかった。

      物語の捉え方は人それぞれ。どの物語が刺さるかも人それぞれ。
      個人の生き方や考え方は違うのに、そこに正解を求めること、自分本位の正解を押しつけることはナンセンスである。

      答えを求めようとしすぎない。
      そもそも今の時代、確固たる答えなんてほぼないに等しい事象が多々ある。
      自分の考えや世界観を持ちながら、他の人のそれらも受け入れて、自分の世界観を更新、確立していく。
      それが楽しい人生を歩む第一歩である。

      また序盤の方で付き合うこと、好きになることを拒むことの変数に「他の人と比べて変わっていること」が入るのが、極めて日本的で残念な風潮だなと感じた。
      こういうのを部分部分に散りばめてくる脚本が秀逸で、純粋な子供との対比で、より大人へそういう思考についての問題提起をしてくる。

      好きなことを突き詰めようとすると逃げてると言われる。
      みんなと同じじゃなきゃいけないってのはいわば呪いで、それを強要されることはしんどい。
      誰かからこう思われるから、みたいなレッテルが本当にしたいことをできなくする。
      そんな社会の縮図…実は思い込みだったりする。

      生きている人生も環境も見るものもすることも全て違うのに、誰もが同じように興味を持つわけがない。

      自分が生きること、存在することに他者(家族ですらも)からの承認なんて必要ない。
      これは考えてみると当たり前なんだけど、その考えを知ったときは目から鱗だった。
      それだけ他者から見た自分にいつのまにか依存しちゃってる。

      「誰もができることができるのはすごいことじゃないんですか」って言葉で、多くの人が救われたと思う。
      もっとできることに目を向けていいんだって。
      こうしなきゃって自分をいじめ続ける生活はやっぱりしんどいもんね。
      そういうのを認め合える人間関係があるのっていいなーと。

      また、虹一くんが母のすごいところを100個言ったシーン本当によかった。
      自分の好きなことややりたいことから遠ざけようとする母は、虹一くんにとっては理解できないはずなのに、それでもすごいことをたくさん言える。
      純粋にそう思えてそれを伝えられることがどれだけ尊いことか…それがすごい伝わってきた。

      8話には一つのネグレクトが起こる背景が描かれていた。
      みんなができることができないことでこんなに苦しくて辛いなら、いっそのこと開き直れたらいいのに。
      そういう人たちはどうやって生きていけばいいんだろう。
      答えなんてないのにわかってくれる人がいないとずっと堂々巡りなのは、本当にしんどい。
      人が生きていく上で必要な学びって、必ずしも今のような形で統制されないとできないもんなのかな…

      9話。
      その人がどんな立場であれその人はその人以外の何者でもない。
      犬がネコ科であってもその動物はその動物として存在する。他の何者でもない。
      比喩的に山田さんの存在を母でも家政婦でもなく、山田さんとして受け入れる展開に涙。
      その人はその人として存在してる。ただそれだけ。

      さらに、他者への羨ましさは知らぬ間に嫉妬に変わり、その人を否定する行動や言動に繋がる。
      でもそれってその人がいちいち口を挟むことじゃなくて、勝手に比較してその人の視点で攻撃してるだけ。
      結局自分と向き合わないと他者を攻撃し続ける人生が待ってる。
      それは悲しいし何の解決にもならない。

      やりたいことを見つけるのとやりたいことで生きるのが難しいのはわかる。
      でもそういう生き方が受け入れられないのは違うよなーと思った。

      そして最終回。
      自分らしく生きることにおいての風当たりの辛さを光として前向きに受け入れる相河先生。

      人は弱い生き物で自分と向き合って変えることはできるだけ避けたがる。
      誰かのせいにしておけば自分と向き合わなくても、自分を変えなくても、自分の限界を知らなくて済む。
      それに気づいて一歩前に進む樫野木先生とそれを確かに変えた相河先生のかけあいに感動。
      フィールドワークってめっちゃいいなー。

      僕らは関わったもの全てでてきている。
      関わったもの全てが奇跡で、僕らは奇跡でできている。
      もう本当に素敵すぎる。

      この作品は登場人物誰もに寄り添えるし、どこかしらに共感させられるし、心動かされる。
      誰も否定しない優しすぎる世界がそこには広がっていた。涙が止まらない。

      P.S.
      高橋一生史上ベストアクトな作品。
      カルテットの家森さんを超えました。
    • まんぷく

      4.1
      • 出演者 4.1
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      NHK総合 月曜〜土曜 08:00 〜     08:15
      初回 2018年10月01日
      出演 安藤サクラ 長谷川博己 松坂慶子 橋爪功 松下奈緒 要潤 大谷亮平
      脚本 福田靖
      主題歌 DREAMS COME TRUE 「あなたとトゥラッタッタ」
    • まんぷく

      面白かったです

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      一気に見てしまいました
      面白かったです!!
    • 海月姫

      3.5
      • 出演者 3.5
      • ストーリー 3.3
      • 演技 3.3
      • 映像 3.2
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      2018年
      最終回 2018年03月19日
      出演 芳根京子 瀬戸康史 工藤阿須加 北大路欣也 要潤 木南晴夏 松井玲奈
      脚本 徳永友一
      主題歌 Beverly 「A New Day」
      原作 東村アキコ
    • 海月姫

      面白い

      5.0
      • 出演者 3.5
      • ストーリー 5.0
      • 演技 4.5
      • 映像 4.5
      イケメンが女装するとゆうのが魅力的ですね。あとは陰キャラの女の子達が綺麗になるのも夢があって良いと思います。

    2017

    2016

    2015

    2014

    2013

      空飛ぶ広報室

      3.9
      • 出演者 3.7
      • ストーリー 3.7
      • 演技 3.7
      • 映像 3.7
      TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
      初回 2013年04月14日
      最終回 2013年06月23日
      出演 新垣結衣 綾野剛 柴田恭兵 水野美紀 要潤 ムロツヨシ 生瀬勝久
      脚本 野木亜紀子
      主題歌 安室奈美恵 「Contrail」
      原作 有川浩
    • 空飛ぶ広報室

      空幕広報室、好きになっちゃいました

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      航空自衛隊の広報室について、テレビを企画する会社に勤める主人公(新垣結衣さん)が、取材をする名目で接点を持っていく所からドラマは始まります。
      その広報室には本当に自分達の仕事に誇りを持っている...
      続きを読む 航空自衛隊の広報室について、テレビを企画する会社に勤める主人公(新垣結衣さん)が、取材をする名目で接点を持っていく所からドラマは始まります。
      その広報室には本当に自分達の仕事に誇りを持っている人達が集まり、主人公の単なる取材対象という枠を飛び越えて心を掴んでくるのです。
      自分の仕事に焦っていた主人公は、純粋に仕事や仲間を信じている広報室のみなさんに接しているうちに、考え方が徐々に変わってゆきます。

      最初は頭の固い嫌な女だった主人公が、仕事と恋を通して成長してゆく素敵な物語!
      綾野剛さんがカッコイイのは勿論、ムロツヨシさん、水野美紀さん、柴田恭兵さんらの強力な個性で圧倒され、私も広報室に行きたい~と思ってしまったくらいです。
      このドラマを視聴して以来、自衛隊を観る目が変わりました。
      恋愛ドラマとしても秀逸です!

    2012

    2011

    2010

    2009

    2008

    2007

    2006

    2005

    2004

      ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏~

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
      初回 2004年07月07日
      最終回 2004年09月15日
      出演 天海祐希 永作博美 佐々木蔵之介 須藤理彩 要潤
      脚本 秦建日子
      主題歌 槇原敬之 「僕が一番欲しかったもの」

      僕と彼女と彼女の生きる道

      3.9
      • 出演者 3.6
      • ストーリー 3.6
      • 演技 3.7
      • 映像 3.5
      関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
      初回 2004年01月06日
      最終回 2004年03月23日
      出演 草彅剛 小雪 美山加恋 りょう 東幹久 山口紗弥加 大杉漣
      脚本 橋部敦子
      主題歌 &G 「WonderfulLife」
    • 僕と彼女と彼女の生きる道

      美山加恋さんが可愛い

      4.8
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.5
      • 映像 4.5
      僕と彼女の生きる道というドラマでは、同じく草彅さんが主演で命の大切さのような内容だったので、こちらも続編か内容が似たドラマなのかなと思っていたら、突然シングルファザーになるという内容だったので、... 続きを読む 僕と彼女の生きる道というドラマでは、同じく草彅さんが主演で命の大切さのような内容だったので、こちらも続編か内容が似たドラマなのかなと思っていたら、突然シングルファザーになるという内容だったので、ついていけるかなと思ってみていました。
      実際に見てみると、自分はこちらの方が楽しく見れて、再放送も見ました。
      今は大人になった美山加恋さんが幼い時で、凜ちゃんという少女を演じており、「はい」という返事が可愛いです。穏やかなイメージの草彅さんが、厳しい父を演じつつも、小雪さん演じる家庭教師の助けによって子供に対する接し方を学んでいくところが良いです。
      男女とも転職することに抵抗はあると思いますが、家庭を支えている立場だからこそ、そこは慎重にならねばいけないけれど、娘との時間を作りたくて思い切った決断をするところや、変わっていく父を見て応援する娘もいいなと思えます。
      見どころは、せっかく親子がいい感じになってきたのに、母親が迎えに来る場面で、家庭教師との関係もどうなってしまうのかなというところだと思います。

    2003

    2002

    2001

    評価をする