町田啓太の出演ドラマ

中学聖日記

3.9
  • 出演者 4.0
  • ストーリー 3.8
  • 演技 3.9
  • 映像 4.0
TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     23:07
初回 2018年10月09日
最終回 2018年12月18日
出演 有村架純 岡田健史 夏川結衣 吉田羊 町田啓太 マキタスポーツ 夏木マリ
脚本 金子ありさ
主題歌 Uru 「プロローグ」
原作 かわかみじゅんこ
  • 中学聖日記

    1度目より二度目。奥深い世界観に沈む

    4.2
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
    再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

    が、再放送は難しいもので、本放送...
    続きを読む 未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
    再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

    が、再放送は難しいもので、本放送の時には面白く観ていたにも関わらず、何故か二度目は「別に、いいかな。」と思ってしまう作品が多かったというのが実際のところ。(自分は、です。)

    再放送されるドラマも何となく系統が同じで、SNSで盛り上がるものか番宣絡み。
    まあ、スポンサーや局の事情や出演者のNGなど様々な理由があり仕方のないことではありますけどね。

    結果的に自分が観た、もしくは観ているのは「グッド・ドクター」「ノーサイド・ゲーム」「ハケンの品格」「新米姉妹のふたりごはん」、そして先日口コミも書かせていただいた「深夜食堂」くらいかもしれません。

    そんな中で、再放送が決定してちょっと嬉しかったのが、この「中学聖日記」。
    改めてじっくり観たいと思っていたドラマだけに、「ヤッタ!」という気分でございました。
    実は、今期放送されるはずだった「MIU404」に岡田健史くんが出演されるので、宣伝であることには間違いないのですけどね(笑)

    当時放送開始前にはタイトルからして妙に艶めかしく、ましてや教師と中学生の禁断の恋!?なんて気持ちの悪い!と不快に感じたりしたのが正直なところでした。

    だがしかし、そんな題材を安っぽいドラマにせずに見事な純愛ドラマにすることは可能だよなぁ・・・もし、そんなことができたら良作になるんじゃないかなぁという思いも。

    半信半疑で観た第1話。開始早々に「あ、これいいドラマになるかもしれない方だ!」というのはすぐにわかりました。
    それでも、有村架純さんが演じる中学校教師・末永聖ちゃんは隙だらけじゃん!
    聖ちゃんに恋する黒岩晶くんを演じる新人の岡田健史くんは、中学生にしては妙に色っぽいじゃん!
    夏川結衣さんが演じる黒岩くんのお母さんは、メチャクチャ怖いじゃん!

    などと、やはり「うわっ!」という要素は盛り込まれていて、それなりにSNSでも話題になっておりました。

    どうしてもそういうところに目が行ってしまったり、題材が題材だけにずっと斜に構えながら観ていたのですが、いつしか「最初からちゃんと観ておけばよかったな。」という気持ちに変わっていったのをよく覚えています。

    前置きが長くなりましたが、そんな想いがあった「中学聖日記」。
    1度観てストーリーがわかっている分、余裕を持って色んなところをじっくり観られたり、新たに気付きがあったりとかなり楽しく再放送を観ております。

    特に、第1話早々に黒岩くんが聖ちゃんに恋をした瞬間、スイッチが「バチっ」と入った音が聞こえるような描写に唸ってしまいました。
    「あー、黒岩くん、こんな風に恋に落ちたのね」
    それに気付いてしまったら、なんだか最初に観た時よりも黒岩くんの気持ちにスンナリ共感できてしまい、1回目に観た時よりも黒岩くん目線でドラマを観るように。
    すぐに恋に落ちてしまうあたり、すごく中学生っぽさを感じたり。

    前回はどちらかと言えば、聖ちゃんサイドもしくは誰にも共感せずに俯瞰で観ていたかな。

    黒岩くんよりもオトナで、しかも婚約者がいる聖ちゃんは彼とは対照的にジワジワと気持ちが動いていく様子がまたすごくリアルで繊細。

    聖ちゃんと、町田啓太さん演じる婚約者・川合勝太郎との関係も順調なようで微妙な空気感の描かれ方や、黒岩くん母の変貌する心理も改めて観るとすっごく丁寧に描写されてて唸るばかり。

    塚原あゆ子さんの演出って、スゴイな。
    いつもハマるという訳ではないけれど、ハマったらすごく好き!と胸アツになってしまいます。
    ちなみに、自分が塚原演出で好きなのは、「重版出来!」と「アンナチュラル」。
    もちろん、脚本や出演者が良いということも、作品にとっては重要な要素。
    が、演出の力は大きいです。

    「中学聖日記」は、とにかく画がキレイ。
    そして、イベントのためのストーリー進行ではなくきちんと人物やその心理描写を紡いでいるからこそ、「教師と中学生」の恋愛が厭らしい気持ちで描かれていないところが最高です。

    実はまだ録画を溜め込んでいて6話までしか観ていないのですが、前半のクライマックスである5話は特に秀逸です。

    2人の事が母親にバレてしまい、学校を去ろうとする聖ちゃんを止める黒岩くん。
    「なんで、ダメなの」と引き止めようとする彼に対して聖ちゃんが「あなたが15だから!」と言い放つシーンにはドキっ!とします。
    15。そう、15歳なんだよね。
    何か過ちがなくても、聖ちゃんは責められて当たり前なんだ。
    わかっちゃいるけど、「あ~」と思ってしまう自分がいました。
    かと言って、2人にくっついて欲しいとは思わなかったですけど(笑)
    どちらかといえば、納得がいく結末になってくれればいいと固唾を飲んで見守っておりました。

    さらに、たぶん前回観た時も車で町を去って行こうとする聖ちゃんを自転車で追いかける黒岩くんに涙したと思うのですが、今回もまたウルっ。

    2人の別れは、切なくも美しい。
    かといって、キレイ事に寄せていないところも良かったような気がします。

    そして、第6話では3年後。
    それぞれの登場人物がそれぞれに少しずつ前に歩き出している?
    新しいパートナーも見つかりつつある?

    だけど、みんな3年前の出来事が心に残っているんだろうな。
    そんな後半戦スタート。

    中だるみすることも多いけれど、このドラマは定番の構成でもキッチリとアクセントをつけていてラストまでの期待も持たせてくれます。

    実は、今夜が最終回の再放送。

    最終回を観た後のTwitterで自分は「今期(2018年10月期)放送のドラマの中で、最高の最終回」と絶賛していました。
    その最終回を、きっとまた新たな視点から観て感動することは間違いないと思ってます。

    その前に、まだ追いついていない録画を観ねば。
    大ファンである岸谷五朗さんの登場回もあるし(笑)。

    再放送されても食指が動かないドラマもあるけれど、何度でも観たいと思うドラマもあります。
    おそらくそれは人それぞれの作品なのでしょうが、この「中学聖日記」は多分自分にとっては何度観ても新たな発見がある大好きなドラマだと確信できた再放送視聴になりそうです。

    すっかり長文になってしまいましたが、読んで下さった方、ありがとうございます(汗)
  • 女子的生活

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.8
    • 映像 3.6
    NHK総合 金曜 22:00 〜     22:49
    2018年
    最終回 2018年01月26日
    出演 志尊淳 町田啓太 羽場裕一 小芝風花 玉井詩織 玄理 楠見薫
    脚本 坂口理子
    原作 坂木司
  • 女子的生活

    後藤君のような存在になりたい

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む CSの一挙放送で見ました!
    見終わったあとに元気になれて優しい気持ちになって前向きになれるような気がしました。
    ちょっと難しい題材であると思いますが、重くなり過ぎず色々考えたり気が付くキッカケがもらえるようなお話。リアル感と理想の絶妙なバランス。日常で感じるチクチクやキュンキュンが上手に表現されてると思いました。青春っぽさも悪くないかな。
    それは何より、志尊君の演じるみきちゃんだからこそ。とてもナチュラルで違和感がなくて本当にみきちゃんが生きているように思えました。(志尊君であることを忘れてしまう。)生きていることをおしゃれを楽しんでいる姿が素敵で可愛らしいです。
    後藤君のみきちゃんの在り方を否定しないそのままを受け入れることの出来る性格(若干、ポンコツ感があるけどそれも含めて 笑)が本当にいいなと思いました。優しくて時に頼りになる憎めないヤツ。
    みきちゃんと後藤君のやり取りも大好き。後藤君が缶飲料を開けてあげたりカニをむいてあげたり・・・相手のことを良く分かっているから自然に出来るしぐさがたまらなく好きでした。寄り添うと言うのとはちょっと違うかな?でもいつでも近くにきて助けてくれたり応援してくれたり守ってくれたり・・・ただ受け入れてくれる、そんな人が居るととても救われる。
    私も誰かのみきちゃんにとっての後藤君のような存在になれたらいいなと思いました。
    もっと見たいな…続編希望!!!

    コロッケとあんドーナツが食べたくなって困る! 笑
  • SEGODON西郷どん

    3.7
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.9
    • 映像 3.8
    NHK総合 月曜 18:00 〜     18:45
    初回 2018年01月07日
    出演 鈴木亮平 黒木華 渡辺謙 松坂慶子 錦戸亮 塚地武雅 水野久美
    脚本 中園ミホ
    原作 林真理子

    4 花子とアン

    3.6
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.7
    • 映像 3.7
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2014年03月31日
    最終回 2014年09月27日
    出演 吉高由里子 伊原剛志 仲間由紀恵 石橋蓮司 室井滋 鈴木亮平 賀来賢人
    脚本 中園ミホ
    主題歌 絢香 「にじいろ」
    原作 村岡恵理
  • 花子とアン

    良妻から悪女まで高い演技力!

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 「花子とアン」放映時の黒木華さんはいわゆる良い人と言われるような役が多かったと思います。
    じっと苦難を耐え忍ぶ、影ながら見守り支える、みたいな役です。
    花子とアンでも田舎から都会に出て来て一生懸命働き、やがて自分の店を持つまでになった努力家の人役だったのですが、関東大震災の時に愛する男性を亡くしてしまいます。
    プロポーズされ恥ずかしさからつい素直になれずに返事をしないままの別れでした。
    そういった自責の念から震災後自暴自棄になり、前向きに復興に取り組む周囲の人達に対してひどい言葉を投げつけたりとすっかり人が変わったようになってしまうというシーンがありました。
    これまでは良い子だった彼女が驚くほど荒んだ様子はまるで別人のよう。
    見たことも無い冷たく無表情な顔で周囲を見下す目つきに驚くとともに、思わず背筋がゾッとしてしまいました。
    この人、本当の悪役やったらすごく怖い人になりそうです。
    でも良い人を演じると、本当にほのぼのとして癒し系なんですよね。
    この両極端な二面性に黒木華さんの演技力の高さを感じました。
  • 5 戦力外捜査官

    3.3
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.8
    • 映像 3.1
    日本テレビ系 土曜 21:00 〜     21:54
    初回 2014年01月11日
    最終回 2014年03月15日
    出演 武井咲 TAKAHIRO 八嶋智人 徳重聡 濱田マリ 木下隆行 柄本明
    脚本 鴻上尚史 関えり香
    主題歌 EXILE TAKAHIRO 「LoveStory」
    原作 似鳥鶏
  • 戦力外捜査官

    面白いです

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    原作が好きなので凄く嬉しいです。
    武井咲さんはキレイで最高です。
    TAKAHIROさんもイケメンで見ていて飽きないです。
    ベテラン俳優さんや、お笑い芸人まで幅広く出演していて凄く楽しいです。
  • 6 HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~1

    3.1
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.5
    • 映像 3.6
    日本テレビ系 水曜 深夜 01:29 〜 深夜     01:59
    2015年
    最終回 2015年12月23日
    出演 AKIRA 青柳翔 TAKAHIRO 登坂広臣 小泉今日子 YOU 林遣都
    脚本 Team HI-AX
    主題歌 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~1

    見たら好きになる

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    「全員主役」と掲げている通り、登場人物それぞれに焦点があたりどんなキャラかよく知れ、どのキャラも好きになる。

    手とお金、時間もかかっている作品なので
    LDH、EXILE、と一部の人には避けられ...
    続きを読む 「全員主役」と掲げている通り、登場人物それぞれに焦点があたりどんなキャラかよく知れ、どのキャラも好きになる。

    手とお金、時間もかかっている作品なので
    LDH、EXILE、と一部の人には避けられがちなジャンルだが、イケメン好き映画好きに見て欲しい!
  • 7 ペテロの葬列

    3.1
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 2.8
    TBSテレビ系 月曜 20:00 〜     20:54
    2014年
    最終回 2014年09月15日
    出演 小泉孝太郎 長谷川京子 国仲涼子 室井滋 ムロツヨシ 高橋一生 長塚京三
    脚本 神山由美子
    主題歌 近藤晃央 「心情呼吸」
    原作 宮部みゆき
  • ペテロの葬列

    色気が…

    3.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    まだ、今ほど顔と名前が売れていない頃のドラマですが、一途で繊細な役柄がとても合っていました。脇役ではあるのですが、高橋さんが画面に出てくると、画面の色合いが変わるようでした。
    道ならぬ恋に踏み込...
    続きを読む まだ、今ほど顔と名前が売れていない頃のドラマですが、一途で繊細な役柄がとても合っていました。脇役ではあるのですが、高橋さんが画面に出てくると、画面の色合いが変わるようでした。
    道ならぬ恋に踏み込んでしまう、その危うさが何ともセクシーでした。
  • 8 HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~2

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 土曜 00:55 〜 深夜     01:25
    2016年
    最終回 2016年06月25日
    出演 山田裕貴 黒木啓司 窪田正孝 林遣都 中村達也 橘ケンチ ELLY
    脚本 牧野圭祐 村山貴子 Team HI-AX

    9 人は見た目が100パーセント

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    2017年
    最終回 2017年06月15日
    出演 桐谷美玲 水川あさみ ブルゾンちえみ 成田凌 鈴木浩介 町田啓太 室井滋
    脚本 相沢友子
    主題歌 JY 「女子モドキ」
    原作 大久保ヒロミ
  • 人は見た目が100パーセント

    自分の成長が恋愛を成長させる

    5.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.5
    続きを読む 最初は下を向いてくらいイメージの主人公が最後は顔を上にあげて堂々と前を向いて歩いていく姿に感動しました。恋愛で悩んでい自身の中でのこだわりや、悩みが別にあり、そこを解決すると恋愛も上手くいくと思っています。自分の中にある不要なものをどんどん吐き出して、自分を磨く(素の自分でいる、)、制約に縛られ抜くなることで人は恋愛においてこんなに変われると教えてくれています。
  • 盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜 第4話

    刑事ドラマ

    3.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    原作を読んでいないので、ドラマだけだと詳細が省かれてしまったように感じました。表面的にはなぜそんなことを行ったかはわかるのですが、もっと納得できる描写がほしかったです。前半部分にくらべると後半部... 続きを読む 原作を読んでいないので、ドラマだけだと詳細が省かれてしまったように感じました。表面的にはなぜそんなことを行ったかはわかるのですが、もっと納得できる描写がほしかったです。前半部分にくらべると後半部分が駆け足で話が進んでしまった印象を受けました。
  • 11 女子高生の無駄づかい

    2.8
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.6
    • 映像 3.7
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2020年
    最終回 2020年03月06日
    出演 岡田結実 恒松祐里 中村ゆりか 町田啓太 福地桃子 浅川梨奈 畑芽育
    脚本 田辺茂範
    主題歌 Little Glee Monster 「STARTING OVER」
    原作 ビーノ
  • 女子高生の無駄づかい 第7話

    もう終わりかぁ、残念。

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    もちろん、原作がとても良くって、それを忠実になぞっているので面白いに決まってるんだけど、とにかくこの実写化、出ているキャストも、テイストも含め、大好きなんだよね。(ロボっこはハマらなかったけど…... 続きを読む もちろん、原作がとても良くって、それを忠実になぞっているので面白いに決まってるんだけど、とにかくこの実写化、出ているキャストも、テイストも含め、大好きなんだよね。(ロボっこはハマらなかったけど…)
    深けりゃいいってもんじゃなく、なんも考えずに楽しくみられる。そんなドラマも好きなんですよ。
  • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第5話

    今回の一番の見どころは!!!

    3.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.0

    正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

    昼ドラのようなドロドロ感

    登場人物全員裏切り者

    またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

    ...
    続きを読む
    正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

    昼ドラのようなドロドロ感

    登場人物全員裏切り者

    またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

    もうここ最近ではこんな風に急に吐き気をもよおすと言うことはないって言うのは周知の事実のはずなのに昭和の時代から続く

    「もしかして妊娠!?」

    の演技!!!

    演出家の先生!!!!もうそろそろこういう妊娠発覚パターンやめませんか!!

    そんな今回のあらすじは

    一真(小池徹平)との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽(新川優愛)。彼女が複雑な思いを抱えながらカフェにいると、美和子(徳永えり)から声をかけられる。そして美和子は、そろそろ秋山との子供を作りたいと爽に語る。爽は、秋山(町田啓太)と美和子の幸せな生活を思い、うらやましくなる。
    一方、一真は爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた。そんな中、瑠衣(中村ゆりか)が一真を訪ねてくる。自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとする。最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ちするのだった。一真は瑠衣の前で、どうしていいか分からないと無様な姿を見せる。そんな一真に瑠衣は、ある秘密を打ち明ける…。

    ある日、出勤した爽は、会社の前で秋山の姿を見つける。秋山は、爽に連絡を続けていた。しかし、爽からはまったく返事が来ない。心配になった秋山は、爽の顔を見るために会社まで来てくれたのだった。しかし、爽は秋山に見つからないように身を隠し、秋山に“二人で会うのは、もう止めよう”とスマホからメッセージを送るのだった…。
    爽は、一真と会ってけじめをつけようと決意。爽と一真は、あるレストランで久しぶりに顔を合わせる。「離婚してください」と一真に離婚届を突き付けるが―


    オープニングで目を引いたのはやはりなんと言っても

    テロップに書かれていた

    「ドロキュン祭り開催中」

    の文字!!!

    何それ!!ドロキュンって何!?しかも祭りだよ!!!

    ドロキュン祭りってどこでやってるの参加したい!!!

    いやー、面白くなってきやがった!!!

    さあどうなるんだろう。。

    いやどうでもいいけど一真って浮気するくせに脇甘すぎやしませんか!?

    めちゃくちゃ嘘つくの下手やん。。。

    そんで、悪いことするやつは過去のトラウマのせいで浮気したり悪いことをしてしまう

    みたいな設定いるかな?

    正直過去がどうであれいい奴はいい奴やし、悪い奴は生まれ育ち関係なく性根から悪い奴が多い。

    なーんか今回だらだらしてるんだよな〜。

    全然ドロキュン祭り開催されないし

    おまけに妊娠もしてないんかい!!!!

    じゃああの急な吐き気はなんやねん!!!!なんもないのに急に吐き出すって言う方がやばいやろ!!

    アオハルシーンもなんか妙に長いし〜。

    ちゃうちゃう我々が求めているのはこんなことじゃないんだ

    誰かが裏切れ!!!

    誰かが頭抱えろ!!

    誰かが絶叫しろ!!

    我々は断固としてアオハル

    そして町田啓太さんのアオヒゲを拒否します!!!!

    後半になってやっと新たな裏切り者が発覚して

    なかなか根深い恨みが爽に向けられて面白くなってきたんだけど

    正直、前半だらだらしすぎてて集中力が切れてしまっていたな〜。

    もっとテンポだしていきましょう!!!!

    ただ今回の一番の見どころはどこだったかわかりますか?

    新たな裏切り者が発覚したところですか?

    違います。

    一真の

    「脱げよ、シンプルに行こうぜ」

    って言うクソダサイセリフでしょうか?

    違います。

    町田啓太さんの制服姿のアオヒゲですか?

    違います。


    今回の一番の見どころは

    新川結愛さんの酔っ払いの演技の下手さです!!!!!!

    これは信じられない下手さです!!!

    私は新幹線の中でこのドラマを見ていましたが

    思わず声に出しました!!

    この酔っぱらいの演技レベルはすごいです!!!

    ここまで酔っていない酔っぱらいは今までドラマを見てきて初めてです。

    いやーいいものを見せてもらいました。

    このシーンのことしか印象になくなるくらい

    インパクトのある下手さです。

    正直この酔い方だったら後の展開が成立しないのではないかと心配するくらいの酔い方でした。


    ちょっとだらだらしてしまってもったいなかったけどきっと次回は興奮させてくれるでしょう!!!

    バイフォな〜う

    ってこの歌XJAPANのToshiさんが歌ってたのね!!

    知らんかった・・・。
  • 2020

      ギルティ〜この恋は罪ですか?〜

      2.7
      • 出演者 2.6
      • ストーリー 2.8
      • 演技 2.6
      • 映像 2.7
    • ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 第5話

      今回の一番の見どころは!!!

      3.0
      • 出演者 3.5
      • ストーリー 3.0
      • 演技 2.5
      • 映像 3.0

      正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

      昼ドラのようなドロドロ感

      登場人物全員裏切り者

      またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

      ...
      続きを読む
      正直今期のドラマで僕はこのドラマが一番好きだ

      昼ドラのようなドロドロ感

      登場人物全員裏切り者

      またうっすいうっすいアオハル感から泥沼への落差で心がくすぐられる作品だ。

      もうここ最近ではこんな風に急に吐き気をもよおすと言うことはないって言うのは周知の事実のはずなのに昭和の時代から続く

      「もしかして妊娠!?」

      の演技!!!

      演出家の先生!!!!もうそろそろこういう妊娠発覚パターンやめませんか!!

      そんな今回のあらすじは

      一真(小池徹平)との子を身ごもったのではないかと心が揺れる爽(新川優愛)。彼女が複雑な思いを抱えながらカフェにいると、美和子(徳永えり)から声をかけられる。そして美和子は、そろそろ秋山との子供を作りたいと爽に語る。爽は、秋山(町田啓太)と美和子の幸せな生活を思い、うらやましくなる。
      一方、一真は爽が出ていってからというもの、荒れた生活を送っていた。そんな中、瑠衣(中村ゆりか)が一真を訪ねてくる。自暴自棄になった一真は、瑠衣を強引に抱こうとする。最低な振る舞いをする一真に、瑠衣は平手打ちするのだった。一真は瑠衣の前で、どうしていいか分からないと無様な姿を見せる。そんな一真に瑠衣は、ある秘密を打ち明ける…。

      ある日、出勤した爽は、会社の前で秋山の姿を見つける。秋山は、爽に連絡を続けていた。しかし、爽からはまったく返事が来ない。心配になった秋山は、爽の顔を見るために会社まで来てくれたのだった。しかし、爽は秋山に見つからないように身を隠し、秋山に“二人で会うのは、もう止めよう”とスマホからメッセージを送るのだった…。
      爽は、一真と会ってけじめをつけようと決意。爽と一真は、あるレストランで久しぶりに顔を合わせる。「離婚してください」と一真に離婚届を突き付けるが―


      オープニングで目を引いたのはやはりなんと言っても

      テロップに書かれていた

      「ドロキュン祭り開催中」

      の文字!!!

      何それ!!ドロキュンって何!?しかも祭りだよ!!!

      ドロキュン祭りってどこでやってるの参加したい!!!

      いやー、面白くなってきやがった!!!

      さあどうなるんだろう。。

      いやどうでもいいけど一真って浮気するくせに脇甘すぎやしませんか!?

      めちゃくちゃ嘘つくの下手やん。。。

      そんで、悪いことするやつは過去のトラウマのせいで浮気したり悪いことをしてしまう

      みたいな設定いるかな?

      正直過去がどうであれいい奴はいい奴やし、悪い奴は生まれ育ち関係なく性根から悪い奴が多い。

      なーんか今回だらだらしてるんだよな〜。

      全然ドロキュン祭り開催されないし

      おまけに妊娠もしてないんかい!!!!

      じゃああの急な吐き気はなんやねん!!!!なんもないのに急に吐き出すって言う方がやばいやろ!!

      アオハルシーンもなんか妙に長いし〜。

      ちゃうちゃう我々が求めているのはこんなことじゃないんだ

      誰かが裏切れ!!!

      誰かが頭抱えろ!!

      誰かが絶叫しろ!!

      我々は断固としてアオハル

      そして町田啓太さんのアオヒゲを拒否します!!!!

      後半になってやっと新たな裏切り者が発覚して

      なかなか根深い恨みが爽に向けられて面白くなってきたんだけど

      正直、前半だらだらしすぎてて集中力が切れてしまっていたな〜。

      もっとテンポだしていきましょう!!!!

      ただ今回の一番の見どころはどこだったかわかりますか?

      新たな裏切り者が発覚したところですか?

      違います。

      一真の

      「脱げよ、シンプルに行こうぜ」

      って言うクソダサイセリフでしょうか?

      違います。

      町田啓太さんの制服姿のアオヒゲですか?

      違います。


      今回の一番の見どころは

      新川結愛さんの酔っ払いの演技の下手さです!!!!!!

      これは信じられない下手さです!!!

      私は新幹線の中でこのドラマを見ていましたが

      思わず声に出しました!!

      この酔っぱらいの演技レベルはすごいです!!!

      ここまで酔っていない酔っぱらいは今までドラマを見てきて初めてです。

      いやーいいものを見せてもらいました。

      このシーンのことしか印象になくなるくらい

      インパクトのある下手さです。

      正直この酔い方だったら後の展開が成立しないのではないかと心配するくらいの酔い方でした。


      ちょっとだらだらしてしまってもったいなかったけどきっと次回は興奮させてくれるでしょう!!!

      バイフォな〜う

      ってこの歌XJAPANのToshiさんが歌ってたのね!!

      知らんかった・・・。
    • 女子高生の無駄づかい

      2.8
      • 出演者 3.7
      • ストーリー 3.5
      • 演技 3.6
      • 映像 3.7
      テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
      2020年
      最終回 2020年03月06日
      出演 岡田結実 恒松祐里 中村ゆりか 町田啓太 福地桃子 浅川梨奈 畑芽育
      脚本 田辺茂範
      主題歌 Little Glee Monster 「STARTING OVER」
      原作 ビーノ
    • 女子高生の無駄づかい 第7話

      もう終わりかぁ、残念。

      4.0
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 3.5
      • 演技 3.5
      • 映像 3.5
      もちろん、原作がとても良くって、それを忠実になぞっているので面白いに決まってるんだけど、とにかくこの実写化、出ているキャストも、テイストも含め、大好きなんだよね。(ロボっこはハマらなかったけど…... 続きを読む もちろん、原作がとても良くって、それを忠実になぞっているので面白いに決まってるんだけど、とにかくこの実写化、出ているキャストも、テイストも含め、大好きなんだよね。(ロボっこはハマらなかったけど…)
      深けりゃいいってもんじゃなく、なんも考えずに楽しくみられる。そんなドラマも好きなんですよ。

    2019

    • 盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜 第4話

      刑事ドラマ

      3.8
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 3.5
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      原作を読んでいないので、ドラマだけだと詳細が省かれてしまったように感じました。表面的にはなぜそんなことを行ったかはわかるのですが、もっと納得できる描写がほしかったです。前半部分にくらべると後半部... 続きを読む 原作を読んでいないので、ドラマだけだと詳細が省かれてしまったように感じました。表面的にはなぜそんなことを行ったかはわかるのですが、もっと納得できる描写がほしかったです。前半部分にくらべると後半部分が駆け足で話が進んでしまった印象を受けました。
    • ウレロ☆未開拓少女

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      テレビ東京系 月曜 00:12 〜 深夜     01:00
      2019年
      最終回 2019年12月23日
      出演 劇団ひとり バカリズム 豊本明長 飯塚悟志 角田晃広 早見あかり 福原遥
      脚本 オークラ 土屋亮一
      主題歌 在日ファンク

      螢草 菜々の剣

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      NHK BSプレミアム 金曜 20:00 〜     20:43
      2019年
      最終回 2019年09月06日
      出演 清原果耶 町田啓太 谷村美月 北村有起哉 松尾諭 南沢奈央 濱田マリ
      脚本 渡邉睦月 森脇京子
    • 螢草 菜々の剣 第5話

      時代劇は、無くなって欲しくないなぁ

      4.5
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.5
      • 映像 4.5
      昨年BSにて放送され、今年に入ってから土曜日の夕方6:05~『土曜時代ドラマ』の枠にて再放送されている清原果耶さんの主演ドラマ。

      このクオリティの時代劇は、今やNHKでしかほぼ観られないの...
      続きを読む 昨年BSにて放送され、今年に入ってから土曜日の夕方6:05~『土曜時代ドラマ』の枠にて再放送されている清原果耶さんの主演ドラマ。

      このクオリティの時代劇は、今やNHKでしかほぼ観られないのが残念ですね。
      とても、良いドラマです。

      大河ドラマのような歴史ものも良いですが、こういう江戸の町の人たちの物語というのもとても興味深い。

      果耶ちゃんが演じる主人公・菜々は風早家の奉公人ですが、実は武士の娘。
      奉公先の主人・風早市之進(町田啓太さん)は藩内の不正を正そうとしていましたが、そのことである人物に陥れられようとしていました。。
      その人物とは、菜々の父親も同じように無実の罪で切腹に追い込んだ轟平九郎(北村有起哉さん)・・・!
      市之進の妻・佐知(谷村美月さん)が病で亡くなり、「旦那様と子供たちを守る」と佐知と約束した菜々は、市之進が罪を着せられて江戸送りにされてしまった後、周囲の人たちの助けを得ながら子供たちを必死に守っていきます。

      質屋の舟(濱田マリさん)や儒学の師・椎上先生(石橋蓮司さん)、剣の達人である五兵衛(松尾論さん)に助けられながら、市之進を救う手立てを考えている・・・ところです。

      第5話ではこの仲間にヤクザの湧田親分(宇梶剛士さん)が加わるか?という展開だったのですが、平九郎の魔の手は菜々にまで及び・・・。

      果耶ちゃんが演じる菜々は、奉公人となりながらもどこか武士の娘らしい凛とした雰囲気が漂います。
      果耶ちゃん、着物姿もいいですね~。時代劇でも、違和感がないのは素晴らしい。NHKとの相性もいいのかな。
      これからどんな女優さんになるか楽しみですが、個人的な意見を言わせていただくと、どこかでちょっとグレた方がいいかもしれません(笑)
      キレイな役ばかりやっていると、面白味のない女優さんになっちゃうので・・・。

      市之進を演じている町田さんの髷姿も、想像以上に似合っていてビックリ!
      若手の俳優さんやタレントさんって、顔も現代風だし腰の位置が高い(足が長いというだけでなく、姿勢の問題もあります。)ので決定的に髷や着物が似合わなかったりするんですけど、町田さんは比較的濃いめなお顔立ちなのにここまで凛々しいとは・・・。
      演技力はさておき、鑑賞用としては申し分ない!(笑)
      いや、この役はとてもハマっていると思います。NHKはドラマ自体の枠組みがしっかりしているから、民放ドラマよりちゃんと演者さんの良さを引き出してくれる作品は多いですからね。

      でも何と言っても、北村有起哉さんの悪の魅力が堪りませんっ!
      もう憎たらしいのなんの。
      それでも、やはり所作や殺陣も安心して観ていられて惚れ惚れしてしまいます。

      他のキャスト陣も豪華で、第5話では朝ドラのフカ先生役のイッセー尾形さんも登場。今後の市之進の命運を握っている・・・かも?

      歴史ものって、すでに知られている登場人物も多いのでイメージと違うとがっかりしてしまったりしますが、こういう時代劇は素直に物語や登場人物を観ることができるのでそういうところが好きですね。
      特に、「人情」が感じられると、懐かしさや温かさを感じます。

      しかも、このドラマは“あだ討ち”が主軸。
      展開も充分に胸が熱くなる内容です。

      時代劇は本当に数少なくなってしまいましたが、やはり見応えがあって面白い。
      予算の面だけでなく、時代劇ができるスタッフさんも少なくなってきているのでしょうし、俳優さんたちも時代劇の所作ができない人ばかりになってしまっています。
      着物を着てカツラを被ればいいってもんじゃないですから。

      でも、こういった時代劇は日本独自の文化ですから、そういうものを描くドラマは無くなって欲しくない。
      ちゃんと時代劇が撮影できる環境は伝承していったらいいなぁ・・・と思います。

      かなり現代風にアレンジされた“なんちゃって時代劇”は、そこそこありますけどね。それとはまた違う、ちゃんとした時代劇は守っていきたいですね。

      全7話ですので放送はあと2回。
      観る機会がある方は、是非。

    2018

      中学聖日記

      3.9
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.9
      • 映像 4.0
      TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     23:07
      初回 2018年10月09日
      最終回 2018年12月18日
      出演 有村架純 岡田健史 夏川結衣 吉田羊 町田啓太 マキタスポーツ 夏木マリ
      脚本 金子ありさ
      主題歌 Uru 「プロローグ」
      原作 かわかみじゅんこ
    • 中学聖日記

      1度目より二度目。奥深い世界観に沈む

      4.2
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 5.0
      未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
      再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

      が、再放送は難しいもので、本放送...
      続きを読む 未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
      再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

      が、再放送は難しいもので、本放送の時には面白く観ていたにも関わらず、何故か二度目は「別に、いいかな。」と思ってしまう作品が多かったというのが実際のところ。(自分は、です。)

      再放送されるドラマも何となく系統が同じで、SNSで盛り上がるものか番宣絡み。
      まあ、スポンサーや局の事情や出演者のNGなど様々な理由があり仕方のないことではありますけどね。

      結果的に自分が観た、もしくは観ているのは「グッド・ドクター」「ノーサイド・ゲーム」「ハケンの品格」「新米姉妹のふたりごはん」、そして先日口コミも書かせていただいた「深夜食堂」くらいかもしれません。

      そんな中で、再放送が決定してちょっと嬉しかったのが、この「中学聖日記」。
      改めてじっくり観たいと思っていたドラマだけに、「ヤッタ!」という気分でございました。
      実は、今期放送されるはずだった「MIU404」に岡田健史くんが出演されるので、宣伝であることには間違いないのですけどね(笑)

      当時放送開始前にはタイトルからして妙に艶めかしく、ましてや教師と中学生の禁断の恋!?なんて気持ちの悪い!と不快に感じたりしたのが正直なところでした。

      だがしかし、そんな題材を安っぽいドラマにせずに見事な純愛ドラマにすることは可能だよなぁ・・・もし、そんなことができたら良作になるんじゃないかなぁという思いも。

      半信半疑で観た第1話。開始早々に「あ、これいいドラマになるかもしれない方だ!」というのはすぐにわかりました。
      それでも、有村架純さんが演じる中学校教師・末永聖ちゃんは隙だらけじゃん!
      聖ちゃんに恋する黒岩晶くんを演じる新人の岡田健史くんは、中学生にしては妙に色っぽいじゃん!
      夏川結衣さんが演じる黒岩くんのお母さんは、メチャクチャ怖いじゃん!

      などと、やはり「うわっ!」という要素は盛り込まれていて、それなりにSNSでも話題になっておりました。

      どうしてもそういうところに目が行ってしまったり、題材が題材だけにずっと斜に構えながら観ていたのですが、いつしか「最初からちゃんと観ておけばよかったな。」という気持ちに変わっていったのをよく覚えています。

      前置きが長くなりましたが、そんな想いがあった「中学聖日記」。
      1度観てストーリーがわかっている分、余裕を持って色んなところをじっくり観られたり、新たに気付きがあったりとかなり楽しく再放送を観ております。

      特に、第1話早々に黒岩くんが聖ちゃんに恋をした瞬間、スイッチが「バチっ」と入った音が聞こえるような描写に唸ってしまいました。
      「あー、黒岩くん、こんな風に恋に落ちたのね」
      それに気付いてしまったら、なんだか最初に観た時よりも黒岩くんの気持ちにスンナリ共感できてしまい、1回目に観た時よりも黒岩くん目線でドラマを観るように。
      すぐに恋に落ちてしまうあたり、すごく中学生っぽさを感じたり。

      前回はどちらかと言えば、聖ちゃんサイドもしくは誰にも共感せずに俯瞰で観ていたかな。

      黒岩くんよりもオトナで、しかも婚約者がいる聖ちゃんは彼とは対照的にジワジワと気持ちが動いていく様子がまたすごくリアルで繊細。

      聖ちゃんと、町田啓太さん演じる婚約者・川合勝太郎との関係も順調なようで微妙な空気感の描かれ方や、黒岩くん母の変貌する心理も改めて観るとすっごく丁寧に描写されてて唸るばかり。

      塚原あゆ子さんの演出って、スゴイな。
      いつもハマるという訳ではないけれど、ハマったらすごく好き!と胸アツになってしまいます。
      ちなみに、自分が塚原演出で好きなのは、「重版出来!」と「アンナチュラル」。
      もちろん、脚本や出演者が良いということも、作品にとっては重要な要素。
      が、演出の力は大きいです。

      「中学聖日記」は、とにかく画がキレイ。
      そして、イベントのためのストーリー進行ではなくきちんと人物やその心理描写を紡いでいるからこそ、「教師と中学生」の恋愛が厭らしい気持ちで描かれていないところが最高です。

      実はまだ録画を溜め込んでいて6話までしか観ていないのですが、前半のクライマックスである5話は特に秀逸です。

      2人の事が母親にバレてしまい、学校を去ろうとする聖ちゃんを止める黒岩くん。
      「なんで、ダメなの」と引き止めようとする彼に対して聖ちゃんが「あなたが15だから!」と言い放つシーンにはドキっ!とします。
      15。そう、15歳なんだよね。
      何か過ちがなくても、聖ちゃんは責められて当たり前なんだ。
      わかっちゃいるけど、「あ~」と思ってしまう自分がいました。
      かと言って、2人にくっついて欲しいとは思わなかったですけど(笑)
      どちらかといえば、納得がいく結末になってくれればいいと固唾を飲んで見守っておりました。

      さらに、たぶん前回観た時も車で町を去って行こうとする聖ちゃんを自転車で追いかける黒岩くんに涙したと思うのですが、今回もまたウルっ。

      2人の別れは、切なくも美しい。
      かといって、キレイ事に寄せていないところも良かったような気がします。

      そして、第6話では3年後。
      それぞれの登場人物がそれぞれに少しずつ前に歩き出している?
      新しいパートナーも見つかりつつある?

      だけど、みんな3年前の出来事が心に残っているんだろうな。
      そんな後半戦スタート。

      中だるみすることも多いけれど、このドラマは定番の構成でもキッチリとアクセントをつけていてラストまでの期待も持たせてくれます。

      実は、今夜が最終回の再放送。

      最終回を観た後のTwitterで自分は「今期(2018年10月期)放送のドラマの中で、最高の最終回」と絶賛していました。
      その最終回を、きっとまた新たな視点から観て感動することは間違いないと思ってます。

      その前に、まだ追いついていない録画を観ねば。
      大ファンである岸谷五朗さんの登場回もあるし(笑)。

      再放送されても食指が動かないドラマもあるけれど、何度でも観たいと思うドラマもあります。
      おそらくそれは人それぞれの作品なのでしょうが、この「中学聖日記」は多分自分にとっては何度観ても新たな発見がある大好きなドラマだと確信できた再放送視聴になりそうです。

      すっかり長文になってしまいましたが、読んで下さった方、ありがとうございます(汗)
    • PRINCE OF LEGEND

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-

      ラストチャンス再生請負人

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      テレビ東京系 月曜 21:54 〜     22:54
      初回 2018年07月16日
      最終回 2018年09月03日
      出演 仲村トオル 椎名桔平 長谷川京子 水野美紀 和田正人 大谷亮平 石井正則
      脚本 前川洋一
      主題歌 村松崇継 「Startingover」
      原作 江上剛

      SEGODON西郷どん

      3.7
      • 出演者 3.9
      • ストーリー 3.6
      • 演技 3.9
      • 映像 3.8
      NHK総合 月曜 18:00 〜     18:45
      初回 2018年01月07日
      出演 鈴木亮平 黒木華 渡辺謙 松坂慶子 錦戸亮 塚地武雅 水野久美
      脚本 中園ミホ
      原作 林真理子

      女子的生活

      3.8
      • 出演者 3.8
      • ストーリー 3.7
      • 演技 3.8
      • 映像 3.6
      NHK総合 金曜 22:00 〜     22:49
      2018年
      最終回 2018年01月26日
      出演 志尊淳 町田啓太 羽場裕一 小芝風花 玉井詩織 玄理 楠見薫
      脚本 坂口理子
      原作 坂木司
    • 女子的生活

      後藤君のような存在になりたい

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      続きを読む CSの一挙放送で見ました!
      見終わったあとに元気になれて優しい気持ちになって前向きになれるような気がしました。
      ちょっと難しい題材であると思いますが、重くなり過ぎず色々考えたり気が付くキッカケがもらえるようなお話。リアル感と理想の絶妙なバランス。日常で感じるチクチクやキュンキュンが上手に表現されてると思いました。青春っぽさも悪くないかな。
      それは何より、志尊君の演じるみきちゃんだからこそ。とてもナチュラルで違和感がなくて本当にみきちゃんが生きているように思えました。(志尊君であることを忘れてしまう。)生きていることをおしゃれを楽しんでいる姿が素敵で可愛らしいです。
      後藤君のみきちゃんの在り方を否定しないそのままを受け入れることの出来る性格(若干、ポンコツ感があるけどそれも含めて 笑)が本当にいいなと思いました。優しくて時に頼りになる憎めないヤツ。
      みきちゃんと後藤君のやり取りも大好き。後藤君が缶飲料を開けてあげたりカニをむいてあげたり・・・相手のことを良く分かっているから自然に出来るしぐさがたまらなく好きでした。寄り添うと言うのとはちょっと違うかな?でもいつでも近くにきて助けてくれたり応援してくれたり守ってくれたり・・・ただ受け入れてくれる、そんな人が居るととても救われる。
      私も誰かのみきちゃんにとっての後藤君のような存在になれたらいいなと思いました。
      もっと見たいな…続編希望!!!

      コロッケとあんドーナツが食べたくなって困る! 笑

    2017

    2016

    2015

    2014

    2012

    評価をする