村川絵梨の出演ドラマ

ROOKIES

4.2
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.1
  • 演技 3.9
  • 映像 3.9
TBSテレビ系 土曜 19:56 〜     20:54
初回 2008年04月19日
最終回 2008年07月26日
出演 佐藤隆太 市原隼人 小出恵介 城田優 中尾明慶 高岡蒼甫 吹石一恵
脚本 いずみ吉紘
主題歌 GReeeeN 「キセキ」
原作 森田まさのり
  • ROOKIES

    青春ドラマ

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む ちょうど高校生の時に放送されて、
    学校でも流行ったドラマ。(特に女子)

    ライトオンとのコラボTシャツが発売されたり、
    代々木体育館でイベントが開催されたり、
    全部追っかけてた青春ドラマ😂
    あんなイケメン揃いな野球チームなんていないよなぁと思いつつ、
    マネージャーの塔子になりたいと本気で思ってた。笑
    野球ドラマってハズレがない気がする。
  • 中学聖日記

    3.9
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.9
    • 映像 4.0
    TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     23:07
    初回 2018年10月09日
    最終回 2018年12月18日
    出演 有村架純 岡田健史 夏川結衣 吉田羊 町田啓太 マキタスポーツ 夏木マリ
    脚本 金子ありさ
    主題歌 Uru 「プロローグ」
    原作 かわかみじゅんこ
  • 中学聖日記

    1度目より二度目。奥深い世界観に沈む

    4.2
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
    再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

    が、再放送は難しいもので、本放送...
    続きを読む 未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
    再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

    が、再放送は難しいもので、本放送の時には面白く観ていたにも関わらず、何故か二度目は「別に、いいかな。」と思ってしまう作品が多かったというのが実際のところ。(自分は、です。)

    再放送されるドラマも何となく系統が同じで、SNSで盛り上がるものか番宣絡み。
    まあ、スポンサーや局の事情や出演者のNGなど様々な理由があり仕方のないことではありますけどね。

    結果的に自分が観た、もしくは観ているのは「グッド・ドクター」「ノーサイド・ゲーム」「ハケンの品格」「新米姉妹のふたりごはん」、そして先日口コミも書かせていただいた「深夜食堂」くらいかもしれません。

    そんな中で、再放送が決定してちょっと嬉しかったのが、この「中学聖日記」。
    改めてじっくり観たいと思っていたドラマだけに、「ヤッタ!」という気分でございました。
    実は、今期放送されるはずだった「MIU404」に岡田健史くんが出演されるので、宣伝であることには間違いないのですけどね(笑)

    当時放送開始前にはタイトルからして妙に艶めかしく、ましてや教師と中学生の禁断の恋!?なんて気持ちの悪い!と不快に感じたりしたのが正直なところでした。

    だがしかし、そんな題材を安っぽいドラマにせずに見事な純愛ドラマにすることは可能だよなぁ・・・もし、そんなことができたら良作になるんじゃないかなぁという思いも。

    半信半疑で観た第1話。開始早々に「あ、これいいドラマになるかもしれない方だ!」というのはすぐにわかりました。
    それでも、有村架純さんが演じる中学校教師・末永聖ちゃんは隙だらけじゃん!
    聖ちゃんに恋する黒岩晶くんを演じる新人の岡田健史くんは、中学生にしては妙に色っぽいじゃん!
    夏川結衣さんが演じる黒岩くんのお母さんは、メチャクチャ怖いじゃん!

    などと、やはり「うわっ!」という要素は盛り込まれていて、それなりにSNSでも話題になっておりました。

    どうしてもそういうところに目が行ってしまったり、題材が題材だけにずっと斜に構えながら観ていたのですが、いつしか「最初からちゃんと観ておけばよかったな。」という気持ちに変わっていったのをよく覚えています。

    前置きが長くなりましたが、そんな想いがあった「中学聖日記」。
    1度観てストーリーがわかっている分、余裕を持って色んなところをじっくり観られたり、新たに気付きがあったりとかなり楽しく再放送を観ております。

    特に、第1話早々に黒岩くんが聖ちゃんに恋をした瞬間、スイッチが「バチっ」と入った音が聞こえるような描写に唸ってしまいました。
    「あー、黒岩くん、こんな風に恋に落ちたのね」
    それに気付いてしまったら、なんだか最初に観た時よりも黒岩くんの気持ちにスンナリ共感できてしまい、1回目に観た時よりも黒岩くん目線でドラマを観るように。
    すぐに恋に落ちてしまうあたり、すごく中学生っぽさを感じたり。

    前回はどちらかと言えば、聖ちゃんサイドもしくは誰にも共感せずに俯瞰で観ていたかな。

    黒岩くんよりもオトナで、しかも婚約者がいる聖ちゃんは彼とは対照的にジワジワと気持ちが動いていく様子がまたすごくリアルで繊細。

    聖ちゃんと、町田啓太さん演じる婚約者・川合勝太郎との関係も順調なようで微妙な空気感の描かれ方や、黒岩くん母の変貌する心理も改めて観るとすっごく丁寧に描写されてて唸るばかり。

    塚原あゆ子さんの演出って、スゴイな。
    いつもハマるという訳ではないけれど、ハマったらすごく好き!と胸アツになってしまいます。
    ちなみに、自分が塚原演出で好きなのは、「重版出来!」と「アンナチュラル」。
    もちろん、脚本や出演者が良いということも、作品にとっては重要な要素。
    が、演出の力は大きいです。

    「中学聖日記」は、とにかく画がキレイ。
    そして、イベントのためのストーリー進行ではなくきちんと人物やその心理描写を紡いでいるからこそ、「教師と中学生」の恋愛が厭らしい気持ちで描かれていないところが最高です。

    実はまだ録画を溜め込んでいて6話までしか観ていないのですが、前半のクライマックスである5話は特に秀逸です。

    2人の事が母親にバレてしまい、学校を去ろうとする聖ちゃんを止める黒岩くん。
    「なんで、ダメなの」と引き止めようとする彼に対して聖ちゃんが「あなたが15だから!」と言い放つシーンにはドキっ!とします。
    15。そう、15歳なんだよね。
    何か過ちがなくても、聖ちゃんは責められて当たり前なんだ。
    わかっちゃいるけど、「あ~」と思ってしまう自分がいました。
    かと言って、2人にくっついて欲しいとは思わなかったですけど(笑)
    どちらかといえば、納得がいく結末になってくれればいいと固唾を飲んで見守っておりました。

    さらに、たぶん前回観た時も車で町を去って行こうとする聖ちゃんを自転車で追いかける黒岩くんに涙したと思うのですが、今回もまたウルっ。

    2人の別れは、切なくも美しい。
    かといって、キレイ事に寄せていないところも良かったような気がします。

    そして、第6話では3年後。
    それぞれの登場人物がそれぞれに少しずつ前に歩き出している?
    新しいパートナーも見つかりつつある?

    だけど、みんな3年前の出来事が心に残っているんだろうな。
    そんな後半戦スタート。

    中だるみすることも多いけれど、このドラマは定番の構成でもキッチリとアクセントをつけていてラストまでの期待も持たせてくれます。

    実は、今夜が最終回の再放送。

    最終回を観た後のTwitterで自分は「今期(2018年10月期)放送のドラマの中で、最高の最終回」と絶賛していました。
    その最終回を、きっとまた新たな視点から観て感動することは間違いないと思ってます。

    その前に、まだ追いついていない録画を観ねば。
    大ファンである岸谷五朗さんの登場回もあるし(笑)。

    再放送されても食指が動かないドラマもあるけれど、何度でも観たいと思うドラマもあります。
    おそらくそれは人それぞれの作品なのでしょうが、この「中学聖日記」は多分自分にとっては何度観ても新たな発見がある大好きなドラマだと確信できた再放送視聴になりそうです。

    すっかり長文になってしまいましたが、読んで下さった方、ありがとうございます(汗)
  • せいせいするほど、愛してる

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.7
    • 映像 3.9
    TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    2016年
    最終回 2016年09月20日
    出演 武井咲 滝沢秀明 松平健 木南晴夏 中村蒼 水沢エレナ トリンドル玲奈
    脚本 井上聖司 李正美 渡邉真子
    主題歌 松田聖子 「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
    原作 北川みゆき
  • せいせいするほど、愛してる

    期待を良い意味で裏切ったドラマ

    4.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    元々この漫画を読んでいて、ドラマ化されると聞いてキャストを見た時にイメージが違うと思ったけど、良い意味でそのイメージを裏切ってくれて、毎週楽しみに見ていたほど。
    タッキーのファンではあないけど、...
    続きを読む 元々この漫画を読んでいて、ドラマ化されると聞いてキャストを見た時にイメージが違うと思ったけど、良い意味でそのイメージを裏切ってくれて、毎週楽しみに見ていたほど。
    タッキーのファンではあないけど、クサいセリフが似合っていて、武井咲さんの憎めないキャラなど、キャストがものすごくマッチしていたドラマで最後は感動して涙した。
  • 4 精霊の守り人 最終章

    3.1
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.4
    • 映像 3.4
    NHK総合 土曜 21:00 〜     21:58
    2017年
    最終回 2018年01月27日
    出演 綾瀬はるか 東出昌大 藤原竜也 鹿賀丈史 板垣瑞生 鈴木亮平 高良健吾
    脚本 大森寿美男
    原作 上橋菜穂子
  • 精霊の守り人 最終章

    極上ファンタジー

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    上橋菜穂子さん原作の「精霊の守り人」をはじめとする「守り人」シリーズをNHKがドラマ化したものです。少年少女向きのファンタジーが原作ですが、上橋さんの世界観がしっかりとしているので、主人公の女用... 続きを読む 上橋菜穂子さん原作の「精霊の守り人」をはじめとする「守り人」シリーズをNHKがドラマ化したものです。少年少女向きのファンタジーが原作ですが、上橋さんの世界観がしっかりとしているので、主人公の女用心棒バルサをはじめとする登場人物が架空の人物とは思えません。林さんは星読博士という役でした。知性と冷静さの中に秘めた星読みとしての情熱を見事に演じていました。主人公のバルサは綾瀬はるかさん、原作の精悍なイメージとはかけ離れた感じだったのでちょっと意外でしたが、だんだん馴染んでいきました。国王役の藤原竜也さんは狂気じみたところを演じるとほんとうまいです。林さんの上司である聖導師役に平幹二郎さん(シリーズ途中で他界され、役は鹿賀丈史が引き継がれました。)、トロガイという汚い呪術師のばあさんに高島礼子、その弟子でバルサの恋人に東出昌大、バルサの養父に吉川晃司、敵国の王に中村獅童、その他柄本明、渡辺えり等々名優、怪優が続々登場しました。衣装やセットも美しい、NHKの制作技術の高さが発揮された壮大なドラマでした。
  • 5 ティーンコート

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 火曜 23:58 〜     00:29
    2012年
    最終回 2012年03月20日
    出演 剛力彩芽 瀬戸康史 村川絵梨 森廉 今野浩喜 大和田健介 東幹久
    脚本 渡辺雄介 ブルースカイ 山岡潤平 福原充則 松井周
    主題歌 「蒼き日々」

    6 探偵・由利麟太郎

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    関西テレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2020年
    最終回 2020年07月14日
    出演 吉川晃司 志尊淳 田辺誠一 どんぐり 木本武宏 新川優愛 水上京香
    脚本 小林弘利
    主題歌 吉川晃司 「Brave Arrow」
    吉川晃司 「焚き火」
    原作 横溝正史
  • 探偵・由利麟太郎

    ユリリン

    2.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    2020年6月16日~7月14日

    連続ドラマ #探偵・由利麟太郎 鑑賞

    キャッチコピーは、「観察すれば、真実は自ずと浮かび上がる」

    #吉川晃司 主演
    バディに #志尊淳

    ...
    続きを読む 2020年6月16日~7月14日

    連続ドラマ #探偵・由利麟太郎 鑑賞

    キャッチコピーは、「観察すれば、真実は自ずと浮かび上がる」

    #吉川晃司 主演
    バディに #志尊淳

    面白そうなコンビで、吉川晃司主演ということで期待して見ましたが、パッとしなかった

    何でだろう?ハードボイルド感が中途半端だから?
  • 7 深夜食堂1

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
  • 深夜食堂1 第10話

    ラーメンの海苔の具に涙!!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    最終回は、マスター(小林薫)と片桐(オダギリジョー)の因縁についても少し触れていて、なるほどなとなりました。あのマスターの左目の傷は、彼が傷つけたんだなと分かりました。
    そして、メインストーリ...
    続きを読む 最終回は、マスター(小林薫)と片桐(オダギリジョー)の因縁についても少し触れていて、なるほどなとなりました。あのマスターの左目の傷は、彼が傷つけたんだなと分かりました。
    そして、メインストーリーは、ゲン(山中崇)とその息子である健太(中村咲哉)との親子エピソードにほっこりして最終回にふさわしいほっこりした感じで良かったです。ラーメンのメニューに繋ぐ良いラストエピソードでした。
    マスターの常連客が一斉に揃ったのも豪華で良かったです。マスターが作るラーメンの具の一部である海苔がある、ないで繰り広げられる展開も味があって良かったです。光石研 が出て来たのも良かったです。
  • 8 私の嫌いな探偵

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2014年
    最終回 2014年03月07日
    出演 剛力彩芽 玉木宏 渡辺いっけい 安田美沙子 船越英一郎 白石隼也 内藤理沙
    脚本 福田雄一 林誠人
    主題歌 剛力彩芽 「あなたの100の嫌いなところ」
    原作 東川篤哉

    9 鼠、江戸を疾る

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 木曜 20:00 〜     20:43
    2014年
    最終回 2014年03月20日
    出演 滝沢秀明 忽那汐里 高嶋政宏 京本大我 濱田マリ マギー 渡部秀
    脚本 大森寿美男 川崎いづみ
    主題歌 近藤真彦 「千年恋慕」
    原作 赤川次郎
  • 鼠、江戸を疾る

    痛快娯楽ドラマ

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    赤川二郎原作を滝沢秀明主演で実写化。
    江戸時代に実在した窃盗犯鼠小僧に新解釈を加えた実写版ドラマ。
    主演滝沢秀明のはまり役ですね。セリフの言い回しクールトーンで話し話し始める所などの演技はすごく...
    続きを読む 赤川二郎原作を滝沢秀明主演で実写化。
    江戸時代に実在した窃盗犯鼠小僧に新解釈を加えた実写版ドラマ。
    主演滝沢秀明のはまり役ですね。セリフの言い回しクールトーンで話し話し始める所などの演技はすごくいい。
    出演陣もよくて、この時代の背景をテーマに滝沢秀明ならではの作品になっています。オススメ。
  • 10 逃亡弁護士

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    2010年
    最終回 2019年09月14日
    出演 上地雄輔 石原さとみ 北村一輝 矢田亜希子 船越英一郎 豊原功補 村川絵梨
    脚本 渡辺雄介
    主題歌 和紗 「Stand Up For Love」
    原作 剛英城 高田優
  • 逃亡弁護士

    普通だったぞ???

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む この役は石原さとみさんのクールな部分が観れるなかなかの魅力的な演技だからさぁ???ドラマ的にはそんなに面白くはないのだがかわいい石原さとみさんだからこそ観てしまった感じだったからなぁ???まぁクールな部分が魅力的な演技を出した感じが良かったぞ???皆さん観るべし?
  • 11 マイ☆ボスマイ☆ヒーロー

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 土曜 21:00 〜     21:54
    初回 2006年07月08日
    最終回 2006年09月16日
    出演 長瀬智也 手越祐也 田中聖 新垣結衣 村川絵梨 香椎由宇 岩城滉一
    脚本 大森美香
    主題歌 TOKIO 「宙船(そらふね)」
  • マイ☆ボスマイ☆ヒーロー

    高校生という設定に無理がある主人公

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む 真喜男はヤクザだが全くお勉強ができなかった事から、年齢を偽って高校生になる。
    一生懸命勉強する姿や初恋を体験するのがとても面白いが、中身は27歳のオジサン。

    本気で女子高生に恋をしてしまった真喜男が可愛すぎる!

    もう少しで卒業できるというときに、ヤクザということがみんなにバレてしまい退学したので、その後、真喜男がどうなったのかとても気になる。
  • 2020

    2019

    2018

      中学聖日記

      3.9
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.9
      • 映像 4.0
      TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     23:07
      初回 2018年10月09日
      最終回 2018年12月18日
      出演 有村架純 岡田健史 夏川結衣 吉田羊 町田啓太 マキタスポーツ 夏木マリ
      脚本 金子ありさ
      主題歌 Uru 「プロローグ」
      原作 かわかみじゅんこ
    • 中学聖日記

      1度目より二度目。奥深い世界観に沈む

      4.2
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 5.0
      未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
      再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

      が、再放送は難しいもので、本放送...
      続きを読む 未曾有の事態で、思わぬ再放送を観ることができたこの4月期。
      再放送されて盛り上がるドラマが多々あったことは視聴者にとっては喜ばしいことではありましょう。

      が、再放送は難しいもので、本放送の時には面白く観ていたにも関わらず、何故か二度目は「別に、いいかな。」と思ってしまう作品が多かったというのが実際のところ。(自分は、です。)

      再放送されるドラマも何となく系統が同じで、SNSで盛り上がるものか番宣絡み。
      まあ、スポンサーや局の事情や出演者のNGなど様々な理由があり仕方のないことではありますけどね。

      結果的に自分が観た、もしくは観ているのは「グッド・ドクター」「ノーサイド・ゲーム」「ハケンの品格」「新米姉妹のふたりごはん」、そして先日口コミも書かせていただいた「深夜食堂」くらいかもしれません。

      そんな中で、再放送が決定してちょっと嬉しかったのが、この「中学聖日記」。
      改めてじっくり観たいと思っていたドラマだけに、「ヤッタ!」という気分でございました。
      実は、今期放送されるはずだった「MIU404」に岡田健史くんが出演されるので、宣伝であることには間違いないのですけどね(笑)

      当時放送開始前にはタイトルからして妙に艶めかしく、ましてや教師と中学生の禁断の恋!?なんて気持ちの悪い!と不快に感じたりしたのが正直なところでした。

      だがしかし、そんな題材を安っぽいドラマにせずに見事な純愛ドラマにすることは可能だよなぁ・・・もし、そんなことができたら良作になるんじゃないかなぁという思いも。

      半信半疑で観た第1話。開始早々に「あ、これいいドラマになるかもしれない方だ!」というのはすぐにわかりました。
      それでも、有村架純さんが演じる中学校教師・末永聖ちゃんは隙だらけじゃん!
      聖ちゃんに恋する黒岩晶くんを演じる新人の岡田健史くんは、中学生にしては妙に色っぽいじゃん!
      夏川結衣さんが演じる黒岩くんのお母さんは、メチャクチャ怖いじゃん!

      などと、やはり「うわっ!」という要素は盛り込まれていて、それなりにSNSでも話題になっておりました。

      どうしてもそういうところに目が行ってしまったり、題材が題材だけにずっと斜に構えながら観ていたのですが、いつしか「最初からちゃんと観ておけばよかったな。」という気持ちに変わっていったのをよく覚えています。

      前置きが長くなりましたが、そんな想いがあった「中学聖日記」。
      1度観てストーリーがわかっている分、余裕を持って色んなところをじっくり観られたり、新たに気付きがあったりとかなり楽しく再放送を観ております。

      特に、第1話早々に黒岩くんが聖ちゃんに恋をした瞬間、スイッチが「バチっ」と入った音が聞こえるような描写に唸ってしまいました。
      「あー、黒岩くん、こんな風に恋に落ちたのね」
      それに気付いてしまったら、なんだか最初に観た時よりも黒岩くんの気持ちにスンナリ共感できてしまい、1回目に観た時よりも黒岩くん目線でドラマを観るように。
      すぐに恋に落ちてしまうあたり、すごく中学生っぽさを感じたり。

      前回はどちらかと言えば、聖ちゃんサイドもしくは誰にも共感せずに俯瞰で観ていたかな。

      黒岩くんよりもオトナで、しかも婚約者がいる聖ちゃんは彼とは対照的にジワジワと気持ちが動いていく様子がまたすごくリアルで繊細。

      聖ちゃんと、町田啓太さん演じる婚約者・川合勝太郎との関係も順調なようで微妙な空気感の描かれ方や、黒岩くん母の変貌する心理も改めて観るとすっごく丁寧に描写されてて唸るばかり。

      塚原あゆ子さんの演出って、スゴイな。
      いつもハマるという訳ではないけれど、ハマったらすごく好き!と胸アツになってしまいます。
      ちなみに、自分が塚原演出で好きなのは、「重版出来!」と「アンナチュラル」。
      もちろん、脚本や出演者が良いということも、作品にとっては重要な要素。
      が、演出の力は大きいです。

      「中学聖日記」は、とにかく画がキレイ。
      そして、イベントのためのストーリー進行ではなくきちんと人物やその心理描写を紡いでいるからこそ、「教師と中学生」の恋愛が厭らしい気持ちで描かれていないところが最高です。

      実はまだ録画を溜め込んでいて6話までしか観ていないのですが、前半のクライマックスである5話は特に秀逸です。

      2人の事が母親にバレてしまい、学校を去ろうとする聖ちゃんを止める黒岩くん。
      「なんで、ダメなの」と引き止めようとする彼に対して聖ちゃんが「あなたが15だから!」と言い放つシーンにはドキっ!とします。
      15。そう、15歳なんだよね。
      何か過ちがなくても、聖ちゃんは責められて当たり前なんだ。
      わかっちゃいるけど、「あ~」と思ってしまう自分がいました。
      かと言って、2人にくっついて欲しいとは思わなかったですけど(笑)
      どちらかといえば、納得がいく結末になってくれればいいと固唾を飲んで見守っておりました。

      さらに、たぶん前回観た時も車で町を去って行こうとする聖ちゃんを自転車で追いかける黒岩くんに涙したと思うのですが、今回もまたウルっ。

      2人の別れは、切なくも美しい。
      かといって、キレイ事に寄せていないところも良かったような気がします。

      そして、第6話では3年後。
      それぞれの登場人物がそれぞれに少しずつ前に歩き出している?
      新しいパートナーも見つかりつつある?

      だけど、みんな3年前の出来事が心に残っているんだろうな。
      そんな後半戦スタート。

      中だるみすることも多いけれど、このドラマは定番の構成でもキッチリとアクセントをつけていてラストまでの期待も持たせてくれます。

      実は、今夜が最終回の再放送。

      最終回を観た後のTwitterで自分は「今期(2018年10月期)放送のドラマの中で、最高の最終回」と絶賛していました。
      その最終回を、きっとまた新たな視点から観て感動することは間違いないと思ってます。

      その前に、まだ追いついていない録画を観ねば。
      大ファンである岸谷五朗さんの登場回もあるし(笑)。

      再放送されても食指が動かないドラマもあるけれど、何度でも観たいと思うドラマもあります。
      おそらくそれは人それぞれの作品なのでしょうが、この「中学聖日記」は多分自分にとっては何度観ても新たな発見がある大好きなドラマだと確信できた再放送視聴になりそうです。

      すっかり長文になってしまいましたが、読んで下さった方、ありがとうございます(汗)
    • そろばん侍 風の市兵衛

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-

    2017

    2016

    2015

    2014

    2013

    2012

    2010

    2009

    2008

    2006

    2005

    評価をする