【明日菜子さんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • 捨ててよ、安達さん。 第6話

    4.5
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    恋より楽しいことなんて

    あるドラマに対して、私は意地を張っていた。雰囲気が良いドラマってあるじゃないですか。なんて表現したらいいのか分からないけど、なんとなく良いなっていう。でもこのドラマは自分の気持ちが言語化できるよ... 続きを読む あるドラマに対して、私は意地を張っていた。雰囲気が良いドラマってあるじゃないですか。なんて表現したらいいのか分からないけど、なんとなく良いなっていう。でもこのドラマは自分の気持ちが言語化できるようになってから書こうと心に決めていた。

    『捨ててよ、安達さん。』では、安達祐実が安達祐実本人を演じるドキュメンタリードラマだ。モノを捨てられない安達さんは、雑誌の断捨離企画で月に一度、モノを捨てることになった。その企画を始めてからというもの、安達さんは奇妙な夢を見るようになる。登場するのは、口達者な少女と捨てようとしたモノが擬人化された姿だった。

    第6話で断捨離の対象になるのは、“婚約指輪”。否が応でも「あまーーーい」の声が頭に響く。演じるのは渡辺大地だ。これは私の肌感でしかないけれど、今作のスタッフは間違いなく安達祐実のことが大好きで、同じくらいに役者のことも好きなのだと思う。安達祐実と一話限りのゲストは毎回最高の化学反応を起こしている。こんなことを言うのは烏滸がましいけど、いろんな作品でいろんな役者を見ていることが分かるキャスティングだ。

    婚約指輪くんたっての希望で、思い出の海へとワープした安達さん。そこには楽しそうに笑う昔の自分と彼がいた。30分のこじんまりとした物語は、不思議と、安達さんの人生を垣間見たような気分にもなる。

    「恋より楽しいことなんて、そうそうないよね」

    安達さんが他の誰でもない安達さん自身に向けた言葉に、何度も気づかされることがある。水面に反射する昔の二人、眩しそうに笑う安達さん、キラキラと光る婚約指輪。センチメンタルに揺れるそれぞれの輝きがなんとも忘れられない回になった。
  • アシガール 第5話

    5.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    アシガール・黒島結菜を応援したい!

    女優・黒島結菜には不思議な魅力がある。「顔が可愛い」とか「芝居がうまい」とかは勿論だけど、彼女の魅力を一言で伝える言葉は他にあるような気がしている。ただ一つだけ自信を持って言えるのは、黒島結菜が... 続きを読む 女優・黒島結菜には不思議な魅力がある。「顔が可愛い」とか「芝居がうまい」とかは勿論だけど、彼女の魅力を一言で伝える言葉は他にあるような気がしている。ただ一つだけ自信を持って言えるのは、黒島結菜が演じる女子高生役は最高!制服姿の黒島結菜を見ると学生の時に読んでいた「花とゆめ」や「LaLa」あたりの(とにかく白泉社系)少女漫画を思い出す。あの頃夢中になって読んだ漫画の主人公と彼女の姿を重ねているのかもしれない。

    黒島結菜が女子高生を演じているドラマといえば、日テレ『時をかける少女』(2016)と現在再放送中のNHK『アシガール』(2017)だ。


    ―これは乱世を生きる一人の足軽の物語である。その者は戦場でしか会えぬ人のため、ただひたすら戦国の荒れ野を駆けめぐり、愛しい人を守り続けた。だが、その者には秘密があった。その足軽とは……平成生まれの女子高生だったのだ。―


    アシガールの良いところは、とても話が分かりやすい!「平成の女子高生がタイムスリップした戦国時代で一目ぼれした若君様を守るため、足軽になって奔走する」という、シンプルな話だ。内容だけを見るとライトなラブコメディだが、ここで黒島結菜と伊藤健太郎をキャスティングしたことによって、100点満点中150点の作品に仕上がっている。女子高生役を演じる黒島結菜の魅力は言わずもがな、なんといっても黒島結菜の足が速いことが良い。足がめちゃくちゃ速い。「アシガール」という言葉は黒島結菜のために生まれたんじゃないかと思うくらいに足が速い。馬に乗って颯爽と駆け抜ける伊藤健太郎の後を懸命に追いかける黒島結菜の姿に、毎回胸がキュンとしてしまう。


    次回放送の第6話では、兄の策略によって負傷した若君様(伊藤健太郎)が、唯(黒島結菜)の機転で現代にタイムスリップする。そのまま戦国時代に残った唯は若君を隠匿した罪人として、お尋ね者になってしまうらしい。え、どゆこと?と思った方はとりあえず見てください。黒島結菜、走るのめちゃくちゃ速いから。そして黒島結菜の魅力に気づいたら。彼女の良さを表す最適な言葉を私に教えてほしい。ちなみに全12話なのでまだ折り返し地点も来ていないようだ。やった!もう少しの間、私の花金の夜は懸命に走る黒島結菜に捧げようと思う。
  • M 愛すべき人がいて 第3話

    1.5
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    この素っ頓狂な物語も3話を迎えた。どれくらいの人が今も見続けているのだろう。自分でも何をしてるんだと思いつつ、この感想を書くために私は再び『M愛すべき人がいて』の3話を見ている。昨日たしかにリア... 続きを読む この素っ頓狂な物語も3話を迎えた。どれくらいの人が今も見続けているのだろう。自分でも何をしてるんだと思いつつ、この感想を書くために私は再び『M愛すべき人がいて』の3話を見ている。昨日たしかにリアルタイムで見たはずなのに、田中みな実演じる眼帯女の「私ね、眼帯をしてる方の片目が見えないんです……」に当たり前だろと思ったことしか覚えていない。

    第3話「お前はアーティストになるんだ!」で起きたトピックは、アユのソロアーティストデビューが決まったことと、アユのおばあちゃんが亡くなったことだ。同期からの嫉妬や孤独を乗り越えて出来た曲が「A SONG FOR ××...」で、大好きなおばあちゃんとの別れと引き換えに生まれたのがデビュー曲となる「poker face」らしい。

    世間的な評価はわからないが、今作は未だに再現VTRの域から出ていない気がしてる。リアルタイムで見ているときにツッコミたくなるところはあるものの、改めて感想を書こうとすると全く何も浮かんでこないのだ(自分で好きに書いてるくせにこんなこと書くのもなんですけど!)本業が役者ではない田中みな実に全てのオチを任せているのも、やっぱり酷だと思ってしまう。だけど、物語の端々で流れる浜崎あゆみの歌は今聞いても良い曲ばかりだし、どんな台詞やどんな芝居を向けられても顔色一つ変えずにMAXマサを全うする三浦翔平には一生ついていくと決めた。

    どこか浮世離れしているドラマのようにも思っていたが、コロナの影響を受けて、来週からは特別放送が始まるらしい。特に思い入れがある作品でもないが、こうなったら意地でも完結してほしいと思う。アユとMAXマサの物語を見届けないことには、私は夏を迎えられそうにない。
  • M 愛すべき人がいて 第1話

    1.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    あゆはそれでええんか……?

    “あゆブーム”が起こった頃、私は小学生だった。当時のあゆの人気は今で言うと誰くらい?と聞かれても、簡単には出てこない。特にあゆの熱心なファンではなかったが、『A BEST』(金髪ショートカットの... 続きを読む “あゆブーム”が起こった頃、私は小学生だった。当時のあゆの人気は今で言うと誰くらい?と聞かれても、簡単には出てこない。特にあゆの熱心なファンではなかったが、『A BEST』(金髪ショートカットのあゆが泣いているジャケ写)は持っていたし、『evolution』のあゆを真似してファーの尻尾をつけていた時期もある。それから十数年の時が経ち、あの“あゆ”がついに暴露本を出した。双方の了承を取っているので正確に言うと“暴露”ではないかもしれないが、トップまで登りつめた当時の恋愛を赤裸々に書いているのだから、外野からすると暴露本と同じ立ち位置である。そのニュースを見て特に何とも思わなかったけれど、名曲『M』の“M”が松浦の“M”だと知った時は……複雑だった。

    その『M 愛すべき人がいて』が、この度ドラマ化されることになった。時間はテレ朝深夜枠、脚本は鈴木おさむで、共演は三浦翔平。この3点セットを見ると嫌でも『奪い愛、冬』が頭に浮かぶ。テレビ朝日のトンチキ不倫ドラマだ。ドラマというより、豪華役者が揃った60分のコント番組だったような気もする。あゆ、それでええんか……?そっちの方向で本当にええんか……?
    初回では、田舎から上京してきたアユが、新進気鋭のレコード会社専務・マサと出会う。それまでアユは別事務所で役者の仕事をしていたが、マサに歌の才能を見出される。劇中では浜崎あゆみ本人の歌声が使われ、avexの他アーティストをオマージュしたグループも登場した。

    かなりのトンチキを覚悟していた身からすると、すこし肩透かしな初回だった。巷では“みかんの皮”と言われている眼帯姿の田中みな実など、明らかに様子がおかしい人物はいるものの、期待以上のインパクトはなかった。笑ったのは悪意を感じる小室哲哉らしき人くらい。むしろ鈴木おさむは、わりと真面目に実写化するつもりなのではないかとさえ思った。しかし、実在の人物をモデルにしたドラマと言えど、NHKの朝ドラみたいには絶対ならないのだから、もっと想像の斜め上をいってほしい。どんな作品でもどんな役でも全力で挑む三浦翔平のことは相変わらず好きだ。せめて放送期間中くらいは、“M”は“三浦翔平のM”だと思うことにする。
  • SUITS/スーツ2 第1話

    2.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    相変わらず、分からん!

    日本版『SUITS』が帰ってきた。錚々たる出演者も、画面の華やかさも、オープニングのカッコよさも、話の分かりづらさも変わっていない。

    満を持して迎えた初回は30分の拡大スペシャルだった。9...
    続きを読む 日本版『SUITS』が帰ってきた。錚々たる出演者も、画面の華やかさも、オープニングのカッコよさも、話の分かりづらさも変わっていない。

    満を持して迎えた初回は30分の拡大スペシャルだった。90分間で解決した案件は3つ!最初は、加藤ミリヤ演じるロックスターの契約問題で幕を開けた。不利な契約を結ばないと弟の犯罪を世間に公表すると脅されていたミリヤだが、甲斐(織田裕二)の機転と帰国した大輔(中島裕翔)のアシストにより、難を逃れる。むしろ脅していた側の弁護士事務所に強制捜査が入って一網打尽された。もしかして強制捜査が入るのは幸村・上杉法律事務所なのでは……!?と思わせるようなシーンもあったが、幸村・上杉法律事務所がバタバタしていたのは新オフィス移転のため、という世界一くだらないミスリードだった。


    そして話は本題に入り、大輔が担当した「小説の盗作疑惑」と甲斐が担当した「企業の売却問題」が同時に進められた。ここに新キャラの吉田鋼太郎が登場したり、大輔と聖澤(新木優子)の恋が進んだりとめちゃくちゃ忙しい。話があちこちに行くので一つ一つの案件のウェイトも軽く、せっかくの反町隆史も何のために登場したのか覚えていない。2回目はメモを取りながら見ていたけど、盗作疑惑の解決方法も微妙。そっちも盗作してたし、訴えるのはお互いやめて、君は頑張って新しい小説書こう!と促す大輔にうーーーーんとなった。でも顔が抜群に良いので、私も「わ、わかったわよ……」と言ってしまうかもしれない。


    新シーズンになったら変わるかも、と思っていたところは相変わらずだった。シリーズ初体験の人はもちろん、前作を見ていた人にも分かりづらい初回だった。見た目がスタイリッシュなだけに、中身のスカスカが余計に際立つ。全13話もあるらしいので、回を重ねるごとに分かりやすくなることを願う。
  • 美食探偵 明智五郎 第1話

    3.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    役者は最高!

    探偵・明智五郎は、少々偏屈でこだわりが強く、なによりも食を愛している。探偵事務所の近くで弁当販売をしていた苺は、ひょんなことから明智と行動を共にするようになり、様々な事件に遭遇する。初めての事件... 続きを読む 探偵・明智五郎は、少々偏屈でこだわりが強く、なによりも食を愛している。探偵事務所の近くで弁当販売をしていた苺は、ひょんなことから明智と行動を共にするようになり、様々な事件に遭遇する。初めての事件は、よくある浮気調査だった。依頼人は憔悴しきった専業主婦。しかし明智のある一言によって、彼女は新たな自分に目醒めてしまう。

    たびたび実写化される東村アキコ作品だが、作品の世界観を忠実に再現するのはとても難しい。というのも、東村作品の良さは“巧みなワードセンス”にあるからだ。思わずクスっとしそうなセリフや不意にグサッとくる台詞が、東村作品にはあふれている。それを「ここです!」とばかりに溜めて言うのではなく、個性豊かな登場人物たちが次から次へと畳みかけていくのが小気味いい(私は思っている)。これを生身の人間で再現するのはかなり難しい。というか、いろいろな作品を見て難しそうに感じた。
    しかし、今作の看板を担う中村倫也・小池栄子・小芝風花は、東村作品を忠実に再現できる役者だった。特に明智演じる中村倫也が持つ声はやっぱりどこか特別で、彼の声を通すと浮世離れした台詞の数々も現実味を添えてサラッと出てくる。明智は間違いなく変人だが、どこかチャーミングにも思えてしまう。美食家と言いながら出されたものはきちんと褒めるし、「僕の『悪くない』は最上の誉め言葉です」とわざわざ解説をつけるあたり、とても親切な人だと思った。

    人間の三大欲求である「食欲」と「性欲」を絡めてどうこうしていくのが今作の肝なのだろうけど、それが“妖艶で狂気的”に映るか“陳腐”に見えるかは、原作と日テレの腕の見せ所だと思う。ただ初回放送を終えた今、一つだけ言えるのは“役者はすでに揃っている”ということだ。
  • いいね! 光源氏くん 第1話

    3.5
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    不要不急、そこが「いいね!」

    皆さま、お元気ですか。私はこの閉塞的な毎日に、すこし疲れてしまいました。貴方もさぞお疲れでしょう。そんな私たちにぴったりのドラマがあるんです。


    そのドラマは『いいね!光源氏くん』。普通...
    続きを読む 皆さま、お元気ですか。私はこの閉塞的な毎日に、すこし疲れてしまいました。貴方もさぞお疲れでしょう。そんな私たちにぴったりのドラマがあるんです。


    そのドラマは『いいね!光源氏くん』。普通のOL・沙織が、突如現れた光源氏と同棲生活を送る話だ。あらすじを見るだけでツッコミたくなってしまうかもしれないが、今作にツッコミをするのは無粋かも。そんなことを思ってしまう妙な風情が『いいね!光源氏くん』には既にある。初めて口にした飲み物があまりにも美味しくて和歌を詠んでしまう光源氏こと千葉雄大、意味不明で好き。
    2020年冬を席巻した『恋つづ』の後釜は、間違いなく『いいね!光源氏くん』になるだろう。イケメンと非日常感が満載。ただ『恋つづ』と決定的に違うのは、伊藤沙莉演じるヒロイン・沙織の存在だ。ここまで地に足のついたラブコメのヒロインはなかなかいない。いきなり家に現れたイケメンにちゃんと怪しむし、浮世離れした光源氏に程よくツッコむ。イケメンと夢のような日々を過ごしておきながら、こんなにも穏やかな気持ちで見ていられるのは女優・伊藤沙莉が持つ特性なのかもしれない。ゆるやかな物語にメリハリをつけてくれるハスキーボイスも心地良い。


    今作を一言で表すなら、“不要不急”。しかし、不要不急こそが心を救ってくれるのだと、私はこの1ヶ月で痛いほど感じた。しばらく外出自粛が続きそうな土曜の夜、麗しの千葉雄大へ想いを馳せるのも良いかもしれない。
  • エール 第1話

    3.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    物語がはじまる

    「それでも日常はやってくる」

    こんな当たり前のことを一番に教えてくれるのは、NHKの朝ドラだと思う。最終回の感想を書こうと思ったら、だいたい次の作品が始まっている。『まんぷく』も『なつぞら...
    続きを読む 「それでも日常はやってくる」

    こんな当たり前のことを一番に教えてくれるのは、NHKの朝ドラだと思う。最終回の感想を書こうと思ったら、だいたい次の作品が始まっている。『まんぷく』も『なつぞら』も書けなかった。つい2日前、大好きな『スカーレット』が終わった。やっぱり間に合わず、振り向いたら『エール』がそこにいた。

    時短勤務になったので早起きする必要はないけれど、初回くらいはリアルタイムで見たかった。目が覚めたのは放送時間ギリギリで、朝ドラ大好き・高瀬アナが名残惜しそうに『スカーレット』への思いを語っている。……わかるよ、私もまだ気持ちの整理がついてない。時刻がちょうど8:00になると、「紀元一万年前」のテロップと共に、原始人に扮した窪田正孝が現れた。紀元一万年前……?私はまだ寝ぼけているのか?すると、原始人の二階堂ふみも現れた。あれ、今回の朝ドラって『実写版・日本の歴史』だったっけ。頭を抱えた私を置いて、原始人の窪田正孝はウホウホと喜んでいる。

    時は移って、1964年の東京オリンピック。開会式が始まろうとしている直前、妻・音は夫の裕一を血眼になりながら探していた。「あと何分?」「7分です」この中途半端な残り時間は、朝ドラが終わる8:15を指している。そうだ、もう少し爪痕を残さないと『エール』の初回感想は“原始人な窪田正孝”と“フラッシュモブな窪田正孝”で埋まってしまうぞ!開会式に出たくないと駄々をこねる裕一の姿は、会社に行きたくないと口を尖らせる月曜の私と似ていた。

    まるで序曲のような第1話だった。物語が本格的に始まるのは明日からなのかもしれないぁ、と思った矢先に悲しい出来事があった。想像していた以上にショックを受けている自分に驚く。それでも私の日常はつづくし、それでもやってくるのがNHKの朝ドラだ。いつも通り、明日には第2話の放送がある。
    “不要不急”という言葉が間違いなく流行語大賞に選ばれるだろうこのご時世、エンタメや娯楽の重要性を痛いほど感じるようになった。「ずっと音楽は人のそばにある」「時に音楽は折れかけた心に力を与えてくれる」「音楽はすばらしい」冒頭に流れた数々のメッセージは、まるで心の内を代弁してくれているみたいだった。

    画面は明るい。看板を担う窪田正孝と二階堂ふみの実力は、言わずもがな十二分にある。不要不急を連呼される今、音楽と娯楽の意義を感じる作品になってほしいと思う。
  • コタキ兄弟と四苦八苦 第11話

    5.0
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    最終回目前にして最高の11話!

    「その気になれば、男とも付き合えるんだよね?」
    「ホッとした。やっぱりね、男と女というのが自然の姿であって、その方がいいに決まってる」


    サッちゃん(芳根京子)と同棲していた元恋人が“...
    続きを読む 「その気になれば、男とも付き合えるんだよね?」
    「ホッとした。やっぱりね、男と女というのが自然の姿であって、その方がいいに決まってる」


    サッちゃん(芳根京子)と同棲していた元恋人が“女性”だということは、第8話「五蘊盛苦」で明らかになっていた。今回放送された第11話では、サッちゃんの元恋人・ミチル(北浦愛)が依頼人。というよりも、ミチルは姿を消したサッちゃんに会いたくて、レンタル兄弟オヤジのもとへ辿り着いたのだった。

    「……あっ、ミチルです……あたしが同棲してた、元カノ」

    娘の将来に備えてLGBTを勉強したことがある二路とは違い、サッちゃんがレズビアンだということに衝撃を受ける一路。冒頭に書いた見るも無残な台詞は心の声ではなく、実際に一路が口に出したものだ。さすがの二路も最悪……と溢したあと、「マジデリ(マジでデリカシーない)」と一路を睨みつけた。

    ドラマや映画でLGBTを描くことは、あまり珍しいことでない。ただ、今も昔もセンシティブなテーマであることに変わりはなく、ある意味で作り手自身の価値観や感性が全面に出てしまう難しい題材でもある。LGBTを扱ったドラマが流行ってるし、とりあえず時代の波にのっとこうかなと軽いノリで手を出したら、一路のように一瞬で大火傷をするだろう。
    しかし一方で思う。綺麗事ばかり描くのが本当に正解なのか、と。マジデリだらけの一路の発言はたしかに酷い、めちゃくちゃ酷い。だけど〝あえて〟マジデリ側の人も描いた『コタキ兄弟と四苦八苦』は、やっぱりとても考え抜かれた作品だと思う。二路のように理解がある人もいれば、一路のように未だマジデリな人がいることも、私たちが生きる社会の現実だからだ。

    その後、一路は図書館でLGBT関連本を大量を読み漁り、自分のマジデリに打ちひしがれて風呂でのぼせた結果、庭で行水をおこなう。サッちゃんに謝りたいけど本人は顔も見たくないだろうと、兄弟そろってサングラス姿で喫茶シャバダバを訪れた。「どうして私たちは祝福されないんだろう、どうしてこんな風に生まれてきちゃったんだろう」と涙を流すサッちゃん。今まで見てきたどんなシーンよりも緊張した声で言葉を伝える一路の姿に、思わずうるっとしてしまった。綺麗ごとでも作りものでもない。あの時の一路の言葉が、間違いなく、どうしようもないくらいに本物だったからだ。




    「あなたが、あなたたちが、あなたとして、生きていくことを、俺は祝福する!」
  • テセウスの船

    2.5
    • 出演者
    • ストーリー
    • 演技
    • 映像

    ジ・エンド~~~~~~~~~!!!!

    心さんと、心さんをツッコミし続けた視聴者の物語が幕を閉じた。

    『テセウスの船』は私の想像の遥か上を行く人気っぷりで、2020年冬クールの目玉作になった。『あなたの番です』に次ぐ考察ドラマと...
    続きを読む 心さんと、心さんをツッコミし続けた視聴者の物語が幕を閉じた。

    『テセウスの船』は私の想像の遥か上を行く人気っぷりで、2020年冬クールの目玉作になった。『あなたの番です』に次ぐ考察ドラマとして注目されていた『テセウスの船』だが、推理や考察が全く得意ではないので、思ったことをそのまま書くことにする。

    後半を過ぎた頃から“黒幕”と明かされていた・子みきお。子みきおの目的は、「大好きなすずちゃんの唯一無二のヒーローになる」ことだった。お父さんは正義の味方だと語るすずの姿を見て、佐野文吾のことが邪魔になったらしい。来る本番に備えて、同級生や罪なき田中のおじいちゃんに毒薬の実験を行った。しかし、大好きなすずのために子みきおは計画を変更。佐野文吾の無実を証明するために、今までの経緯を全て録音したボイスレコーダーを心に託し、自ら毒を飲んだ。

    子みきおの犯罪が実証された後、子みきおと共に行動した“もう一人の黒幕”を残り30分で探ることに。書いてしまうが、もう一人の黒幕の正体は霜降り明星・せいやだった。1977年の毒キノコ間違って汁の中にいれちゃった事件で、母が捕まったせいやたち家族もまた「加害者家族」として迫害され、小学生の妹は自殺してしまったそうな。事件の調査に関わっていた佐野文吾を恨み、佐野が自分を殺すことで佐野一家に同じ苦しみを味わってほしかったらしい……で、合ってる?


    『テセウスの船』が今期の(数字的な意味での)成功作になったのは、とてもシンプルな作りだったからだ。たくさんの伏線(のようなもの)や謎(のようなもの)が張り巡らされていたが、『テセウスの船』で追う謎はたった一つ。「無罪の佐野文吾に罪を着せた黒幕の正体は?」というものだった。
    物語の方向性が右へ左へ行こうとも、私たちは今作の目的を知っていたからこそ、最後まで着いてくることが出来た。だけど肝心の最終回で一気にボリュームが増え、実はあんなこともこんなのこともあったし、黒幕の正体はみんな忘れていたと思うけど最初から怪しかったこの人でした~!な力技結末になってしまったことが勿体ない。平成元年に31才の心さんが死んでも、和子のお腹にいる子供が竹内涼真な運命は変わらず、文吾はNEWバージョンの心さんと幸せな未来を迎えた……という解釈で合ってる?さつき先生と大人みきおがにこやかに毒入り芋羊羹カフェを開いた経緯くらいは教えてほしかった。


    しかし心さんは私たちに教えてくれた。たとえ未来を塗りかえる素質がなくても、迂闊な行動をしても、どんなピンチにあったとしても。元気があれば何でもできる、と。もうええわ、ありがとうございました。
評価をする