メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

おちょやん 1話〜115話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、おちょやんが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 おちょやんの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

おちょやん

おちょやん

3.2
(171件の口コミ)
出演者 3.5
ストーリー 3.3
演技 3.5
映像 3.4
(171件の口コミ)
NHK総合
初回: 2020年11月30日
最終回: 2021年05月15日
NHK総合 月〜金 08:00-08:15
初回: 2020年11月30日
最終回: 2021年05月15日
NHK総合 月〜金 08:00-08:15

おちょやんのあらすじ

NHKの朝ドラこと連続テレビ小説の第103作目。大阪で生まれた貧しい少女・竹井千代(杉咲花)は、9歳のときに芝居を見たことをきっかけに女優の道を進むことを選ぶ。女優・浪花千栄子をモデルにしたヒューマンドラマ。

おちょやんが見られる動画配信サイト

脚本家

話数

最新口コミ

3.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
おちょやん

2020年11月30日~2021年5月14日
#連続テレビ小説
#おちょやん 視聴

これは、#杉咲花 の演技力を楽しむドラマであり、子役の #毎田暖乃 の演技力の未来を発見するドラマであり、#東野絢香 が #安藤サクラ のように化けるか楽しみにするドラマであり、何より、名女優 #いしのようこ を再発見するドラマ

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
おちょやん 第115話
最終週「今日もええ天気や」 ついにこの週が…最終週が来てしまいました…! 毎週のようにボロ泣きし、タオルをビッショビショにしていた朝ドラが…! 千代はラジオドラマで成功し、2年経過したこの週では 一平も桂春団治の興行が大当たりし、連日劇場は大賑わい。 そんな中、熊田さんが「自分の最後の仕事」として 「千代に道頓堀の舞台にもう一度立ってほしい」と言うものでした。 「竹井千代は、道頓堀の舞台女優や!ってみんなに知ってもらいたいんや」と 今にも涙が溢れそうなのに笑顔作っていう熊田さん…! そして舞台に立つことを了承し、稽古に来た千代を待ち受け 迎え入れる熊田さんの目の周りは真っ赤…! ...
続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん
杉咲花 の演技ってこれほどまでに素晴らしかったのか。 改めて、それを痛感した今作。 間違いなく、彼女が今まで演じた役柄で、竹井千代 が、1番好きになった。 彼女が回を増すごとに、「千代ちゃん」とシンクロしていくから凄い。 最終回の舞台劇の一平君とのやりとりなんかを見ても、もはや、良い意味で乗り移っていて凄かったわ。 ほんまに恐れ入ったと感じます。 その千代ちゃんの相手役の天海一平を演じた、成田凌 も素晴らしかった。 この作品を見てる時期に、今まで、正直彼の演技があまり好きではなかっただけに、180度変わった。 すっかり好きな俳優さんの一人になった。 個人的に、この作品を...
続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第115話

ロスって言うのは、こういう物なのかなと感じた、最終回。

それぐらい、素晴らしかった最終回。

印象的な台詞が多かったけど、やっぱ、「生きるーってしんどくて、ほんまにおもろいな」(若干、台詞違うかもだが)が凄く😿😿だった。

「お母ちゃん、私、看護婦さんになります。」の春子ちゃんの台詞も良かった。

本当、泣き笑いのエピソード であった、素晴らしい15分間。

あんなに嫌われた一平君も最終回の台詞では凄く良い印象しかなかったんで払拭したと思いたい。

個人的には、当郎の😿が印象的だった。

彼も色々、文句は言いつつも千代ちゃんの旦那(役であるが)であるし、千代ちゃんの舞台を楽しみにしてた...

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん
千代ちゃんの激動すぎる人生に、見ていてつらいと感じる人もいるかもしれない。 でも、それも人生。 つらいこと、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、それぞれがあったから、今のその人がいる。 そのときは生きることに精一杯でも、ふと立ち止まってふり返ったとき、 そう思えるようになりたいなと改めて思わせてくれた朝ドラでした。 演出面もかなりこだわりがあるように感じて、お芝居の中心が舞台だった時代はときどき舞台演出っぽいシーンが入ってくるし、活動(映画)になってきてからは映像演出、ラジオドラマがメインになってからはいかにも「演出!」というシーンが減って、ありのままの生活を映し出していたような。 ...
続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第115話

これぞ大団円!というべき最終回だった~。
全員じゃないけどこれまで千代ちゃんが道頓堀でお世話になってきた人、ラジオドラマで一緒に芝居をしている人たちが一堂に会して、女優として、そして女として生きてきた半生をふり返るような千代ちゃんを見守り、これからも「お母ちゃん」としての人生が続いていくというすがすがしく晴れやかな終わり方。

とてつもない人生を送ってきた人だからこそ、あのセリフが生きてくるんだと思う。そしてきっとこれから先も、人生は大変だけどおもしろい。

女優・杉咲花のすごさはもちろんながら、今回はとにかく成田凌くんのすごさも再認識できた。あと前田旺志郎くん。特にこのふたりはドラマ内...

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第114話

今回も泣いた 泣いた泣いた(泣)

駄目だね、今週はずっと泣きっぱなし。

千代ちゃんが、遂に、鶴亀新喜劇の舞台に出る事を決めて、いよいよ舞台稽古に。

あっという間に、時が経ち、本番。

最終回は、舞台がメインになるのか。

ある意味、このドラマらしくて良い。

期待。

当郎(塚地武雅)が、 千代ちゃん(杉咲花)を手放したくない気持ち分かるなー。

ただ、今回は、大切な舞台なので分かってくれれば良いけどな。

しかし、今回は、春子ちゃんのシーンに涙の連続だったわ。

やっぱ、千代ちゃんとすっかり良い親子だね。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第113話

最終週が、間違いなく、1番良い週。

素直にそう感じる。

遂に、灯子ちゃんと一平君とちゃんと向き合った千代ちゃんが偉い。

二人と会ったらまた芝居ができなくなる。

そんな不安を抱えつつも、ちゃんと会って、自分の気持ちに整理ができた千代ちゃんが偉い。

個人的にみつえちゃんの「おはよう おかえり」に涙。

本当、最終週に入ってからは、みつえちゃん(東野絢香)のシーンで泣けるシーンが多い。

やっぱ、千代ちゃんと親友だからこそだと思う。

明日は、いよいよ鶴亀新喜劇の舞台に千代ちゃん出るのかな。

期待。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第112話

火曜日回でこんなに泣かせてくるって最終回はどんだけになるんだとハードル上げてしまいますが、今回は、素直に大号泣だった回。

久々に道頓堀に戻り、懐かしい人達と再会を喜ぶ千代ちゃんに涙。

個人的には、一福君のトランペットの音色に涙。

明日は、いよいよ千代ちゃんは、一平君と再会なのかな。

どうなるか気になる。

しかし寛治君、本当、良い人になったね。

千代ちゃんを気遣い、あえて、一平君に知らせるシーンも良かった。

みつえちゃんと千代ちゃんの抱擁は、涙流しすぎてTV画面見れんかった。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
おちょやん 第111話

熊田さん(西川忠志)のお願いに直ぐには答えを出せないでいる千代ちゃん(杉咲花)。

まあ、そうだよね。

色々あったしな。

鶴亀新喜劇の「桂 春団治」、良かったな。

涙が素直に出てきた。

改めて、色々あったけど、やっぱ舞台の上での一平君(成田凌)が素晴らしいのは確か。

寛治君(前田旺志郎)もすっかり喜劇役者として、慣れた感じで新喜劇の一員として大活躍してる感じで良かった。

千代ちゃんが一平君が出演するラジオを聞いてしまった。

次回、どうなるか気になる。

続きを読む
評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す