メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

エール 1話〜120話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、エールが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 エールの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

エール

エール

3.7
(207件の口コミ)
出演者 3.9
ストーリー 3.8
演技 4.0
映像 3.8
(207件の口コミ)
NHK総合
初回: 2020年03月30日
最終回: 2020年11月27日
NHK総合 月〜金 08:00-08:15
初回: 2020年03月30日
最終回: 2020年11月27日
NHK総合 月〜金 08:00-08:15

エールのあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の第102作目。昭和を代表する作曲家・古山裕一と妻・古関金子をモデルにしたドラマ。独学で作曲の才能を開花させた古山裕一(窪田正孝)と、歌手を目指す関内音(二階堂ふみ)が音楽をきっかけに出会い結婚する。そんな2人が助け合い、戦争の時代を音楽と共に乗り越えていくヒューマンドラマ。

エールが見られる動画配信サイト

話数

最新口コミ

3.0
出演者 0.0
ストーリー 0.0
演技 0.0
映像 0.0
エール

2020年3月30日~11月27日
連続テレビ小説 #エール 鑑賞

脇役がこれまで以上にしっかりしていて見応えがあった。キャスティングがいいんだろうな
#二階堂ふみ いいね
#中村蒼 いいね
#山崎育三郎 いいね
#唐沢寿明 いいね
#薬師丸ひろ子 いいね
#佐久本宝 いいね
そして
#志村けん とてもよかった

3.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
エール

朝ドラ『エール』が始まったのは、3月30日のことだった。前作『スカーレット』が随分前のように思える。180日前後で終わる予定だった物語は大幅に変更され、243日目で幕を閉じた。歴代の登場人物たちとはまた違う類の愛着を、古山夫妻に感じている。

娘・華の結婚相手が見つかった後、最後の一週間は走馬灯のように駆け抜けていく。これまでの集大成といえるオリンピック開幕曲の最後のピースを、音や昔からの仲間たちの何気ない姿から見出したのが良かった。裕一が言った“これ以上ない幸せ”は、私たちの生活のふとした所にも転がっているのだと思う。
物語上の最終回でもある第119話はとても穏やかで、晩年の裕一の姿と...

続きを読む
3.0
出演者 3.5
ストーリー 3.0
演技 3.5
映像 3.5
エール

最後の方話の展開がバタバタで残念

1.0
出演者 2.0
ストーリー 1.0
演技 3.0
映像 3.0
エール 第118話

初回に帰る回収話、つまり半年間を貫くドラマの根幹を
「絆」などというふわっふわっの言葉でまとめちゃったか。

素人の分際ですけどw、自分ならこんなふうにはしない。
大事にしたいものが違いすぎる。
そう思って自分なりに書いてみました。暇か。

=============================

駄目だ、最後のピースが見つからない。

すっかり名作曲家として名を馳せた裕一も、
プレッシャーに押しつぶされそうになっていた。
世界中のスポーツ選手を鼓舞する曲を書かなければいけない。
僕はこの重責に応えられるのだろうか。

音は、思い悩む裕一を元気づけるために、
福島の仲間たちを家に招い...

続きを読む
4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
エール 第115話

アキラ君(宮沢氷魚)が、「ステージに復帰します」と言ってしまったので結局、裕一(窪田正孝)に彼の退院時にロカビリー歌手とばれてしまいました。

華ちゃん(古川琴音)と音(二階堂ふみ)の誤魔化し作戦は失敗に終わりましたね(汗)

ただ、アキラ君(宮沢氷魚)のちょっとちゃらいけど明るい感じは嫌いではないのでこのまま、華ちゃん(古川琴音)と結ばれてほしいね。

そう思います。

池田さん(北村有起哉)のお見舞い品は豪華でしたね。食べたくなった。

4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
エール 第114話

良い雰囲気だった、華ちゃん(古川琴音)とアキラ(宮沢氷魚)。

予想通り、アキラが、求婚したのでこの2人がもう幸せになるんだろうなと感じますがなんかまだ一波乱ありそうな予感。

次が気になります。

今回も榎木美代子役で出演した、佐藤玲。

看護師姿がますます似合っていて良い。

このままレギュラーキャストでも良いぐらい清純さがあるなと感じました。

3.5
出演者 3.5
ストーリー 3.5
演技 3.5
映像 3.5
エール 第113話

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい で、藤崎さん役を毎週見てるだけに、まさか、朝ドラ にも、佐藤玲 が出演するとは!!

看護師役で違う役でありますが、華ちゃん(古川琴音)に優しく助言する姿は、こちらでも良い役だなと思いました。

華(古川琴音)が最後、軽い女になる!!って言って、宣言した時に画面いっぱいに映画の予告みたいに文字を出すのは、いらない演出だなと感じました。

こういう変な演出はやっぱドラマを冷まさせる原因になるんでやめてほしいな。

4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
エール 第112話

前半の一人吹き替えの演出は、いらないと思ったが、後半、華ちゃん(古川琴音)の結婚相手を探す事に躍起になる、音(二階堂ふみ)の展開が良かったです。

最後はお見合いをさせる気になりましたが次回、どうなるか気になります。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
エール 第111話

今回は、当時、空前絶後の大ブームになった、君の名は にスポットを当てた回。

池田次郎さん(北村有起哉 )の試行錯誤もあったけど見事大ヒットさせた手腕が凄いなと感じました。

裕一(窪田正孝)が「君の名は」の劇中で作った曲も500曲とか凄いな。

華ちゃん(古川琴音)は、男女が何度もすれ違うのに違和感を感じ、はまらなかったみたいだけど、音(二階堂ふみ)は、はまったみたいですね。

ラジオドラマなのに全98話も作られ、映画化もされ本当、凄い作品だったんだなと改めて感じました。

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
エール 第110話

浩二(佐久本宝)が、まき子ちゃん(志田未来)にプロポーズする展開は急ではありましたが、男を見せた浩二が素直にカッコ良かった。

浩二とまき子ちゃんの結婚式シーンも良かったです。

幸せな2人が微笑ましく良かったです。

いつまでもお幸せに。

評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す