【少年探偵ブラウンさんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • MIU404 第2話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    不完全な人間が不完全な人間を追う

    1話・2話を見る限り、
    伊吹藍と志摩一未のバディ間に横たわる問題と、
    その週ごとの事件が共通のテーマになってる。

    1話はマウントを取り合うこと。
    2話が謝罪をするか否かということ。
    ...
    続きを読む 1話・2話を見る限り、
    伊吹藍と志摩一未のバディ間に横たわる問題と、
    その週ごとの事件が共通のテーマになってる。

    1話はマウントを取り合うこと。
    2話が謝罪をするか否かということ。

    その根底には、ちょっと大げさに言えば、
    刑事だって犯人と同じように不完全な人間であるという
    野木脚本の視点があるのかなと。

    毎週1話完結で事件が解決していくという横軸に
    志摩の過去が明かされていくという縦軸が組み合わさった、
    海外ドラマのような構造もその視点に沿っている。

    伊吹のほうはしゃべるたびに小まめに刑事失格なわけだがw
    志摩のほうは一見まともなぶん
    過去に大きな失格行為があったと匂わされている。
    ほんとうはきっと志摩のほうがヤバいやつなのだ。

    刑事も犯人もどこか欠落したまま生きてきた不完全な人間。
    でも不完全ゆえに人間の情に気づくことができる。
    失敗経験のない若い九重刑事が一番危なっかしく見えるのも
    そういうことなのだと思う。

    最後に、2話の犯人役の松下洸平さんは圧巻だった。
    善人ゆえに罪を犯してしまう繊細な若者の心情を、
    喉の震えや声の高低を自在に操りながら表現し切っていて
    ボーカリストってずるいwとちょっと思った。
    夕映えの富士山を背景に深々と礼をする美しいラストシーンは
    制作陣が用意した松下洸平への賛辞に見えた。
  • エール 第65話

    2.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 1.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    エールのテーマ構築にあの人を!待望論

    エール前半戦終了の雰囲気のなか、
    TVログやツイッターでもこんなご指摘の声が目につきます。
    「長丁場の朝ドラには一貫したテーマが必要だ」
    「本作はストーリーに芯がない。毎週バラバラである」...
    続きを読む エール前半戦終了の雰囲気のなか、
    TVログやツイッターでもこんなご指摘の声が目につきます。
    「長丁場の朝ドラには一貫したテーマが必要だ」
    「本作はストーリーに芯がない。毎週バラバラである」と。
    まったくの同感です。

    以前どっかで書いたのですが、
    良作の朝ドラには目に見えて分かりやすいテーマと
    隠れた地下水脈的なテーマがあると思っていて。
    後者が人生訓的というか、
    誰もが自分ごととして共感できるような、
    骨太な価値観を提供していると考えています。

    例えば「ゲゲゲの女房」は、
    表向きは「妖怪漫画」の作家を支える女房なのですが。
    その妖怪が「見えんけどおる」ものと語られ、
    さらに「本当に大切なことは目に見えない」という
    普遍的な人生訓に昇華されている。
    この脈々と流れるテーマが、しげ〜さんの「存在しない左手」と
    夫の「片腕」として「影」で支える布美枝の生き様の
    バックグラウンドになっているわけです。
    さらにその価値観は、
    亡くした息子の替わりに太一君に親切にする美智子さん、
    戌井さんを信じ切る奥さん、
    情を優先する深沢さんから離れていく秘書さんなど
    主役だけでなく脇役の言動にまで反映されていて、
    いついかなる場合でも本筋を補完するという構造になっています。

    これが「カーネーション」なら「洋装」を通して
    「時流の中で変わりながら変わらない姿勢」であったり、
    「スカーレット」なら「陶芸」を通して
    「生活と情熱のせめぎあい」だったりするわけです。


    前置きが長くなりました(前置きやったんかいっ)。

    昨日Eテレの番組「らららクラシック」で言ってたんですが、
    西洋音楽は基本的にすべて4つのパートでつくられていますよと。
    ソプラノ、アルト、テノール、バス、
    それぞれ独立してのびのびと歌い上げられるメロディをつくったうえで、
    4つが美しい和音になっていると。
    要するに西洋音楽の楽譜というものには
    横軸に「自由」が、縦軸に「調和」が記されているんだよ
    というお話でした。

    西洋音楽とは、4人の男女の「自由」と「調和」である!

    これ、今期朝ドラのテーマになったよなと思った次第です。
    後半からは『裕一×音×(鉄男か久志)×その恋人』が
    自由を謳歌しながらも力を合わせていく、
    そんな物語になったらいいなと期待します。
    もちろん恋人は、留学帰りの夏目千鶴子でお願いしたい。
    私はまだあきらめませんw
  • 世界は3で出来ている

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0

    誰?

    解釈を視聴者に委ねる水橋脚本。
    蛇足かと思うけど自分なりに
    ラストシーンの「誰?」を考えてみた。

    兄と弟が来た時も「誰?」と言ってるんだけど、
    いつもと違って「マスクをしている」から...
    続きを読む 解釈を視聴者に委ねる水橋脚本。
    蛇足かと思うけど自分なりに
    ラストシーンの「誰?」を考えてみた。

    兄と弟が来た時も「誰?」と言ってるんだけど、
    いつもと違って「マスクをしている」から分からない。
    てことは、彼女が来た時の「誰?」はその反対で、
    「マスクをしていない」から分からないってことですよね。
    コロナによって会社で大活躍してからできた彼女だから
    彼女のマスクした顔しか見たことがなかったと。

    いやいやリモート会議で家にいれば素顔を見るのでは?
    と一瞬思うけど、
    彼女は姉と同居してるから家でもマスクを外さないと想像できる。
    林遣都家の兄もソーシャルディスタンスにうるさい
    という伏線がここで効いてくる。

    もちろん、
    兄弟に会うからふだんと違う身だしなみにするとか、
    鼻から上が映画のタイタニックに出てくる女優に似てるとかも
    推理のヒントになってる。

    こういう表現は失礼かと思うけど、
    水橋さんはマジで超一流の推理作家になれる。
    「水橋脚本の懸賞付き推理ドラマ」を
    ぜひどこかの局でお願いします!
  • エール 第50話

    2.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 1.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    夏目千鶴子ファンクラブ結成

    「才能という言葉が嫌い」と言い放つ。
    「努力しないで人を羨むのが理解できない」と芸事の本質を突く。
    「私の時計は8時59分です」とライバルに塩を送る。
    「必死に練習するのが筋」と朝から練習...
    続きを読む 「才能という言葉が嫌い」と言い放つ。
    「努力しないで人を羨むのが理解できない」と芸事の本質を突く。
    「私の時計は8時59分です」とライバルに塩を送る。
    「必死に練習するのが筋」と朝から練習を重ねる。
    「やるべきことは自分の役を磨き上げることだけ」と立場をわきまえる。
    そして「あなたに負けたままではいられない」と
    ユーモアと謙譲と自信をこめて知的に言葉を紡ぐ。

    ここまで50回を重ねた「エール」というドラマに、
    夏目千鶴子ほどまっとうな人間はいただろうか。

    もし私が脚本家なら(禁断の宣言2回め)、
    夏目千鶴子を古山音の終生の友人として描き続けるだろう。
    対象的な二人だが、音楽を愛する仲間として深いところで通じ合う。
    それだけでいくつものドラマチックなシーンが描けるに違いない。

    まさか千鶴子をお払い箱にするつもりじゃあるまいな。
    本作で唯一無二の筋の通ったキャラクターを。

    いや、どうせ叶わないのは分かっています。
    このドラマに、この演出家に、そんな深みは望めない。

    小南満佑子という傑出した女優を教えてくれただけでも感謝して、
    彼女をこれからも追い続けたいと思う。
  • ホーム・ノット・アローン

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0

    言葉にしないを楽しむドラマ

    本作は1話2分しかない。
    さすがに行間たっぷりとはいかずセリフは多めだけど、
    それでも「言葉にしない」部分がたくさんある。
    赤の他人の間違い電話から始まる関係なのだから、
    思っていても「...
    続きを読む 本作は1話2分しかない。
    さすがに行間たっぷりとはいかずセリフは多めだけど、
    それでも「言葉にしない」部分がたくさんある。
    赤の他人の間違い電話から始まる関係なのだから、
    思っていても「言葉にしない」のが自然なスタンス。
    ふたりが言外に気配をはかりつつ距離を縮めていく部分に、
    脚本と演技力の見どころがみっちり込められていると感じます。

    たとえば劇中、常林の「鈍感力」ゆえに
    くみ子にとって「言ってほしいことが言われない」んだけど、
    「言わないこと」は「もっと話したい」につながるよねと。
    そしてそれは視聴者にとっての
    「もっと観たい」にも重なるんだよなと思うわけです。

    なので、今日の再放送は
    2分×5話=10分の一挙放送だけど、
    本放送どおりに「1日1本ずつしか観ない」ことを
    私は強くおすすめします。

    あなたの「もっと観たいけど我慢する」という気持ちが、
    登場人物ふたりの「もっと話したいけど我慢する」に
    シンクロすると思うので。
  • エール 第41話

    2.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 1.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    記憶力が邪魔になる

    裕一が大将のことを「いじめっこ」と評したことを
    私は忘れていない。
    正義感がある芯の強いヤツのことを
    福島の方言では「いじめっこ」と呼ぶのだろうか。

    大将が裕一に「東京に行け」と言っ...
    続きを読む 裕一が大将のことを「いじめっこ」と評したことを
    私は忘れていない。
    正義感がある芯の強いヤツのことを
    福島の方言では「いじめっこ」と呼ぶのだろうか。

    大将が裕一に「東京に行け」と言ったことを
    私は忘れていない。
    「家族を養わなければいけない」のは当時の裕一も同じなはずで、
    あの時の大将は若気の至りだったと反省したのだろうか。

    それより何より、
    裕一が家族に後ろ足で砂をかけて上京してきたことを
    私は忘れていない。
    故郷の友人との一連の会話をもってしても、
    裕一に家族を思い起こさせることはできないのだろうか。

    このドラマは記憶力が邪魔しちゃう。
    いや自分の記憶力なんて衰え始めてかなりたつんだけども
    それでも、なまじ覚えているばっかりに「えっ」となる。

    刹那的に日々一瞬一瞬を楽しめるかたが羨ましいですよ、
    なんて薄っぺらいことは言いません。
    朝ドラなんだから、
    主人公の成長を視聴者が一緒になって体験できる
    日本で唯一のドラマスタイルなんだから、
    誰よりも制作陣がしっかり記憶しとかんかい!と言いたい。

    それに比べて双浦環はすごいよ。
    10年以上前の少女との邂逅を父ちゃんまで覚えているんだから。
  • エール 第35話

    2.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 1.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    人生の試練を敵にするな

    本作の(というかここ数作のAK朝ドラの)問題点が
    今週も表出していると思う。
    それは、人生の試練を敵として描くなということ。

    「努力もしないくせに才能という言葉で片付けないで」と
    ま...
    続きを読む 本作の(というかここ数作のAK朝ドラの)問題点が
    今週も表出していると思う。
    それは、人生の試練を敵として描くなということ。

    「努力もしないくせに才能という言葉で片付けないで」と
    まともな考えをもつ千鶴子を、
    なぜあんなに嫌味な女に描いたのだろう。
    「一曲も採用されないなら契約金を下げる」という廿日市は
    そんなにブラックな上司だろうか。

    これまでも

    馬具職人の仕事がないなら他所へ行くという岩城。
    家業を助けてほしければ養子を寄越せという茂兵衛。
    養子なら子孫を残すのが務めだという権藤家の母。
    音楽や女にうつつを抜かすより家業を考えろという浩二や及川。

    彼は、ちゃんとしたドラマなら「まともな世間」の代表だ。
    主人公が成長のために乗り越えていくべき壁だ。
    そんな「まともな世間」を
    本作はことごとく「主人公の敵」として描いている。

    「敵」として設定することで「倒していい存在」にしてしまう。
    主人公が社会で果たすべき事柄を、放り投げていいものとしてしまう。
    こんな無責任な物語がまかり通っていいのか。
    AKスタッフはこのことに罪悪感を感じないのだろうか。

    「選ばれし天才 vs まともな世間」は
    「ヒーロー vs 怪獣」とは違います。
    単純な善悪じゃないから、現実を前にしてもがき苦しむ。
    それが人間なんです。
    苦しみを描けないドラマは人間を描けてないんです。

    いや特撮モノだって
    単純な善悪などという子どもだましは通用しない。
    白黒じゃなくグレーだからこその葛藤だって描いている。
    ヒーローとは他者に思いを寄せることのできる人間だからだ。

    NHK東京放送局よ、人間を描くことから逃げるな。
    とりあえず、
    ウルトラマンvsジャミラを正座して見ろと私は言いたい。
  • エール 第30話

    2.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 0.5
    • 演技 3.0
    • 映像 4.0

    禁断の改編「もし自分が脚本家なら」

    誰の人生にも岐路はあり、
    どちらか一方を簡単には選べないから苦悩する。
    裕一の「音楽か、家か」は青年期ずっと描かれてきて、
    どう解決するかがドラマの見せ場ではなかったか。
    まさか一方の責...
    続きを読む 誰の人生にも岐路はあり、
    どちらか一方を簡単には選べないから苦悩する。
    裕一の「音楽か、家か」は青年期ずっと描かれてきて、
    どう解決するかがドラマの見せ場ではなかったか。
    まさか一方の責任を完全に捨て去って出て行くとは。

    このあと古山家は喜多一は、茂兵衛家は銀行はどうなるのか。
    その方向性が何も示されていない。
    あるとしたら父・三郎の「おれにまかせとけ」だが、
    それは「何もない」のと同義ではないかww

    そこでだ。素人が脚本を考える野暮を承知の上で、
    ドラマで提示されている素材だけを使って組み替え、
    ストーリーを再構築してみました。


    「裕一さんには音楽しかないんです!」
    音の熱い言葉に、かたくなだった母・まさの心は動いた。
    息子には作曲家などという不安定な道を歩んでほしくない。
    そう言って音を追い返したものの、
    まさの脳裏にはあの時の音楽が響いて離れなくなっていた。
    裕一が作曲し指揮した、あのハーモニカコンサート。
    メロディはどんどん大きく鳴り響き、やがて観衆の喝采に包まれ、
    まさの目からは涙があふれて止まらなくなっていた。

    そのころ裕一は茂兵衛家に絶望していた。
    自分は跡継ぎの駒としか見られていなかったのか。
    雨に打たれ、ボロボロになりながら
    救いを求めて手にしたのはハーモニカと
    母からの手紙だった。

    「辛いとき支えてくれるのは、音楽だと思うから」

    まさの綴った文字がにじむのは、雨のしずくのせいだけではなかった。

    ハーモニカを狂ったように吹き鳴らすうちに、裕一は心を決めた。
    銀行の仲間に頭を垂れ、茂兵衛に土下座し、
    裕一は実家に向かった。

    裕一の決心を聞いて責め立てる及川。
    ひたすら謝罪を繰り返す裕一。
    なおも責める及川。
    そのとき、母・まさが叫んだ。

    「私からもお願いします!この子を許してやってください!」

    静まり返る喜多一。「でも」と、さらに反論しかける及川を
    次に遮ったのは、浩二だった。

    「僕が立て直します。喜多一は僕にまかせてください!」

    母に、弟に、及川に、全員に深々と頭を下げて
    裕一は東京へ向かうのだった。

    〜つづく〜

    さて、来週から東京編。
    脚本家さんが替わるらしいので筋立ての矛盾が解消するのか、
    変わらずこのままなのか。
    いまの惨状が誰の責任なのかがはっきりすると思って見守っていきます。
  • エール 第25話

    2.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 1.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    リアルか、リアリティか

    ファンレターで恋愛が進んだりするか?
    素人なのに演奏会なんてできるの?
    詐欺にあったけど仕方ないねで流しちゃっていいの?
    「そんなアホな」とツッコミたくなることがすべて史実だという。

    ...
    続きを読む ファンレターで恋愛が進んだりするか?
    素人なのに演奏会なんてできるの?
    詐欺にあったけど仕方ないねで流しちゃっていいの?
    「そんなアホな」とツッコミたくなることがすべて史実だという。

    だけど見るほうは(少なくとも私は)腑に落ちてない。
    それぞれのエピがドラマの中で消化しきれていないのに
    史実だからで押し切っていいのかな、とモヤる。

    なぜかと考えてみたら、
    ドキュメンタリーではないから。ドラマだから。
    どういう物語を綴りたいかというテーマの中に史実を組み込んでいく、
    つまり点を線にしていくことが創作という仕事ではないのかと。

    例えば、結婚式の馴れ初めビデオをつくるとする。
    仮に「新郎新婦はナンパで出会った」のが事実だからといって、
    それを生で出しますか。
    「新郎が声をかけたのがきっかけですが、
    新婦は初対面でトキメキを感じたそうです」みたいに言いませんか。
    「罵り合って一度は別れたけど復縁した」なら、
    その驚きの事実だけでなく、
    「他の人と遊びに行っても比べてしまう自分に気づいた」などと、
    復縁に至るまでの葛藤について描きませんか。
    そうやって初めて、
    「幸せなゴールにいたった二人」というテーマに沿った
    「物語」として完成するのではないですか。

    嘘をつけとか、脚色で塗り込めろと言ってるんじゃない。
    史実が衝撃的であるほど、
    その背景を描いてくれないと腑に落ちないよと。
    そこに至った経緯や及ぼした影響があるはずだから
    むしろそれが一番おもしろいんじゃないのかと。

    ドキュメンタリーはリアルでいいけど、
    ドラマにはリアリティが大事でしょと思うわけです。
  • エール 第17話

    2.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 0.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0

    エピソードの使い捨て

    音楽に詳しいわけではないけれど、交響曲は重層的な曲づくりができてこそだと思う。
    裕一がいきなり交響曲をつくれたことに、
    「すごい天才!」で満足する視聴者もいるだろうが、
    サクサクできすぎて...
    続きを読む 音楽に詳しいわけではないけれど、交響曲は重層的な曲づくりができてこそだと思う。
    裕一がいきなり交響曲をつくれたことに、
    「すごい天才!」で満足する視聴者もいるだろうが、
    サクサクできすぎてつまらないと見る向きも決して少なくない。
    (あさイチの大吉先生もふくめて)

    ちょっと振り返れば、裕一がハーモニカクラブを辞めるときにつくった曲は
    バスハーモニカのパートを重視した重層的な曲だった。
    このエピソードをもっとうまく活かしていれば交響曲づくりへの説得力が増したはずだが、
    このエピの印象が弱いせいで積み重ねに感じられないのが痛い。

    このエピの何がいけなかったか?
    裕一の友人・史郎がバスハーモニカに不満を持った際、
    ハーモニカクラブの会長が「下手だから主旋律を任せられない」と断じてしまったことに尽きると思う。
    ここでバスをいったん下げたから、そのあと裕一がバスを上げても
    視聴者の印象ではプラマイゼロで終わっちゃうのではなかろうか。

    ハーモニカクラブの会長が「バスは重要だ、音楽の肝だ、裕一なら分かるはずだ」と言ってたらどうなったか?
    その言葉を受けた裕一がこれまで聴いた名曲を噛み締め、自分なりに咀嚼し、史郎を励まし、
    ひいては仲間全員の個性を大事にした曲として昇華していたら?
    この経験が交響曲に結びついたんだな、裕一の生きてきた足跡が受賞につながったんだなと
    視聴者はこころよく納得できたのではないだろうか。

    AK(東京放送局)の最近の朝ドラは、主人公を上げるために他者を下げる演出が目につく。
    善悪をハッキリさせることで分かりやすくはなるだろうが、
    それだとプラマイゼロになりがち。
    師となる大人がプラスを提示し、それに主人公がプラスを積み上げてこそ
    主人公の成長と視聴者のカタルシスが描けるはず。

    分かりやすさが物語をスポイルすることの証を
    この先何ヶ月も(もしかしたら何年も)繰り返していくのかと思うと、
    いろいろきついな。
評価をする