• エール 第67話

    真似るなら本質を真似てくれ

    2.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 1.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0
    主人公夫婦が作家で、成功して弟子ができて、
    ちょうど妻の妹も同居するようになって、
    初めは印象の悪かった弟子と恋に落ちる。

    これ、まるまんまゲゲゲの女房と同じ展開。
    しかもゲゲゲでは...
    続きを読む 主人公夫婦が作家で、成功して弟子ができて、
    ちょうど妻の妹も同居するようになって、
    初めは印象の悪かった弟子と恋に落ちる。

    これ、まるまんまゲゲゲの女房と同じ展開。
    しかもゲゲゲでは当の弟子が窪田正孝さんだから、
    おそらく狙ってやってるんでしょう。

    だけど忘れてならないのは、ゲゲゲの場合、
    そのエピソードが物語の主題から決して離れてないこと。

    弟子・倉田さんは漫画家になる夢を追い続けていて、
    一人前になるまで告白できないと恋心を隠す。
    妹のいずみさんも彼に想いを寄せながら、
    彼の将来を信じきれていない自分には
    結ばれる資格はないと身を引いてしまう。
    そしてあらためて姉・布美枝の
    夫を信じる覚悟の強さに感服する。

    弟子と妹の恋を主人公夫婦と対比させることで、
    物語の主題を脇から補完しているわけですね。
    脇がしっかりと自分の人生を生きつつ、
    誰一人として人格を下げることなく。

    で、エールの梅ちゃんと五郎さんの恋路は
    いったい何のためのエピソードなんだろう。
    せっかく設定を真似るなら、
    物語の主題を支える作劇の妙を真似てくれ。
    それをしないなら単なるスピンオフだし、
    スピンオフなら中断前と合わせて
    2週連続の寄り道ってことになるぞ。

    いやまじでこのご時世に、尺余らせてるんじゃねぇよ。
    これでおちょやん短縮したら許さないからなっ、
    ハナコの野郎!
トップページにいく このドラマのほかの口コミを見る
コメントを投稿するにはログインして下さい!