義経 1話〜49話のすべての口コミ(レビュー)・感想・評価一覧。現在3364件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

義経

4.1
  • 出演者 4.1
  • ストーリー 4.0
  • 演技 4.0
  • 映像 4.0
義経

【ドラマ紹介】

最も強く、最も美しく、最も哀しい英雄であった、歴史に翻弄された悲劇の武将・源義経。平家を滅ぼした後、兄の頼朝に追われ悲運の最期を告げるまでの生き様をダイナミックに描いた大河ドラマ。

  • 義経

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    義経は兄弟の頼朝に追い詰められる、つらい役どころです。
    そこがドラマとしてとても見ごたえがありました。
  • 義経

    いちいちカッコいい!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む まず、アクションシーンが美しくカッコいい!
    義経と弁慶の出会いのシーンは、あまりに素敵すぎて、ため息が出ました。五条の大橋で、桜の花びらがパァーッと舞い散ったシーンは、当時録画したビデオを何回巻き戻しては再生を繰り返したかしれません。
    八艘跳びのシーンも、重そうな鎧を付けて空中を跳びまくっていました。運動神経抜群のタッキーだからこそ出来たシーンだと思います。
    しかも、弁慶役の松平健さんと並ぶと、タッキーが凄く小さく細く見えたものです。カッコいいのに可愛いとか、何それ反則でしょ?これだから皆ホレちゃうんだよ、タッキーったら罪深いわ~、などと、女友達と一緒に騒いでいました。今となっては大切な懐かしい思い出です。
  • 義経

    タッキーの義経なかなかよかった

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    もちろん大河ドラマ初主演で戦の天才・義経が武家政権樹立を目指す兄・頼朝と対立し、悲運の最期を遂げるまでの生き様をダイナミックに描いた大河ドラマ。当時まだ22歳だった滝沢秀明が、大河ドラマ単独主演... 続きを読む もちろん大河ドラマ初主演で戦の天才・義経が武家政権樹立を目指す兄・頼朝と対立し、悲運の最期を遂げるまでの生き様をダイナミックに描いた大河ドラマ。当時まだ22歳だった滝沢秀明が、大河ドラマ単独主演の最年少記録を更新し、はかなく美しい悲劇のヒーローを熱演して話題を集めました。
    演技もよかったですね。
  • 義経

    心情が丁寧に描かれていると思った。

    3.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0
    平家で育ちながらも源氏の一族として育ての親でもあった平清盛に反旗を翻す姿や徐々に朝廷と鎌倉幕府との権力闘争に巻き込まれて苦悩する姿が心情から描かれていたので、面白かった。そして、平家との合戦シー... 続きを読む 平家で育ちながらも源氏の一族として育ての親でもあった平清盛に反旗を翻す姿や徐々に朝廷と鎌倉幕府との権力闘争に巻き込まれて苦悩する姿が心情から描かれていたので、面白かった。そして、平家との合戦シーンも迫力があってよかった。
    しかしながら、石原さとみや上戸彩といったヒロインとのストーリーがあまり描かれなかったのが、折角、美人が二人も登場しているに少し残念だと思った。
  • 義経

    言わずと知れた美少年の再現度が良い

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    牛若丸という絶世の美少年を演じるにあたり、申し分ないほど顔が整ってて良い配役だと思った。
    華奢そうに見える端整な顔立ちに相反する身体、凛とした立ち姿、現代の牛若丸なのかと思うほど。
    だがやはり、...
    続きを読む 牛若丸という絶世の美少年を演じるにあたり、申し分ないほど顔が整ってて良い配役だと思った。
    華奢そうに見える端整な顔立ちに相反する身体、凛とした立ち姿、現代の牛若丸なのかと思うほど。
    だがやはり、演技としてはまだまだ発展途上なのかと。
    周りの俳優陣に多く助けられてる部分が見受けられた。
  • 義経

    王道の大河ドラマ

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    あの頃、最年少大河ドラマの主役でジャニーズでと話題になった滝沢秀明さん、格好よかったな。若き日の牛若丸にぴったりの人だと思った。

    弁慶役の松平健さん、敵から守るための仁王立ちのシーンは泣けてく...
    続きを読む あの頃、最年少大河ドラマの主役でジャニーズでと話題になった滝沢秀明さん、格好よかったな。若き日の牛若丸にぴったりの人だと思った。

    弁慶役の松平健さん、敵から守るための仁王立ちのシーンは泣けてくる。

    あの頃の大河ドラマの方がどっしり構えた雰囲気とかがあって、好きだったな。
  • 義経

    流石タッキー、義経をやりとげました。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む ずっと好きだった大河の作品です。
    特に「安宅の関」は難関を突破するためにひと芝居打った弁慶と、弁慶に殴られた痛みを和らげるために義経に酒を渡してくれた関守の優しさが胸に迫りました。
    そして「ひと芝居」で殴ったり、静に渡された笛までも壊したことを泣いて謝る弁慶を優しく諭す義経。涙なくしては見られない名場面ばかりです。滝沢秀明さんが演じる義経は、私が思い描いていた義経像にピッタリですし、彼の持っていたであろう純粋さと優しさ、凛々しさ…生きて蘇ったかのような。どなたかが仰っていましたが、彼以外は考えられないし見たくないほど、素晴らしい義経でした。義経の成長はそっくりそのまま、滝沢さんの俳優としての見事な成長でもあったと思います。
    私はこのドラマで彼のファンになってしまいました。これからも彼の俳優としての成長を楽しみに見守っていきたいです。またいつか大河で彼の勇姿を見たいです。
  • 義経

    大河ドラマを観るきっかけになった

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 私は歴史上の人物で一番好きなのが、源義経です。
    そのため、大河ドラマで「義経」をやることを知ったことがきっかけで、大河ドラマを観続けるきっかけとなりました。

    だいたいのあらすじは知っていたのですが、このドラマを改めて観て、新たな発見がいくつもありました。
    美しすぎる義経だったと思います。
  • 義経

    若き日のタッキーと石原さとみもいい

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.5
    毎週、母と一緒に見ていたなぁ。
    初めて最後まで見続けることができた大河だったかも。

    たしか静御前は石原さとみだったよね。
    まだ清楚路線だった頃だけど、今演じたら
    もっといい女の静御前になりそう...
    続きを読む 毎週、母と一緒に見ていたなぁ。
    初めて最後まで見続けることができた大河だったかも。

    たしか静御前は石原さとみだったよね。
    まだ清楚路線だった頃だけど、今演じたら
    もっといい女の静御前になりそう。

    義経って、実際にはあまりかっこよくなかった
    って話を聞くけれど、やっぱりタッキーの
    武将姿は絵になっていたなぁ。
    引退して、もうそんな姿も見られないのね。
  • 義経

    滝沢義経だった。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    滝沢秀明は、ご存知ジャニーズのイケメンです。
    大河ドラマ義経では主人公の源義経を演じました。
    滝沢さんの、その風貌からまさしく義経に適役のタレントさんだと思いました。
    このドラマでは、みんなが想...
    続きを読む 滝沢秀明は、ご存知ジャニーズのイケメンです。
    大河ドラマ義経では主人公の源義経を演じました。
    滝沢さんの、その風貌からまさしく義経に適役のタレントさんだと思いました。
    このドラマでは、みんなが想像しているような源義経を演じていたと思います。
    少なくとも私はそう感じてドラマを見ていました。
  • 義経

    翼とも共演!

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    弁慶役で今井翼さんも出演したので、タッキー&翼の共演にキャーッってなりましたね。
    それにしても、22歳で大河ドラマの主演をしちゃうなんて、さすが滝沢秀明さんです!
    年配のキャストを前にしても、物...
    続きを読む 弁慶役で今井翼さんも出演したので、タッキー&翼の共演にキャーッってなりましたね。
    それにしても、22歳で大河ドラマの主演をしちゃうなんて、さすが滝沢秀明さんです!
    年配のキャストを前にしても、物怖じしない堂々とした演技がすごくかっこよかったです。
  • 義経

    タッキーのための大河ドラマ

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む この大河ドラマは本当にタッキーあってのドラマで、タッキー=義経という人も多いと思います。
    義経はまったく悪気がない人で、ただ兄(頼朝)の役に立ちたいだけだったのに、その能力ゆえに疎まれるという悲しい運命をたどりました。
    勧進帳という言葉もこのドラマで覚えました。
  • 義経 第3話

    「敵」か「恩人」か。

    4.6
    • 出演者 4.3
    • ストーリー 4.7
    • 演技 4.2
    • 映像 4.8
    続きを読む 「私の父は誰なのですか。」
    牛若は常磐に問いつめますが、常磐は決して口には出しません。
    「母の言うことが聞けなければ母を刺しなさい」と、刀を差し出す常磐。
    その目は恐ろしくもあり、温かさもあり、胸が打たれました。

    納得出来ないまま、常磐に連れられ、牛若はお寺へ。
    名は「遮那王」と名付けられました。
    後の義経らしい、とてもかっこいい名前です(笑)
    しかし、牛若は何度もお寺を抜け出し都へ行ったりと、やりたい放題。
    そんなある日、遮那王は自分の出生の真実を知ってしまいます。
    自分は源氏の御曹司。そして、ずっと父だと思っていた清盛は自分の父の敵であった、と。
    物語の中ではその心中はあまり言葉や表情に出していませんでしたが、映像での描写により、手に取るように伝わってきました。
    特に滝のシーンは素晴らしかったです!

    真実を知ってしまった遮那王。
    清盛を「敵」としてみるのでしょうか、それとも「恩人」としてみるのでしょうか。
    今後の遮那王の心の動きに注目です!

  • 義経 第2話

    身分を超えた清盛の愛

    4.4
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.6
    • 演技 4.4
    • 映像 4.1
    続きを読む 牛若は平家のこどもたちと元気に楽しく、すくすくと成長し7歳になりました。
    清盛もとても可愛がっている様子ですが、清盛の弟たちはあまり良くは思っていません。
    そして、清盛の妻、時子は常磐が清盛の子を身ごもっているのを知ってしまいます。
    この時代は当たり前のことなのかもしれませんが、時子の気持を考えると少し複雑な思いがしました。

    清盛の大切な屏風に落書きをした牛若を清盛は怒らず、自分の夢を語ります。
    その二人の姿はとても輝かしいものでした。
    清盛の思い描く未来の夢を、私も一緒に見てみたいなと思ってしまいました。

    しかし、平穏な生活は一転。
    清盛は常磐を嫁がせ、屋敷から追い出してしまいます。
    牛若は仏門に入らせるという清盛に、常磐は必死にもうしばらく猶予がほしいと懇願しました。
    清盛はその願いを聞き届け、牛若を今しばらく常磐の手元に置くことにしました。
    その姿に常磐と牛若への清盛の「愛」をとても感じ、胸が痛くなりました。
    「平家」と「源氏」。
    敵である身分を越えた不思議な絆。
    この三人が今後どの様になっていくのか、とても気になります。



  • 義経 第1話

    「敵」そして「絆」

    4.3
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.2
    • 映像 4.1
    続きを読む 知人から勧められ、見始めた「義経」。
    恥ずかしながら、私はこの時代はあまり興味がありませんでした。
    しかし、見ているうちにとても引き込まれていきました。

    話は源義経の生まれたときから始まります。
    義朝(加藤)が討たれ、母も囚われ、子らと命を絶とうとした常磐(稲盛)。しかし、乳飲み子の牛若の姿を見て思いとどまります。
    そして、自らの命と引き換えに母と子の助命を求めて、敵である平清盛(渡)を訪ねました。
    敵に命乞いをするなど、とてもつらいことだと思いますが、ここに常磐の強さを感じました。
    清盛は首を斬ることなく、常磐の願いを聞き届けます。
    3人の子のうち2人は仏門へ、そして乳飲み子の牛若は常磐とともに城に住まわすとのこと。
    そして、義朝の子である若い頼朝は伊豆へ流されることになりました。
    常磐を気遣う清盛。そんな清盛にとても人間らしい優しさを感じました。
    敵であるはずの清盛を受け入れる常磐。
    二人にはうっすらと身分を越えた、絆ができたように気がしました。

    5年後、牛若はすくすくと成長し、平家の子どもたちと楽しく過ごしていました。
    そして、「父上」と清盛を呼ぶ牛若にとてもほっこりした気持ちがしました。
    、、が常磐の思いを感じると少し複雑な気持ちもします。

    そして常磐のお腹には清盛の子が。
    牛若はこれからどのように育っていくのか、そして常磐と清盛、二人の関係はどのようになっていくのか。
    これからの展開が気になります。

  • 義経

    流石タッキー、義経をやりとげました。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む ずっと好きだった大河の作品です。
    特に「安宅の関」は難関を突破するためにひと芝居打った弁慶と、弁慶に殴られた痛みを和らげるために義経に酒を渡してくれた関守の優しさが胸に迫りました。
    そして「ひと芝居」で殴ったり、静に渡された笛までも壊したことを泣いて謝る弁慶を優しく諭す義経。涙なくしては見られない名場面ばかりです。滝沢秀明さんが演じる義経は、私が思い描いていた義経像にピッタリですし、彼の持っていたであろう純粋さと優しさ、凛々しさ…生きて蘇ったかのような。どなたかが仰っていましたが、彼以外は考えられないし見たくないほど、素晴らしい義経でした。義経の成長はそっくりそのまま、滝沢さんの俳優としての見事な成長でもあったと思います。
    私はこのドラマで彼のファンになってしまいました。これからも彼の俳優としての成長を楽しみに見守っていきたいです。またいつか大河で彼の勇姿を見たいです。
  • 義経

    若い役者が主要キャスト、新鮮さが抜群

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    主人公源義経の滝沢秀明を筆頭に、静役の石原さとみやうつぼ役の上戸彩など、とにかくドラマ放映当時、若くて初々しい若手の役者さんたちが、美しく華麗に、しかも演技を懸命にしている姿に感動しながら、視聴... 続きを読む 主人公源義経の滝沢秀明を筆頭に、静役の石原さとみやうつぼ役の上戸彩など、とにかくドラマ放映当時、若くて初々しい若手の役者さんたちが、美しく華麗に、しかも演技を懸命にしている姿に感動しながら、視聴していたことを覚えている。武蔵坊弁慶役の松平健の存在感は格別だったが、自分としてはやはり石原さとみの若くて清純さが溢れている姿が大変印象にのこっている。義経を愛していながらも、源頼朝と義経との対立により別れのシーンは大変切ない気持ちになった。
  • 義経

    言わずと知れた美少年の再現度が良い

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    牛若丸という絶世の美少年を演じるにあたり、申し分ないほど顔が整ってて良い配役だと思った。
    華奢そうに見える端整な顔立ちに相反する身体、凛とした立ち姿、現代の牛若丸なのかと思うほど。
    だがやは...
    続きを読む 牛若丸という絶世の美少年を演じるにあたり、申し分ないほど顔が整ってて良い配役だと思った。
    華奢そうに見える端整な顔立ちに相反する身体、凛とした立ち姿、現代の牛若丸なのかと思うほど。
    だがやはり、演技としてはまだまだ発展途上なのかと。
    周りの俳優陣に多く助けられてる部分が見受けられた。
  • 義経

    心情が丁寧に描かれていると思った。

    3.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0
    平家で育ちながらも源氏の一族として育ての親でもあった平清盛に反旗を翻す姿や徐々に朝廷と鎌倉幕府との権力闘争に巻き込まれて苦悩する姿が心情から描かれていたので、面白かった。そして、平家との合戦シー... 続きを読む 平家で育ちながらも源氏の一族として育ての親でもあった平清盛に反旗を翻す姿や徐々に朝廷と鎌倉幕府との権力闘争に巻き込まれて苦悩する姿が心情から描かれていたので、面白かった。そして、平家との合戦シーンも迫力があってよかった。
    しかしながら、石原さとみや上戸彩といったヒロインとのストーリーがあまり描かれなかったのが、折角、美人が二人も登場しているに少し残念だと思った。
  • 義経

    タッキーの義経なかなかよかった

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    もちろん大河ドラマ初主演で戦の天才・義経が武家政権樹立を目指す兄・頼朝と対立し、悲運の最期を遂げるまでの生き様をダイナミックに描いた大河ドラマ。当時まだ22歳だった滝沢秀明が、大河ドラマ単独主演... 続きを読む もちろん大河ドラマ初主演で戦の天才・義経が武家政権樹立を目指す兄・頼朝と対立し、悲運の最期を遂げるまでの生き様をダイナミックに描いた大河ドラマ。当時まだ22歳だった滝沢秀明が、大河ドラマ単独主演の最年少記録を更新し、はかなく美しい悲劇のヒーローを熱演して話題を集めました。
    演技もよかったですね。
評価をする