芳根京子の出演ドラマ

芳根京子
出身地 東京都
生年月日 1997/2/28
血液型 A

チャンネルはそのまま!

4.8
  • 出演者 4.0
  • ストーリー 4.5
  • 演技 4.0
  • 映像 4.0
  • チャンネルはそのまま!

    笑って泣けるとはまさにこのこと!

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

    行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進ん...
    続きを読む ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

    行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進んでは変わっていったりするのに、全然置いてけぼりにされずにちゃんとまとまってるのが見事。

    正直こんなに全てがうまくいくものなのかよとツッコミを入れたくなることもわりと出てくるけど、それぞれの個性が光っていてそれによって解決されていくから好印象を持てる。

    中でもなんやかんやで全てのキーポイントになってくる芳根京子演じる雪丸。
    バカ枠という前代未聞の採用枠で採用された雪丸は、決して仕事ができるとは言えなく、どちらかというと突飛な行動で局を荒らしまくっていく存在。

    でもその型にハマらない自然体の雪丸にあらゆる人が感化され、物事が思いもよらずよい方向に進んでいく。
    誰に対しても分け隔てなく変わらずに接していく雪丸は、空気読めないところもあってみんな振り回されるけど、それが組織によい風をもたらしてくれる。
    そしてそんな人にしか話せないことやできないことってやっぱりある。

    重くなりそうな(実際さよならテレビは狙いがそうかもだけどそうなっていた)テレビ業界の中身を、コミカルさをベースに、シリアスさも交えて笑って泣ける誰もに見やすくおもしろく、それでいて見応えのある内容に落とし込んでいて凄かった!

    毎回前半で笑って、後半で泣けるという1話完結の構成も素晴らしい。

    人が話すこととテロップで映し出すことの分担も絶妙で、違和感なく業界用語をちゃんと解説してくれるのも置いてけぼりにならない理由としてあった。

    キャスティング。
    雪丸に芳根京子を起用したのがとてもよかった。
    自然体の演技がとてつもなくハマる。
    ラストの芳根京子と大泉洋の対峙による演技合戦も見もの。
    大泉洋も相変わらず細かく凄くよい演技。

    さよならテレビとの共通点があるとしたら、やはり視聴率至上主義をちゃんと映し出し、そこだけに目が眩んでいることへの違和感を感じられる点。

    局を長回しで全部映し出してくれるエンディングも贅沢でよかったなー。
  • 小さな巨人

    4.5
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 4.2
    • 演技 4.3
    • 映像 4.2
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2017年04月16日
    最終回 2017年06月18日
    出演 長谷川博己 岡田将生 香川照之 芳根京子 安田顕 春風亭昇太 駿河太郎
    脚本 丑尾健太郎 成瀬活雄
    主題歌 平井堅 「ノンフィクション」
  • 小さな巨人

    警察の世界を知れた。

    4.6
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマでは警察の間にある現実を見ることができたドラマだと思った。
    それになんといってもメインとなるのはこのドラマの主題歌であるノンフィクションが心に深く入ってくるので虜になった。
  • 花子とアン

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2014年03月31日
    最終回 2014年09月27日
    出演 吉高由里子 伊原剛志 仲間由紀恵 石橋蓮司 室井滋 鈴木亮平 賀来賢人
    脚本 中園ミホ
    主題歌 絢香 「にじいろ」
  • 花子とアン

    オープニングの歌がいい!

    4.3
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    絢香の「にじいろ」はすごくいい歌だった。
    オープニングを聞くと
    明るい気分になれる朝ドラはいい!

    物語は、明治から昭和に翻訳家として
    活躍した甲府出身の村岡花子さんの話。
    私も甲府...
    続きを読む 絢香の「にじいろ」はすごくいい歌だった。
    オープニングを聞くと
    明るい気分になれる朝ドラはいい!

    物語は、明治から昭和に翻訳家として
    活躍した甲府出身の村岡花子さんの話。
    私も甲府出身だけど
    村岡花子さんのことを知らなかった。

    でも
    朝ドラで甲府の方言が
    聞けたのはうれしかった。
    「コピッとしろし!」(しゃんとして)
    「おはようごいす!」(おはようございます)などなど。笑
  • 4 イノセント・デイズ

    4.4
    • 出演者 4.6
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.6
    • 映像 4.4
    WOWOWプライム 日曜 22:00 〜     23:00
    2018年
    最終回 2018年04月22日
    出演 妻夫木聡 竹内結子 新井浩文 芳根京子 ともさかりえ 長谷川京子 池内博之
    脚本 後藤法子
  • イノセント・デイズ

    死刑について考えさせられました。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 死刑・冤罪について考えさせられる話でした。
    良かれと思ってあがけばあがくほど深みにはまっていくの、見てて辛かったです。
  • 5 探偵の探偵

    4.3
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.4
    • 映像 4.1
  • 探偵の探偵

    原作通り面白かった

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5
    松岡圭祐の原作で読んだイメージとかセリフも所々違っていましたが、主演の北川景子のかっこよさと切なさに感動しました。いつもクールビューティーの北川景子の悪人ぶりも素敵だし、ストーリーもとてもひきこ... 続きを読む 松岡圭祐の原作で読んだイメージとかセリフも所々違っていましたが、主演の北川景子のかっこよさと切なさに感動しました。いつもクールビューティーの北川景子の悪人ぶりも素敵だし、ストーリーもとてもひきこまれます。最終話のさいごの言葉がかっこよくて印象的でした。
  • 6 コタキ兄弟と四苦八苦

    4.2
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.4
    テレビ東京系 金曜 00:12 〜     00:52
    2020年
    出演 古舘寛治 滝藤賢一 芳根京子 宮藤官九郎 市川実日子
    脚本 野木亜紀子
    主題歌 Creepy Nuts 「オトナ」
    スターダスト☆レビュー 「ちょうどいい幸せ」
  • コタキ兄弟と四苦八苦 第7話

    参りました

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    この深夜の時間帯にこの演技達者な役者陣の丁々発止、ずっと思ってるけど、つくづく贅沢なドラマだなあ。

    一路と二路の掛け合い、冒頭の短いやりとりから既に面白く、その後の展開でもここまで描かれて...
    続きを読む この深夜の時間帯にこの演技達者な役者陣の丁々発止、ずっと思ってるけど、つくづく贅沢なドラマだなあ。

    一路と二路の掛け合い、冒頭の短いやりとりから既に面白く、その後の展開でもここまで描かれてきたそれぞれの性格、価値観、人間性が短い台詞のやりとりにがっつり反映されている。

    生きることに執着のない若い女性の安否確認を頼まれたレンタル兄弟。孤独死する女性の職業に看護師が多いという話を聞いたことがあって、かおりが看護師という設定で思わず居住まいを正し、情動感染という言葉で背筋が伸びた。一昔前によく耳にした感情労働という言葉を思い出して、遂に労働問題と孤独死という社会問題にレンタルおやじが切り込むか?と前のめりになったのだが、結末は若い女性にめっちゃメジャーな恋愛関係のもつれがめんどぅになっていたというオチで、ああそういうことだったのね、はい、参りました…。

    めんどぅ女に我が身を振り返させられて植物にまでなってしまうこの兄弟にも、別の意味で参らされてる。
    これも毎回思うことだけど、この作品面白過ぎる。

    で、来週の予告、何?

  • 7 高嶺の花

    4.1
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 3.9
    • 演技 4.2
    • 映像 4.3
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    初回 2018年07月11日
    最終回 2018年09月12日
    出演 石原さとみ 峯田和伸 芳根京子 千葉雄大 三浦貴大 笛木優子 袴田吉彦
    脚本 野島伸司
    主題歌 エルヴィス・プレスリー 「ラブ・ミー・テンダー」
  • 高嶺の花

    見てください

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    めっちゃ面白かったです
  • 8 べっぴんさん

    3.9
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 3.7
    • 演技 4.1
    • 映像 3.9
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2016年10月03日
    最終回 2017年04月01日
    出演 芳根京子 永山絢斗 伊武雅刀 蓮佛美沙子 谷村美月 百田夏菜子 土村芳
    脚本 渡辺千穂
    主題歌 Mr.Children 「ヒカリノアトリエ」
  • べっぴんさん

    真心が子供服として成功

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む すみれ(芳根京子)はお嬢様育ちで、戦争で苦労しても、その優しさと子供への愛情から
    子供服をかつての女学校の友と一緒に作ることになるが、どちらかと言うとお金儲けというよりは
    趣味が好きな事で生活もできれば良い的な、子供の着心地に重点をおく姿勢がのちのち
    会社が大きくなり子供服ブランドとして成功することになるから、大事なのはそこだよねと思うストーリーだった。
  • 9 海月姫

    3.9
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.6
    • 映像 3.5
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年03月19日
    出演 芳根京子 瀬戸康史 工藤阿須加 北大路欣也 要潤 木南晴夏 松井玲奈
    脚本 徳永友一
    主題歌 Beverly 「A New Day」
  • 海月姫

    面白い

    5.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    イケメンが女装するとゆうのが魅力的ですね。あとは陰キャラの女の子達が綺麗になるのも夢があって良いと思います。
  • 10 TWO WEEKS

    3.8
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.9
    • 映像 3.7
    関西テレビ系 火曜 21:00 〜     21:57
    2019年
    最終回 2019年09月17日
    出演 三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉 高嶋政伸 黒木瞳
    脚本 山浦雅大
    主題歌 三浦春馬 「Fight for your heart」
    04 Limited Sazabys 「Montage」
  • TWO WEEKS

    韓国ドラマは面白い

    5.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    2019年7月16日 - 9月17日
    #TWOWEEKS 鑑賞
    製作:カンテレ
    原作:韓国ドラマ

    殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が白血病を患った娘への骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃...
    続きを読む 2019年7月16日 - 9月17日
    #TWOWEEKS 鑑賞
    製作:カンテレ
    原作:韓国ドラマ

    殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が白血病を患った娘への骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇。

    今期一番面白かった。韓国ドラマはスピード感が違うな

    #三浦春馬
    #芳根京子
    #比嘉愛未
    #三浦貴大
    #磯村勇斗
    #高嶋政伸
    #黒木瞳
  • 2020

      コタキ兄弟と四苦八苦

      4.2
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.5
      • 映像 4.4
      テレビ東京系 金曜 00:12 〜     00:52
      2020年
      出演 古舘寛治 滝藤賢一 芳根京子 宮藤官九郎 市川実日子
      脚本 野木亜紀子
      主題歌 Creepy Nuts 「オトナ」
      スターダスト☆レビュー 「ちょうどいい幸せ」
    • コタキ兄弟と四苦八苦 第7話

      参りました

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      この深夜の時間帯にこの演技達者な役者陣の丁々発止、ずっと思ってるけど、つくづく贅沢なドラマだなあ。

      一路と二路の掛け合い、冒頭の短いやりとりから既に面白く、その後の展開でもここまで描かれて...
      続きを読む この深夜の時間帯にこの演技達者な役者陣の丁々発止、ずっと思ってるけど、つくづく贅沢なドラマだなあ。

      一路と二路の掛け合い、冒頭の短いやりとりから既に面白く、その後の展開でもここまで描かれてきたそれぞれの性格、価値観、人間性が短い台詞のやりとりにがっつり反映されている。

      生きることに執着のない若い女性の安否確認を頼まれたレンタル兄弟。孤独死する女性の職業に看護師が多いという話を聞いたことがあって、かおりが看護師という設定で思わず居住まいを正し、情動感染という言葉で背筋が伸びた。一昔前によく耳にした感情労働という言葉を思い出して、遂に労働問題と孤独死という社会問題にレンタルおやじが切り込むか?と前のめりになったのだが、結末は若い女性にめっちゃメジャーな恋愛関係のもつれがめんどぅになっていたというオチで、ああそういうことだったのね、はい、参りました…。

      めんどぅ女に我が身を振り返させられて植物にまでなってしまうこの兄弟にも、別の意味で参らされてる。
      これも毎回思うことだけど、この作品面白過ぎる。

      で、来週の予告、何?

    2019

      TWO WEEKS

      3.8
      • 出演者 3.7
      • ストーリー 3.7
      • 演技 3.9
      • 映像 3.7
      関西テレビ系 火曜 21:00 〜     21:57
      2019年
      最終回 2019年09月17日
      出演 三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉 高嶋政伸 黒木瞳
      脚本 山浦雅大
      主題歌 三浦春馬 「Fight for your heart」
      04 Limited Sazabys 「Montage」
    • TWO WEEKS

      韓国ドラマは面白い

      5.0
      • 出演者 3.5
      • ストーリー 5.0
      • 演技 3.5
      • 映像 4.0
      2019年7月16日 - 9月17日
      #TWOWEEKS 鑑賞
      製作:カンテレ
      原作:韓国ドラマ

      殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が白血病を患った娘への骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃...
      続きを読む 2019年7月16日 - 9月17日
      #TWOWEEKS 鑑賞
      製作:カンテレ
      原作:韓国ドラマ

      殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が白血病を患った娘への骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇。

      今期一番面白かった。韓国ドラマはスピード感が違うな

      #三浦春馬
      #芳根京子
      #比嘉愛未
      #三浦貴大
      #磯村勇斗
      #高嶋政伸
      #黒木瞳
    • チャンネルはそのまま!

      4.8
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
    • チャンネルはそのまま!

      笑って泣けるとはまさにこのこと!

      4.5
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

      行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進ん...
      続きを読む ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

      行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進んでは変わっていったりするのに、全然置いてけぼりにされずにちゃんとまとまってるのが見事。

      正直こんなに全てがうまくいくものなのかよとツッコミを入れたくなることもわりと出てくるけど、それぞれの個性が光っていてそれによって解決されていくから好印象を持てる。

      中でもなんやかんやで全てのキーポイントになってくる芳根京子演じる雪丸。
      バカ枠という前代未聞の採用枠で採用された雪丸は、決して仕事ができるとは言えなく、どちらかというと突飛な行動で局を荒らしまくっていく存在。

      でもその型にハマらない自然体の雪丸にあらゆる人が感化され、物事が思いもよらずよい方向に進んでいく。
      誰に対しても分け隔てなく変わらずに接していく雪丸は、空気読めないところもあってみんな振り回されるけど、それが組織によい風をもたらしてくれる。
      そしてそんな人にしか話せないことやできないことってやっぱりある。

      重くなりそうな(実際さよならテレビは狙いがそうかもだけどそうなっていた)テレビ業界の中身を、コミカルさをベースに、シリアスさも交えて笑って泣ける誰もに見やすくおもしろく、それでいて見応えのある内容に落とし込んでいて凄かった!

      毎回前半で笑って、後半で泣けるという1話完結の構成も素晴らしい。

      人が話すこととテロップで映し出すことの分担も絶妙で、違和感なく業界用語をちゃんと解説してくれるのも置いてけぼりにならない理由としてあった。

      キャスティング。
      雪丸に芳根京子を起用したのがとてもよかった。
      自然体の演技がとてつもなくハマる。
      ラストの芳根京子と大泉洋の対峙による演技合戦も見もの。
      大泉洋も相変わらず細かく凄くよい演技。

      さよならテレビとの共通点があるとしたら、やはり視聴率至上主義をちゃんと映し出し、そこだけに目が眩んでいることへの違和感を感じられる点。

      局を長回しで全部映し出してくれるエンディングも贅沢でよかったなー。

    2018

    2017

    2016

    2015

    2014

    評価をする