メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 1話〜12話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。
3.8
(56件の口コミ)
出演者 3.4
ストーリー 3.3
演技 3.2
映像 3.2
(56件の口コミ)
テレビ東京系
初回: 2020年10月08日
最終回: 2020年12月24日
テレビ東京系 木 深夜01:00-深夜01:30
初回: 2020年10月08日
最終回: 2020年12月24日
テレビ東京系 木 深夜01:00-深夜01:30

7話のあらすじ

黒沢優一(町田啓太)は安達清(赤楚衛二)への気持ちを抑えることができなくなってしまい、ついに安達に告白をする。しかし答えを聞かず「気持ちを伝えたかっただけ」という黒沢に、安達はどうしていいか分からなくなってしまう。そして黒沢は、安達を好きになったきっかけを思い返していた。

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいが見られる動画配信サイト

最新口コミ

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話
黒沢の告白からの続き! イケメンすぎて困るというぜいたくな悩みだけど、黒沢も苦労してるんだな。 いい人すぎて切なくて泣けてくるよ。 女性はセクハラされて嫌な気持ちになることも多いけど、それは男性も同じで、嫌なことをされて我慢する必要なんかない。 告白を受けた安達君は悩んで黒沢の元へ走る。 返事くるか?とドキドキして、数秒間の沈黙の間に息が詰まりそうになった。 ふつうの恋愛ドラマでこんなにドキドキすることって滅多にない気がする。 2人とも演技うまくて、本当に告白の場にいるみたいな緊張感が伝わってきた。 とにかくよかった。泣けちゃったよ(´;ω;`) そのあとの微妙な距離感にはニヤニヤし...
続きを読む
5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話

映像ならではの工夫を凝らした丁寧な二人芝居だった。

黒沢のモノローグで映し出される時の安達は、安達のモノローグで実は黒沢を考えてることが分かる。

顔がいい故に自分の価値を見失っていた黒沢に、安達はそっと手を伸ばし助け起こしていた。
そんな安達の長所を見出して見守り続けた黒沢。

良い人過ぎるのだ、二人とも。
だから無条件に、二人の想いが通じ合うことを願いながら観ている。

こんなに没頭できる作品を作ってくれたことに感謝したい。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話

遂に、安達(赤楚衛二)と黒沢(町田啓太)が結ばれて感無量で泣きまくった、素直に1番良かった回でありました。

実況で書き尽くしたんでコンパクトな感想になってしまいますが、安達と黒沢の出会いを描く前半から後半の現在の安達と黒沢の話に戻る展開が演出的に秀一でした。

間違いなく、今期屈指の恋愛ドラマと言う内容を改めて感じましたが、この回を見てしまうと今期のゴールデン帯の恋愛ドラマが薄く見えてしまうぐらい程の出来。

4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話

怒涛のチェリまほ。
考え始めたらガチで夜も眠れないチェリまほ。

今回は特にキタ。

黒沢くんが「お前のこと好きなんだ」って言ってしまったあと、
「次会ったら全部元通りだから」って安達くんからズンズン離れていって、
そして途中で立ち止まって、

ハアっ

って息をつくとこ。

あれすごいと思った。
ああなるよな。
息できんもんな。
そして見てる私も息できてなかったことをあそこで知った。
すっごい体感。

どんなにイケメンでも出来たヤツでも好きな人に相対するときの緊張感とかドキドキはみんな一緒なんだよってことを、あの呼吸ひとつで見せてくれたのはスゴイ。

今回のチェリまほはセリフもすごいけ...

続きを読む
5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい 第7話
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい。 衝撃の一話鑑賞から我慢できず TSUTAYAプレミアムに入会し、2〜8話をイッキ観! ヤバい。 ずっと面白い! 全話神回だけど、特に7話はえげつなかった。 2人が結ばれる回。 40のおっさんの鼓動が病と思うくらいバクバクしてしまった。 愛し合う人同士が結ばれる姿を、ちゃかすことなく、真摯に挑んでいた結果がこの神回の7話を誕生させたのかもしれない。 結果、私の目から自然と涙が出ていた。 本当に心から「黒沢、良かったな」と言う感情しか自分にはなかった。 BLものってどうしても特殊感が出ます。 あの「おっさんずラブ」でも特...
続きを読む
評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す