オダギリジョーの出演ドラマ

仮面ライダークウガ

4.3
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.2
  • 映像 4.2
テレビ朝日系 日曜 08:00 〜     08:30
2000年
最終回 2001年01月21日
出演 オダギリジョー 葛山信吾 村田和美 葵若菜 きたろう 青山雄 久保酎吉
脚本 荒川稔久 井上敏樹 きだつよし 村山桂
主題歌 田中昌之 「仮面ライダークウガ!」
  • 仮面ライダークウガ

    ライダーシリーズで1番のお気に入り

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 --.-
    リアルタイムで観てたって事もあり、
    仮面ライダーシリーズではクウガが1番好き。
    まだそんなに有名じゃなかったオダギリジョーだけど、
    当時からかっこよかった覚えが。
    (当時は小学生だったけ...
    続きを読む リアルタイムで観てたって事もあり、
    仮面ライダーシリーズではクウガが1番好き。
    まだそんなに有名じゃなかったオダギリジョーだけど、
    当時からかっこよかった覚えが。
    (当時は小学生だったけど)

    ライダー系ってなんでみんな売れっ子になっていくんだろ笑。
  • 新選組!

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:44
    初回 2004年01月11日
    最終回 2004年12月12日
    出演 香取慎吾 藤原竜也 山本耕史 優香 オダギリジョー 中村勘太郎 山本太郎
    脚本 三谷幸喜
  • 新選組!

    色気と実力を兼ね備えた、大物俳優!

    5.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 佐藤浩市さんと言えば、大物俳優すぎて今更すぎるかもしれませんが2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」を見てやっぱりこの人は凄いと思いました。
    佐藤浩市さんは、新選組で芹沢鴨という初代新選組の局長という人物なのですが普段は横柄ながらも自身の志を強く持ちリーダーシップに溢れていますが酒が入ると手が付けられない大暴れする人物になってしまいます。
    その普段~酒乱という絶妙な違いを本当に佐藤浩市さんは演じられていて、学生ながらに鳥肌が立ったのを覚えています。さらに、芹沢鴨の恋人役で女優の鈴木京香さんが演じていたのですが2人のツーショットがアダルトすぎて、私は未だにこの佐藤浩市×鈴木京香を超える美しさと色香を醸し出すカップル共演は存在していないと思っています。
  • チア☆ダン

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.7
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2018年
    最終回 2018年09月14日
    出演 土屋太鳳 石井杏奈 佐久間由衣 山本舞香 朝比奈彩 大友花恋 箭内夢菜
    脚本 後藤法子
    主題歌 サンボマスター 「輝きだして走ってく」
  • チア☆ダン

    部活への熱い気持ち

    4.2
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    学生時代が、こんなにやりたいことで日々過ごせたらとっても幸せだろうなと思わせる、人間ドラマでした。
    しかも、ドラマとはいえ、チアダンズ自体はそれなりに練習を積み重ねないと仕上がらないと思うので...
    続きを読む 学生時代が、こんなにやりたいことで日々過ごせたらとっても幸せだろうなと思わせる、人間ドラマでした。
    しかも、ドラマとはいえ、チアダンズ自体はそれなりに練習を積み重ねないと仕上がらないと思うので、学生さん役のみなさんはドラマを演じる以外に、きっとものすごーく練習をして努力して、このドラマが完成したのだと思うと、それだけで拍手をあげたいです。

    あれだけの部員をまとめる力、学生たちのいろいろのアクシデント、『チアダン』は、初めより、後半に連れて見逃せないドラマになっていきました。
  • 4 重版出来!

    3.7
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    TBSテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    2016年
    最終回 2016年06月14日
    出演 黒木華 オダギリジョー 松重豊 安田顕 坂口健太郎 小日向文世 滝藤賢一
    脚本 野木亜紀子
    主題歌 ユニコーン 「エコー」
    原作 松田奈緒子
  • 重版出来!

    お仕事ヒューマンドラマ。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    体育大学を卒業した主人公が、週刊コミック誌の編集部に配属され、編集同士でぶつかったり、漫画家と向き合ったり、営業時間と協力したり.....と、現代に実際ありそうなお仕事ヒューマンドラマ。

    毎話...
    続きを読む 体育大学を卒業した主人公が、週刊コミック誌の編集部に配属され、編集同士でぶつかったり、漫画家と向き合ったり、営業時間と協力したり.....と、現代に実際ありそうなお仕事ヒューマンドラマ。

    毎話ほっこりしたり、泣けたり、夢の厳しさに苦しくなったり、と胸がいっぱいになる作品でした!
  • 5 Sエス-最後の警官-

    3.6
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.6
    • 映像 3.6
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2014年01月12日
    最終回 2014年03月16日
    出演 向井理 綾野剛 吹石一恵 大森南朋 近藤正臣 高嶋政宏 土屋アンナ
    脚本 古家和尚
    主題歌 MISIA 「僕はペガサス君はポラリス」
    原作 小森陽一
  • Sエス-最後の警官-

    それぞれの想いが交差する迫力ドラマ

    4.7
    • 出演者 4.9
    • ストーリー 4.8
    • 演技 4.8
    • 映像 4.8
    続きを読む 犯人の殺害制圧ではなく生かしたままの逮捕を目的とした部隊、NPS(警察庁特殊急襲捜査班)、と犯人の制圧を目的とするSAT(特殊急襲部隊)が様々な凶悪事件に立ち向かいながらそれぞれの思いをぶつけ合い、事件を解決していく・・・爽快なドラマ。

    全体的には暗いんだけど、
    それぞれの主張はけしてどちらも間違っていない。
    だから見ているほうも、いろいろと考えながら見てしまう。

    細かな説明端折ってるぶん、映像は豪快で見ていて楽しい。
    本格的なアクションドラマって印象です。

    スナイパーの綾野剛が、画面に映る瞬間すべてかっこよくて
    ファンはもだえます。
  • 6 八重の桜

    3.5
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    NHK総合 日曜 18:00 〜     18:45
    初回 2013年01月06日
    最終回 2013年12月15日
    出演 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松方弘樹 西田敏行 村上弘明 反町隆史
    脚本 山本むつみ
  • 八重の桜

    大河ドラマでの銃を扱うシーンは見事!

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    続きを読む 幕末の銃を扱うシーンや戦のシーンが結構ある時代劇でしたが、普段はおっとりしているのに、かなり重い銃を扱ったり、難しい立ち居振る舞いや大河ドラマ特有の所作も見事なくらいに演じているあたりが今までのイメージとは違い素晴らしかった
  • 7 イアリー見えない顔

    3.4
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.4
    • 映像 3.2
  • イアリー見えない顔

    犯人が意外性があって面白かったです。

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    オダギリジョーさんが好きで見てみたら出ている人がなかなかの人ばかりで一気に引き込まれた。

    出てくる人出てくる人、みんながめっちゃ怪しくて怪事件があったりと1話見終わるたびにどうなっちゃうの...
    続きを読む オダギリジョーさんが好きで見てみたら出ている人がなかなかの人ばかりで一気に引き込まれた。

    出てくる人出てくる人、みんながめっちゃ怪しくて怪事件があったりと1話見終わるたびにどうなっちゃうの?と何?と謎が深まるばかり。

    後半からは驚きとハラハラドキドキの連続で猛スピードで結末に向かっていき誰が敵か仲間か分からなくなって付いていくのがやっとだった。

    最後のあたりはそうだったのかとちゃんとわかるように説明されていてすっきりして見終わることができた。

    ハッピーエンドかな?ぐらいの終わりだけど面白かったな〜と思えた。
  • 8 熱海の捜査官

    3.3
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.2
    • 映像 3.3
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2010年
    最終回 2010年09月17日
    出演 オダギリジョー 栗山千明 松重豊 ふせえり 田中哲司 団時朗 山中聡
    脚本 三木聡
    主題歌 東京事変 「天国へようこそ」
  • 熱海の捜査官 第8話

    だいたいわかってたんだ

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    予測不能すぎた最終回。考察系ドラマなだけあって、最終回を見るまで真犯人や事件の真相をいろいろ考えたし、最終回の予想もしてみたけど、まさかこうなるとは。1話からずっとだいたいわかってたという星崎さ... 続きを読む 予測不能すぎた最終回。考察系ドラマなだけあって、最終回を見るまで真犯人や事件の真相をいろいろ考えたし、最終回の予想もしてみたけど、まさかこうなるとは。1話からずっとだいたいわかってたという星崎さん、今回の行動や今までの言動を振り返ると、ほんとに最初からだいたいわかってたのかな…という印象が。しかしこんな終わり方だと、ますます考察がはかどってしまいそう。…ただ考えても正式な答えは教えてくれないと思うので、あんまり深追いもしたくない(笑)。
  • 9 時効警察

    3.3
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.1
    • 映像 3.3
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:10
    2006年
    最終回 2006年03月10日
    出演 オダギリジョー 麻生久美子 豊原功補 ふせえり 岩松了 光石研 江口のりこ
    主題歌 CEYREN 「雨」
  • 時効警察

    悪ふざけを思いっきり楽しめるドラマ

    5.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    時効になった過去の事件をゆるく捜査していくという設定が面白いです。
    警察の人も個性が強いキャラばかりで、ギャグ要素もかなり多いので、軽い気持ちで楽しんで見られます。
    主人公と相棒的な女性のなかな...
    続きを読む 時効になった過去の事件をゆるく捜査していくという設定が面白いです。
    警察の人も個性が強いキャラばかりで、ギャグ要素もかなり多いので、軽い気持ちで楽しんで見られます。
    主人公と相棒的な女性のなかなか進展しない関係性も好きです。
  • 10 時効警察・復活スペシャル

    3.1
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.1
    • 映像 3.1
    テレビ朝日系 日曜 21:00 〜     23:05
    2019年
    最終回 2019年09月29日
    出演 オダギリジョー 麻生久美子 吉岡里帆 磯村勇斗 豊原功補 江口のりこ 武田真治
  • 時効警察・復活スペシャル

    変わってない!

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    2019年9月29日
    #時効警察復活スペシャル 鑑賞
    美魔王藤原って設定が素晴らしい!そして
    #武田真治 の高校生役もギャグなのか素晴らしい!
    #ふせえり と #江口のりこ 抜きではこの...
    続きを読む 2019年9月29日
    #時効警察復活スペシャル 鑑賞
    美魔王藤原って設定が素晴らしい!そして
    #武田真治 の高校生役もギャグなのか素晴らしい!
    #ふせえり と #江口のりこ 抜きではこのドラマは語れない。
    #岩松了 の脱力感は相変わらずいい。

    #オダギリジョー
    #麻生久美子
    #豊原功補
    #緋田康人
    #光石研
  • 11 極悪がんぼ

    3.1
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.1
    • 映像 2.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2014年04月14日
    最終回 2014年06月23日
    出演 尾野真千子 三浦友和 夏菜 宇梶剛士 竹内力 中野英雄 三浦翔平
    脚本 いずみ吉紘 池上純哉
    主題歌 氣志團 「喧嘩上等」
    原作 田島隆 東風孝広
  • 極悪がんぼ

    みんな怖い

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む みんな顔も怖くて言葉使いも怖くてさすが裏社会のドラマだと思った。金を騙し取られるとか最悪だと思う。力さんの顔の怖さはすごいと思う。みんな口が悪すぎる。よく女であんな怖い人が集まるところで働けたと思う。
  • 12 アリスの棘

    3.1
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.0
    • 映像 2.9
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2014年04月11日
    最終回 2014年06月13日
    出演 上野樹里 オダギリジョー 栗山千明 中村梅雀 岩城滉一 尾美としのり 川屋せっちん
    脚本 高橋麻紀
    主題歌 高橋優 「太陽と花」
  • アリスの棘

    クールな上野樹里

    4.8
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    クールな上野樹里さん最高!ラストフレンズを彷彿とさせる感じで、すごくかっこよかった!
    復讐に燃えるヒロインということで、藤原紀香さんをはじめ、毎週悪いやつが退治されていく様が、おもしろかった。
  • 13 不機嫌なジーン

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2005年
    最終回 2005年03月28日
    出演 竹内結子 内野聖陽 オダギリジョー 平山広行 岡田義徳 小林聡美 黄川田将也
    脚本 大森美香
    主題歌 YUI 「feel my soul」
  • 不機嫌なジーン

    人生の命題について参考になるドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    続きを読む 主人公が、自分が情熱をかけてやりたいこと(仕事)をとるか、それとも恋愛をとるかという姿勢と、そのことに関して思い悩む男性側の心理がとてもわかりやすく面白く描かれており、自分の人生においても参考になりました。
  • 14 深夜食堂1

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
  • 深夜食堂1

    元祖深夜の飯テロドラマ。そして名作。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    コロナ禍の下、すっかり口コミをご無沙汰してしまいましたが、また頑張ってドラマの良さを語るべく書かせて頂いていきたいと思います。

    口コミ復活第1弾で語りたいのは、名作「深夜食堂」。

    T...
    続きを読む コロナ禍の下、すっかり口コミをご無沙汰してしまいましたが、また頑張ってドラマの良さを語るべく書かせて頂いていきたいと思います。

    口コミ復活第1弾で語りたいのは、名作「深夜食堂」。

    TBSの「ドラマイズム」枠(火曜深夜1:28~)も新作ではなく過去の作品の放送が開始され、19日(火)深夜には第1部・第1話「赤いウィンナーと卵焼き」が、次の週には2話の「猫まんま」が放送されました。
    このまましばらく、順番に放送を続けていくのかな?

    本放送は、2009年10月。
    それから約11年経っておりますが、感動は全く色褪せませんでした。

    レギュラー出演は、主演の小林薫さんただ1人。
    新宿の裏路地(ゴールデン街辺りの設定です)にある深夜0時から朝までやっている「めしや」を舞台に、そのマスターとお客さんたちの交流を描くドラマ。

    営業時間からして、お客は夜の世界の人たちや、ちょっと訳アリな人たちが多いお店。
    その人たちとマスターとの、時にはホッコリ、時には切ないドラマです。

    常連客役には綾田俊樹さん、不破万作さん、安藤玉恵さん、宇野祥平さん、オダギリジョーさんなど実力派がズラっ!

    第1話は、同じく常連客となる松重豊さんが演じるヤクザの剣崎竜との出会いのストーリー。

    もう自分は何回か観たのですが、改めてジーンと来てしまいました。

    まず、松重豊さんのヤクザ役が激シブでカッコ良くてため息。
    そうそう。昔の松重さんって、強面で長身でこういう役が多かったし、こういうイメージだったよなぁと思い出します。
    この第1話は、まだ「孤独のグルメ」の前の放送だったので。(「孤独のグルメ」は、2012年放送開始です。)

    それがいつの間にか可愛い演技派のおじさん俳優というイメージに変わり、今じゃ猫だ・・・(爆笑)

    自分が初めて松重さんを舞台で観た時は、オカマ役(1993年「トランス」青山円形劇場)だったので、ヤクザでも猫でもあまり驚きませんが・・・。ようするに、とても役の幅が広い役者さんだということですよね。

    「めしや」のメニューは豚汁定食と、後は飲み物だけ。しかもお酒は1人3杯まで。
    でも、言われればできるものは何でも作るというお店です。

    ある日店へやってきた竜と手下のゲン(山中崇さん)は、第一印象は最悪。
    他の客が怖がって帰ってしまいます。
    無理難題を言ってくるゲンに、マスターがそっと包丁を隠し持ったのを見た竜が「赤いウィンナーあるか?」と一言発し、マスターは竜にタコさんウィンナーを作って出してあげます。
    それ以来、竜はしばしばお店に通うようになりました。

    常連客の1人で、二丁目のゲイバーのベテランママ・小鈴(綾田俊樹さん)が、無口な竜に心惹かれて・・・というお話し。

    とにかく、静かなドラマで、台詞とかではなく役者陣の見事な行間の演技を極限に生かした素晴らしい雰囲気。

    場所がら、大きな荷物を背負っている人が登場人物には多いのですが、それぞれが背中の表情ですらその人物を演じているのにひたすら唸るしかないです。
    ああ、いい演技だ。
    ああ、いい演出だ。

    マスターの後ろ姿、小鈴が店から出て行く時の歩き方、竜の無表情な立ち姿・・・。
    どれをとっても役者の鑑と言えるほどの全身を使った繊細な演技。
    これをテレビで観られちゃうんだからお徳すぎます。

    そういった名演技を余すところなく見せてくれる演出も、また素敵です。

    第2話では、朝マスターが店を閉めようとした時にフラっと現れて、かつおぶしを乗せただけのご飯にしょう油をかけた「猫まんま」を注文した売れない演歌歌手の千鳥みゆき(田畑智子さん)のお話し。

    歌が大好きだけどまったく売れず、出したレコードは1枚だけ。
    それでも歌い続けているみゆきを、実は「猫まんま」好きなマスターは応援してあげようとします。
    そこで店の常連客である作詞家(田口トモロヲ)をみゆきに紹介し、できあがった「まよい猫」という曲が大ヒット。
    一躍みゆきは時の人に。
    しかし・・・。

    ただ歌が好きで一生懸命歌い続けていたみゆきを襲った悲劇に、何度も観ているはずなのにまた涙してしまいました。

    ここでも多くは語られません。
    視聴者の想像や感受性に託されているドラマです。

    どうして?なんで?
    そういうことではなく、視聴者それぞれも自分の人生と重ね合わせたりして好きなように浸れるドラマ。

    ラストで、フラっと現れた猫にかつおぶしをあげて「みゆきちゃん」とマスターが語りかけると「ニャー」と返事をする猫さん。
    それだけで、もう・・・(泣)

    今では深夜ドラマも以前よりかなり注目されるようになり、むしろ深夜の方が名作が隠れていたりすると認識されるようにもなりました。

    でも、「深夜食堂」が放送開始した頃はまだそれほど深夜ドラマにスポットが当たっていた訳ではなく、むしろGP帯ではあまり放送できないような「エロ」「グロ」が多かったようなイメージでした。

    そんな中での「深夜食堂」の放送は、自分にも世間にもセンセーショナル。
    「孤独のグルメ」よりも前に、深夜の飯テロドラマとして存在していたのですから、さすが。

    『食』は万国共通なのか、やはり「孤独のグルメ」同様に海外でも人気を博して中国や韓国でリメイクされたりミュージカル化・映画化もされています。

    自分に「これからは、深夜ドラマの時代になる」と思わせてくれた名作の再放送。
    もし、まだ御覧になっていない方は是非に。

    ただし、なるべく録画視聴でも深めの時間帯に観ることをオススメします。
    その方が、より味わい深く感じられるかと。

    観ると小腹が空くかもしれないことも、お忘れなく。
    泣くか、食べるか、どちらかは覚悟しておいてください(笑)

  • 15 時効警察はじめました

    3.0
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 2.8
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2019年
    最終回 2019年12月06日
    出演 オダギリジョー 麻生久美子 吉岡里帆 磯村勇斗 豊原功補 江口のりこ ふせえり
    主題歌 椎名林檎 「公然の秘密」
  • 時効警察はじめました 第8話

    時効警察らしい最後!

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 3.5
    昔と霧島くんと三日月の距離感が変わらずで良かった。最終回は胸キュンだったけど、あれは時かけですか!?
    もうちょっと前に進んで欲しいというもどかしさがこのコンビの良さだよね。距離を縮めるのを見届...
    続きを読む 昔と霧島くんと三日月の距離感が変わらずで良かった。最終回は胸キュンだったけど、あれは時かけですか!?
    もうちょっと前に進んで欲しいというもどかしさがこのコンビの良さだよね。距離を縮めるのを見届ける為に続編を望みたい気持ち!
  • 16 帰ってきた時効警察

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:10
    2007年
    最終回 2007年06月08日
    出演 オダギリジョー 麻生久美子 豊原功補 岩松了 ふせえり 江口のりこ 小出早織

    17 ビギナー

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2003年
    最終回 2003年12月15日
    出演 ミムラ オダギリジョー 堤真一 奥菜恵 横山めぐみ 松雪泰子 北村総一朗
    脚本 水橋文美江
    主題歌 カーペンターズ 「TOP OF THE WORLD」
  • ビギナー

    司法修習生を知れるドラマ

    3.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    いろんな年齢、境遇、理由で弁護士を目指し試験に合格した人達が集まった司法修習を舞台にしたドラマ。
    いろんな事件を考察したり解決したり、壁にぶつかりながら奮闘していく様は想像していた頭がいい人達...
    続きを読む いろんな年齢、境遇、理由で弁護士を目指し試験に合格した人達が集まった司法修習を舞台にしたドラマ。
    いろんな事件を考察したり解決したり、壁にぶつかりながら奮闘していく様は想像していた頭がいい人達とはかけ離れているが見ていてクスッと笑える
  • 18 天体観測

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2002年07月02日
    最終回 2002年09月17日
    出演 伊藤英明 坂口憲二 オダギリジョー 小雪 田畑智子 小西真奈美 長谷川京子
    脚本 秦建日子
    主題歌 中島美嘉 「WILL」
  • 天体観測 第1話

    北斗七星のまぼろし

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.0
    名作ドラマを懐古視聴。
    とは言っても評判をどこかで聞いていただけで初見。

    男子4人女子3人の天体観測サークル「サジタリウス」。
    皆が同じ学生という状況のなかで結ばれた美しい北斗七星。
    ...
    続きを読む 名作ドラマを懐古視聴。
    とは言っても評判をどこかで聞いていただけで初見。

    男子4人女子3人の天体観測サークル「サジタリウス」。
    皆が同じ学生という状況のなかで結ばれた美しい北斗七星。

    だが一旦社会に出れば一人一人別な事情を背負いこみ、七人揃うのもやっと。揃えばかえって互いの違いが浮き彫りになり、あの頃の北斗はもうないのだと思い知らされる。

    胸が締め付けられるのは、どこかで思い当たる節が自分にもあるからかも知れない。

    このドラマを思い出したのは中島美嘉の名曲を憶えていたから。
    曲の力は偉大だ。作詞はアイドルグループをプロデュースしている秋元康さんだという。一体どういう脳内世界なのか。

    とにかく豪華な出演者陣。
    今では考えられないレベル。
    これからからむハセキョーはサジタリウスではないが、マジかわいい。この頃のバージョンが個人的には好きだな。
  • 2019

    2018

    2016

    2014

    2013

    2012

    2011

    2010

    2009

      深夜食堂1

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
    • 深夜食堂1

      元祖深夜の飯テロドラマ。そして名作。

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      コロナ禍の下、すっかり口コミをご無沙汰してしまいましたが、また頑張ってドラマの良さを語るべく書かせて頂いていきたいと思います。

      口コミ復活第1弾で語りたいのは、名作「深夜食堂」。

      T...
      続きを読む コロナ禍の下、すっかり口コミをご無沙汰してしまいましたが、また頑張ってドラマの良さを語るべく書かせて頂いていきたいと思います。

      口コミ復活第1弾で語りたいのは、名作「深夜食堂」。

      TBSの「ドラマイズム」枠(火曜深夜1:28~)も新作ではなく過去の作品の放送が開始され、19日(火)深夜には第1部・第1話「赤いウィンナーと卵焼き」が、次の週には2話の「猫まんま」が放送されました。
      このまましばらく、順番に放送を続けていくのかな?

      本放送は、2009年10月。
      それから約11年経っておりますが、感動は全く色褪せませんでした。

      レギュラー出演は、主演の小林薫さんただ1人。
      新宿の裏路地(ゴールデン街辺りの設定です)にある深夜0時から朝までやっている「めしや」を舞台に、そのマスターとお客さんたちの交流を描くドラマ。

      営業時間からして、お客は夜の世界の人たちや、ちょっと訳アリな人たちが多いお店。
      その人たちとマスターとの、時にはホッコリ、時には切ないドラマです。

      常連客役には綾田俊樹さん、不破万作さん、安藤玉恵さん、宇野祥平さん、オダギリジョーさんなど実力派がズラっ!

      第1話は、同じく常連客となる松重豊さんが演じるヤクザの剣崎竜との出会いのストーリー。

      もう自分は何回か観たのですが、改めてジーンと来てしまいました。

      まず、松重豊さんのヤクザ役が激シブでカッコ良くてため息。
      そうそう。昔の松重さんって、強面で長身でこういう役が多かったし、こういうイメージだったよなぁと思い出します。
      この第1話は、まだ「孤独のグルメ」の前の放送だったので。(「孤独のグルメ」は、2012年放送開始です。)

      それがいつの間にか可愛い演技派のおじさん俳優というイメージに変わり、今じゃ猫だ・・・(爆笑)

      自分が初めて松重さんを舞台で観た時は、オカマ役(1993年「トランス」青山円形劇場)だったので、ヤクザでも猫でもあまり驚きませんが・・・。ようするに、とても役の幅が広い役者さんだということですよね。

      「めしや」のメニューは豚汁定食と、後は飲み物だけ。しかもお酒は1人3杯まで。
      でも、言われればできるものは何でも作るというお店です。

      ある日店へやってきた竜と手下のゲン(山中崇さん)は、第一印象は最悪。
      他の客が怖がって帰ってしまいます。
      無理難題を言ってくるゲンに、マスターがそっと包丁を隠し持ったのを見た竜が「赤いウィンナーあるか?」と一言発し、マスターは竜にタコさんウィンナーを作って出してあげます。
      それ以来、竜はしばしばお店に通うようになりました。

      常連客の1人で、二丁目のゲイバーのベテランママ・小鈴(綾田俊樹さん)が、無口な竜に心惹かれて・・・というお話し。

      とにかく、静かなドラマで、台詞とかではなく役者陣の見事な行間の演技を極限に生かした素晴らしい雰囲気。

      場所がら、大きな荷物を背負っている人が登場人物には多いのですが、それぞれが背中の表情ですらその人物を演じているのにひたすら唸るしかないです。
      ああ、いい演技だ。
      ああ、いい演出だ。

      マスターの後ろ姿、小鈴が店から出て行く時の歩き方、竜の無表情な立ち姿・・・。
      どれをとっても役者の鑑と言えるほどの全身を使った繊細な演技。
      これをテレビで観られちゃうんだからお徳すぎます。

      そういった名演技を余すところなく見せてくれる演出も、また素敵です。

      第2話では、朝マスターが店を閉めようとした時にフラっと現れて、かつおぶしを乗せただけのご飯にしょう油をかけた「猫まんま」を注文した売れない演歌歌手の千鳥みゆき(田畑智子さん)のお話し。

      歌が大好きだけどまったく売れず、出したレコードは1枚だけ。
      それでも歌い続けているみゆきを、実は「猫まんま」好きなマスターは応援してあげようとします。
      そこで店の常連客である作詞家(田口トモロヲ)をみゆきに紹介し、できあがった「まよい猫」という曲が大ヒット。
      一躍みゆきは時の人に。
      しかし・・・。

      ただ歌が好きで一生懸命歌い続けていたみゆきを襲った悲劇に、何度も観ているはずなのにまた涙してしまいました。

      ここでも多くは語られません。
      視聴者の想像や感受性に託されているドラマです。

      どうして?なんで?
      そういうことではなく、視聴者それぞれも自分の人生と重ね合わせたりして好きなように浸れるドラマ。

      ラストで、フラっと現れた猫にかつおぶしをあげて「みゆきちゃん」とマスターが語りかけると「ニャー」と返事をする猫さん。
      それだけで、もう・・・(泣)

      今では深夜ドラマも以前よりかなり注目されるようになり、むしろ深夜の方が名作が隠れていたりすると認識されるようにもなりました。

      でも、「深夜食堂」が放送開始した頃はまだそれほど深夜ドラマにスポットが当たっていた訳ではなく、むしろGP帯ではあまり放送できないような「エロ」「グロ」が多かったようなイメージでした。

      そんな中での「深夜食堂」の放送は、自分にも世間にもセンセーショナル。
      「孤独のグルメ」よりも前に、深夜の飯テロドラマとして存在していたのですから、さすが。

      『食』は万国共通なのか、やはり「孤独のグルメ」同様に海外でも人気を博して中国や韓国でリメイクされたりミュージカル化・映画化もされています。

      自分に「これからは、深夜ドラマの時代になる」と思わせてくれた名作の再放送。
      もし、まだ御覧になっていない方は是非に。

      ただし、なるべく録画視聴でも深めの時間帯に観ることをオススメします。
      その方が、より味わい深く感じられるかと。

      観ると小腹が空くかもしれないことも、お忘れなく。
      泣くか、食べるか、どちらかは覚悟しておいてください(笑)

    2007

    2006

    2005

    2004

    2003

    2002

    2000

    評価をする