メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

先生を消す方程式。 1話〜8話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、先生を消す方程式。が見られる動画配信サイトの情報を掲載。 先生を消す方程式。の口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

先生を消す方程式。

先生を消す方程式。

2.7
(38件の口コミ)
出演者 2.8
ストーリー 2.3
演技 2.8
映像 2.3
(38件の口コミ)
テレビ朝日系
初回: 2020年10月31日
最終回: 2020年12月19日
テレビ朝日系 土 23:00-23:30
初回: 2020年10月31日
最終回: 2020年12月19日
テレビ朝日系 土 23:00-23:30

先生を消す方程式。のあらすじ

鈴木おさむのオリジナル脚本作品「先生を消す方程式。」を連続ドラマ化。都内の進学校・帝千学園高校の3年D組は、成績優秀者が集められた特別クラス。しかし、彼らは完全犯罪で次々と担任を潰していく闇の深い生徒たちだった。そのクラスの担任になった義澤経男(田中圭)が、常に笑顔で生徒たちの罠をかいくぐっていく学園サスペンスドラマ。

先生を消す方程式。が見られる動画配信サイト

脚本家

最新口コミ

0.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
先生を消す方程式。

偏差値の高い高校の生徒なら、もっとまともで確実な消し方を考える 

雷で生きかえる、?
(ホラーだったのか?)

ビックリ‼️

田中圭さん好きだけど、仕事選んだ方が良いと思います

3.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
先生を消す方程式。 第8話

朝日にどんな罰がくだるのかと思ったらまさか雷が落ちるとは。
結局朝日はこんな人間になっては駄目だと、4Cの生徒だちに教えるための教材的存在だったわけだけど、朝日と4Cの主従関係にいまいち説得力がなかったのが残念。ドラマの中で1番重要なはずの生徒たちの気持ちの変化の描き方が足りないというか、もっと丁寧に描いて欲しかった。
逆にシーンは少なくても義経の静に対する愛情は痛いほど伝わってきたので、最後のキスシーンは、二人がゾンビというあり得ないシチュエーションにも関わらず白けることなく感動できた。ゾンビだろうとなんだろうと、二人が幸せになれたなら何でもいいやと思った最終回(笑)

続きを読む
3.0
出演者 4.5
ストーリー 1.0
演技 4.0
映像 2.5
先生を消す方程式。 第8話
序盤に教師をかき回したように見えた、賢くて権力のある生徒たちはもうほぼ空気。あの黒魔術の子とか、ほんとにあれでお役御免になっちゃったのか、もうワンアクションくらいあってもよさそうなもんだけど、おさむ脚本にそういうことは期待するほうが間違ってるだろう。 最終回もなかなか田中圭と山田裕貴のぶつかり合いになっていて、そこは見どころになってたと言ってもいい。ストーリーに関してはわりと最初から期待してなかったので(先にも書いたけどなんたっておさむ脚本なので)わりとどうでもいいんだけど。 後半完全にホラードラマになっちゃったこともあって、あのエンディングは80年代ホラー映画にありがちな「続編をに...
続きを読む
1.0
出演者 1.0
ストーリー 1.0
演技 1.0
映像 1.0
先生を消す方程式。

初回を見た時は、こんな奇想天外で最後までめちゃくちゃな展開で終わるドラマになるなんて思わなかったな。

鈴木おさむ 脚本だからなのかもしれないけど自分が今まで人生で見てきた連続ドラマの全てに置いて1番、はちゃめちゃなドラマだったなと感じる。

1.5
出演者 1.5
ストーリー 1.5
演技 1.5
映像 1.5
先生を消す方程式。 第8話

まさか、静がゾンビとして蘇るなんてな。

こんな結末、誰が予想できたんだろう??

いや、誰も予想できないでしょ(笑)

正直、松本まりか には仕事を選んでほしかったがゾンビになってもさすがのまりか様の演技で良かったです。

最終回もギャグ要素な雷の落ち方や頼朝が最後生き返る展開とかもうツッコミ所満載だったな。

唯一良かったのは、義経の授業だったな。

そこは感動したが。

まさか、後半は、ゾンビ系ドラマのまま展開するなんてな(笑)

続きを読む
3.0
出演者 4.0
ストーリー 2.5
演技 3.5
映像 2.5
先生を消す方程式。 第7話

7話は正気に戻った義経先生の授業を見るだけでも価値があった。
自分の犯した罪は消せない、逃げずにそれと向き合って苦しんでいくことが大切なんだと、刀矢だけではなく生徒たちにずっと言い続けてきた義経先生。刀矢が立ち直った一方、嫌なことを消して生きてきた人間の代表ともいえる朝日先生に、最終的にどんな結末が用意されているのか気になるところ。

続きを読む
3.0
出演者 4.0
ストーリー 2.0
演技 4.0
映像 2.5
先生を消す方程式。 第7話
前回から引き続きホラー要素が多め。でもゾンビ的な恐怖の対象側が追われて隠れてるっていシチュエーションはちょっと新しいというか、あんまり見たことないかもと思った。たいていは生きてる人間が逃げ隠れするからね。 で、この前半サスペンス風なのに後半急にホラーになる流れ、なんとなく既視感があるんだよなーとぼんやり考えていたら、映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」だった。 映画の前半と後半でジャンルが違うくらい展開が変わるんだけど、でもそれが気にならないほどおもしろくて大好きな映画。これを見て「映画ってもっと自由でいいんだな」と感じたんだ。それを思い出した。 だからせんけすも、そういうジャンル...
続きを読む
2.0
出演者 2.0
ストーリー 2.0
演技 2.0
映像 2.0
先生を消す方程式。 第7話

かつて、ここまで、奇想天外な展開で視聴者を困らせたドラマがあっただろうかと思う程の7話でした。

正直、田中圭 の演技が上手くなかったら酷いドラマになってたかも(汗)

最後の、松本まりか の扱い方も酷く、正直、最終回には、ワクワクしてない。

続きを読む
1.5
出演者 3.5
ストーリー 1.0
演技 3.0
映像 2.0
先生を消す方程式。 第6話

なんじゃこりゃー!?ゾンビ。まるっきりゾンビ。

しかも生徒たちの極悪非道の数々を考えると、ゾンビの義経を応援して思わず頑張れと言ってしまいたくなるような感じ。

今までのストーリーをまったく無視してのゾンビもの、ずーっとゾンビやってるから、何度も寝落ちしそうになってあんまり頭に入ってないし。…もう一回見たら何かいいことあるのかしら。

鈴木おさむ氏は何を考えとるんだ、いったい。狂ったってしまったのか?深夜ドラマだから遊んじゃった?ドラマ界のラジー賞取るためにやった?間違いなく取れるよ。

と、さんざん悪態をついて、スタッフさんや出演者さんには申し訳ございませんでしたが、これで視聴中止す...

続きを読む
4.0
出演者 4.0
ストーリー 2.5
演技 4.5
映像 3.0
先生を消す方程式。 第6話

1話で頼田朝日が黒幕だと早々に明かしたことで、4話までは茶番感が漂っていたのが、義経が蘇っての6話は、清々しいほどのホラー展開で意外に楽しめた。こういうあり得ない設定だと、役者が下手だと見るのが苦痛なのかもしれないけれど、田中圭と山田裕貴が上手いので突っ込みつつも、義経の苦しみや朝日のやばさがちゃんと伝わってくるのが凄い。それにしても生徒たちが義経にやった事が酷すぎて、ゾンビの義経を応援したくなるのがなんとも皮肉。最終的に義経先生が報われると信じたい。

続きを読む
評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す