【まことさんの視聴ドラマの口コミ・感想・評価一覧】

  • 私たちはどうかしている 第6話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    みんな大変だったね

    殺人未遂があって
    怒涛の女将心情吐露があって
    ナオが真相告白して
    火事になって
    赤ちゃんがいなくなってしまって
    ナオが出ていって……

    とまあ、1話に色々詰め込まれた回だった。
    ...
    続きを読む 殺人未遂があって
    怒涛の女将心情吐露があって
    ナオが真相告白して
    火事になって
    赤ちゃんがいなくなってしまって
    ナオが出ていって……

    とまあ、1話に色々詰め込まれた回だった。

    最後らへんに岸井ゆきのさんが炎の中に何かを見てびっくりしたシーンが含まれていたけど
    あれはいるはずのない誰かを見てしまったってこと?
    (一瞬イツキが生きてるパターン!?と思ったけど違った)
    テレビのインタビューで職人たちが
    椿が大旦那を助けてお菓子の道具まで救済した
    っていってたけど、どうみてもグッタリ椿には無理そうだし
    他の誰かがお菓子関連を助け出したのかな?
    まあ、よく分からんので今後の種明かしを待つしかなさそう。
    (これについてとくに種明かしされない可能性もあるドラマですけど)

    相変わらずツッコミどころ満載で話が進んでいくので
    真面目にストーリーが今後どうなるのかな?と考える気力も失せていってしまう〜〜
  • おカネの切れ目が恋のはじまり 第1話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    おさるちゃんの豆皿はいずこ…

    第一話みました。

    清貧女子と浪費男子の出会いでお互いがどう変化していくのかな?
    と続きの気になる内容で、欲を言えば最終回まで見てみたかった…。
    というのが正直な感想。

    でもあの猿...
    続きを読む 第一話みました。

    清貧女子と浪費男子の出会いでお互いがどう変化していくのかな?
    と続きの気になる内容で、欲を言えば最終回まで見てみたかった…。
    というのが正直な感想。

    でもあの猿渡くんはやっぱり三浦春馬さんじゃないとダメだと思うし
    4話を見終わった時に、きっとこうなったであろう猿渡くんを想像してしまうんだろうな。と。

    あと頭ガチガチ女子かと思っていた九鬼さんが
    実は憧れの人へめちゃめちゃ貢いでいるっていう展開も面白かった!
    くるくると表情の変わる松岡茉優さんのお芝居を見ているだけでも楽しい。

    お金をめぐるあれこれを経て、彼女たちがどんな生き方を選択するのか?
    そんな所を想像しながら残りの3回を楽しみたいと思います。
  • 私たちはどうかしている 第5話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    残りあと3回?

    全8話完結?らしいので残りあと3回。
    で、来週はナオが桜だってことを告白。
    そして炎に包まれる椿、どうなる?!

    って感じのようですが、そっから先2話か〜。
    バタバタっと犯人分かりそう...
    続きを読む 全8話完結?らしいので残りあと3回。
    で、来週はナオが桜だってことを告白。
    そして炎に包まれる椿、どうなる?!

    って感じのようですが、そっから先2話か〜。
    バタバタっと犯人分かりそうな雰囲気ですね!

    ここまでずっとベタベタの展開なので
    最後がどうなるのか?っていう部分にはあんまり期待していないのですが
    なんかこの昼ドラノリをもっと振り切ってやってくれるといいのにな〜と。
    たまに職人の人の小ボケとかも入ってきちゃったりして
    「ドロドロ!」「女将ギリギリ!」「いつの時代なのこれは!」
    っていう楽しみ方をしようとしても肩透かしを食らっちゃうし。

    半分すぎてこの感じなので、最後まで乗り切れないで終わってしまいそう!!

    個人的に恐れているのは椿の父親が誰か?ってことで…。
    予想している人物だったら、マジのマジでしんどいので
    この予想だけは外れてて欲しい…。
  • MIU404 第11話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5

    season2見たいです!

    「MIU404」終わった!

    途中のバッドエンド(幻覚)が本当にしんどくて
    止まった時計を何度も見せられているのに本当に幻覚か自信がなくて
    やめてくれよ〜やめてくれよ〜と祈りながら見る羽...
    続きを読む 「MIU404」終わった!

    途中のバッドエンド(幻覚)が本当にしんどくて
    止まった時計を何度も見せられているのに本当に幻覚か自信がなくて
    やめてくれよ〜やめてくれよ〜と祈りながら見る羽目に…。
    結果、陣馬さんが目を覚ましたことで止まっていた時間が動き出し
    本来のエンディングへと向かい始めたときには本気で「あーよかった」とつぶやきましたよね。

    ただ、とらえどころのない犯人にたどり着くきっかけを作ったのが
    警察という枠からはみ出してしまってもいいか、と一瞬諦めてしまった志摩のやりクチにプラスして
    SNSにアクセスする人々の好奇心や野次馬根性のおかげだったというのがとっても皮肉…。
    じわじわと内側から崩れていく志摩と伊吹の関係も見ていてツラかったし…。
    ラスト直前は一旦落とすっていうドラマとか映画の手法だと分かっていても
    思い入れのあるキャラクターたちが互いを傷付合うサマは見ているのがツライものです。

    でも最後はキチンと4機捜がそれぞれの役割を持って事件へ向かい
    連携しながら犯人を追い詰めていく姿は最高だった!!
    メロンパン号~~~!おかえり!という瞬間もアガるアガる!
    久住が伊吹から逃げても「志摩がまだいるもんね!」と思えるし
    さらに逃げても「九ちゃんがいるもんね!」と思えるのが嬉しくなる展開。
    最後の全部諦めたみたいな久住の表情も良かったし
    大捕物がうまくいって本当に安心しました。
    (とは言えまだ何かやらかしそう感ハンパない久住も良かった)

    個人的に気になるのは、コロナじゃなかった時のラストは元々どう想定されていたんだろう?ということ。
    4機捜の物語が2019年がメインだったコトの大きな理由が実はあんまり自分には見えてこなかった。
    志摩と伊吹が2020年の今でも生きていて、
    そしてバディを組んでいることの“実在感”は胸にくるものがあったし
    その時に「ゼロ」というタイトルが出て「!」とはなったし
    そういう意味合いでの2019年-2020年の物語とも思えなくもないけど…。
    何か事件に絡んでいるのかな?と当初予想していたので
    自分が思い込みすぎてしまっていただけかもしれない!
    ただ延期になってしまったオリンピックやコロナが蔓延している今よりずっと前に脚本は書かれ始めていたと思うし
    もしかしたら別のラストでそのあたりが回収されていたのかなぁ?と思ったり思わなかったり。
    でもそのあたり今のムードを確実にとらえる脚本力で語り直されている感じもしたので
    やっぱ野木亜紀子さん好き!となった次第。
  • 私たちはどうかしている 第4話

    2.5
    • 出演者 2.5
    • ストーリー 2.5
    • 演技 2.5
    • 映像 2.5

    高杉真宙回

    今回は裏切りモノの高杉真宙さんがクローズアップされた回だった。
    とはいえ、一話でパタパタっと丸く収まってしまったのである。
    来週からは味方となるのかな?
    まあ、このドラマにおいて敵味方みた...
    続きを読む 今回は裏切りモノの高杉真宙さんがクローズアップされた回だった。
    とはいえ、一話でパタパタっと丸く収まってしまったのである。
    来週からは味方となるのかな?
    まあ、このドラマにおいて敵味方みたいなものを気にしても仕方なさそうだし
    「そっか、真宙くんよかったね」
    と思った次第。

    場面を盛り上げるためだけに行動するキャラクターたちのお話なので
    相変わらず何を見させられているんだろう…となることもしばしばあったけど
    和菓子をきちんと見つめていない女将が星型モナカに気が付かないっていう対比は分かりやすくで良かったのでは?
    という感想かな〜。

    あとは“今をときめく”横浜流星さんと浜辺美波さんの夜のシーンもあって
    こういうの、久々に見たなぁなどと思ったり。
    しかし障子に囲まれた部屋はプライバシーがなくていかんですね。
    女将も息子の情事後とか見て嫌じゃないのかな。嫌じゃないのか、そっか。
    あと腕枕で変に2人の間に距離があって、それ腕の血が止まるやつですやん!となったりしました。
  • MIU404 第10話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5

    陣馬さん

    じ、陣場さ〜〜〜ん!
    ここにいたんだ!!!さすが!
    となった後に、

    え!陣馬さん?!?!?!?
    陣馬さん〜〜〜?!?!?!?
    となった10話。

    えー。嫌な展開やめてほしい…。...
    続きを読む じ、陣場さ〜〜〜ん!
    ここにいたんだ!!!さすが!
    となった後に、

    え!陣馬さん?!?!?!?
    陣馬さん〜〜〜?!?!?!?
    となった10話。

    えー。嫌な展開やめてほしい…。
    せっかく九重くんが陣場さんと一緒に飲みに行くまでになったのに。
    ううう。

    死んだやつには勝てないよなあって言う志摩に
    伊吹が生きてれば何度だって勝てる!って病院に向かうの
    とっても彼ららしくてじんわりくるんだけど、
    クズミにはその警察官としての心を利用されてしまい
    すんでのところで取り逃がしてしまう。

    ルールを守らない方が強い、というのは
    本当にこわいことだ。
    でも度々そういうことに出くわす。

    正義は勝つ!っていう5文字だけの話じゃなくって
    ずっと、何かにぶつかっても人間がどっちに転ぶのかは
    選択肢がちゃんと用意されてるって話なわけで…。
    「でもこっちを選ぶんだよ!」と四機捜が何度も示してくれるから
    どんどん彼らを好きになっていくんだと思う。

    アンナチュラルのときは真犯人がサイコパス的な感じだったけど
    今回のクズミは未だ得体のしれない人物なので決着が予想つかない。
    死んで終わりはちょっと違うかな〜とも思うし
    かといって逮捕されている画も浮かばないし…。
    本当にどう最終回をむかえるのか見えないので
    一週間が長いっ!早くみたい!
  • 私たちはどうかしている 第3話

    2.5
    • 出演者 2.5
    • ストーリー 2.5
    • 演技 2.5
    • 映像 2.5

    能力がすごい

    とにかく今回は椿の
    「しゅ、瞬間移動〜〜!」の部分でおもろくなってしまったので
    楽しんで見ていました。

    大旦那を階段で助けるところも瞬間移動。
    茶会の朝にナオをバックハグするのもプチ...
    続きを読む とにかく今回は椿の
    「しゅ、瞬間移動〜〜!」の部分でおもろくなってしまったので
    楽しんで見ていました。

    大旦那を階段で助けるところも瞬間移動。
    茶会の朝にナオをバックハグするのもプチ瞬間移動。
    あげくはタキガワさんも瞬間移動。
    とにかく能力者の集まりらしい…。

    高杉真宙さんの裏切り者っぷりの分かりやすさからいって
    過去に鈴木伸之さんを殺したのも女将と見せかけて椿ってところなんだろうか?
    まあ原作とドラマではラストがどうやら違うそうなので
    もしかしたらエクストリーム犯人が出てくるかも知れないけど
    この世界観ならなんでもアリかな、という雰囲気に。

    まだ女将がどんな人がちょっとわからないなぁ?
    ニセのナオの母親が挨拶にきたとき
    すでにナオの母親が別の人だと知っていたのに
    なんかすんなりその場はやりすごしてしまうし
    (ここでトラップかける、脅すなどはしないらしい)
    高杉真宙さんが椿のことをディスっても
    「あの子は跡継ぎだから」的な感じで
    自分の息子に向けられる悪意には無頓着だし。
    光月庵を継がせるのが目的とはいえ、ねえ。

    あと椿が大旦那と血がつながってないんなら
    本当に家系的に血がつながってるのはナオって話なのかな
    と思ってみてたけど、もしかしたら高杉真宙さんの役も
    ソレ系なのかな?と思ってみたり。どうなんだろうね。

    という感じでした。
  • MIU404 第9話

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0

    間に合ってよかった!

    意外や意外、エトリが水橋研二さん!
    あんまりこういう役をやっているイメージがなかったので「おっ」となった!
    とは言えすぐに菅田くんに爆破されてしまうなど…。

    伊吹はガマさんのことがあっ...
    続きを読む 意外や意外、エトリが水橋研二さん!
    あんまりこういう役をやっているイメージがなかったので「おっ」となった!
    とは言えすぐに菅田くんに爆破されてしまうなど…。

    伊吹はガマさんのことがあったからかなり必死でハムちゃんを救わないと!
    となっていて、正直その姿見ているだけでもちょっと泣きそうに。
    あと一歩が間に合わなかったってことになったら伊吹の心が死んじゃうもんね。

    今回はハムちゃんも頑張った!
    成川くんの心を動かしたのはハムちゃんだったし
    何より先にエトリの車のナンバーを伝えるよう言ったのもハムちゃん
    これからのハムちゃんがのびのび暮らせるようになったら嬉しいな。

    さて、ラスボス菅田くんがメキメキ出番を増やしてきて
    来週・再来週で最終対決かな?
    四機捜には今成川くんとの関係があるから
    意外とクズミ自体の面はすぐ割れそうだけど
    居所や思惑を掴むのは難しそうだ。

    これはチーム戦で挑むしかない!
  • 私たちはどうかしている 第2話

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0

    どうかしている

    2話もたくさんツッコみながら見ました!

    まあ、こういう昼ドラっぽい話がまた作られているのは
    今でも需要があるからなんだろうけど…。
    少しだけ疲れちゃいますね。

    いやちゃんと見てた...
    続きを読む 2話もたくさんツッコみながら見ました!

    まあ、こういう昼ドラっぽい話がまた作られているのは
    今でも需要があるからなんだろうけど…。
    少しだけ疲れちゃいますね。

    いやちゃんと見てたはずなのになんか話の運びに迷子になってしまって。
    展開雑すぎない?キャラクターの行動も雑すぎない?
    いやいやいやそれがウケてるのか。うーん。
    と頭を抱えてしまって集中してみていられなかったのかも。

    まあ、個人的にドS男子的なものに嫌悪感しか抱かないので
    壁ドンも「ぼ、暴力…」ってなってしまうし
    腕ぐいーーーっとする所も「ぼ、暴力」ってなってしまうので
    なんか主人公2人の恋愛以外にオモシロポイント見つけないといけませんね。

    サスペンス感は雑系なのであんまり期待できないし…。
    あ、でもモナカを持っていったナオが白藤屋さんの心情を理解して
    光月庵の方のモナカを持っていったのはよかったな〜と思いました。
    ナオは相手を見る力や想像力を持ち、人に寄り添う和菓子が作れるってことですね!
  • MIU404 第8話

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5

    見終わって色々考えてしまった回

    ううう…。
    ガマさん。伊吹よ…。
    ううう…。

    自分の大切な人の一番辛かった時に立ち会えなかったの、ツラかったねえ…。
    でも伊吹は新しい部署に配属されて張り切ってて忙しくて
    ちょっと...
    続きを読む ううう…。
    ガマさん。伊吹よ…。
    ううう…。

    自分の大切な人の一番辛かった時に立ち会えなかったの、ツラかったねえ…。
    でも伊吹は新しい部署に配属されて張り切ってて忙しくて
    ちょっとだけガマさんとのことを横に置いておいただけなんだよね。
    ううう…。

    ガマさんの最後に言った「伊吹には何もできることがなかったよ」
    って優しい言葉のようですごくズーンと胸にきちゃう。
    どっちの意味も含んでいるセリフで、
    しかも小日向さんが言うの、すごい重みだわ。

    自分には本当にできることが無かったのか?
    ってことをこれからずーーーっと胸にかかえたまま生きていかないといけない伊吹
    でも多分伊吹はこれから先を諦めないんだな〜きっと!
    そんで「自分には何もできることがなかった」なんてこはと跳ね除けちゃうハズ!
    何もできることがない場合もあるけど、それでも自分には何かできることがあるはずだと行動し続ける人
    そうあってほしい!

    さてさて。これで志摩の話、陣馬さんの話、伊吹の話ときたので来週からは最終対決に突入かな?
    今回小日向さんにクローズアップされたみたいに生瀬さんもこれからなんかグググっとくるはず!
    じゃないとおかしいよね?っていう

    そんでもってムーミン好きのあの人に加えて「クソが!」のセリフと所長が登場〜〜!!
    え?こっから先もあるの?ある?
評価をする