森本レオの出演ドラマ

プロポーズ大作戦

4.3
  • 出演者 4.6
  • ストーリー 4.6
  • 演技 4.5
  • 映像 4.4
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
2007年
最終回 2007年06月25日
出演 山下智久 長澤まさみ 藤木直人 榮倉奈々 平岡祐太 濱田岳 三上博史
脚本 金子茂樹
主題歌 桑田圭祐 「明日晴れるかな」
  • プロポーズ大作戦 第1話

    山Pは飲み方1つで人に影響を与える

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    山Pが結婚式上でやけになってビールを1,2杯飲むシーンがあるのですが、当時まだ小学生だった僕はこの飲み方が妙に印象に残っていて、それ以来この飲み方を真似てファンタグレープを飲んでいました。そして... 続きを読む 山Pが結婚式上でやけになってビールを1,2杯飲むシーンがあるのですが、当時まだ小学生だった僕はこの飲み方が妙に印象に残っていて、それ以来この飲み方を真似てファンタグレープを飲んでいました。そして成人した僕は、いよいよ本格的に真似をするようになりました。ちなみに、グラスにまでこだわります。

    まぁ何を言いたいかというと、山Pはそんだけかっこいいってこと。
  • ロングバケーション

    4.3
    • 出演者 4.7
    • ストーリー 4.7
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1996年04月15日
    最終回 1996年06月24日
    出演 木村拓哉 山口智子 竹野内豊 稲森いずみ 松たか子 りょう 森本レオ
    脚本 北川悦吏子
    主題歌 久保田利伸 with ナオミ・キャンベル 「LA・LA・LA・LOVE SONG」
  • ロングバケーション

    山口智子最高やなと

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 当時ピアノ必死に練習したわあ。
    山口智子の演技見るだけでほっこり。
  • 謎解きはディナーのあとで

    4.2
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 4.4
    • 演技 4.3
    • 映像 4.4
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2011年
    最終回 2011年12月20日
    出演 櫻井翔 北川景子 椎名桔平 中村靖日 野間口徹 岡本杏理 田中こなつ
    脚本 黒岩勉
    主題歌 「迷宮ラブソング」
  • 謎解きはディナーのあとで

    なんだかんだで面白かった

    5.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    あの人を小馬鹿にした演技はめっちゃ良かった。見た目の真面目な感じも櫻井翔らしくてハマってたと思う。けど、個人的に北川景子が好きやからあんまりいじめて欲しくなかったかな。演技やから仕方ないけどな。... 続きを読む あの人を小馬鹿にした演技はめっちゃ良かった。見た目の真面目な感じも櫻井翔らしくてハマってたと思う。けど、個人的に北川景子が好きやからあんまりいじめて欲しくなかったかな。演技やから仕方ないけどな。ドラマはめっちゃ良かった。
  • 4 ショムニ1

    4.1
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.3
    • 演技 4.3
    • 映像 4.1
    フジテレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    初回 1998年04月15日
    最終回 1998年07月01日
    出演 江角マキコ 高橋由美子 森本レオ 京野ことみ 戸田菜穂 石黒賢 櫻井淳子
    脚本 高橋留美
    主題歌 IZAM with ASTRAL LOVE 「素直なままで」
  • ショムニ1

    リメイクするなら坪井千夏は菜々緒!

    4.3
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.2
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    会社の悪を叩きのめす
    坪井千夏(天下無敵の肉食系最強OL)
    の名言が気持ちよくて
    毎回スカッとできた。

    もし今リメイクしたら
    菜々緒が似合いそう。
  • 5 凪のお暇

    3.9
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.9
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2019年
    最終回 2019年09月20日
    出演 黒木華 高橋一生 中村倫也 市川実日子 三田佳子 吉田羊 武田真治
    脚本 大島里美
    主題歌 miwa 「リブート」
  • 凪のお暇

    はまりすぎるキャラ

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    1話目でやられました!
    もうなんなのキャラがハマりすぎる。メインの三人がみんな幸せになれ!と祈りたくなるほど素敵なキャラでした。いや、三人だけではなくてそれぞれが悩み生きている様が本当によく描...
    続きを読む 1話目でやられました!
    もうなんなのキャラがハマりすぎる。メインの三人がみんな幸せになれ!と祈りたくなるほど素敵なキャラでした。いや、三人だけではなくてそれぞれが悩み生きている様が本当によく描けていました。毎週楽しみだったので、終わってしまってロス…また何処かで会えるのいいなぁ、
  • 6 ショムニ2

    3.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.3
    • 演技 4.4
    • 映像 4.2
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    初回 2000年04月12日
    最終回 2000年06月28日
    出演 江角マキコ 高橋由美子 森本レオ 京野ことみ 戸田菜穂 石黒賢 櫻井淳子
    脚本 高橋留美
    主題歌 SURFACE 「ゴーイングmy上へ」
  • ショムニ2

    気楽に見れて、見た後は爽快な気分!

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    落ちこぼれ部署の庶務2課が、会社で起こる様々な問題を、独自の方法で解決していくストーリー!
    なんと言っても主役の坪井千夏を演じる江角マキコがかっこいいー!竹を割ったような性格で、偉い人だろうが...
    続きを読む 落ちこぼれ部署の庶務2課が、会社で起こる様々な問題を、独自の方法で解決していくストーリー!
    なんと言っても主役の坪井千夏を演じる江角マキコがかっこいいー!竹を割ったような性格で、偉い人だろうがなんだろうが、思ったことはズバッと言います。
    現代社会でこんな生き方なかなか出来ないけど、だからこそ憧れちゃうな〜。
    他のメンバーも個性的で面白いし、一話完結でドロドロした話も出てこないので、気楽に見れます。
    楽しくてスカッとしたドラマを見たい人にオススメ!
  • 7 ショムニ~2013~

    3.8
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.3
    • 映像 4.2
    フジテレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    初回 2013年07月10日
    最終回 2013年09月18日
    出演 江角マキコ ベッキー 本田翼 安藤サクラ 森カンナ 堀内敬子 三浦翔平
    脚本 丑尾健太郎
    主題歌 Serena 「ピンクの弾丸」
  • ショムニ~2013~

    痛快、元祖パワハラリベンジ女です。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    元祖!パワハラへのリベンジ女軍団の活躍とでも言いましょうか?。初代、ショムニの主人公の坪井を演じた江角マキコの口を少し曲げた口上が頭にこびりついて忘れられません。戸田恵子のしぶい演技も良かったで... 続きを読む 元祖!パワハラへのリベンジ女軍団の活躍とでも言いましょうか?。初代、ショムニの主人公の坪井を演じた江角マキコの口を少し曲げた口上が頭にこびりついて忘れられません。戸田恵子のしぶい演技も良かったです。当時のミニスカブームもあって、宮下演じた桜井淳子のお色気ムードも華やかさがありました。一方、冴えない井上課長役の森本レオが右往左往する姿は、ペーソスもあって可愛かったです。新元号がどうなるかわかりませんhが、新元号で復活して欲しいドラマです。
  • 8 僕だけのマドンナ

    3.6
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.1
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2003年
    最終回 2003年09月15日
    出演 滝沢秀明 長谷川京子 緒形直人 小堺一機 島谷ひとみ 小西真奈美 小泉孝太郎
    脚本 岡田惠和
    主題歌 サザンオールスターズ 「涙の海で抱かれたい〜SEAOFLOVE〜」
  • 僕だけのマドンナ

    まさに王道な月9作品

    4.6
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマを思い出すと、自然とサザンの主題歌が流れてくる、ドラマと主題歌が絶妙にマッチした作品だったなぁ!
    天真爛漫な長谷川京子さん演じるするみとタッキー演じるキョンの恋愛模様が甘酸っぱくて、見ていて楽しかったです。
    まさに王道な月9作品だったと思います。
  • 9 執事西園寺の名推理

    3.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.4
    • 映像 4.1
    テレビ東京系 金曜 20:00 〜     20:54
    初回 2018年04月13日
    最終回 2018年06月08日
    出演 上川隆也 佐藤二朗 八千草薫 古谷一行 岡本玲 里見浩太朗 浅利陽介
    脚本 田中眞一
    主題歌 ナオト・インティライミ 「しおり」
  • 執事西園寺の名推理

    執事西園寺の名推理

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 久しぶりに上川さんがかっこいい感じで出てきたなぁ。いつものちょっと天然な感じのキャラも好きだけど、執事役は似合ってる~。
    奥様の八千草薫との絆が熱い~。いったい何があったのか少しずつ紐解かれる感じも面白かった。次のシリーズもあったらいいのになぁ。
    事件を解決するときのセリフももったいぶってる感があっていい。
  • 10 家族ノカタチ

    3.4
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.4
    • 映像 4.2
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2016年01月17日
    最終回 2016年03月20日
    出演 香取慎吾 上野樹里 西田敏行 風吹ジュン 水原希子 荒川良々 千葉雄大
    脚本 後藤法子
    主題歌 ellie 「Unpredictable Story」
  • 家族ノカタチ

    現代をリアルに描くドラマ

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    香取慎吾が出てる!ってことで観てたけど、未婚男性のリアルな感情に同世代の同じく未婚、結婚願望なし女性として理解のできる心情が多々あった。
    息子を心配する西田敏行さんとの絡みがいつも楽しみだったな...
    続きを読む 香取慎吾が出てる!ってことで観てたけど、未婚男性のリアルな感情に同世代の同じく未婚、結婚願望なし女性として理解のできる心情が多々あった。
    息子を心配する西田敏行さんとの絡みがいつも楽しみだったなぁ。
    スマップの件で騒がしい時期だっただけに観る目もちょっと複雑だったけど。
    上野樹里さんと香取慎吾さんがうまくいってほしいと願う中、田中圭さんの微妙な存在にイラつきもあったなぁ。
  • 11 愛という名のもとに

    3.4
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.4
    • 映像 4.1
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    1992年
    最終回 1992年03月26日
    出演 鈴木保奈美 唐沢寿明 江口洋介 洞口依子 石橋保 中島宏海 中野英雄
    脚本 野島伸司
    主題歌 浜田省吾 「悲しみは雪のように」
  • 愛という名のもとに

    最後まで真剣に観てしまう!

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマはバブル期に活躍した、女優、俳優陣が、
    真面目な内容のドラマを非常に真剣に演じていて、
    画面の前で正座して観たくなるようなドラマだった。

    華やかなトレンディードラマが落ち着き、
    世の中がゆっくり変わっていた頃、時代背景にドラマの内容がとてもマッチしていた…

    苦悩する男女の友情と愛情が、とても丁寧に描かれて、
    仲間の大切さを感じるストーリーで、平坦な内容かと思いきや、
    後半には衝撃の展開もあり、見応えのあるドラマでした。
  • 12 あぐり

    3.4
    • 出演者 4.6
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.6
    • 映像 4.3
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 1997年04月07日
    最終回 1997年10月04日
    出演 田中美里 野村萬斎 野村宏伸 高嶋政伸 山田純大 星由里子 里見浩太朗
    脚本 清水有生
  • あぐり

    野村萬斎さんが素敵だった

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    ヒロインの記憶より、その夫役の野村萬斎のインパクトが凄くて、忘れられない。
    伊達男だけど、早くに亡くなっちゃう彼はまさに美人薄命と言う感じで、切ない記憶を残して逝っちゃうの。
    その思い出だけ...
    続きを読む ヒロインの記憶より、その夫役の野村萬斎のインパクトが凄くて、忘れられない。
    伊達男だけど、早くに亡くなっちゃう彼はまさに美人薄命と言う感じで、切ない記憶を残して逝っちゃうの。
    その思い出だけで残りの長い時間を生きてきた吉行あぐりさん(モデルは女優の吉行和子さんのママ)、カッコいいなぁ。
  • 13 アリバイ崩し承ります

    3.0
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 3.6
    • 演技 4.0
    • 映像 3.7
    テレビ朝日系 土曜 23:15 〜     00:05
    2020年
    最終回 2020年03月14日
    出演 浜辺美波 安田顕 成田凌 柄本時生 勝村政信 中丸新将 井上雄太
    脚本 いずみ吉紘 神田優
    主題歌 木村カエラ 「時計の針 ~愛してもあなたが遠くなるの~」
  • アリバイ崩し承ります

    とりあえず個人的見解

    4.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    テレ朝のあの時間帯のドラマは他局よりもスロースターターで話数も短いんですね。
    一気に民放ドラマが始まる勢いについていけない人、初回を見逃すとやる気が無くなる人、マイペースな視聴者には優しいドラ...
    続きを読む テレ朝のあの時間帯のドラマは他局よりもスロースターターで話数も短いんですね。
    一気に民放ドラマが始まる勢いについていけない人、初回を見逃すとやる気が無くなる人、マイペースな視聴者には優しいドラマだと思ってます。

    何話か見逃してしまったけど、一話完結の物語なので、ちまちま飛んで見ても大きな支障は無い。
    でも露天風呂回は見ておけば良かったと後悔してる…。

    ・キャラクター
    各キャラクターの濃さはメイン3人はともかく、脇を固める那野県警組の格差がなかなか……。
    完全にゲストに食われてる回もある。最終回が終わった今でも、
    一話分しか登場してない間宮祥太朗さんや木村カエラさんの方が印象に残ってる、ゲストに負けてるレギュラーメンバーも何人かいる。ごめん…。
    演じた俳優さんが〜とかではなく、完全にキャラ付け要素の方でそりゃあゲストに負けるわ、って感じ。

    時乃ちゃん、察時さん、雄馬くん>樋口秀人(オネエ)>>牧村匠(ジュニア)>>>綿貫哲治(偉い人)…>>>>>…お、女の人
    せっかくアトムくんとかカレンさんとかネーミングで勝てそうなキャラクターも居るけど、名前を呼ばれることがほぼ無いので、なんかもったいない。
    公式サイトの相関図にぶち込まれるレギュラーメンバーなんだから、もう少し何かしら出番あれば一人のキャラクターとして認知できたけど…。
    個性が”後輩”だけだとなぁ…、ゲストの”コワモテ”とか”女帝”には負けちゃうよなぁ……。
    いや、私が見逃した回でめっちゃ活躍してたとかだったら、本当すいません。

    前番組の”空のおっさんずラブ”もリアルタイムで見ていたんだけど、そっちはラブに関わる人も関わらない人も、
    性別や上下関係も無視して、全員ウスターソースに岩塩と練乳混ぜて直飲みしてるのか?ってくらい濃いメンツだったので、
    こっちは視聴者に覚える気が無いとマジで認知できないキャラクターも数人居たことに最終回を迎えて衝撃を受けた。
    まぁ、ジャンルや重さによってもキャラクターの扱い方は変わるかな。
    ここ最近は同ジャンルでもギャグ寄りのミステリー(キャラが濃い)とか単発サスペンス(キャラが少ない)ばっかり見ていたので…。

    四面全部アナログ時計の長時間居座ったらなかなか気が狂いそうな空間に住んでいる時乃ちゃん、
    入浴と飲食と通話を同時にこなすことが出来るハイスペック時乃ちゃん、
    人が亡くなっている事件の気配を察知したり急ぐパトカーを見ると無性にワクワクしてしまう時乃ちゃん、
    奥さんと子供が居るけど年下女性との共同生活をなんと決行してしまう察時さん、
    プライド崩れる機会がなかった故に今後もプライドが高くなり続けいずれ東京スカイツリーを超えそうな察時さん、
    最終回手前でメンヘラとスピリチュアルのハイブリットみたいになってしまった雄馬くん、
    この3人の”ヤバい奴ら感”は結構好きです。
    何より、あれだけ時乃連呼して、察時さんとの距離感が完全にバグっている、
    雄馬くんがオリジナルキャラだったことに驚き。

    皆大好き樋口さんも最終回では素敵な笑顔を見せてくれたし。
    中の人繋がりで”屍人荘の殺人”を彷彿させますねー。
    察時さんとの艶のある(?)やり取りや、雄馬くんを陰ながら見守ってる感じも、良いポジションだったなぁと。

    ・ストーリー
    満足度は”何を目的で見たか”で大きく変わる印象。視聴者の求めたもの次第。
    あと推理力。これも視聴者の持っている能力次第。
    とりあえず私は、前番組からの流れと浜辺さん目当てで”ノリで”見たけど楽しめたので満足。

    キャスト目当てなら、
    浜辺さん安田さん成田さん応援している人なら嬉しいドラマだったと思います。
    上記の通り那野県警組キャスト陣のファンになると、ウ〜ン。……。

    推理を楽しみたい勢は、
    …どうなの?よそと比べて難易度どれくらいなの?
    犯人はなんとなく分かる。でもトリックがなかなか分からない。
    ちゃんと毎回”死亡推定時刻”や”殺害時刻?”などを提示しながら話を進めてくれるので、
    分かる人にはちゃんと分かるみたいですね。私は一回も時を戻せなかったけど。
    メモったノートの写真添付してアリバイ崩せた宣言してるツイート見たときはビックリ。ガチ勢を見た…。

    ”難易度”と共に気になったのが”トリックの質”。
    …どうなの?よそと比べてトリックの質どれくらいなの?
    視聴者の推理力と共に経験値も問われる。私は経験値不足を痛感した。
    変装ネタは何回か登場したけどそこまで毎度毎度上手く周囲を騙せるのか、
    夢遊病についてもチラッと調べたけどここまで現実と夢がリンクするものなのか、
    クリエイターのパソコンに音楽データが無いことはそんなに不思議な事案なのか…。
    (わ、私もそっち系志望なんだけどパソコンに音楽データ入れて無い…。泣)
    やっぱりこれは単に私が捻くれているのかな…。
    (多分初回で音楽データの件が出てきて私がヘコんだだけです)
    一話で解決できる事件となれば、多少のご都合主義はしゃーないよね。
    似たような作品たくさん見て経験値積んで、平均的なご都合主義の度合いに慣れれば、これくらい普通にあるある〜!なのかも。

    小ストーリーについて、
    上記の通り見逃しても話について行けるのは大変ありがたい。
    エッ!先週何があったの!?みたいな事態にはならない。TVerならいつでも観れると少々甘えてしまった…。
    全七話と他より短い放送期間のためコンテンツそのものに飽きることもない。
    恐らく一話完結を十二話放送とかにすると、徐々に飽きて離脱してくる視聴者もいたと思うから、
    ストーリー構成と放送期間を見事に正しくマッチさせたんだろうなぁ。とにかく”見やすさ”は満点!

    大ストーリーについて、
    続編は期待できる終わり方だけど、やっぱり主役は時乃ちゃんなんだな〜って感じ。
    大ストーリーは”アリバイ崩しを始めた時乃ちゃんの日常の一部”。つまり大ストーリーは無い感じです。
    初回冒頭から察時さんは”この男…プライドがとにかく高いぞ!”を貫いていたので、てっきり
    時乃ちゃんに頼りつつ、雄馬くんとぶつかりつつ、”察時さんの人間的なキャリア的な成長”を描いていく系だと思ってた。
    最後はドラぇもんの力を借りないでジャィァンに立ち向かうノビタクンみたいな。
    意外と最後までドラぇもんの力を駆使する察時さんでした。
    最終回の終わり方も通常回と特に変わりなし。察時さんがまた異動になったり、家族の元へ戻ることになったり、そんな終わり方かな〜と予想してたら
    ”これからも察時さんは時乃ちゃんに頼ってしまうのでしょうか…。仕方ないですね〜、察時さんって人は。”みたいな超平和な終わり方。
    ポジティブに捉えるなら、微笑ましい二人の関係を傷つけない終わり方…?と言ったところかな。
    そして察時さん、奥さんと子供は大丈夫なのか。(私が見逃した回で夫婦離別していたとか無いですよね?)
    私はもうちょっとスパイス効いた終わり方でも良かったけど。
    でも話が進むにつれて雄馬くんが、察時さんを小馬鹿にしてたのが
    徐々に信頼したい気持ちも生まれてきた雰囲気を感じたのは凄く良かったです。特に最終回。

    ・映像
    OP映像が可愛い。OPや推理タイムに流れる音楽も作品や浜辺さんに合っていて素敵。
    殺人事件に対してド派手な演出等はないけれど、
    小さな可愛い名探偵・浜辺さんを堪能する映像作品としては傑作。

    Twitterでは”恒例のお風呂でおやつを頬張るシーン”が好評で毎回盛り上がっている印象だったけど、
    意外とレビューサイトではマイナスな感想が多かったのに驚き。
    浜辺さんと同年代の私が見るのと、私たちの親が見るのではやっぱり違うのかな…?
    娘に風呂でコロッケ食われたら嫌かな。嫌か…。
  • 14 水球ヤンキース

    3.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    フジテレビ系 土曜 23:10 〜     23:55
    2014年
    最終回 2014年09月20日
    出演 中島裕翔 山﨑賢人 高木雄也 大原櫻子 大政絢 倉科カナ 北村有起哉
    脚本 徳永友一 麻倉圭司 松田沙也
    主題歌 Hey!Say!JUMP 「明日へのYELL」

    15 ハンドク!!!

    3.0
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.8
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    2001年
    最終回 2001年12月12日
    出演 長瀬智也 内山理名 二宮和也 真中瞳 岡本麗 沢村一樹 野際陽子
    脚本 大石静
    主題歌 TOKIO 「DR」
  • ハンドク!!!

    元ギャングが医者に!?

    3.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    元ギャングながら
    ブラックジャックに憧れ
    医者になった主人公

    勤め始めた病院は
    機械化、IT化が進み
    患者がないがしろにされていく

    そんな中、人のためにと
    規律を破りながらも
    病院を変えてい...
    続きを読む 元ギャングながら
    ブラックジャックに憧れ
    医者になった主人公

    勤め始めた病院は
    機械化、IT化が進み
    患者がないがしろにされていく

    そんな中、人のためにと
    規律を破りながらも
    病院を変えていく主人公

    いったいどんな医者になっていくのか
  • 16 王様のレストラン

    3.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 21:00 〜     21:54
    1995年
    最終回 1995年07月05日
    出演 松本幸四郎 筒井道隆 山口智子 鈴木京香 西村雅彦 小野武彦 梶原善
    脚本 三谷幸喜
    主題歌 平井堅 「Precious Junk」
  • 王様のレストラン

    森本レオもヤバイ😤

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 24年ぶりに見たけど今見てもめっちゃ面白いし三谷幸喜すごいなぁ🤣

    松本幸四郎(当時)はじめ、山口智子、西村雅彦などなど名俳優さんだらけだしストーリーも最高だし見応え十分😋

    そして何より個人的には森本レオのナレーションが病みつきになる😤
  • 17 ギフトGIFT

    3.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.7
    • 演技 4.7
    • 映像 4.5
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    初回 1997年04月16日
    最終回 1997年06月25日
    出演 木村拓哉 室井滋 篠原涼子 忌野清志郎 今井雅之 小林聡美 倍賞美津子
    脚本 飯田譲治
    主題歌 ブライアン・フェリー 「TOKYO JOE」
  • ギフトGIFT

    すごく胸に残ります。

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 人によって「ギフト」はいろいろな考えでかわるとおもう。
    しかし、このドラマで「ギフト」の本音がわかった。
    私はいま様々なもの、まわりからたくさんのギフトをいただいている。
    また、私も知らずに誰かに毎日ギフトをおくっているかもしれない
    今現在は私たちのそばにきてくれたあかちゃんが
    私の人生のギフトだといえる。
    毎日どんなギフトが来るか楽しみだ。
    きっとまた何かが、
  • 18 おいしい関係

    3.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.5
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1996年10月14日
    最終回 1996年12月16日
    出演 中山美穂 唐沢寿明 草彅剛 森本レオ 中野誠也 小坂一也 原田美枝子
    脚本 野沢尚
    主題歌 中山美穂 with MAYO 「未来へのプレゼント」
  • おいしい関係

    レストランが舞台のお話

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.5
    槇村さとるさんの漫画が原作です。中山美穂さんが演じる主人公のしぐさやひたむきな姿勢、がんばる姿が可愛かったです。中山美穂さんと唐沢寿明さんのかけあいが楽しかったです。また、ドラマのレストランで出... 続きを読む 槇村さとるさんの漫画が原作です。中山美穂さんが演じる主人公のしぐさやひたむきな姿勢、がんばる姿が可愛かったです。中山美穂さんと唐沢寿明さんのかけあいが楽しかったです。また、ドラマのレストランで出てくる料理がおいしそうで、実在すればぜひ行ってみたいと思いました。がんばれば何かいいことがある、そんなことを思わせてくれるドラマでした。
  • 2020

      アリバイ崩し承ります特別編 時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      abemaビデオ(abemaTV) 土曜
      2020年
      最終回 2020年03月14日
      出演 浜辺美波 森本レオ 成田凌
      脚本 モラル

      アリバイ崩し承ります

      3.0
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 3.6
      • 演技 4.0
      • 映像 3.7
      テレビ朝日系 土曜 23:15 〜     00:05
      2020年
      最終回 2020年03月14日
      出演 浜辺美波 安田顕 成田凌 柄本時生 勝村政信 中丸新将 井上雄太
      脚本 いずみ吉紘 神田優
      主題歌 木村カエラ 「時計の針 ~愛してもあなたが遠くなるの~」
    • アリバイ崩し承ります

      とりあえず個人的見解

      4.0
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      テレ朝のあの時間帯のドラマは他局よりもスロースターターで話数も短いんですね。
      一気に民放ドラマが始まる勢いについていけない人、初回を見逃すとやる気が無くなる人、マイペースな視聴者には優しいドラ...
      続きを読む テレ朝のあの時間帯のドラマは他局よりもスロースターターで話数も短いんですね。
      一気に民放ドラマが始まる勢いについていけない人、初回を見逃すとやる気が無くなる人、マイペースな視聴者には優しいドラマだと思ってます。

      何話か見逃してしまったけど、一話完結の物語なので、ちまちま飛んで見ても大きな支障は無い。
      でも露天風呂回は見ておけば良かったと後悔してる…。

      ・キャラクター
      各キャラクターの濃さはメイン3人はともかく、脇を固める那野県警組の格差がなかなか……。
      完全にゲストに食われてる回もある。最終回が終わった今でも、
      一話分しか登場してない間宮祥太朗さんや木村カエラさんの方が印象に残ってる、ゲストに負けてるレギュラーメンバーも何人かいる。ごめん…。
      演じた俳優さんが〜とかではなく、完全にキャラ付け要素の方でそりゃあゲストに負けるわ、って感じ。

      時乃ちゃん、察時さん、雄馬くん>樋口秀人(オネエ)>>牧村匠(ジュニア)>>>綿貫哲治(偉い人)…>>>>>…お、女の人
      せっかくアトムくんとかカレンさんとかネーミングで勝てそうなキャラクターも居るけど、名前を呼ばれることがほぼ無いので、なんかもったいない。
      公式サイトの相関図にぶち込まれるレギュラーメンバーなんだから、もう少し何かしら出番あれば一人のキャラクターとして認知できたけど…。
      個性が”後輩”だけだとなぁ…、ゲストの”コワモテ”とか”女帝”には負けちゃうよなぁ……。
      いや、私が見逃した回でめっちゃ活躍してたとかだったら、本当すいません。

      前番組の”空のおっさんずラブ”もリアルタイムで見ていたんだけど、そっちはラブに関わる人も関わらない人も、
      性別や上下関係も無視して、全員ウスターソースに岩塩と練乳混ぜて直飲みしてるのか?ってくらい濃いメンツだったので、
      こっちは視聴者に覚える気が無いとマジで認知できないキャラクターも数人居たことに最終回を迎えて衝撃を受けた。
      まぁ、ジャンルや重さによってもキャラクターの扱い方は変わるかな。
      ここ最近は同ジャンルでもギャグ寄りのミステリー(キャラが濃い)とか単発サスペンス(キャラが少ない)ばっかり見ていたので…。

      四面全部アナログ時計の長時間居座ったらなかなか気が狂いそうな空間に住んでいる時乃ちゃん、
      入浴と飲食と通話を同時にこなすことが出来るハイスペック時乃ちゃん、
      人が亡くなっている事件の気配を察知したり急ぐパトカーを見ると無性にワクワクしてしまう時乃ちゃん、
      奥さんと子供が居るけど年下女性との共同生活をなんと決行してしまう察時さん、
      プライド崩れる機会がなかった故に今後もプライドが高くなり続けいずれ東京スカイツリーを超えそうな察時さん、
      最終回手前でメンヘラとスピリチュアルのハイブリットみたいになってしまった雄馬くん、
      この3人の”ヤバい奴ら感”は結構好きです。
      何より、あれだけ時乃連呼して、察時さんとの距離感が完全にバグっている、
      雄馬くんがオリジナルキャラだったことに驚き。

      皆大好き樋口さんも最終回では素敵な笑顔を見せてくれたし。
      中の人繋がりで”屍人荘の殺人”を彷彿させますねー。
      察時さんとの艶のある(?)やり取りや、雄馬くんを陰ながら見守ってる感じも、良いポジションだったなぁと。

      ・ストーリー
      満足度は”何を目的で見たか”で大きく変わる印象。視聴者の求めたもの次第。
      あと推理力。これも視聴者の持っている能力次第。
      とりあえず私は、前番組からの流れと浜辺さん目当てで”ノリで”見たけど楽しめたので満足。

      キャスト目当てなら、
      浜辺さん安田さん成田さん応援している人なら嬉しいドラマだったと思います。
      上記の通り那野県警組キャスト陣のファンになると、ウ〜ン。……。

      推理を楽しみたい勢は、
      …どうなの?よそと比べて難易度どれくらいなの?
      犯人はなんとなく分かる。でもトリックがなかなか分からない。
      ちゃんと毎回”死亡推定時刻”や”殺害時刻?”などを提示しながら話を進めてくれるので、
      分かる人にはちゃんと分かるみたいですね。私は一回も時を戻せなかったけど。
      メモったノートの写真添付してアリバイ崩せた宣言してるツイート見たときはビックリ。ガチ勢を見た…。

      ”難易度”と共に気になったのが”トリックの質”。
      …どうなの?よそと比べてトリックの質どれくらいなの?
      視聴者の推理力と共に経験値も問われる。私は経験値不足を痛感した。
      変装ネタは何回か登場したけどそこまで毎度毎度上手く周囲を騙せるのか、
      夢遊病についてもチラッと調べたけどここまで現実と夢がリンクするものなのか、
      クリエイターのパソコンに音楽データが無いことはそんなに不思議な事案なのか…。
      (わ、私もそっち系志望なんだけどパソコンに音楽データ入れて無い…。泣)
      やっぱりこれは単に私が捻くれているのかな…。
      (多分初回で音楽データの件が出てきて私がヘコんだだけです)
      一話で解決できる事件となれば、多少のご都合主義はしゃーないよね。
      似たような作品たくさん見て経験値積んで、平均的なご都合主義の度合いに慣れれば、これくらい普通にあるある〜!なのかも。

      小ストーリーについて、
      上記の通り見逃しても話について行けるのは大変ありがたい。
      エッ!先週何があったの!?みたいな事態にはならない。TVerならいつでも観れると少々甘えてしまった…。
      全七話と他より短い放送期間のためコンテンツそのものに飽きることもない。
      恐らく一話完結を十二話放送とかにすると、徐々に飽きて離脱してくる視聴者もいたと思うから、
      ストーリー構成と放送期間を見事に正しくマッチさせたんだろうなぁ。とにかく”見やすさ”は満点!

      大ストーリーについて、
      続編は期待できる終わり方だけど、やっぱり主役は時乃ちゃんなんだな〜って感じ。
      大ストーリーは”アリバイ崩しを始めた時乃ちゃんの日常の一部”。つまり大ストーリーは無い感じです。
      初回冒頭から察時さんは”この男…プライドがとにかく高いぞ!”を貫いていたので、てっきり
      時乃ちゃんに頼りつつ、雄馬くんとぶつかりつつ、”察時さんの人間的なキャリア的な成長”を描いていく系だと思ってた。
      最後はドラぇもんの力を借りないでジャィァンに立ち向かうノビタクンみたいな。
      意外と最後までドラぇもんの力を駆使する察時さんでした。
      最終回の終わり方も通常回と特に変わりなし。察時さんがまた異動になったり、家族の元へ戻ることになったり、そんな終わり方かな〜と予想してたら
      ”これからも察時さんは時乃ちゃんに頼ってしまうのでしょうか…。仕方ないですね〜、察時さんって人は。”みたいな超平和な終わり方。
      ポジティブに捉えるなら、微笑ましい二人の関係を傷つけない終わり方…?と言ったところかな。
      そして察時さん、奥さんと子供は大丈夫なのか。(私が見逃した回で夫婦離別していたとか無いですよね?)
      私はもうちょっとスパイス効いた終わり方でも良かったけど。
      でも話が進むにつれて雄馬くんが、察時さんを小馬鹿にしてたのが
      徐々に信頼したい気持ちも生まれてきた雰囲気を感じたのは凄く良かったです。特に最終回。

      ・映像
      OP映像が可愛い。OPや推理タイムに流れる音楽も作品や浜辺さんに合っていて素敵。
      殺人事件に対してド派手な演出等はないけれど、
      小さな可愛い名探偵・浜辺さんを堪能する映像作品としては傑作。

      Twitterでは”恒例のお風呂でおやつを頬張るシーン”が好評で毎回盛り上がっている印象だったけど、
      意外とレビューサイトではマイナスな感想が多かったのに驚き。
      浜辺さんと同年代の私が見るのと、私たちの親が見るのではやっぱり違うのかな…?
      娘に風呂でコロッケ食われたら嫌かな。嫌か…。

    2019

    2018

    2016

    2014

    2013

    2011

    2007

    2003

    2002

    2001

    2000

    1998

    1997

    1996

    1995

    1993

    1992

    評価をする