相武紗季の出演ドラマ

家政婦のミタ

4.3
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.2
  • 映像 4.1
日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
初回 2011年10月12日
最終回 2011年12月21日
出演 松嶋菜々子 長谷川博己 相武紗季 忽那汐里 白川由美 平泉成 野波麻帆
脚本 遊川和彦
主題歌 斉藤和義 「やさしくなりたい」
  • 家政婦のミタ 第11話

    シリーズ化してほしい!

    3.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    今まで無表情であった三田が涙を流したり、笑顔を見せたというシーンが忘れられないくらいに感動した。三田に感情を与えたのは阿須田一家。その後、三田はまたもや無表情になってしまうが、笑顔を見せたという... 続きを読む 今まで無表情であった三田が涙を流したり、笑顔を見せたというシーンが忘れられないくらいに感動した。三田に感情を与えたのは阿須田一家。その後、三田はまたもや無表情になってしまうが、笑顔を見せたというのは物凄く意味のあることだし泣けた。ラストでミタさんが新しく家政婦として行ったお家で続編、いや、「家政婦は三田」みたいにシリーズ化して欲しー!!
  • グッドワイフ

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.1
  • グッドワイフ

    強きものたちの法廷ドラマ!

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む このドラマは面白過ぎてどんどん次の話を観たくなってしまいます。
    法廷ドラマで難しいのかなと思っていたら、ストーリーの面白さがあって、基本的に一単位の話なので、リズムよく観れること間違いなしです。
    また、多くの強い女性が活躍しているところも素敵です。
  • 僕のヤバイ妻

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.2
    • 映像 4.0
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    初回 2016年04月19日
    最終回 2016年06月14日
    出演 伊藤英明 木村佳乃 相武紗季 浅香航大 眞島秀和 キムラ緑子 高橋一生
    脚本 黒岩勉
    主題歌 Anly 「EMERGENCY」
  • 僕のヤバイ妻

    悪女、醜悪な女を演じるのが上手

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 普段は明るく朗らかなイメージがあったキムラ緑子さんだけれど、このドラマを観ると、キムラ緑子さんであるということを忘れて本当にこういうおばさんいそうだなと思えて、すごく気持ち悪く見えたし悪女、意地悪な女を演じるのが上手だなあと思いました。
  • 4 ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 3.9
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2009年
    最終回 2009年09月21日
    出演 山下智久 北川景子 相武紗季 貫地谷しほり 伊藤英明 真矢みき 永井大
    脚本 大森美香
    主題歌 B'z 「イチブトゼンブ」
  • ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~

    恋愛をメインにおいたドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 山Pがバスケをする姿もカッコいいですが、相武紗季さん演じる彼女がおりながら、北川景子さん演じる女性と親しくなって惹かれていく過程がきちんと垣間見れて面白いです。情熱的なキスシーンもあります。いつの間にか恋に落ちた2人がやっと結ばれたと思えるシーンは最高であり、何度も巻き戻して見てしまいます。
  • 5 ブラックペアン

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.2
    • 映像 4.1
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年06月24日
    出演 二宮和也 竹内涼真 内野聖陽 小泉孝太郎 葵わかな 辻萬長 山本亨
    脚本 丑尾健太郎
    主題歌 小田和正 「この道を」
    原作 海堂尊
  • ブラックペアン

    俳優陣の圧倒的な演技力に惹かれる作品

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    とにかく人選がすごいです!
    俳優陣の豪華さ、そして主演、二宮和也の圧倒的な演技力。
    そのダークヒーロー感に、誰もが目を離せなくなります。
    研修医役の若手俳優たちもいい味出しててとても好印象です。...
    続きを読む とにかく人選がすごいです!
    俳優陣の豪華さ、そして主演、二宮和也の圧倒的な演技力。
    そのダークヒーロー感に、誰もが目を離せなくなります。
    研修医役の若手俳優たちもいい味出しててとても好印象です。

    今一番、続編が見たい医療ドラマです!
  • 6 リッチマン、プアウーマン

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2012年07月09日
    最終回 2012年09月17日
    出演 小栗旬 石原さとみ 相武紗季 井浦新 浅利陽介 中村靖日 植木紀世彦
    脚本 安達奈緒子
    主題歌 miwa 「ヒカリへ」
  • リッチマン、プアウーマン 第11話

    最終回めっちゃいいね😊

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 最終回、めっちゃいい😊

    個人的には中盤で日向が社員のみんなに「ITとは人々の生活を豊かにするものだ」というところ。

    IT企業で働く全ての人に勇気を与える言葉🤗

    僅かでもより世の中が良くなるために働きたいね!
  • 7 鍵のかかった部屋

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.9
    • 映像 3.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2012年
    最終回 2012年06月25日
    出演 大野智 戸田恵梨香 佐藤浩市 能年玲奈 宇梶剛士 風間杜夫 堀部圭亮
    脚本 相沢友子
    主題歌 「Face Down」
    原作 貴志祐介
  • 鍵のかかった部屋

    1時間があっという間!!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    大野さんを筆頭にキャストの皆さんが個性的なキャラクターを演じていて、全く飽きることなく見させて頂きました。
    セリフの間や音楽の使い方もオシャレで、上質なドラマだと思います。
    映画化して頂ける...
    続きを読む 大野さんを筆頭にキャストの皆さんが個性的なキャラクターを演じていて、全く飽きることなく見させて頂きました。
    セリフの間や音楽の使い方もオシャレで、上質なドラマだと思います。
    映画化して頂けると嬉しいです。
  • 8 華麗なる一族TBS開局55周年記念特別企画

    3.9
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.6
    • 映像 3.7
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2007年01月14日
    最終回 2007年03月18日
    出演 木村拓哉 北大路欣也 鈴木京香 長谷川京子 山本耕史 相武紗季 仲村トオル
    脚本 橋本裕志
    主題歌 イーグルス 「デスペラード」
    原作 山崎豊子
  • 華麗なる一族TBS開局55周年記念特別企画

    とにかく重厚なヒューマン・ドラマ

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.5
    財閥の御曹司を演じるキムタクが厳しい経済界を生き抜こうとする重厚なドラマ。

    TBSの開局55年記念として制作されただけあって、とにかく豪華。

    絶頂期のキムタクを主演に迎えたのはもちろ...
    続きを読む 財閥の御曹司を演じるキムタクが厳しい経済界を生き抜こうとする重厚なドラマ。

    TBSの開局55年記念として制作されただけあって、とにかく豪華。

    絶頂期のキムタクを主演に迎えたのはもちろん、鈴木京香、長谷川京子、山本耕史など、脇を固める俳優も実力派ばかり。
    まるで大河ドラマのよう。

    物語や映像もドラマとは思えないほどよくできていて、映画のように繰り返し見れる深いドラマ。
  • 9 マッサン

    3.8
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.7
    • 映像 3.7
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    初回 2014年09月29日
    最終回 2015年03月28日
    出演 玉山鉄二 シャーロット・ケイト・フォックス 堤真一 泉ピン子 西田尚美 早見あかり 高橋元太郎
    脚本 羽原大介
    主題歌 中島みゆき 「麦の唄」
  • マッサン

    初めての外国人ヒロイン!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 朝ドラのヒロインが外国人!しかも日本語をほとんどしゃべれないと言うことで、初めはどうなのかな〜と思っていました。ところが、エリーさんの慣れない日本文化に悪戦苦闘する姿と見事に重なって、ついつい惹き込まれてしまいました。素敵な演技でした。
    異文化の中で苦労しながらも、ウイスキー造りに励むマッサンを支え、筋を通して逞しく生きる姿は、朝ドラヒロインらしくてよかったです。
    ついついニッカウヰスキー買ってしまいました。ウイスキー好きの方はぜひ!
  • 10 ウォーターボーイズ1

    3.6
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.5
    • 映像 3.3
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2003年
    最終回 2003年09月09日
    出演 山田孝之 森山未來 眞鍋かをり 柄本明 布施明 瑛太 香椎由宇
    脚本 橋本裕志 宮藤官九郎
    主題歌 福山雅治 「虹」
    原作 矢口史靖
  • ウォーターボーイズ1

    夏の青春!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    高校生が、仲間と協力して練習したシンクロを披露姿に心打たれます。
  • 11 天地人

    3.4
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.5
    • 映像 3.3
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    2009年
    最終回 2009年11月22日
    出演 妻夫木聡 常盤貴子 北村一輝 阿部寛 松方弘樹 吉川晃司 小栗旬
    脚本 小松江里子
    原作 火坂雅志
  • 天地人

    迫力ある佇まいがハマっていた!

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 大河ドラマとしては、前半はけっこう良かったけれど、後半はちょっと失速した感じがありました。でも、その分、俳優たちの個性と熱量があまりある作品だったと思います。
    中でも、織田信長が演じた吉川晃司は秀逸な存在感で光ってました!馬に乗っている姿が特にかっこよくて、ちょび髭もあそこまで似合う人ってあまりいないのでは?と思いました。
    吉川さん=織田信長の印象がついてしまうほど、はまり役だったと思います。
  • 12 アテンションプリーズ

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    初回 2006年04月18日
    最終回 2006年06月27日
    出演 上戸彩 錦戸亮 相武紗季 小泉孝太郎 真矢みき 小日向文世 七瀬なつみ
    脚本 後藤法子
    主題歌 木村カエラ 「OH PRETTY WOMAN」
  • アテンションプリーズ

    笑えて楽しめるストーリー

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    このドラマはCAになるために、厳しい訓練に耐えていたのが印象的です。美咲は教官とぶつかるところもあったけど、なんとか頑張っていたのが良かったです。

    美咲の男前なところはかっこよかったです。
  • 13 MR.BRAIN

    3.2
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.3
    • 映像 3.3
    TBSテレビ系 土曜 19:56 〜     20:54
    初回 2009年05月23日
    最終回 2009年07月11日
    出演 木村拓哉 綾瀬はるか 水嶋ヒロ 香川照之 田中裕二 トータス松本 大地真央
    脚本 蒔田光治
    主題歌 ヴァン・ヘイレン 「JUMP」
  • MR.BRAIN

    ラストで続編に期待したのですが

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    ドラマのスタートはちょっと不思議だったのですが、
    木村拓哉の九十九のキャラクターが生き生きとしていつの間にか科警研に波及し、一つになって解決していく所がいい。そこに市川海老蔵、水嶋ヒロなど多数...
    続きを読む ドラマのスタートはちょっと不思議だったのですが、
    木村拓哉の九十九のキャラクターが生き生きとしていつの間にか科警研に波及し、一つになって解決していく所がいい。そこに市川海老蔵、水嶋ヒロなど多数の豪華な出演陣。次に繋がるラストが続編を期待したのですがなかったのが残念でした。
  • 14 エンジェル・ハート

    3.1
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.0
    • 映像 3.1
    日本テレビ系 日曜 22:30 〜     23:24
    初回 2015年10月11日
    最終回 2015年12月06日
    出演 上川隆也 三吉彩花 竜雷太 高島礼子 相武紗季 三浦翔平 ブラザートム
    脚本 高橋悠也
    原作 北条司
  • エンジェル・ハート

    原作好きにもおすすめ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    原作が大好きでドラマを見始めたけど、主役の冴羽リョウ役の上川隆也さんがぴったしはまり役だった。見た目など実写化するにあたり理想的な配役だったんじゃないかなと思う。このまま是非、続編も期待したいそ... 続きを読む 原作が大好きでドラマを見始めたけど、主役の冴羽リョウ役の上川隆也さんがぴったしはまり役だった。見た目など実写化するにあたり理想的な配役だったんじゃないかなと思う。このまま是非、続編も期待したいそんな作品だった!
  • 15 絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~

    3.1
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.4
    • 映像 3.4
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    初回 2008年04月15日
    最終回 2008年06月24日
    出演 速水もこみち 水嶋ヒロ 真矢みき 佐々木蔵之介 相武紗季 岩松了 高橋ひとみ
    脚本 根津理香
    主題歌 絢香 「おかえり」
    原作 渡瀬悠宇
  • 絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~

    日本版と韓国版は微妙に違う

    4.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    恋愛に疲れてしまった女性と熱い心の持っている恋人用ロボットのラブコメディですが元々漫画が原作のこの作品は日本でもドラマ化になり最近韓国でもついにドラマ化になりました。互いの作品を見比べながら見て... 続きを読む 恋愛に疲れてしまった女性と熱い心の持っている恋人用ロボットのラブコメディですが元々漫画が原作のこの作品は日本でもドラマ化になり最近韓国でもついにドラマ化になりました。互いの作品を見比べながら見ていたのですが微妙に違っていた感じがします。特に韓国の場合はコミカルな部分よりもシリアスな感じが多かったような気がします。
  • 17 逃亡弁護士

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    関西テレビ系 火曜 22:00 〜     22:54
    2010年
    最終回 2019年09月14日
    出演 上地雄輔 石原さとみ 北村一輝 矢田亜希子 船越英一郎 豊原功補 村川絵梨
    脚本 渡辺雄介
    主題歌 和紗 「Stand Up For Love」
    原作 剛英城 高田優
  • 逃亡弁護士

    普通だったぞ???

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む この役は石原さとみさんのクールな部分が観れるなかなかの魅力的な演技だからさぁ???ドラマ的にはそんなに面白くはないのだがかわいい石原さとみさんだからこそ観てしまった感じだったからなぁ???まぁクールな部分が魅力的な演技を出した感じが良かったぞ???皆さん観るべし?
  • 18 愛し君へ

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2004年04月19日
    最終回 2004年06月28日
    出演 菅野美穂 藤木直人 伊東美咲 玉木宏 森山未來 八千草薫 泉谷しげる
    脚本 坂元裕二
    主題歌 森山直太朗 「生きとし生ける物へ」
    原作 さだまさし
  • 愛し君へ

    最高!!!!

    5.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 3.5
    • 映像 2.5
    一番好きなドラマ❤
    昔のドラマだけど最高すぎる!!
    藤木直人カッコよすぎるし😍😍
    障害者になる怖さとそれを支える菅野美穂!
    そして、なによりも主題歌が最高!!!
    森山直太朗やっぱ最高だ...
    続きを読む 一番好きなドラマ❤
    昔のドラマだけど最高すぎる!!
    藤木直人カッコよすぎるし😍😍
    障害者になる怖さとそれを支える菅野美穂!
    そして、なによりも主題歌が最高!!!
    森山直太朗やっぱ最高だよね🥺💕
    もぉあれは何回見ても目が腫れるくらい泣ける😭😭
  • 19 同期のサクラ

    2.9
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 2.8
    • 演技 3.2
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    2019年
    最終回 2019年12月18日
    出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
    脚本 遊川和彦
    主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
  • 同期のサクラ

    企業への警鐘と労働者への希望

    3.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

    6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
    8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
    『ハケン占い師アタ...
    続きを読む うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

    6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
    8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
    『ハケン占い師アタル』のような流れで、周りが助けていくのかと思いきや、誰もがサクラを助けているようで助けていない、まして追い込んでいくような怖い事態に陥っていく。

    まさかの鍋パをみんなが当日ドタキャン、サクラはいつでもサクラらしくあれというあたかも励ましのような空虚な正義の押しつけが、サクラに突き刺さっていく。
    サクラの話を傾聴したりしんどいサクラを受容する人がおらずに、どんどんとサクラが追い込まれていく展開に。
    そこにまさかのバイトで始めたコンビニで、カスハラまで起こってしまう救いようのなさ。

    この辺りから遊川さんにはこの展開をどういう気持ちで、どういう風に視聴者に受け取って欲しかったのかを問いたくなってくると同時に、このドラマの世界の中で同期が仲間であるという認識が自分の中では一気に廃されてしまい、同期からのサクラへの言葉が全然入ってこなくなる。

    そこで最終回には役員にまで上がったサクラの元上司である黒川に引き抜かれ、再度花村建設で働くことに。
    今までは権力なきところからしか意見を発することができなかったサクラが、権力を与えられることにより自分の考えを反映させることができるようになった。

    ただ、それ以前に人との距離感やマネジメントを学んでこなかったサクラは、言わずもがな自らの軸(自分ができること=他人もできるに違いない)をもとに、人を無理に動かすマネジメントに走ってしまう。

    ここで同期たちはまたもや大切なものを忘れてるとかサクラは権力を持つべきではなかったとか、確かに正論は放たれてるけどその背景を知らないままに、今までのサクラではないことの違和感をベースに踏み込んでいくから、同期からの言葉はサクラに影響を与えてはいそうだったが、自らには入って来ない。

    でも確かにサクラの仕事の進め方やマネジメントにおいては、問題だらけの部分はあった。
    サクラは誰もに助言で、同期を変えるきっかけを与えてきたが、サクラを良くも悪くも変えられることができる人はいなかったのだ。
    強いて言うならそれはすみれさんだったのだろうが、そういう人(本当は組織に必要な人)がなぜかリストラの対象となる。

    サクラを変えないといけなかったのは、上司である黒川だったのに、黒川は逆にサクラを利用しようと考えていたために、サクラをあえて変えるマネジメントを行なっていなかったともとれる。

    そんな黒川みたいな人が社内で出世できて、すみれさんやサクラみたいな人が会社に残れなくなることそのものの闇を見せて、(同期に助言をもらいながらも)基本はサクラが自分で考えて辞める決断をしたことで、花村建設と同じような企業は、そのままだと働いている優秀な人に見切りをつけられるよという警鐘を鳴らしたのではないかと自分は捉えた。

    あのラストの感動的なシーンは、このドラマにとってそこまで重要な意味はなしていなくて、すっきりと終えたように見せるための手段でしかなかったのではないか。

    そんな企業のあり方をなしていたら、人はどんどん辞めていく時代になっていきますよということと、逆に転職を一つの前向きな選択肢として肯定することを視聴者に訴えたかったんじゃないかと。

    ラストシーンに至るまでの展開と最終回のあの内容はあえてで、それらを逆手にとって視聴者に違和感を感じてもらうために仕組んだ脚本なのではないかとも思った。

    同期全員で撮っていた集合写真が最初から最後までサクラだけ全く笑っていない。
    これはサクラの性格を表してるともとれるけど、全ての事象における結末にサクラ自身が納得いってないようにもとれる。
    視聴者に極限にまでサクラに感情移入をしてもらい、サクラの視点に立ったときに各シーンをそれぞれがどう捉えるのかを、考えてもらうようにしていた気がする。

    でもこれは全て当の本人に聞かないとわからないことなので、遊川さんはこのドラマを視聴者にどう捉えて欲しかったのか、このドラマを通して何を訴えたかったのか。
    ここの真意は本当に確かめたい。
    それくらい同期の繋がりを前面に出す感動的なラストに持っていくには、奇妙な展開しすぎたのだ。
    同期はあくまで仲間とは違う何かであるものとして描かれているように感じた。
    馴れ合いの関係ではないことを描きたかったのかもしれないけど、それでも仲間としての関わりだとするとさすがに雑すぎる、というかあの描き方はかなり危険な気がした。

    ダメな企業への警鐘とダメな企業に残り続けなくても新たに道は切り拓ける可能性を残す希望。
    そして夢は潰えてもまた新たな夢を見つけて歩み出せばよいというメッセージ。
    それを映し出すことこそが、あの最終回の意味なのではないかと思った。

    こう考えると押しつけがましさはあるけど、作品としてそこまで悪くはなかったのかなとも思えてくる。

    言うまでもないけど、キャストの演技はみなさんとてもよかったです。
    特に高畑充希の凄さを改めて実感しました。
  • 2019

      グッドワイフ

      4.2
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.1
      • 映像 4.1
    • グッドワイフ

      強きものたちの法廷ドラマ!

      4.5
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 5.0
      • 演技 4.5
      • 映像 4.0
      続きを読む このドラマは面白過ぎてどんどん次の話を観たくなってしまいます。
      法廷ドラマで難しいのかなと思っていたら、ストーリーの面白さがあって、基本的に一単位の話なので、リズムよく観れること間違いなしです。
      また、多くの強い女性が活躍しているところも素敵です。
    • リクエストのミタ

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      Huluオリジナル 水曜
      2019年
      出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
      脚本 柴田泉
      主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
    • リクエストのミタ 第1話

      ミタさんの活躍

      4.0
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

      なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
      それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

      2人がくっつい...
      続きを読む 蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

      なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
      それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

      2人がくっついたのは、ミタさんが活躍をしてくれていたからだったのね!
    • 同期のサクラ

      2.9
      • 出演者 3.3
      • ストーリー 2.8
      • 演技 3.2
      • 映像 3.0
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
      2019年
      最終回 2019年12月18日
      出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
      脚本 遊川和彦
      主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
    • 同期のサクラ

      企業への警鐘と労働者への希望

      3.0
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 3.0
      • 演技 4.5
      • 映像 3.5
      うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

      6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
      8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
      『ハケン占い師アタ...
      続きを読む うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

      6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
      8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
      『ハケン占い師アタル』のような流れで、周りが助けていくのかと思いきや、誰もがサクラを助けているようで助けていない、まして追い込んでいくような怖い事態に陥っていく。

      まさかの鍋パをみんなが当日ドタキャン、サクラはいつでもサクラらしくあれというあたかも励ましのような空虚な正義の押しつけが、サクラに突き刺さっていく。
      サクラの話を傾聴したりしんどいサクラを受容する人がおらずに、どんどんとサクラが追い込まれていく展開に。
      そこにまさかのバイトで始めたコンビニで、カスハラまで起こってしまう救いようのなさ。

      この辺りから遊川さんにはこの展開をどういう気持ちで、どういう風に視聴者に受け取って欲しかったのかを問いたくなってくると同時に、このドラマの世界の中で同期が仲間であるという認識が自分の中では一気に廃されてしまい、同期からのサクラへの言葉が全然入ってこなくなる。

      そこで最終回には役員にまで上がったサクラの元上司である黒川に引き抜かれ、再度花村建設で働くことに。
      今までは権力なきところからしか意見を発することができなかったサクラが、権力を与えられることにより自分の考えを反映させることができるようになった。

      ただ、それ以前に人との距離感やマネジメントを学んでこなかったサクラは、言わずもがな自らの軸(自分ができること=他人もできるに違いない)をもとに、人を無理に動かすマネジメントに走ってしまう。

      ここで同期たちはまたもや大切なものを忘れてるとかサクラは権力を持つべきではなかったとか、確かに正論は放たれてるけどその背景を知らないままに、今までのサクラではないことの違和感をベースに踏み込んでいくから、同期からの言葉はサクラに影響を与えてはいそうだったが、自らには入って来ない。

      でも確かにサクラの仕事の進め方やマネジメントにおいては、問題だらけの部分はあった。
      サクラは誰もに助言で、同期を変えるきっかけを与えてきたが、サクラを良くも悪くも変えられることができる人はいなかったのだ。
      強いて言うならそれはすみれさんだったのだろうが、そういう人(本当は組織に必要な人)がなぜかリストラの対象となる。

      サクラを変えないといけなかったのは、上司である黒川だったのに、黒川は逆にサクラを利用しようと考えていたために、サクラをあえて変えるマネジメントを行なっていなかったともとれる。

      そんな黒川みたいな人が社内で出世できて、すみれさんやサクラみたいな人が会社に残れなくなることそのものの闇を見せて、(同期に助言をもらいながらも)基本はサクラが自分で考えて辞める決断をしたことで、花村建設と同じような企業は、そのままだと働いている優秀な人に見切りをつけられるよという警鐘を鳴らしたのではないかと自分は捉えた。

      あのラストの感動的なシーンは、このドラマにとってそこまで重要な意味はなしていなくて、すっきりと終えたように見せるための手段でしかなかったのではないか。

      そんな企業のあり方をなしていたら、人はどんどん辞めていく時代になっていきますよということと、逆に転職を一つの前向きな選択肢として肯定することを視聴者に訴えたかったんじゃないかと。

      ラストシーンに至るまでの展開と最終回のあの内容はあえてで、それらを逆手にとって視聴者に違和感を感じてもらうために仕組んだ脚本なのではないかとも思った。

      同期全員で撮っていた集合写真が最初から最後までサクラだけ全く笑っていない。
      これはサクラの性格を表してるともとれるけど、全ての事象における結末にサクラ自身が納得いってないようにもとれる。
      視聴者に極限にまでサクラに感情移入をしてもらい、サクラの視点に立ったときに各シーンをそれぞれがどう捉えるのかを、考えてもらうようにしていた気がする。

      でもこれは全て当の本人に聞かないとわからないことなので、遊川さんはこのドラマを視聴者にどう捉えて欲しかったのか、このドラマを通して何を訴えたかったのか。
      ここの真意は本当に確かめたい。
      それくらい同期の繋がりを前面に出す感動的なラストに持っていくには、奇妙な展開しすぎたのだ。
      同期はあくまで仲間とは違う何かであるものとして描かれているように感じた。
      馴れ合いの関係ではないことを描きたかったのかもしれないけど、それでも仲間としての関わりだとするとさすがに雑すぎる、というかあの描き方はかなり危険な気がした。

      ダメな企業への警鐘とダメな企業に残り続けなくても新たに道は切り拓ける可能性を残す希望。
      そして夢は潰えてもまた新たな夢を見つけて歩み出せばよいというメッセージ。
      それを映し出すことこそが、あの最終回の意味なのではないかと思った。

      こう考えると押しつけがましさはあるけど、作品としてそこまで悪くはなかったのかなとも思えてくる。

      言うまでもないけど、キャストの演技はみなさんとてもよかったです。
      特に高畑充希の凄さを改めて実感しました。
    • 刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      テレビ朝日系 日曜 21:00 〜     23:05
      2019年
      最終回 2019年08月11日
      出演 渡辺謙 高橋克実 萩原聖人 小泉孝太郎 相武紗季 山本耕史 平泉成
      脚本 長坂秀佳 吉本昌弘
      原作 佐々木嘉信

    2018

    2016

    2015

    2014

    2013

    2012

    2011

    2010

    2009

    2008

    2007

    2006

    2005

    2004

    2003

    評価をする