椎名桔平の出演ドラマ

コード・ブルー3ドクターヘリ緊急救命

4.3
  • 出演者 4.3
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.2
  • 映像 4.2
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
2017年
最終回 2017年09月18日
出演 山下智久 新垣結衣 椎名桔平 安藤政信 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介
脚本 安達奈緒子
主題歌 Mr.Children 「HANABI」
  • コード・ブルー3ドクターヘリ緊急救命

    毎回泣けた。

    3.5
    • 出演者 4.4
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.3
    • 映像 3.3
    続きを読む フライトドクターを中心とした医療ドラマ。
    迫力もあってテンポも良くて
    毎回結末には泣ける、本格派なドラマだったと思う。
    そして何より見どころは安藤政信が久々のドラマレギュラー出演!
    山Pがライバル視してる(!)脳外科医・新海広紀先生役。
    ということで、毎回毎回TVの前で
    正座しながら見てました。(出ない回もあったけど)
    このころ、ちょうど【キラキラ眼鏡】や
    【スティルライフオブメモリーズ】などの映画の撮影もあり、
    たぶんこれまでの役者人生の中で一番ってくらい
    忙しかった時期なんじゃないかなーと。
    (1年に1,2作くらいしか映画やらない、というスタンスだったからね)
    【キラキラ眼鏡】なんかは自分が病気になってしまう患者の役
    だったから、切り替えるのも苦労したのでは・・・
    なんて思います。

    でもそんな時期だからこそ、
    の安藤政信の演技が見られます。オススメ!!

  • 3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.2
    • 演技 4.2
    • 映像 4.1
  • 3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

    現状社会に訴えるドラマ!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    はじめは生徒を平気で殺せる犯罪者かと騙されますが最後の結末が感動します。現代社会のSNSが発達しているこの世の中にしっかりとメッセージが伝わる内容で
    とても感慨深かったです。SNSで悪口を平気で...
    続きを読む はじめは生徒を平気で殺せる犯罪者かと騙されますが最後の結末が感動します。現代社会のSNSが発達しているこの世の中にしっかりとメッセージが伝わる内容で
    とても感慨深かったです。SNSで悪口を平気で言える人達に響いていればいいな、と思わせられるドラマでした。
  • あぶない刑事1

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.9
    日本テレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    1986年
    最終回 1987年09月27日
    出演 柴田恭兵 浅野温子 舘ひろし 中条静夫 木の実ナナ 仲村トオル ベンガル
    脚本 丸山昇一
    主題歌 舘ひろし 「冷たい太陽」
  • あぶない刑事1

    今ではありえないオシャレな刑事ドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    この刑事ドラマは、これまでの刑事ドラマとは違ってハードボイルドの要素に加え、オシャレでユーモラスがあり、スタイリッシュな作品として人気を博した刑事ドラマでした。
    横浜・港署を舞台に鷹山敏樹(タ...
    続きを読む この刑事ドラマは、これまでの刑事ドラマとは違ってハードボイルドの要素に加え、オシャレでユーモラスがあり、スタイリッシュな作品として人気を博した刑事ドラマでした。
    横浜・港署を舞台に鷹山敏樹(タカ)と大下勇次(ユージ)の2人の刑事の活躍を描いた大ヒット人気ドラマです。
  • 4 謎解きはディナーのあとで

    4.1
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.9
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2011年
    最終回 2011年12月20日
    出演 櫻井翔 北川景子 椎名桔平 中村靖日 野間口徹 岡本杏理 田中こなつ
    脚本 黒岩勉
    主題歌 「迷宮ラブソング」
    原作 東川篤哉
  • 謎解きはディナーのあとで

    毒舌執事がピッタリ!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 原作がアニメだったので観るかどうか悩んだ……
    でもキャストを見て、北川景子さんと翔くんだったので一気に見る気になりました。

    頭がスゴくきれて、お嬢様相手に毒舌の執事役がピッタリだなぁと思った。
    冷たくあしらっているように見えて、実は心配で忍び込んで近くでみまもっていたりと優しい1面もあり、すごく役にぴったりで面白かったー。
    続編があるといいなぁ……
  • 5 アンティーク~西洋骨董洋菓子店~

    4.1
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.8
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     22:00
    初回 2001年10月08日
    最終回 2001年12月17日
    出演 滝沢秀明 椎名桔平 藤木直人 小雪 えなりかずき
    脚本 岡田惠和
    主題歌 Mr.Children 「youthful days」
    原作 よしながふみ
  • アンティーク~西洋骨董洋菓子店~

    好きだったー

    3.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.0
    続きを読む もう出演者が美しすぎて大好きでした。
    映像も綺麗だったなぁ。
    そしてミスチル、本当に主題が聞くと今でも鮮明にタッキーの顔が思い浮かびます。
  • 6 もっとあぶない刑事

    3.7
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    日本テレビ系 金曜 20:00 〜     20:54
    1988年
    最終回 1989年03月31日
    出演 柴田恭兵 浅野温子 舘ひろし 中条静夫 仲村トオル ベンガル 山西道広
    脚本 柏原寛司
    主題歌 舘ひろし 「翼を拡げて」
  • もっとあぶない刑事

    アクションの派手さが時代を物語ってる

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    カンケーないね!!
    のフレーズが懐かしい?笑っ。
    警察がグラサンなんて掛けて犯人追いかける。
    やたらアクション要素が強く、カーチェイスは日常。
    目は釘付けでした。
    浅野温子さんの変わら...
    続きを読む カンケーないね!!
    のフレーズが懐かしい?笑っ。
    警察がグラサンなんて掛けて犯人追いかける。
    やたらアクション要素が強く、カーチェイスは日常。
    目は釘付けでした。
    浅野温子さんの変わらぬ綺麗さにびっくりしますが、癖あるわー。喋り方。モノマネの人みたい!
  • 7 SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

    3.6
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.6
    • 映像 3.6
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2010年
    最終回 2010年12月17日
    出演 戸田恵梨香 加瀬亮 福田沙紀 竜雷太 城田優 神木隆之介 椎名桔平
    脚本 西荻弓絵
    主題歌 THE RiCECOOKERS 「NAMInoYUKUSAKI」
    THE RiCECOOKERS 「波のゆくさき」
  • SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 第5話

    ここからガチ

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む ここまで謎めいていた全体の流れがギュっ、とひきしまった印象。

    戸田恵梨香と城田優の関係、左腕を釣っている理由とニノマエとの因縁が描かれた。
    そうかな、と推測していたけれど、実際に映像として見せられると衝撃だ。しかも指輪をからめるという残酷。脚本の執拗さを感じる。

    流れが変わったことは戸田と加瀬亮との信頼関係が固まってきたことからもわかる。
    「私情は禁物です、でも、『はい』」というセリフが二度あった。戸田恵梨香ならではの演技力。

    きわめつけは “ゴリさん” 。
    ここまでだらしない窓際キャラだった竜雷太が、高圧的な上層部をガツンと跳ね返し、部下の二人を守ったシーンはかっこよかった。キメるところはキメる。それでこそ往年の刑事ドラマスター。ここから未詳はガチだと伝わってくる。最後の遺体安置所でのシーンもよかった。...ただ、糖尿病が気になる^^;
  • 8 Age35恋しくて

    3.4
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    初回 1996年04月18日
    最終回 1996年06月27日
    出演 中井貴一 田中美佐子 瀬戸朝香 椎名桔平 香坂みゆき 水野美紀 北村和夫
    脚本 中園ミホ
    主題歌 シャ乱Q 「いいわけ」
    原作 柴門ふみ
  • Age35恋しくて

    夫婦の関係を考えさせられるドラマ

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    中井貴一さんと田中美佐子さんが演じる夫婦がメイン主人公です。先の展開がよめず、はらはら、どきどきしました。夫が先に不倫しているのですが、それに気づいた妻の葛藤や苦しみが伝わりました。そしてその後... 続きを読む 中井貴一さんと田中美佐子さんが演じる夫婦がメイン主人公です。先の展開がよめず、はらはら、どきどきしました。夫が先に不倫しているのですが、それに気づいた妻の葛藤や苦しみが伝わりました。そしてその後、自分も不倫してしまうことになります。主題歌を歌うシャランQの映像で始まるオープニングは印象的でした。愛人28号というセリフが印象に残っています。
  • 9 QP

    3.2
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.7
    • 映像 3.2
    日本テレビ系 水曜 00:59 〜 深夜     01:29
    2011年
    最終回 2011年12月28日
    出演 斎藤工 金子ノブアキ 渡部豪太 林遣都 KENCHI 窪田正孝 渡辺大
    脚本 NAKA雅MURA
    原作 高橋ヒロシ
  • QP

    ただのヤクザものじゃない

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    ヤクザとかアウトロー系な人たちのドラマだけど、キャラクターそれぞれの背景や生き方がかなりていねいに描かれていた印象で、すごく満足度が高かったです。

    今見るとメインキャストは第一線で活躍する人ば...
    続きを読む ヤクザとかアウトロー系な人たちのドラマだけど、キャラクターそれぞれの背景や生き方がかなりていねいに描かれていた印象で、すごく満足度が高かったです。

    今見るとメインキャストは第一線で活躍する人ばっかり。
    それも納得できるほど、キャストと世界観にグッと入り込めます。
    深夜ドラマだからっててきとうに作っている印象はないし、とてもドラマティックでスキのない作り、そして自分とは無縁なバイオレンスな世界で、フィクションとはこうあるべきだなぁと改めて思わされました。
  • 10 極悪がんぼ

    3.1
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.1
    • 映像 2.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2014年04月14日
    最終回 2014年06月23日
    出演 尾野真千子 三浦友和 夏菜 宇梶剛士 竹内力 中野英雄 三浦翔平
    脚本 いずみ吉紘 池上純哉
    主題歌 氣志團 「喧嘩上等」
    原作 田島隆 東風孝広
  • 極悪がんぼ

    みんな怖い

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む みんな顔も怖くて言葉使いも怖くてさすが裏社会のドラマだと思った。金を騙し取られるとか最悪だと思う。力さんの顔の怖さはすごいと思う。みんな口が悪すぎる。よく女であんな怖い人が集まるところで働けたと思う。
  • 11 リクエストのミタ

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    Huluオリジナル 水曜
    2019年
    出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
    脚本 柴田泉
    主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
  • リクエストのミタ 第1話

    ミタさんの活躍

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

    なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
    それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

    2人がくっつい...
    続きを読む 蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

    なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
    それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

    2人がくっついたのは、ミタさんが活躍をしてくれていたからだったのね!
  • 12 居酒屋ふじ

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ東京系 土曜 00:00 〜     00:30
    2017年
    最終回 2017年09月23日
    出演 永山絢斗 大森南朋 飯豊まりえ 村上淳 立石涼子 平田敦子 中村元気
    脚本 根本ノンジ 山田あかね 粟島瑞丸 今西祐子
    主題歌 斉藤和義 「I’m a Dreamer」
    原作 栗山圭介

    13 TRICK 3

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 木曜 21:00 〜     21:54
    2003年
    最終回 2003年12月18日
    出演 仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久 野際陽子 大島蓉子 姜暢雄 アベディンモハメッド
    脚本 蒔田光治 林誠人
    主題歌 鬼束ちひろ 「私とワルツを」

    14 GM~踊れドクター

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2010年07月18日
    最終回 2010年09月19日
    出演 東山紀之 椎名桔平 多部未華子 生瀬勝久 吉沢悠 小池栄子 大倉忠義
    脚本 林宏司
    主題歌 関ジャニ∞ 「LIFE〜目の前の向こうへ〜」

    15 OverTime オーバー・タイム

    3.0
    • 出演者 2.8
    • ストーリー 2.7
    • 演技 2.7
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1999年01月04日
    最終回 1999年03月22日
    出演 反町隆史 江角マキコ 木村佳乃 石田ゆり子 椎名桔平 加藤晴彦 西田尚美
    脚本 北川悦吏子
    主題歌 the brilliant green 「そのスピードで」
  • OverTime オーバー・タイム 第4話

    ヤキモチ

    3.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む 追いかけて来た久我さんに
    「大人のキスってなんですか!?」
    からの大人なキス?の流れ。。。!!

    少女漫画か!!!!

    ベタすぎる・・・!!!

    この、いい大人が
    少女漫画みたいな恋愛しているのが
    最高に良い。。。

    最近こんなドラマ無いよなぁ。。。

  • 16 春よ、来い1

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 月〜土曜 08:15 〜     08:30
    初回 1994年10月03日
    最終回 1995年04月01日
    出演 安田成美 高橋英樹 倍賞美津子 淡島千景 長門勇 渡辺美佐子 片岡鶴太郎
    主題歌 松任谷由実 「春よ、来い」
  • 春よ、来い1

    橋田寿賀子の青春と人生

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    大脚本家、橋田寿賀子大先生御自ら書いた自叙伝ドラマ。
    戦前から戦後、そしてキャリアの確立まできっちり書いてるけど、何と言ってもヒロイン安田成美より「私の方が可愛かったのよ」っておっしゃった橋田...
    続きを読む 大脚本家、橋田寿賀子大先生御自ら書いた自叙伝ドラマ。
    戦前から戦後、そしてキャリアの確立まできっちり書いてるけど、何と言ってもヒロイン安田成美より「私の方が可愛かったのよ」っておっしゃった橋田寿賀子大先生の発言の破壊力の方が強くて、観る度に思い出してしまった…。
  • 17 永遠の仔

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 月曜 22:00 〜     22:54
    初回 2000年04月10日
    最終回 2000年06月26日
    出演 中谷美紀 渡部篤郎 椎名桔平 石田ゆり子 古尾谷雅人
    脚本 中島丈博
    主題歌 坂本龍一 「LOST CHILD」
  • 永遠の仔

    感情表現が上手い女優さん

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む このドラマを小学生の時に見て衝撃を受けました。
    物語のストーリーがとても重いもので、見ていて心が重くなるほどでしたが、そう思うのも、出ている役者皆さん演技力が高く、特に中谷美紀の演技に引き込まれてました。主人公の不幸な生い立ちや心の葛藤など、複雑な感情表現がとても上手いと思いました。
  • 18 同期のサクラ

    2.8
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 2.8
    • 演技 3.2
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    2019年
    最終回 2019年12月18日
    出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
    脚本 遊川和彦
    主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
  • 同期のサクラ

    企業への警鐘と労働者への希望

    3.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.5
    • 映像 3.5
    うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

    6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
    8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
    『ハケン占い師アタ...
    続きを読む うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

    6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
    8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
    『ハケン占い師アタル』のような流れで、周りが助けていくのかと思いきや、誰もがサクラを助けているようで助けていない、まして追い込んでいくような怖い事態に陥っていく。

    まさかの鍋パをみんなが当日ドタキャン、サクラはいつでもサクラらしくあれというあたかも励ましのような空虚な正義の押しつけが、サクラに突き刺さっていく。
    サクラの話を傾聴したりしんどいサクラを受容する人がおらずに、どんどんとサクラが追い込まれていく展開に。
    そこにまさかのバイトで始めたコンビニで、カスハラまで起こってしまう救いようのなさ。

    この辺りから遊川さんにはこの展開をどういう気持ちで、どういう風に視聴者に受け取って欲しかったのかを問いたくなってくると同時に、このドラマの世界の中で同期が仲間であるという認識が自分の中では一気に廃されてしまい、同期からのサクラへの言葉が全然入ってこなくなる。

    そこで最終回には役員にまで上がったサクラの元上司である黒川に引き抜かれ、再度花村建設で働くことに。
    今までは権力なきところからしか意見を発することができなかったサクラが、権力を与えられることにより自分の考えを反映させることができるようになった。

    ただ、それ以前に人との距離感やマネジメントを学んでこなかったサクラは、言わずもがな自らの軸(自分ができること=他人もできるに違いない)をもとに、人を無理に動かすマネジメントに走ってしまう。

    ここで同期たちはまたもや大切なものを忘れてるとかサクラは権力を持つべきではなかったとか、確かに正論は放たれてるけどその背景を知らないままに、今までのサクラではないことの違和感をベースに踏み込んでいくから、同期からの言葉はサクラに影響を与えてはいそうだったが、自らには入って来ない。

    でも確かにサクラの仕事の進め方やマネジメントにおいては、問題だらけの部分はあった。
    サクラは誰もに助言で、同期を変えるきっかけを与えてきたが、サクラを良くも悪くも変えられることができる人はいなかったのだ。
    強いて言うならそれはすみれさんだったのだろうが、そういう人(本当は組織に必要な人)がなぜかリストラの対象となる。

    サクラを変えないといけなかったのは、上司である黒川だったのに、黒川は逆にサクラを利用しようと考えていたために、サクラをあえて変えるマネジメントを行なっていなかったともとれる。

    そんな黒川みたいな人が社内で出世できて、すみれさんやサクラみたいな人が会社に残れなくなることそのものの闇を見せて、(同期に助言をもらいながらも)基本はサクラが自分で考えて辞める決断をしたことで、花村建設と同じような企業は、そのままだと働いている優秀な人に見切りをつけられるよという警鐘を鳴らしたのではないかと自分は捉えた。

    あのラストの感動的なシーンは、このドラマにとってそこまで重要な意味はなしていなくて、すっきりと終えたように見せるための手段でしかなかったのではないか。

    そんな企業のあり方をなしていたら、人はどんどん辞めていく時代になっていきますよということと、逆に転職を一つの前向きな選択肢として肯定することを視聴者に訴えたかったんじゃないかと。

    ラストシーンに至るまでの展開と最終回のあの内容はあえてで、それらを逆手にとって視聴者に違和感を感じてもらうために仕組んだ脚本なのではないかとも思った。

    同期全員で撮っていた集合写真が最初から最後までサクラだけ全く笑っていない。
    これはサクラの性格を表してるともとれるけど、全ての事象における結末にサクラ自身が納得いってないようにもとれる。
    視聴者に極限にまでサクラに感情移入をしてもらい、サクラの視点に立ったときに各シーンをそれぞれがどう捉えるのかを、考えてもらうようにしていた気がする。

    でもこれは全て当の本人に聞かないとわからないことなので、遊川さんはこのドラマを視聴者にどう捉えて欲しかったのか、このドラマを通して何を訴えたかったのか。
    ここの真意は本当に確かめたい。
    それくらい同期の繋がりを前面に出す感動的なラストに持っていくには、奇妙な展開しすぎたのだ。
    同期はあくまで仲間とは違う何かであるものとして描かれているように感じた。
    馴れ合いの関係ではないことを描きたかったのかもしれないけど、それでも仲間としての関わりだとするとさすがに雑すぎる、というかあの描き方はかなり危険な気がした。

    ダメな企業への警鐘とダメな企業に残り続けなくても新たに道は切り拓ける可能性を残す希望。
    そして夢は潰えてもまた新たな夢を見つけて歩み出せばよいというメッセージ。
    それを映し出すことこそが、あの最終回の意味なのではないかと思った。

    こう考えると押しつけがましさはあるけど、作品としてそこまで悪くはなかったのかなとも思えてくる。

    言うまでもないけど、キャストの演技はみなさんとてもよかったです。
    特に高畑充希の凄さを改めて実感しました。
  • 19 トップナイフ -天才脳外科医の条件-

    2.8
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.3
    • 映像 3.2
    日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
    2020年
    最終回 2020年03月14日
    出演 天海祐希 椎名桔平 広瀬アリス 永山絢斗 古川雄大 三浦友和 福士誠治
    脚本 林宏司
    主題歌 JUJU  「STAYIN' ALIVE」
    原作 林宏司
  • トップナイフ -天才脳外科医の条件- 第10話

    トップナイフ最終回!

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む 最後はてっきり今出川部長の奥さんのオペがメインとなるかと思いましたが、母と息子の物語でしたね。

    深山先生と真美ちゃんのシーン、毎回大好きなんです。
    真美ちゃんが自分自身で決断して
    「さよなら」と言って
    一度振り返りそうになるけれど、振り返ることなく歩いていく姿。かっこよかった。それを見送る深山先生も素敵でした。

    心残りなのは、保くんですね。病院にひょっこり現れるんじゃないかと思いましたが何も無かった…ちょっと寂しかったり。

    深山部長シリーズもみたいなーなんて思ってしまうんですが(笑)
  • 2020

    2019

      3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

      4.2
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.2
      • 演技 4.2
      • 映像 4.1
    • 3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

      現状社会に訴えるドラマ!

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      はじめは生徒を平気で殺せる犯罪者かと騙されますが最後の結末が感動します。現代社会のSNSが発達しているこの世の中にしっかりとメッセージが伝わる内容で
      とても感慨深かったです。SNSで悪口を平気で...
      続きを読む はじめは生徒を平気で殺せる犯罪者かと騙されますが最後の結末が感動します。現代社会のSNSが発達しているこの世の中にしっかりとメッセージが伝わる内容で
      とても感慨深かったです。SNSで悪口を平気で言える人達に響いていればいいな、と思わせられるドラマでした。
    • リクエストのミタ

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      Huluオリジナル 水曜
      2019年
      出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
      脚本 柴田泉
      主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
    • リクエストのミタ 第1話

      ミタさんの活躍

      4.0
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

      なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
      それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

      2人がくっつい...
      続きを読む 蓮太郎くんがひたすらいい人なのが分かるお話!

      なかなかすみれさんに告白できずに、もじもじしてる蓮太郎くんが可愛かった。
      それを冷たくクールに見守るミタさんも好き。笑

      2人がくっついたのは、ミタさんが活躍をしてくれていたからだったのね!
    • 同期のサクラ

      2.8
      • 出演者 3.3
      • ストーリー 2.8
      • 演技 3.2
      • 映像 3.0
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
      2019年
      最終回 2019年12月18日
      出演 高畑充希 橋本愛 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 相武紗季 椎名桔平
      脚本 遊川和彦
      主題歌 森山直太朗 「さくら(二〇一九)」
    • 同期のサクラ

      企業への警鐘と労働者への希望

      3.0
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 3.0
      • 演技 4.5
      • 映像 3.5
      うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

      6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
      8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
      『ハケン占い師アタ...
      続きを読む うにうに考えてやっとまとめられたので投稿。

      6話まではめっちゃ好きだったのに、7話から風向きが急に変わった。
      8話から色々詰めすぎちゃっていた感あったのも否めない。
      『ハケン占い師アタル』のような流れで、周りが助けていくのかと思いきや、誰もがサクラを助けているようで助けていない、まして追い込んでいくような怖い事態に陥っていく。

      まさかの鍋パをみんなが当日ドタキャン、サクラはいつでもサクラらしくあれというあたかも励ましのような空虚な正義の押しつけが、サクラに突き刺さっていく。
      サクラの話を傾聴したりしんどいサクラを受容する人がおらずに、どんどんとサクラが追い込まれていく展開に。
      そこにまさかのバイトで始めたコンビニで、カスハラまで起こってしまう救いようのなさ。

      この辺りから遊川さんにはこの展開をどういう気持ちで、どういう風に視聴者に受け取って欲しかったのかを問いたくなってくると同時に、このドラマの世界の中で同期が仲間であるという認識が自分の中では一気に廃されてしまい、同期からのサクラへの言葉が全然入ってこなくなる。

      そこで最終回には役員にまで上がったサクラの元上司である黒川に引き抜かれ、再度花村建設で働くことに。
      今までは権力なきところからしか意見を発することができなかったサクラが、権力を与えられることにより自分の考えを反映させることができるようになった。

      ただ、それ以前に人との距離感やマネジメントを学んでこなかったサクラは、言わずもがな自らの軸(自分ができること=他人もできるに違いない)をもとに、人を無理に動かすマネジメントに走ってしまう。

      ここで同期たちはまたもや大切なものを忘れてるとかサクラは権力を持つべきではなかったとか、確かに正論は放たれてるけどその背景を知らないままに、今までのサクラではないことの違和感をベースに踏み込んでいくから、同期からの言葉はサクラに影響を与えてはいそうだったが、自らには入って来ない。

      でも確かにサクラの仕事の進め方やマネジメントにおいては、問題だらけの部分はあった。
      サクラは誰もに助言で、同期を変えるきっかけを与えてきたが、サクラを良くも悪くも変えられることができる人はいなかったのだ。
      強いて言うならそれはすみれさんだったのだろうが、そういう人(本当は組織に必要な人)がなぜかリストラの対象となる。

      サクラを変えないといけなかったのは、上司である黒川だったのに、黒川は逆にサクラを利用しようと考えていたために、サクラをあえて変えるマネジメントを行なっていなかったともとれる。

      そんな黒川みたいな人が社内で出世できて、すみれさんやサクラみたいな人が会社に残れなくなることそのものの闇を見せて、(同期に助言をもらいながらも)基本はサクラが自分で考えて辞める決断をしたことで、花村建設と同じような企業は、そのままだと働いている優秀な人に見切りをつけられるよという警鐘を鳴らしたのではないかと自分は捉えた。

      あのラストの感動的なシーンは、このドラマにとってそこまで重要な意味はなしていなくて、すっきりと終えたように見せるための手段でしかなかったのではないか。

      そんな企業のあり方をなしていたら、人はどんどん辞めていく時代になっていきますよということと、逆に転職を一つの前向きな選択肢として肯定することを視聴者に訴えたかったんじゃないかと。

      ラストシーンに至るまでの展開と最終回のあの内容はあえてで、それらを逆手にとって視聴者に違和感を感じてもらうために仕組んだ脚本なのではないかとも思った。

      同期全員で撮っていた集合写真が最初から最後までサクラだけ全く笑っていない。
      これはサクラの性格を表してるともとれるけど、全ての事象における結末にサクラ自身が納得いってないようにもとれる。
      視聴者に極限にまでサクラに感情移入をしてもらい、サクラの視点に立ったときに各シーンをそれぞれがどう捉えるのかを、考えてもらうようにしていた気がする。

      でもこれは全て当の本人に聞かないとわからないことなので、遊川さんはこのドラマを視聴者にどう捉えて欲しかったのか、このドラマを通して何を訴えたかったのか。
      ここの真意は本当に確かめたい。
      それくらい同期の繋がりを前面に出す感動的なラストに持っていくには、奇妙な展開しすぎたのだ。
      同期はあくまで仲間とは違う何かであるものとして描かれているように感じた。
      馴れ合いの関係ではないことを描きたかったのかもしれないけど、それでも仲間としての関わりだとするとさすがに雑すぎる、というかあの描き方はかなり危険な気がした。

      ダメな企業への警鐘とダメな企業に残り続けなくても新たに道は切り拓ける可能性を残す希望。
      そして夢は潰えてもまた新たな夢を見つけて歩み出せばよいというメッセージ。
      それを映し出すことこそが、あの最終回の意味なのではないかと思った。

      こう考えると押しつけがましさはあるけど、作品としてそこまで悪くはなかったのかなとも思えてくる。

      言うまでもないけど、キャストの演技はみなさんとてもよかったです。
      特に高畑充希の凄さを改めて実感しました。
    • 神の手

      --.-
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-

    2018

    2017

    2016

    2014

    2011

    2010

    2009

    2004

    2003

    2002

    2001

    2000

    1999

    1996

    1995

    1994

    1988

    1986

    放送開始年不明

    評価をする