メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

イチケイのカラス 1話〜11話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、イチケイのカラスが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 イチケイのカラスの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

イチケイのカラス

イチケイのカラス

2.9
(18件の口コミ)
出演者 3.2
ストーリー 3.2
演技 3.2
映像 3.2
(18件の口コミ)
フジテレビ系
初回: 2021年04月05日
最終回: 2021年06月14日
フジテレビ系 月 21:00-21:54
初回: 2021年04月05日
最終回: 2021年06月14日
フジテレビ系 月 21:00-21:54

イチケイのカラスのあらすじ

浅見理都による漫画『イチケイのカラス』が連続ドラマ化。型破りでクセのある裁判官・入間みちお(竹野内豊)と超堅物でエリート出身の裁判官・坂間千鶴(黒木華)が、さまざまな事件に向き合っていくリーガルエンターテインメントドラマ。

イチケイのカラスが見られる動画配信サイト

脚本家

原作者

最新口コミ

3.5
出演者 4.0
ストーリー 3.5
演技 4.0
映像 4.0
イチケイのカラス 第11話

全部通しては面白かったと思います。今までになかった裁判官側からの法廷劇。裁判官、検事、弁護士、みんなあんなに仲良く楽しく仕事をするなんてね。

とはいえ、違う側面から言えば…

完全にHEROと同じノリ、普通なら警察が調べてるべきことを、職権発動!して、再捜査して真実を導き出す。しかもふるさと納税返礼品を集めるそぶりもキムタクの通販ヲタクとそっくり。
ま、踏襲といえば聞こえはいいですが。

それから最後、ちょっとだけ保身?を考えた、あの間は要らなかった気がするな…。あの忖度が無いからこそ、入間みちおだと思ってたから…。

あと、ラスボスの佐々木蔵之介、凄かったですねー。オーラのかたまり...

続きを読む
3.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第11話

最初から最後までHEROっぽいドラマでした(質がいいという意味で。ほめてる)
それにしてもこのドラマはキャスティングが優勝!
特に黒木華さんが演じる坂間千鶴判事の芯のあるキャラクターが本当に魅力的でした。
竹野内豊演じる、入間みちおとのやりとりもおもしろいし。
そのほかのレギュラーで出てくるキャラクターもいい人ばかりだった。

そして、イヤな人間がきちんと法によって裁かれるので見ていて毎回気持ちよかったな。最初から最後まで楽しく見続けられました。
続編に期待!

5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第11話

最終回だけどいつも通りのテンポの良さで面白かった。
規模の大きい話だけど、それぞれの人にとってはありえない話ではなく、自分だったらどうするだろうと考えてしまう。
大きな使命の前には、個人の犠牲はしかたないものともいえるけど、その個人にしてみればそれがもっとも重要なことで、立場や目線を変えると正義の在り方も変わってしまう。

それでも裁判で明らかにされるのは真実だから、まずはそれを明らかにするのが先決。
5歳児に証言能力があるか、事前にちゃんと実証していて、真実を明らかにするための行動が頼もしい。
穏やかながらも力強いみちおさんの演説には説得力がある。

終わっちゃうのさみしいけど続編あり...

続きを読む
4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第10話
今回は、なぜか名前を名乗らない「名無しの権兵衛」さんが被告人。 名無しの権兵衛って言いまわしなつかしい。今の子供たちも使うのかな? ひょうひょうとしていてつかみどころがなく、異様に明るくポジティブな被告人の役が板尾創路さんにぴったり。 それにしても名前を名乗らないまま裁判することもできるんだなあ。 裁判官が気になる話題について証言を追加してもらったりとか、ゲームの逆転裁判でよく見るような展開もあって、このドラマを見ていると裁判に興味がわいて実際に傍聴したくなりますね。 もう来週で最終回かあ。 登場人物の平均年齢も高めで恋愛要素が薄く、言ってしまえば地味なドラマだけどすごくおもしろい。...
続きを読む
4.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第9話
今回は栽培員裁判による審理。 いろいろな立場の人による意見が聞けてリアル。 栽培員裁判制度の是非とか、素人が罪を裁いていいのか、まちがった判決をしてしまったら…とか実際に自分が当事者になったら迷うだろうな。 ドラマのように、途中で抜けてしまう裁判員もいるんだろう・・。 裁判に限らず、見ているだけの人は無責任に批判できるけど、その前に一旦自分がその立場だったらどうか、考えてみる必要があると思った。 外から見ているだけじゃわからないことがたくさんあるし、その人の行動だけでは何を想ってそうしたのかもわからない。 誰でも裁くだけじゃなく裁かれる覚悟を持って発言したら、不自由だけどもっと平和にな...
続きを読む
4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第8話

今回は、中村梅雀さん演じるイチケイの主任書記官である川添さん目線のエピソード。
みちおさんは人間的魅力にあふれた人だけど、周りの人は大変だろうな・・。

万引きをするのは金銭的な問題じゃなく、精神的なところからくるとはよく言われているけど、周りの人の理解がないのも大きな要因なんだと思わされた。
外聞を気にする夫と、ママを助けたいと思う幼い娘の謝罪の対比がよかった。

実際に犯罪を犯す人だけが悪いのではなく、そこまで追い込んでしまう周りの人にも責任があると、少しで気づければいいんだけど・・。
弱音を吐けずに一人で頑張ってきた女性の助けを求める声に泣けました。

いつもながら裁判官てここまで...

続きを読む
5.0
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス

好きな役者さん揃いなので、とても楽しみにしていたドラマ。お決まりでも毎回の職権発動も楽しみ。こんな裁判官はいないとわかっていても、皆正しくあって欲しいと思っている…そういう気持ちがドラマになった感じ。自分も傍聴席のスケッチブックを持った人たちと変わらないな、と苦笑しながらも、毎週楽しみ。

続きを読む
4.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
イチケイのカラス 第7話

12年前に起きた殺人事件で理不尽な判決を受けた被告人のために、真実を明らかにしようとするイチケイ。
坂間さんやみちおさんだけでなく、山崎育三郎さん演じる井出さんの決意も熱い。

そこに立ちはだかるのは、草刈民代さん演じる最高裁判所判事の日高さん。
坂間さんのあこがれの存在だけど、みちおさんの因縁の相手でもあり、一筋縄ではいかない。

けれど、真実を明らかにするために出世をあきらめて捨て身の協力をしてくれた姿に感動した。やっぱり裁判でも忖度があって、すべての真実が明らかになっているわけではないし、いまだに冤罪も絶えないんだろうな・・・。
今回のように、誰かが犠牲にならないと権力のある者だけ...

続きを読む
4.5
出演者 4.0
ストーリー 4.5
演技 4.0
映像 4.0
イチケイのカラス 第6話

今回、とても良かったです!

今までの回って、職権発動とキャストの地固めっていう位置づけで、多少の良し悪しはあったけど、
とうとう最後、「この国の司法を裁く時」が近付いてきて、クライマックス感が出てきました。

検事と裁判官があんなに仲良く行動を共にしたり、裁判と時のやり取りなどは、ほぼ現実的ではないけれど、
たぶん…本来はやっていい事なのでしょうから、とても面白く物語を作っています。これ、原作は4巻しかなく未読なんですが、脚本がよいのですね。

シチュエーションは違いますが、作風的にHERO、99.9などを彷彿とさせる法廷劇なのですが、
この絶妙なメンバーを使って、とても引き込まれるよ...

続きを読む
4.5
出演者 5.0
ストーリー 4.5
演技 5.0
映像 4.5
イチケイのカラス 第6話

バカリズムさんと竹野内さんのセッション最高、でも今日の一押しは
検察コンビの小芝居です。

評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す