病室で念仏を唱えないでください 4話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、病室で念仏を唱えないでください が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在5 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

病室で念仏を唱えないでください 4話

4話 「家族が手術を拒否?!」 全国放送日2020年02月07日

病室で念仏を唱えないでください 4話の総合評価
3.0
  • 出演者 2.8
  • ストーリー 3.1
  • 演技 2.9
  • 映像 2.7

病室で念仏を唱えないでください 4話のあらすじ

今日も緊急手術を終え、疲れ切った様子の救命救急メンバー。そんな中、松本は「要請があった全ての患者を受け入れるべきだ」と言う。仲間たちは限界を感じており、田中とは喧嘩をしてしまう。

【病室で念仏を唱えないでください 4話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • 病室で念仏を唱えないでください 第4話

    予想外の踏み込みにヘンな汗かいた

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 松本先生(伊藤英明)の熱が周囲を巻き込んでいく。

    今回のキーワードは千手観音。仏教的には、雲の上のお釈迦様より身近に存在していて、情愛に満ちた千本の手と、その掌についた眼で人を救う。そんな存在が松本先生の理想らしい。

    でも高すぎる理想は、みんなから賛同されるとは限らない。
    「現実には無理」とためらう者、
    「もっと優先すべきことがある」と否定する者に、
    松本先生は囲まれてる。
    理想と現実、医療にかぎらずどこにでもある根深い葛藤ですね。

    多くの場合、この葛藤を抱えながら皆、現実をやり過ごしてる。
    そこへ理想をドカンとぶつけて、広がる波紋と胸のすく展開を見せるのが、この手のドラマの真骨頂です。

    この基本路線に忠実に、児嶋先生(松本穂香)は心臓外科の現実主義者・濱田先生(ムロ)の下を離れる決意を固める。
    他方では効率第一の合理主義者・田中先生(片寄涼太)も、今回のエピソードを経験して松本に理解を示しはじめる。

    「そうそう、そうこなくちゃね」
    と思っていた矢先、ドラマはとんでもなくいたましい問題に踏み込んでいく。

    シングルマザーの再婚相手が子どもを性虐待、挙句
    「パパは悪くない」
    と言いながら死んでいくという、胸が抉られる展開。

    お決まりのテンプレ医療ドラマ+お坊さん、という、一風変わった味付けでみせるドラマかとたかをくくり、半ば安心して見ていたけど、これからどう描くんだろう、ヘンな汗が出てきました。
  • 病室で念仏を唱えないでください 第4話

    よかった。

    4.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    特に最後。
    坊主のくせに熱い、伊藤英明らしいキャラがとてもよくマッチしてよい。
    今回、深入りする患者の内情が衝撃的であったこと、
    そういうことに首を突っ込ます、我が道を行くムロツヨシ。
    ...
    続きを読む 特に最後。
    坊主のくせに熱い、伊藤英明らしいキャラがとてもよくマッチしてよい。
    今回、深入りする患者の内情が衝撃的であったこと、
    そういうことに首を突っ込ます、我が道を行くムロツヨシ。
    犬猿の仲の二人の中で、悩み揺れる松本穂香。
    とても良いバランスで話が進んでいっていて。見ていて楽しい。
  • 病室で念仏を唱えないでください 第4話

    現実にも起きていること

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    第4話で取り上げられた子供の虐待のエピソード、ツライ……。
    親の再婚相手から性的虐待を受け、子宮外妊娠。卵管破裂により小さな命が死亡……。書いているだけで心苦しくなってくる。腹がたつ。

    ...
    続きを読む 第4話で取り上げられた子供の虐待のエピソード、ツライ……。
    親の再婚相手から性的虐待を受け、子宮外妊娠。卵管破裂により小さな命が死亡……。書いているだけで心苦しくなってくる。腹がたつ。

    1話の冒頭から、「この手は何のためにあるのか」という問いへの答えが小さく重なり合い……そしてあのラストシーンにつながっていく。本当は人を救うための手でありたいのに、人を傷つけることもできてしまう。それがどんなに心情的に正当なものであっても、医師であり僧侶である主人公のあの拳の意味は重いよね。だからこそ殴られた人のヒドさが際立つってこともあるけど。

    前半の夫婦の話も「命の線引き」関する良いエピソードだったんだけど、いかんせん後半のエピが重くてツラくて忘れられない。

    ただ民放の普通のドラマでこういった事件や症例を取り扱うのは、とても意味があることがだと感じた。
  • 病室で念仏を唱えないでください 第4話

    松本先生!

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    今回のねんとなはラストが衝撃。
    でも予告をみると来週はまた別の話に。
    1話完結だから分かっているんだけど
    この話をもう少し掘り下げて見てみたかった気もする。
    でも病院の先生たちに出来るこ...
    続きを読む 今回のねんとなはラストが衝撃。
    でも予告をみると来週はまた別の話に。
    1話完結だから分かっているんだけど
    この話をもう少し掘り下げて見てみたかった気もする。
    でも病院の先生たちに出来ることは
    ここまでってことなのか。

    病院の先生じゃなくって
    学校の先生でもなくって
    警察でもないただの普通に暮らす私たちは
    こういう問題に対してどうすべきなんだろう?
    大人が出来ることは?
    子供が安心して暮らせる社会にするには?
    何をすべきか、改めて考えた

    前半の別の患者さんの話で
    「病気すると見ないようにしていた家族の問題がハッキリしますね」
    ってセリフ、そうよなぁと思った
    後半の虐待の話にも言えることだ

    暴力はよくない!
    でも殴ってくれてありがとう!松本先生!
    この矛盾の中で生きていくしかない
  • 病室で念仏を唱えないでください 第4話

    今回は重い

    4.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.0
    もっと軽い医療ドラマかと思ったら、すごくシリアスだった。
    重い… 考えちゃうね。辛い…。
評価をする