• 捨ててよ、安達さん。 第6話

    業界人なのに悪趣味って…

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 第6話。

    「業界人なのに悪趣味」

    今回も謎の少女(川上凛子)の剛速球が決まりました。
    冒頭からグイグイえぐってきます。

    安達さん曰くとてもお世話になっているという業界人ご夫婦の結婚式の引き出物をバッサリ。

    キスしてるふたりの写真のバスタオル。
    しかも普通に使おうとしたら色落ちしそうなシロモノ…。

    「こんな悪趣味なのを押し付けて色落ちまで」

    「捨てちまえ」

    言葉が強い。潔い。ひとつも間違ってない。鋭い。
    業界人は全員センスがいいわけではない。

    そんなアウトにアウトを重ねまくったバスタオルは、
    床にこぼれた賞味期限ギリギリの牛乳を拭くという
    タオルの使命をまっとうしてポイされました。

    牛乳がこぼれなければこのバスタオルが安達さんの夢の中に
    登場したかもしれません。
    相当ウザいキャラクターだっただろうなと。

    1回目の結婚相手からもらった婚約指輪で出てきた渡辺大知くん。
    スタイルがいいから、シルバーのタキシードが似合う似合う。

    安達さんの1回目の結婚相手が
    どうしても浮かんでしまう微妙な品ですが、
    さわやかに清々しく描いているのがよかった。

    ふたりの思い出の地・海に捨ててほしいという指輪。
    少女は夢の中という便利な設定を使ってみんなで海へワープ!

    真っ青な空の下一面に広がる海ではしゃぐ指輪と若き安達さん。

    お互いにありがとうを言い合って、
    現実に戻って質屋行きで指輪とはバイバイ…のはずが。

    指輪を誤って排水溝に流してしまったと娘のメモが。

    排水溝から指輪が行きたかった海に戻ったなんて
    キレイな終わり方!と思いきや…

    まさか安達さんの娘がこっそり持っていたとは。
    この裏切り方はニクイ!上手い!!

    最後の最後の2展開で悪趣味なバスタオルのくだりが
    すっかり吹き飛んでました。

    今回もすっかりやられましたわ。

    来週は徳永えりさんと松本まりかさんて
    もう楽しみ過ぎる人選ーーー!!
トップページにいく このドラマのほかの口コミを見る
コメントを投稿するにはログインして下さい!