織田裕二の出演・主題歌ドラマ

踊る大捜査線

4.3
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.1
  • 映像 4.1
フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
1997年
最終回 1997年03月18日
出演 織田裕二 柳葉敏郎 深津絵里 水野美紀 いかりや長介 北村総一朗 小野武彦
脚本 君塚良一
主題歌 織田裕二withマキシ・プリースト 「Love Somebody」
  • 踊る大捜査線

    個性あふれるキャラクター!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    それまでの警察物のイメージを覆す、よりリアルに近い警察ドラマで
    熱さと要領の良さを感じる主人公と周りのクセのある登場人物とのやり取りが面白い。
    普段ちゃらんぽらんな人がやるときはやるシーンは笑い...
    続きを読む それまでの警察物のイメージを覆す、よりリアルに近い警察ドラマで
    熱さと要領の良さを感じる主人公と周りのクセのある登場人物とのやり取りが面白い。
    普段ちゃらんぽらんな人がやるときはやるシーンは笑いながらもジーンとします。
    エヴァンゲリオンオマージュの映像や音楽も見どころです。
  • 東京ラブストーリー

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1991年01月07日
    最終回 1991年03月18日
    出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
    脚本 坂元裕二
    主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
    原作 柴門ふみ
  • 東京ラブストーリー

    「今」の「東京ラブストーリー」

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0


    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    ...
    続きを読む

    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

    と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

    だから、どうせ観たとしても

    「ふざけんじゃねーよ!」

    って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

    しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

    自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

    そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

    僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

    そして、、





    気付くと朝でした



    僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




    「ふざけんじゃねーよ!」




    「最高じゃねーか、、、、」



    感動しました。



    このドラマに出ている俳優さん
    そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
    それらこのドラマに関わっている全ての人に

    「謝罪」と「感謝」をしたいです


    なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


    全然違いました


    ハードルなんか越えてないんです

    全く違うレーンを原作に寄り添って

    そして力強く走り抜けて行きました


    携帯電話は?


    ネットは?


    そんなのは只の雑音でした



    どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

    人は人の事を好きになる

    それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


    そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

    勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


    やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

    だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

    いいドラマはそこが圧倒的に違う

    今回もそれを凄く感じた

    このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

    しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

    元の「東京ラブストーリー」に

    「出来るだけ近づける」

    ではなくて

    「打ち勝ってやる!」

    って気迫がバンバン伝わってきた。


    何度も言うようだけど、本当に感動した。


    多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
    特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

    それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

    このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

    恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

    もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

    皆様是非










  • SUITS/スーツ

    3.9
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.9
    • 映像 3.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年12月17日
    出演 織田裕二 中島裕翔 鈴木保奈美 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 國村隼
    脚本 池上純哉
    主題歌 B'z 「WOLF」
  • SUITS/スーツ 第5話

    三人の落伍者

    3.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む この話には三人の落伍者が登場する。

    - 甲斐に逆恨みするトラック運転手、
    - 甲斐の音楽友達でもあるハイヤーの運転手、
    - 借金取りに追われる磯村勇斗

    この三者に対する甲斐の態度が、ひとつの価値観を描いている。

    トラック運転手は落伍者である上に根性まで腐っていて、どうしようもない存在だ。甲斐は彼を完膚なきまでに屈服させる。

    ハイヤーの運転手は自分を貫いたため音楽業界にいられなくなった。彼は収入の点では庶民だが、魂は尊い。甲斐は使用人である彼に対して敬語で話し、また、屈託無い笑顔を見せる。

    何度同情しても更生しない磯村勇斗は、性根が腐りかけている。
    甲斐は彼と距離をとるよう、鈴木に強く推奨する。それが磯村自身の魂を守ることにもなる、と信じている。

    初見では
    [全てをもつアッパークラス・甲斐」vs「性根まで腐った庶民]
    という対立構図が際立っていたため、どう見たらいいのかよくわからなかったが、読み解いて見ると上のような構成が浮かんできて、なるほどと思えるところもあった。

    当初わかりにくかったのは、甲斐を演じているのが織田裕二だからなのかも知れない、などとも思った。
  • 4 振り返れば奴がいる

    3.9
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    初回 1993年01月13日
    最終回 1993年03月24日
    出演 織田裕二 石黒賢 千堂あきほ 松下由樹 佐藤B作 鹿賀丈史 中村あずさ
    脚本 三谷幸喜
    主題歌 CHAGE & ASKA 「YAHYAHYAH」
  • 振り返れば奴がいる

    生命の代償

    4.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0
    織田裕二と石黒賢のW主演で、おもしろみが格別だった。

    ライバル関係でもあり、お互いに似ていないことで衝突も多かった。

    お互いに頑固で認めない部分は似ていた気がする。

    織田裕二は...
    続きを読む 織田裕二と石黒賢のW主演で、おもしろみが格別だった。

    ライバル関係でもあり、お互いに似ていないことで衝突も多かった。

    お互いに頑固で認めない部分は似ていた気がする。

    織田裕二は最高の技術をもっているために首にならない。

    石黒賢は、患者から愛される模範的な医者だが、技術はそこまでない。

    石黒賢が癌に侵されて、担当者が織田裕二だったが怖くてしょうがないと思う。

    殺人マシーンな事もあり、殺されると思ったはず。

    オペは成功したが、急変して死んでしまい、わざとではないことを祈りたい。

    最後は刺されて終わるショッキングなドラマだった。
  • 5 IQ246~華麗なる事件簿~

    3.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.9
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    2016年
    最終回 2016年12月18日
    出演 織田裕二 ディーン・フジオカ 中谷美紀 土屋太鳳 宮尾俊太郎 真飛聖 新川優愛
    脚本 泉澤陽子
  • IQ246~華麗なる事件簿~

    24時間ドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    初めて見た海外ドラマで、同時進行していくストーリーが面白かったため
  • 6 株価暴落

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    WOWOW 日曜 22:00 〜     23:00
    2014年
    最終回 2014年11月16日
    出演 織田裕二 高嶋政伸 瀬戸康史 川島海荷 平山浩行 矢島健一 相島一之
    脚本 吉本昌弘
    原作 池井戸潤

    7 監査役 野崎修平

    3.0
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.0
    • 映像 3.2
  • 監査役 野崎修平

    漫画原作を見事忠実に再現した傑作

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    社会派漫画として、人気がある「監査役 野崎修平」のドラマですが。個人的に見事!と感謝の気持ちをつたえたい出来になっています。

    俳優の岸谷さんの演技がすこしオーバーなところがネックなのですが...
    続きを読む 社会派漫画として、人気がある「監査役 野崎修平」のドラマですが。個人的に見事!と感謝の気持ちをつたえたい出来になっています。

    俳優の岸谷さんの演技がすこしオーバーなところがネックなのですが、ストーリー展開、構成、俳優陣の演技力などなど非常におもしろくオススメです。

    過去、銀行を舞台にした同じようなドラマで大人気を博した半沢直樹がありますが、それよりももっと人間の情に訴えてくるものが感じられました。

    ドラマの中では暴力的なシーンもありハラハラしながら見れるところもあったりして、下品な内容ともあり家族全員で見るようなドラマではないですが、いち会社員としてみている分には楽しめるドラマになっていると思います。
  • 8 ラストクリスマス

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2004年10月11日
    最終回 2004年12月20日
    出演 織田裕二 矢田亜希子 玉木宏 森山未來 片瀬那奈 伊原剛志 MEGUMI
    脚本 坂元裕二
    主題歌 ユウジ・オダ・ウィズ・ブッチ・ウォーカー 「ウエイク・ミー・アップ・ゴー!ゴー!」

    9 冗談じゃない!

    3.0
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 2.8
    • 演技 2.7
    • 映像 2.9
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2007年04月15日
    最終回 2007年06月24日
    出演 織田裕二 大竹しのぶ 上野樹里 田中圭 飯島直子 草刈正雄 田口浩正
    脚本 伴一彦
    主題歌 織田裕二 「Hug,Hug(ハグハグ)」
  • 冗談じゃない!

    2回目以降に面白くなってくる

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.7
    • 映像 3.2
    始めてリアルタイムで見たときは、なんかいまいち入り込めなくてそんなに好きじゃなかったんだけど、ちょっと時間をあけて改めて見てみると、すんなりコメディドラマとして受け入れられた。
    1回だけだと、ど...
    続きを読む 始めてリアルタイムで見たときは、なんかいまいち入り込めなくてそんなに好きじゃなかったんだけど、ちょっと時間をあけて改めて見てみると、すんなりコメディドラマとして受け入れられた。
    1回だけだと、どうしてこれを?なんで?みたいに思ってしまった部分も、2回目に見ると面白くなってくるっていうか。
    上野樹里ちゃんも大竹しのぶさんもコメディエンヌができる人だから、最初こそアクの強さに驚いてしまうけど、最後まで見てからもう1回見ると、すごいな~って思えます。
  • 10 外交官黒田康作

    2.8
    • 出演者 2.6
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.0
    • 映像 2.6
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    初回 2011年01月13日
    最終回 2011年03月24日
    出演 織田裕二 柴咲コウ 夏帆 萩原聖人 草刈民代 香川照之 大倉孝二
    脚本 古家和尚
    原作 真保裕一
  • 外交官黒田康作

    これが外交官か!?

    3.9
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.3
    • 映像 3.0
    なんて思ってしまった。外交官って、もっとこう、国の営業職みたいなイメージがあったんだけど、これを見るとまるで警察とかスパイみたいな感じ。
    こういう仕事もあるんだろうけど、あくまでフィクションなん...
    続きを読む なんて思ってしまった。外交官って、もっとこう、国の営業職みたいなイメージがあったんだけど、これを見るとまるで警察とかスパイみたいな感じ。
    こういう仕事もあるんだろうけど、あくまでフィクションなんで(笑)。
    1話完結の刑事ものと違って、ひとつの大きな流れを追いかけていくから、そういうのに見慣れてない人は苦手に感じるのかも。
    わりと演技に安定感のある人がたくさん出ているので、演技の面で気になるところは少ないかな。
    海外ロケもあるので、こういうドラマまた作れるようになってほしいな~。
  • 11 SUITS/スーツ2

    2.6
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.6
    • 演技 2.7
    • 映像 2.8
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2020年
    出演 織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 小手伸也 吉田鋼太郎 鈴木保奈美
    脚本 小峯裕之
    主題歌 B'z 「WOLF」
  • SUITS/スーツ2 第5話

    衝撃の玉井解雇で終わり、びっくり。

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5
    衝撃の玉井(中村アン)解雇で終わった回でした。正直、彼女が隠蔽に手を出してしまった展開もよく分からずな感じだったんでそこはもやもやしてしまったのが残念。次週から、マカオ展開になりますが、ここで切... 続きを読む 衝撃の玉井(中村アン)解雇で終わった回でした。正直、彼女が隠蔽に手を出してしまった展開もよく分からずな感じだったんでそこはもやもやしてしまったのが残念。次週から、マカオ展開になりますが、ここで切り替わるのも納得いかないな。
    多分、玉井は、絶対これで終わらないと思いますし、前に3話の冒頭で見せた事務所内裁判展開があったんで、そこで彼女が再び絡んでくるのかなと思ってますが、それまでは、中村アン という癒しの種が一人、いなくなるのは残念だが待ちたいと思います。
    玉井と甲斐の隠蔽絡み問題の裏で、大貴(中島裕翔)が一人で親子問題の案件を片付けたのは褒めたいなと思いました。何気に甲斐(織田裕二)がいなくてももう一人でやっていけるのかと思いました。
    事務所内がピリピリムードな中、今週も蟹江先生(小手伸也)が唯一の癒しで良かったです。正直、スーツの中では彼のキャラが1番好きなので、もっと彼のシーンが見たいかも。
  • 12 太陽と海の教室

    2.6
    • 出演者 2.6
    • ストーリー 2.6
    • 演技 2.6
    • 映像 2.6
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2008年07月21日
    最終回 2008年09月22日
    出演 織田裕二 北川景子 岡田将生 北乃きい 濱田岳 吉高由里子 冨浦智嗣
    脚本 坂元裕二
    主題歌 UZ 「君の瞳に恋してる」
  • 太陽と海の教室

    教師役は似合ってなかった

    3.2
    • 出演者 2.5
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.5
    • 映像 3.0
    織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がま...
    続きを読む 織田裕二さんとともにダブルの大根役者で見れたもんではなかったです。生徒役の子達の方がずっと演技がちゃんとしていたので、北川景子さんの存在は苛立ちしかありませんでした。
    教師役をするには年齢がまだ若かったと思うし、月9ヒロインには時期尚早だったと思います。
  • 2020

    2018

      SUITS/スーツ

      3.9
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.9
      • 映像 3.9
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      2018年
      最終回 2018年12月17日
      出演 織田裕二 中島裕翔 鈴木保奈美 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 國村隼
      脚本 池上純哉
      主題歌 B'z 「WOLF」
    • SUITS/スーツ 第5話

      三人の落伍者

      3.5
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.5
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      続きを読む この話には三人の落伍者が登場する。

      - 甲斐に逆恨みするトラック運転手、
      - 甲斐の音楽友達でもあるハイヤーの運転手、
      - 借金取りに追われる磯村勇斗

      この三者に対する甲斐の態度が、ひとつの価値観を描いている。

      トラック運転手は落伍者である上に根性まで腐っていて、どうしようもない存在だ。甲斐は彼を完膚なきまでに屈服させる。

      ハイヤーの運転手は自分を貫いたため音楽業界にいられなくなった。彼は収入の点では庶民だが、魂は尊い。甲斐は使用人である彼に対して敬語で話し、また、屈託無い笑顔を見せる。

      何度同情しても更生しない磯村勇斗は、性根が腐りかけている。
      甲斐は彼と距離をとるよう、鈴木に強く推奨する。それが磯村自身の魂を守ることにもなる、と信じている。

      初見では
      [全てをもつアッパークラス・甲斐」vs「性根まで腐った庶民]
      という対立構図が際立っていたため、どう見たらいいのかよくわからなかったが、読み解いて見ると上のような構成が浮かんできて、なるほどと思えるところもあった。

      当初わかりにくかったのは、甲斐を演じているのが織田裕二だからなのかも知れない、などとも思った。
    • 監査役 野崎修平

      3.0
      • 出演者 3.3
      • ストーリー 3.3
      • 演技 3.0
      • 映像 3.2
    • 監査役 野崎修平

      漫画原作を見事忠実に再現した傑作

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 4.0
      • 映像 5.0
      社会派漫画として、人気がある「監査役 野崎修平」のドラマですが。個人的に見事!と感謝の気持ちをつたえたい出来になっています。

      俳優の岸谷さんの演技がすこしオーバーなところがネックなのですが...
      続きを読む 社会派漫画として、人気がある「監査役 野崎修平」のドラマですが。個人的に見事!と感謝の気持ちをつたえたい出来になっています。

      俳優の岸谷さんの演技がすこしオーバーなところがネックなのですが、ストーリー展開、構成、俳優陣の演技力などなど非常におもしろくオススメです。

      過去、銀行を舞台にした同じようなドラマで大人気を博した半沢直樹がありますが、それよりももっと人間の情に訴えてくるものが感じられました。

      ドラマの中では暴力的なシーンもありハラハラしながら見れるところもあったりして、下品な内容ともあり家族全員で見るようなドラマではないですが、いち会社員としてみている分には楽しめるドラマになっていると思います。

    2016

    2014

    2013

    2011

    2008

    2007

    2004

    2002

    2001

    1998

    1997

    1995

    1994

    1993

    1991

      東京ラブストーリー

      4.2
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      初回 1991年01月07日
      最終回 1991年03月18日
      出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
      脚本 坂元裕二
      主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
      原作 柴門ふみ
    • 東京ラブストーリー

      「今」の「東京ラブストーリー」

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0


      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      ...
      続きを読む

      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

      と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

      だから、どうせ観たとしても

      「ふざけんじゃねーよ!」

      って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

      しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

      自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

      そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

      僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

      そして、、





      気付くと朝でした



      僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




      「ふざけんじゃねーよ!」




      「最高じゃねーか、、、、」



      感動しました。



      このドラマに出ている俳優さん
      そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
      それらこのドラマに関わっている全ての人に

      「謝罪」と「感謝」をしたいです


      なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


      全然違いました


      ハードルなんか越えてないんです

      全く違うレーンを原作に寄り添って

      そして力強く走り抜けて行きました


      携帯電話は?


      ネットは?


      そんなのは只の雑音でした



      どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

      人は人の事を好きになる

      それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


      そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

      勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


      やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

      だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

      いいドラマはそこが圧倒的に違う

      今回もそれを凄く感じた

      このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

      しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

      元の「東京ラブストーリー」に

      「出来るだけ近づける」

      ではなくて

      「打ち勝ってやる!」

      って気迫がバンバン伝わってきた。


      何度も言うようだけど、本当に感動した。


      多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
      特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

      それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

      このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

      恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

      もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

      皆様是非










    評価をする