鈴木保奈美の出演ドラマ

リーガル・ハイ2

4.3
  • 出演者 4.3
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.3
  • 映像 4.1
フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
初回 2013年04月17日
最終回 2013年06月26日
出演 堺雅人 新垣結衣 里見浩太朗 岡田将生 小雪 田口淳之介 黒木華
脚本 古沢良太
主題歌 RIP SLYME 「SLY」
  • リーガル・ハイ2

    堺雅人の演技と脚本だけでも最高。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    主役の堺雅人の演技と名脚本家・古沢良太の脚本だけでも見る価値あり。
    まさに笑いあり、涙ありの最高傑作ドラマだった。
    シーズン2までしか放送されていないが、シーズン3もぜひ放送してほしい。
    ...
    続きを読む 主役の堺雅人の演技と名脚本家・古沢良太の脚本だけでも見る価値あり。
    まさに笑いあり、涙ありの最高傑作ドラマだった。
    シーズン2までしか放送されていないが、シーズン3もぜひ放送してほしい。
    (訳あってシーズン3は厳しいと聞いたが…)
  • 家族ゲーム

    4.2
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    2013年
    最終回 2013年06月19日
    出演 櫻井翔 神木隆之介 鈴木保奈美 板尾創路 忽那汐里 浦上晟周 北原里英
    脚本 武藤将吾
    主題歌 「Endless Game」
    原作 本間洋平
  • 家族ゲーム

    とても面白い

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    見始めたきっかけは特になかった。
    しかし櫻井翔の冷静なキャラクターにどんどん引き込まれるような
    中毒性のあるドラマだった。
    家族が崩壊していく様がかいま見れるストーリーが見ていて飽きなかった。
    ...
    続きを読む 見始めたきっかけは特になかった。
    しかし櫻井翔の冷静なキャラクターにどんどん引き込まれるような
    中毒性のあるドラマだった。
    家族が崩壊していく様がかいま見れるストーリーが見ていて飽きなかった。
    あの手のドラマは今まであまりなかったようにように思ってますし、
    とても面白かったのを覚えている。
  • 東京ラブストーリー

    4.2
    • 出演者 4.2
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1991年01月07日
    最終回 1991年03月18日
    出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
    脚本 坂元裕二
    主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
    原作 柴門ふみ
  • 東京ラブストーリー

    「今」の「東京ラブストーリー」

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0


    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    ...
    続きを読む

    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

    と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

    だから、どうせ観たとしても

    「ふざけんじゃねーよ!」

    って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

    しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

    自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

    そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

    僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

    そして、、





    気付くと朝でした



    僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




    「ふざけんじゃねーよ!」




    「最高じゃねーか、、、、」



    感動しました。



    このドラマに出ている俳優さん
    そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
    それらこのドラマに関わっている全ての人に

    「謝罪」と「感謝」をしたいです


    なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


    全然違いました


    ハードルなんか越えてないんです

    全く違うレーンを原作に寄り添って

    そして力強く走り抜けて行きました


    携帯電話は?


    ネットは?


    そんなのは只の雑音でした



    どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

    人は人の事を好きになる

    それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


    そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

    勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


    やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

    だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

    いいドラマはそこが圧倒的に違う

    今回もそれを凄く感じた

    このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

    しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

    元の「東京ラブストーリー」に

    「出来るだけ近づける」

    ではなくて

    「打ち勝ってやる!」

    って気迫がバンバン伝わってきた。


    何度も言うようだけど、本当に感動した。


    多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
    特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

    それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

    このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

    恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

    もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

    皆様是非










  • 4 SUITS/スーツ

    3.9
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.9
    • 映像 3.9
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年12月17日
    出演 織田裕二 中島裕翔 鈴木保奈美 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 國村隼
    脚本 池上純哉
    主題歌 B'z 「WOLF」
  • SUITS/スーツ 第5話

    三人の落伍者

    3.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む この話には三人の落伍者が登場する。

    - 甲斐に逆恨みするトラック運転手、
    - 甲斐の音楽友達でもあるハイヤーの運転手、
    - 借金取りに追われる磯村勇斗

    この三者に対する甲斐の態度が、ひとつの価値観を描いている。

    トラック運転手は落伍者である上に根性まで腐っていて、どうしようもない存在だ。甲斐は彼を完膚なきまでに屈服させる。

    ハイヤーの運転手は自分を貫いたため音楽業界にいられなくなった。彼は収入の点では庶民だが、魂は尊い。甲斐は使用人である彼に対して敬語で話し、また、屈託無い笑顔を見せる。

    何度同情しても更生しない磯村勇斗は、性根が腐りかけている。
    甲斐は彼と距離をとるよう、鈴木に強く推奨する。それが磯村自身の魂を守ることにもなる、と信じている。

    初見では
    [全てをもつアッパークラス・甲斐」vs「性根まで腐った庶民]
    という対立構図が際立っていたため、どう見たらいいのかよくわからなかったが、読み解いて見ると上のような構成が浮かんできて、なるほどと思えるところもあった。

    当初わかりにくかったのは、甲斐を演じているのが織田裕二だからなのかも知れない、などとも思った。
  • 5 わろてんか

    3.6
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.7
    • 演技 3.8
    • 映像 3.7
    NHK総合 月〜土曜 08:30 〜     08:45
    初回 2017年10月02日
    最終回 2018年03月31日
    出演 葵わかな 松坂桃李 遠藤憲一 竹下景子 新井美羽 千葉雄大 鈴木保奈美
    脚本 吉田智子
    主題歌 松たか子 「明日はどこから」
  • わろてんか

    笑いと愛と商売の話

    3.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5
    主人公が幼い頃に出会った初恋の相手と再会をして、最初は周りに反対されるが、認めてもらえるまで頑張る姿や、夫婦になってからも、夫のために努力するのですが、妻だけが夫に尽くすだけではなく、お互いの好... 続きを読む 主人公が幼い頃に出会った初恋の相手と再会をして、最初は周りに反対されるが、認めてもらえるまで頑張る姿や、夫婦になってからも、夫のために努力するのですが、妻だけが夫に尽くすだけではなく、お互いの好きなこと(お笑い)のために夫婦で力を合わせて乗り越えていく2人の姿が微笑ましかったです。笑いをみんなに届けたい、商売にする、という目標のために頑張っている2人をみるのが楽しかったです。
    夫婦主人公に惚れている主人公の幼馴染みや、主人公がお見合いで惚れられた相手も、夫にとってはライバルのはずなのに、色んなことを乗り越えて協力し合う仲間になっていたところも良かったです。
  • 6 愛してたって、秘密はある

    3.5
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.5
    日本テレビ系 日曜 22:30 〜     23:24
    2017年
    最終回 2017年09月17日
    出演 福士蒼汰 川口春奈 鈴木保奈美 遠藤憲一 鈴木浩介 賀来賢人 白洲迅
    脚本 桑村さや香 松本美弥子
    主題歌 家入レオ 「ずっと、ふたりで」
  • 愛してたって、秘密はある

    想像もつかないミステリー

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    ストーリーがしっかりしていて、ミステリーとして内容がしっかりしていた。
    1話ごとに楽しみになるし、ラストは想像もつかないような結末でとてもびっくりして楽しめた。
  • 7 愛という名のもとに

    3.5
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    1992年
    最終回 1992年03月26日
    出演 鈴木保奈美 唐沢寿明 江口洋介 洞口依子 石橋保 中島宏海 中野英雄
    脚本 野島伸司
    主題歌 浜田省吾 「悲しみは雪のように」
  • 愛という名のもとに 第3話

    まだ青春の続き

    5.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    大学卒業してから3年経った話だけど、まだまだみんな仕事や恋に夢を持って青春してるって感じがしてすごい。仲間との友情は永遠!みたいなゴリ押し感もいっそ嫌いじゃない(笑)。仲間!絆!みたいなきれいな... 続きを読む 大学卒業してから3年経った話だけど、まだまだみんな仕事や恋に夢を持って青春してるって感じがしてすごい。仲間との友情は永遠!みたいなゴリ押し感もいっそ嫌いじゃない(笑)。仲間!絆!みたいなきれいなことを言いつつ、ドラマの中の現実が結構つらいので、そのギャップに見ているこっちがえぐられてくる。ザ・野島伸司という感じだ。
  • 8 ニュースの女

    3.4
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.1
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    1998年
    最終回 1998年03月18日
    出演 鈴木保奈美 長塚京三 滝沢秀明 吹越満 小野武彦 伊藤俊人 藤原紀香
    脚本 高橋留美 田渕久美子
    主題歌 JUDY AND MARY 「散歩道」
    原作 星新一
  • ニュースの女

    このドラマでタッキーが好きになった!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    何気なく見始めたドラマに映る美少年・・・タッキー!!!
    当時中学生の私が、タッキーのファンとなるきっかけになったのがこのドラマ。
    かっこいいニュースキャスターを演じている鈴木保奈美の義理の息子役...
    続きを読む 何気なく見始めたドラマに映る美少年・・・タッキー!!!
    当時中学生の私が、タッキーのファンとなるきっかけになったのがこのドラマ。
    かっこいいニュースキャスターを演じている鈴木保奈美の義理の息子役なのだが、
    最初のツンケンした態度からだんだん心を開いていくストーリーもとても良かった。
    ドラマの中で流れていたジュディマリの「散歩道」を聞くと、
    今でもドラマの映像が頭の中に蘇る位、印象に残っています!
  • 9 古畑任三郎 2nd season

    3.4
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.3
    • 映像 3.3
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    1996年
    最終回 1996年03月13日
    出演 田村正和 西村雅彦 白井晃 小林隆 明石家さんま 秋本奈緒美 中丸新将
    脚本 三谷幸喜
  • 古畑任三郎 2nd season

    現場に自転車で現れる奇妙な刑事

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    アメリカ刑事ドラマ「刑事コロンボ」を踏襲した犯人が事前に分かるミステリ、いわゆる「倒叙ミステリ」で初めて見た作品。
    毎回違うゲスト犯人が秀逸で現実には無理あるトリックでも古畑のあのキャラクターが...
    続きを読む アメリカ刑事ドラマ「刑事コロンボ」を踏襲した犯人が事前に分かるミステリ、いわゆる「倒叙ミステリ」で初めて見た作品。
    毎回違うゲスト犯人が秀逸で現実には無理あるトリックでも古畑のあのキャラクターがいい具合にマッチしていて見ていて面白かった。
  • 10 江~姫たちの戦国〜

    3.2
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 2011年01月09日
    最終回 2011年11月27日
    出演 上野樹里 鈴木保奈美 宮沢りえ 水川あさみ 鈴木砂羽 大竹しのぶ 奈良岡朋子
    脚本 田渕久美子
    原作 田渕久美子
  • 江~姫たちの戦国〜

    大河ドラマとして見ちゃダメだ…

    2.2
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 1.7
    • 演技 1.8
    • 映像 3.2
    続きを読む もうちょっとどうにかならなかったのかな〜
    脚本 全てを無かったことにするし、出演者はロボットみたいな動き。
    史実がまだちゃんとしてないことも含めて、歴史創作ドラマとしてみるべき。

    子供とかはシンプルで好きそう。
    ここをとっかかりにして大河ドラマに入って行ってもらったら良いのではないかな〜なんて。
    根っからの大河ドラマ好きにはすごい嫌われそうだけど笑
  • 11 元禄繚乱

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1999年01月10日
    最終回 1999年12月12日
    出演 中村勘九郎 東山紀之 大竹しのぶ 宮沢りえ 石坂浩二 愛川欽也 杉本哲太
    脚本 中島丈博
    原作 舟橋聖一
  • 元禄繚乱

    今は亡き中村勘三郎さん主演の名作!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    今は亡き、中村勘三郎さんが大石倉之助で素晴らしい名演技を見せている「忠臣蔵」。
    しかし、歌舞伎とは全く違う芝居なのに、ものすごく存在感があり、やっぱり天性の役者が努力をすると凄いことになるんだ...
    続きを読む 今は亡き、中村勘三郎さんが大石倉之助で素晴らしい名演技を見せている「忠臣蔵」。
    しかし、歌舞伎とは全く違う芝居なのに、ものすごく存在感があり、やっぱり天性の役者が努力をすると凄いことになるんだなぁと実感した作品。
    その息子の勘九郎さんが今年の大河で主演を務めているというのも素晴らしいなぁと思う。
    …もうちょっと、長生きしてほしかったなぁ、勘三郎さん。
  • 12 君が嘘をついた

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1988年10月24日
    最終回 1988年12月19日
    出演 三上博史 麻生祐未 工藤静香 大江千里 鈴木保奈美 布施博 長山洋子
    脚本 野島伸司
    主題歌 PRINCESS PRINCESS 「GET CRAZY!」
  • 君が嘘をついた

    赤名リカのキャラが衝撃的!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む ハッキリとした性格の女子・リカに対して、カンチは優柔不断の女々しい男。
    可哀想だけど、どう考えてもムリがあった。
    このドラマ、織田裕二さん演じたカンチは魅力ゼロ。
    ここまで情けない男が、ラブストーリーの相手役だなんて、そうそうないと思う。
    そんな情けない男なのに、一途にカンチを想い続けるリカを見ていると、泣けた…。
    当時は、ハッピーエンドではないラストに悶々としちゃったけど、今思うと、あれで良かったんだ。と納得できる。
    名作ドラマ!
  • 13 この世の果て

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 1994年01月10日
    最終回 1994年03月28日
    出演 鈴木保奈美 三上博史 桜井幸子 豊川悦司 大浦龍宇一 秋本奈緒美 清水紘治
    脚本 野島伸司
    主題歌 尾崎豊 「OH MY LITTLE GIRL」
  • この世の果て

    壮絶な人生のドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    登場人物のそれぞれがあまりにも悲惨な目に遭いつづけ、ここまで人は、強欲で孤独で寂しい生き物なのかと絶望する。

    希望を見つけるも、裏切られ、奪われ、絶望の連続。

    それでも捨て身の愛はと...
    続きを読む 登場人物のそれぞれがあまりにも悲惨な目に遭いつづけ、ここまで人は、強欲で孤独で寂しい生き物なのかと絶望する。

    希望を見つけるも、裏切られ、奪われ、絶望の連続。

    それでも捨て身の愛はとても美しい。

    ボロボロになり、絶望的な中でも光が見えるラストを観ると、感動が止まらない。

    その登場人物たちそれぞれがその後どうなったのか、とても気になり、続編があれば是非見てみたい。
  • 14 SUITS/スーツ2

    2.9
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 2.8
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    2020年
    出演 織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 小手伸也 吉田鋼太郎 鈴木保奈美
    脚本 小峯裕之
    主題歌 B'z 「WOLF」
  • SUITS/スーツ2 第10話

    鈴木先生にはがっかりです

    2.0
    • 出演者 1.5
    • ストーリー 1.5
    • 演技 1.5
    • 映像 1.5
    前回の口コミで、鈴木先生には聖澤さんのことは絶対に裏切らないでほしい!と書きましたが、見事に裏切ってくれましたね。
    おばあちゃんが亡くなったことを誰にも言いたくないのもわかりますが、聖澤さんに...
    続きを読む 前回の口コミで、鈴木先生には聖澤さんのことは絶対に裏切らないでほしい!と書きましたが、見事に裏切ってくれましたね。
    おばあちゃんが亡くなったことを誰にも言いたくないのもわかりますが、聖澤さんにあたることはないでしょう。

    葬儀に遅れそうなのをわざわざ迎えに来てくれたのに、元カノにキスするし、結婚してるとわかったら追い返すし、聖澤さんにもキスしといてなぜか電話で元カノを呼び出して最終的にHしちゃってるし。不倫だしもう最悪。

    ボストンに戻って薬物やろうとして甲斐先生に止められて、そのせいで甲斐先生に薬物疑惑、それを逆手にとって審査会を開いたのはよかったけど、鈴木先生ほんとに賢いの?
    暴走する甲斐先生を引き止めたりしてくれてて、まだ冷静なところもあると思ってたのに、今回の件で人としても弁護士(そもそも資格ない)としても信じられない。

    聖澤さんは本当にすてきな女性なので、もうこいつとはかかわってほしくない。
    アメリカのドラマだとまあ結構こういうことあるけど、ドラッグの件といいさすがに日本では無理がありすぎる。海外ドラマのままのほうがよかったんじゃないかなー。
  • 2020

      SUITS/スーツ2

      2.9
      • 出演者 3.6
      • ストーリー 2.8
      • 演技 3.2
      • 映像 3.2
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      2020年
      出演 織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 小手伸也 吉田鋼太郎 鈴木保奈美
      脚本 小峯裕之
      主題歌 B'z 「WOLF」
    • SUITS/スーツ2 第10話

      鈴木先生にはがっかりです

      2.0
      • 出演者 1.5
      • ストーリー 1.5
      • 演技 1.5
      • 映像 1.5
      前回の口コミで、鈴木先生には聖澤さんのことは絶対に裏切らないでほしい!と書きましたが、見事に裏切ってくれましたね。
      おばあちゃんが亡くなったことを誰にも言いたくないのもわかりますが、聖澤さんに...
      続きを読む 前回の口コミで、鈴木先生には聖澤さんのことは絶対に裏切らないでほしい!と書きましたが、見事に裏切ってくれましたね。
      おばあちゃんが亡くなったことを誰にも言いたくないのもわかりますが、聖澤さんにあたることはないでしょう。

      葬儀に遅れそうなのをわざわざ迎えに来てくれたのに、元カノにキスするし、結婚してるとわかったら追い返すし、聖澤さんにもキスしといてなぜか電話で元カノを呼び出して最終的にHしちゃってるし。不倫だしもう最悪。

      ボストンに戻って薬物やろうとして甲斐先生に止められて、そのせいで甲斐先生に薬物疑惑、それを逆手にとって審査会を開いたのはよかったけど、鈴木先生ほんとに賢いの?
      暴走する甲斐先生を引き止めたりしてくれてて、まだ冷静なところもあると思ってたのに、今回の件で人としても弁護士(そもそも資格ない)としても信じられない。

      聖澤さんは本当にすてきな女性なので、もうこいつとはかかわってほしくない。
      アメリカのドラマだとまあ結構こういうことあるけど、ドラッグの件といいさすがに日本では無理がありすぎる。海外ドラマのままのほうがよかったんじゃないかなー。

    2018

      SUITS/スーツ

      3.9
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.9
      • 映像 3.9
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      2018年
      最終回 2018年12月17日
      出演 織田裕二 中島裕翔 鈴木保奈美 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 國村隼
      脚本 池上純哉
      主題歌 B'z 「WOLF」
    • SUITS/スーツ 第5話

      三人の落伍者

      3.5
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.5
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      続きを読む この話には三人の落伍者が登場する。

      - 甲斐に逆恨みするトラック運転手、
      - 甲斐の音楽友達でもあるハイヤーの運転手、
      - 借金取りに追われる磯村勇斗

      この三者に対する甲斐の態度が、ひとつの価値観を描いている。

      トラック運転手は落伍者である上に根性まで腐っていて、どうしようもない存在だ。甲斐は彼を完膚なきまでに屈服させる。

      ハイヤーの運転手は自分を貫いたため音楽業界にいられなくなった。彼は収入の点では庶民だが、魂は尊い。甲斐は使用人である彼に対して敬語で話し、また、屈託無い笑顔を見せる。

      何度同情しても更生しない磯村勇斗は、性根が腐りかけている。
      甲斐は彼と距離をとるよう、鈴木に強く推奨する。それが磯村自身の魂を守ることにもなる、と信じている。

      初見では
      [全てをもつアッパークラス・甲斐」vs「性根まで腐った庶民]
      という対立構図が際立っていたため、どう見たらいいのかよくわからなかったが、読み解いて見ると上のような構成が浮かんできて、なるほどと思えるところもあった。

      当初わかりにくかったのは、甲斐を演じているのが織田裕二だからなのかも知れない、などとも思った。

    2017

    2013

    2011

    1999

    1998

    1996

    1994

    1992

    1991

      東京ラブストーリー

      4.2
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      初回 1991年01月07日
      最終回 1991年03月18日
      出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
      脚本 坂元裕二
      主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
      原作 柴門ふみ
    • 東京ラブストーリー

      「今」の「東京ラブストーリー」

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0


      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      ...
      続きを読む

      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

      と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

      だから、どうせ観たとしても

      「ふざけんじゃねーよ!」

      って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

      しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

      自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

      そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

      僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

      そして、、





      気付くと朝でした



      僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




      「ふざけんじゃねーよ!」




      「最高じゃねーか、、、、」



      感動しました。



      このドラマに出ている俳優さん
      そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
      それらこのドラマに関わっている全ての人に

      「謝罪」と「感謝」をしたいです


      なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


      全然違いました


      ハードルなんか越えてないんです

      全く違うレーンを原作に寄り添って

      そして力強く走り抜けて行きました


      携帯電話は?


      ネットは?


      そんなのは只の雑音でした



      どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

      人は人の事を好きになる

      それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


      そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

      勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


      やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

      だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

      いいドラマはそこが圧倒的に違う

      今回もそれを凄く感じた

      このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

      しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

      元の「東京ラブストーリー」に

      「出来るだけ近づける」

      ではなくて

      「打ち勝ってやる!」

      って気迫がバンバン伝わってきた。


      何度も言うようだけど、本当に感動した。


      多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
      特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

      それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

      このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

      恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

      もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

      皆様是非










    1990

    1988

    評価をする