警視庁・捜査一課長 season4 1話〜10話のすべての口コミ(レビュー)・感想・評価一覧。警視庁・捜査一課長 season4の口コミ(レビュー)・感想・評価を投稿する事ができます。

警視庁・捜査一課長 season4

3.0
  • 出演者 3.0
  • ストーリー 3.0
  • 演技 3.0
  • 映像 3.0
警視庁・捜査一課長 season4

【ドラマ紹介】

2012年から放送している『警視庁・捜査一課長』シリーズの第4作目。捜査一課の課長・大岩純一(内藤剛志)が、立ちはばかる壁に苦悩しながらも信頼する部下たちと共に難事件を解決していく刑事ミステリードラマ。

  • 警視庁・捜査一課長 season4 第10話

    手洗いにバリエーションが

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    近づくとくしゃみが出るご遺体に近づく刑事たちのマスク姿たるや、ごつい!
    いろいろ工夫を凝らして撮影をしてくれてるんだろうけど、ホシをあげる!シーンの人数が少しずつ増えてきてるのがほんと嬉しい。...
    続きを読む 近づくとくしゃみが出るご遺体に近づく刑事たちのマスク姿たるや、ごつい!
    いろいろ工夫を凝らして撮影をしてくれてるんだろうけど、ホシをあげる!シーンの人数が少しずつ増えてきてるのがほんと嬉しい。
    そして新作放送再開後のお約束になってる手洗いシーン、今までは一課長の自宅で一課長のみだったけど、ちょっとバラエティ豊かになってる!楽しい。

    そして笹川刑事部長タイムはわかりやすいコントのようでいて、最後はちょっとホラーっぽさすらあるという…。ロッカーに帰っていく刑事部長にいつもと同じように失礼しますができる一課長、やはりただ者ではない。

    今回珍しくブランクの猛(?)ダッシュシーンがあったので、そういう意味ではちょっと貴重だったかも。
    なにげに戦隊レッド同士のシーンがあったのも嬉しい。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第9話

    時節柄にあわせたお約束が

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    捜査一課長にしては珍しく密室?系。犯人はこの中にいる!とわりと早めに断言するけど何田一くんもコ何くんも何智小五郎も出てこない。
    しかも出てくるゲストみんな怪しい!なんなら冒頭に遺体で見つかった...
    続きを読む 捜査一課長にしては珍しく密室?系。犯人はこの中にいる!とわりと早めに断言するけど何田一くんもコ何くんも何智小五郎も出てこない。
    しかも出てくるゲストみんな怪しい!なんなら冒頭に遺体で見つかった小松さんすら怪しいw

    今回もホシをあげる!の人数は少なめだったけど、2回のノルマも達成したし、大勢で川さらいもしたし、ちょっとずつだけどいつもの感じが戻って来てるような。望子ちゃんのドMも炸裂してましたね…。

    そして今週の笹川刑事部長タイム、絵面は地味ながら自由度は高いというすばらしい出来。最後のほうスランプ笑ってたでしょ…w
    一課長の手洗い、あれも地味だけどすごくいいと思うの。小学生とか見てたら(見てるのか?)お手本になってくれてると思う。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第8話

    自粛後も「らしさ」は健在

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    自粛明けの撮影が多いっぽい今回、毎回の見どころのひとつだと思ってる捜査本部のシーンがまるっとなくて、かなり寂しい…。こればっかりはまだまだ難しいことなので仕方ないけど、やっぱりお決まりのひとつが... 続きを読む 自粛明けの撮影が多いっぽい今回、毎回の見どころのひとつだと思ってる捜査本部のシーンがまるっとなくて、かなり寂しい…。こればっかりはまだまだ難しいことなので仕方ないけど、やっぱりお決まりのひとつがないと、ちょっと物足りなさを感じてしまいますね。お約束の回収が楽しいタイプのドラマなので。

    とはいえ、比較的シンプルな事件を遠回りに捜査して解決してく手法と笹川刑事部長タイム、ビビちゃんタイムは健在。そして何気に大岩一課長の手洗いシーンを2度も入れてくるあの感じ、ああ捜査一課長だなぁ…と思えてなんかホッとしました。

    マスクで変装できてないヤマさんと大福、電信柱の影で大福をほおばる大福、完全に不審者で笑ってしまった。捜査一課長はずっとこのままでいてほしい。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第6話

    いろいろな、ホシをあげる

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    今回はキャンプ場でビシッと座りながら気をつけをキメているご遺体からスタート。見るからに変死だろうという違和感の作り方は相変わらずすごい。
    真実へのたどり着き方がなかなかうまいこと回り道していて...
    続きを読む 今回はキャンプ場でビシッと座りながら気をつけをキメているご遺体からスタート。見るからに変死だろうという違和感の作り方は相変わらずすごい。
    真実へのたどり着き方がなかなかうまいこと回り道していて、今回はシチュエーションやキャラの強さよりもそっちのほうを楽しめたなという印象でした。

    今週のビビちゃんは一課長シャツのテントにぎゅっ…!かわいい…!

    そしてみんなのお楽しみ今週の笹川刑事部長タイムは…ある意味ホラーw
    脚本家が考えているのか、演出家が考えているのかわからないけど、どうしてああなった…。東映はほんと、本田博太郎になにをさせたいの…もっとやって…。

    ここまで6話を新作で走ってきた捜査一課長も、次回からとうとう傑作選。
    しかし転んでもただでは起きない一課長、テレワークな新録映像をプラスするとのことなので、すっごく楽しみにしてる。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第5話

    周囲のキャラもよく見てほしい

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    捜査一課長、毎回最初のご遺体は何かに関連して報告されるわけですが、今回は予告の時点で「何!?そんなものを握りしめたご遺体が!?」と、もうわけのわからなさMAX。
    確かにいろんな意味で“そんなも...
    続きを読む 捜査一課長、毎回最初のご遺体は何かに関連して報告されるわけですが、今回は予告の時点で「何!?そんなものを握りしめたご遺体が!?」と、もうわけのわからなさMAX。
    確かにいろんな意味で“そんなもの”だった…ネットではデザインで騒然となっていたらしい。気持ちはわかる。
    ストーリーは女性の愛憎って感じで結構好きだった。

    一課長、ヤマさん、大福、笹川刑事部長とそれぞれキャラが強くて濃いめなのに、最近それ以外のキャラもかなり主張が激しくなってきた。
    妙なうんちくを語って途中で切られる鑑識の武藤さん、いわずもがなドMの管理官・望子ちゃん、そしてかなり便利に使われている刑事・井上。
    今回はブランクの謎の圧もあって、天笠くんがいかに優秀だったかがよくわかる…(ちゃんと一課の刑事になったし)。
    望子ちゃんのドMの圧をしっかり受け止めたときから、井上に注目しているので、今後も活躍してほしい。

    ところで東映は本田博太郎になにをさせたいの…第2のガチャピンになるの…?いや最高なので続けてほしいです。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第4話

    望子ちゃん!

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    今週は餃子。中華やさんで、焼く前の餃子を目にして「餃子くさい」と言い切る大福。
    最初から怪しさ満点のマナかカナ(調べたらカナのほうだった)。
    去年の特捜9では香水のにおいをぬか床のぬかで消し...
    続きを読む 今週は餃子。中華やさんで、焼く前の餃子を目にして「餃子くさい」と言い切る大福。
    最初から怪しさ満点のマナかカナ(調べたらカナのほうだった)。
    去年の特捜9では香水のにおいをぬか床のぬかで消してたし、今日は餃子くさいと言われるし、東映はマナかカナになにをさせたいんだ…(調べたらぬかはマナのほうだった)。

    事件の本筋はともかく、今週の笹川刑事部長タイムも絶好調だったし(タレと箸が1人分余ってた)、ビビはかわいいし、最近なりを潜めてたドM管理官こと望子ちゃんのドMが炸裂してたので、今週も大満足。ベリーグッドです。

    途方もない捜査に心折れそうになりながら、望子ちゃんのゲキに反応してた捜査員もなにげにいい味出してました。メインじゃない捜査員たちもみっちりいっぱいいるところが捜査一課長の大好きなところのひとつ。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第3話

    さーて、今週の笹川刑事部長は?

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    よかった、今週の本田博太郎はいつもの駐車場パターンだ…と安心したのもつかの間、いつもわかりにくヒントと激励をくれる笹川刑事部長だけど、今週はいつにも増してえらくわかりにくく伝わらないヒントであっ... 続きを読む よかった、今週の本田博太郎はいつもの駐車場パターンだ…と安心したのもつかの間、いつもわかりにくヒントと激励をくれる笹川刑事部長だけど、今週はいつにも増してえらくわかりにくく伝わらないヒントであった。
    俳優さんだからできて当然とはいえ、あの本田博太郎タイムで笑わずに「わかりません!」とかちゃんと即答できる内藤さんはすごい。

    捜査一課長・小春の香辛料まつりもすごかったな。何箱あったんでしょうかアレ。ご意見してテンプレじゃないお礼メールもらったり、不備欠陥の品を交換してもらったりしたことはあるけど、お礼の品は今までもらったことないや。

    ところで、正当なクレームはともかく、勝手な勘違いで激しく怒って文句をつけてくる客の対処法として、いったん時間を置くというのも有効だそうです。理不尽クレームはいくない。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第2話

    笹川刑事部長リサイタルへようこそ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    捜査一課長、事件そのものよりも解決に至るプロセスとキャラの濃さを楽しむドラマだと思ってるし、いつも実験的なことを仕掛けてくれるのすごく東映らしくて好きだし、それを平日のプライム帯に流してくれるテ... 続きを読む 捜査一課長、事件そのものよりも解決に至るプロセスとキャラの濃さを楽しむドラマだと思ってるし、いつも実験的なことを仕掛けてくれるのすごく東映らしくて好きだし、それを平日のプライム帯に流してくれるテレ朝もテレ朝だよ!(褒めてる)と思ってるし、毎回本田博太郎とビビちゃんで事件のこと全部忘れるんだけど。

    今までそんな登場でヒントを与える刑事部長がいただろうか、いやない。
    いないよ、だってそんなことやろうって考えないよ、普通のドラマ班なら!
    船で登場しただけでもおもしろいのに、手旗信号からの複数仕込み、そして船に乗ったまま去って行く本田博太郎…。東映、テレ朝、本田博太郎に感謝しかない日だった。
    これだから捜査一課長はやめられない。

    ところでやっぱり大福はバランスが取れたキャラだなと実感。
    周りのベテラン勢に負けない、ちゃんとした圧みたいなのもあるからだろうか。復帰してくれて嬉しい。
    ゲスト被害者の性格ブスっぷりもお見事でした。
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第1話

    ブラ~ンコ

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    1年以上ぶりに連ドラとして帰ってきた捜査一課長、スペシャルもコンスタントに放送してて見てるほうもやってるほうも「何をいまさら」と言わんばかりに、余計な前置き一切ナシでご遺体速報から始まる潔さ。こ... 続きを読む 1年以上ぶりに連ドラとして帰ってきた捜査一課長、スペシャルもコンスタントに放送してて見てるほうもやってるほうも「何をいまさら」と言わんばかりに、余計な前置き一切ナシでご遺体速報から始まる潔さ。これよ、これ。

    ビビちゃんとおやつタイムはいつものこととして、本当にいまさらなんだけど、あのドM管理官の下の名前が「望子(もちこ)」で名字が「坂木(さかき)」だって気がついて、木8内藤のハイブリッド…!てうなってしまった。ずっとドM管理官て呼んでてごめん。どうでもいい話だが。

    新入りのおはぎちゃんは帰っちゃった。また戻ってくるのかな。
    いろいろあったけど最後の最後で本田博太郎が手を上げたまま待ち構えてたのを見たら全部どうでもよくなりました。ベリーグッドです!
  • 警視庁・捜査一課長 season4 第1話

    ヒロインの失敗は反省してほしい

    3.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 0.5
    • 演技 1.5
    • 映像 3.5
    松下由樹、窪塚俊介、野間口徹、宮本真希と、キャストで犯人が分からない豪華な面々を迎えた新作スペシャルですが、新人刑事の妹尾萩が大ハズレ。また、このドラマでのお約束シーンが雑になっている印象があり... 続きを読む 松下由樹、窪塚俊介、野間口徹、宮本真希と、キャストで犯人が分からない豪華な面々を迎えた新作スペシャルですが、新人刑事の妹尾萩が大ハズレ。また、このドラマでのお約束シーンが雑になっている印象があり、良かった部分も多いのですが、全体的にあまり満足してません。

    ヒロイン刑事の魅力は大福や最中の様に、過去の経験や人生観から得た教訓や自身の努力によって培われた個性にあって、「海外にいたから空気が読めないんです」は期待外れでした。
    彼女の他人の恋愛に首を突っ込む公私混同っぷりに、過去ヒロイン「私犯人からモテるんです」クラスのコイツジャナイ感が否めません。
    最初から最後まで彼女に慣れることはなく、新宿中央署へお帰りになるシーンでほっとするわけです。

    なんだったんだアイツは…🤔

    また、芸人枠が、7年前と同じ相手をカツアゲするという超展開で笑うしかありませんでした。しかもそのシーンで山さんがしていたネクタイ、捜査初日にしていたものと同じでは…物持ちが良すぎる(未検証)。

    ビビパートも分かりづらい伏線の投げ方をしていたので、些か消化不良です。
    ハードな仕事を終えて家に帰ってきたら、奥さんが部屋の隅に座り込んでるとか、別なドラマかと思っちゃいましたよ。

    でも考えてみれば、コロナウィルスの影響を受けて、俳優同士が距離を取る画になってしまったのかもしれませんね。
    うーん、難しいところ…。

    良かった点は大岩の人柄が丁寧に描写されていたところ。
    冒頭で空気を読まないおはぎに対し、「お前は空気を読まないところを直せ」みたいなことは言わず、その個性を認め、自分はそこが好きだと伝えた上で、山さんと組ませて成長を促す提案をするところは、本当に見習いたい上司力。
    また、容疑者に対しても、過去の捜査ミスを他人事とせず、自らが謝罪し、きちんと捜査することを約束するなど、こういうシーンが丁寧に描写されるのがこのドラマの面白いところだと思う。

    個人的に窪塚俊介演じる澤矢要のファッションに注目してました。かわいいパーカー3着も持ってるの!
    山さんのネクタイと同様にファッション解説してほしい😊

    また登場人物の名前も凝ってて楽しめました。
    妹尾萩(いもおはぎ=芋おはぎ)
    澤矢要(さわやかなめ=爽やかな目)
    小芝石輝(こしばいしてる=小芝居してる)
    今田美蓮(いまだみれん=未だ未練)
    他にもありましたが、強引すぎたので省略。

    さて、来週は特撮9同様特撮一課長の流れが訪れる様です。仮面ライダー鎧武の佐野岳さんがゲストにおりますので、アクションシーンがあるかなと期待です。
    そして笹川刑事部長…ボートで登場してどんなコントを見せてくれるのか!
    今回登場したあの女性がキーになるお話の様です。
    楽しみですね!
評価をする