メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

澪つくし 1話〜162話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、澪つくしが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 澪つくしの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

澪つくし

澪つくし

3.0
(32件の口コミ)
出演者 3.0
ストーリー 3.0
演技 3.0
映像 3.0
(32件の口コミ)
NHK総合
初回: 1985年04月01日
最終回: 1985年10月05日
NHK総合 月〜土 08:15-08:30
初回: 1985年04月01日
最終回: 1985年10月05日
NHK総合 月〜土 08:15-08:30

澪つくしのあらすじ

「陸もの」こと醤油醸造元の娘・かをると「海者」こと網本の息子・惣吉は恋に落ちるが、2人の仲には困難が待ち受け、そして戦争も…。醤油の生産を誇る千葉県銚子が舞台の、ロミオとジュリエット風の朝ドラ。

出演者

沢口靖子 川野太郎 桜田淳子 津川雅彦 加賀まりこ 明石家さんま 柴田恭兵 石丸謙二郎 寺泉哲章 安藤一夫 高師美雪 根岸季衣 村田雄浩 寺田農 鷲尾真知子 高橋珠美子 香川三千 福田豊土 仙北谷可都子 左奈田恒夫 藤広義武 天野和義 岩崎誠司 千野恵生 月岡陽太 坂部文昭 竹内のぶし 江藤漢 斎藤洋介 浜田晃 草笛光子 東千晃 篠田薫 渡辺啓子 高品格 牟田悌三 葛西和雄 岡田正典 町田真一 下村享司 高野嗣郎 吉村直 加藤善博 西巻映子 小山由美子 須和田聡 七瀬けい子 鷲生功 速川明子 狭間鉄 重松収 麻ミナ 岩本多代 小林トシ江 秋山武史 岡部征純 入江正徳 丹内由基子 鶴田忍 海一生 三ツ矢歌子 磯部稲子 四宮明美 織本順吉 内藤武敏 赤木葉子 刈谷佑加 三田村賢二 速見領 なべおさみ 森三平太 窪田吾朗 野上修 誠真也 市来まさみ きなめときえ 服部真知子 平井高雄 桑名良輔 山下一夫 中島大介 村上幹夫 岡部浩之 阿部六郎 渡部猛 谷津勲 五十嵐明子 青木操 伊藤正博 須永慶 塚本信夫 日比はるな 真鍋敏 中島次雄 大森一 佐藤百起 篠田節夫 関根伸昭 黒崎遼 黒崎悠 山下規介 小川英男 有本操 大西洋子 小野正隆 原康義 菅生隆之 楠高宣 簗正昭 加賀谷純一 猪鼻洋伸 猪鼻威伸 西岡徳馬 大矢兼臣 生田智子 大峰順二 小野武彦 門田俊一 伊藤ちづこ 中野千春 後藤健 秋間登 団龍二 関時男 安田洋子 長野晶子 坂口哲夫 をはり万造 三田松五郎 中村昌弘 中村典弘 鈴木弘一 山路和弘 佐藤祐治 藤沢昭宏 藤沢俊宏 真田龍生 小柳全弘 本田清澄 徳山富夫 石田純子 酒井美智子 青木卓 佐藤和男 俵一 古川信 岡田吉弘 浜田宏昭 外間啓子 一橋大介 荒井祐次 布村恭子 すべて表示 閉じる

話数

最新口コミ

3.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
澪つくし

2020年9月21日~ 2021年3月27日
NHK連続テレビ小説
#澪つくし 視聴

今や #科捜研の女 のイメージが強い #沢口靖子 の代表作
朝ドラにしちゃ韓国ドラマみたいな展開で、#ジェームス三木 の代表作

私生児、初恋の人と結婚、夫が行方不明、再婚、出産、元夫が帰還、現夫が戦死、元夫から求婚と波乱万丈

続きを読む
4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
澪つくし 第30話

今回の千代さん(岩本多代)が吐血した衝撃なシーンで終わった後に流れる、恋のあらすじ が正直、ミスマッチな感じではありましたが、改めて名曲だなと感じました。

歌詞が良いです。

かをる(沢口靖子)にとっては、惣吉(川野太郎)と久々に会える楽しみがあっただけに可哀そうでありますが、千代さん(岩本多代)が一大事な状況なだけにそんな事言ってられないのは確かですからね。

兎に角、次回が今まで以上に気になる。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
澪つくし 第29話

猫を可愛がる律子(桜田淳子)の姿が凛としていて良かったです。

かをる(沢口靖子 )が惣吉(川野太郎)と会える気持ちを文学的な表現でナレーションする 葛西聖司 の声がどんどん印象に残る回数が増えてきました。

4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
澪つくし 第28話

清次(寺田農)と弥太郎(明石家さんま)が同じお調子者なキャラだからこそ、借金取りとして、意気投合してる感じがしました。

ラスト、弥太郎が、ヤクザらしき人に包丁を差し向けられたシーンで終わり次回が気になります。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
澪つくし 第27話

律子(桜田淳子)の入浴シーンが凄く色っぽく魅入ってしまいました。

さすが、当時の大女優だなと思う色気とオーラでした。 

律子(桜田淳子)と水橋(寺泉憲)が付き合ってる事をばらした犯人が小浜(村田雄浩)だと判明。

小浜も律子(桜田淳子)に好意を持っていた事が分かり、それだけでなく野心家な所もあり、この重厚な展開はやっぱ、朝ドラ ぽくないな。

律子が、小浜を軍人向きと言った台詞も印象に残りました。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
澪つくし 第26話

律子(桜田淳子)が、どうしても東京に行くために、かをる(沢口靖子)を殺してまでも強引に行くためにナイフをかをるに差し向けるシーンは、もはや、昼ドラ 展開で、朝ドラ じゃないなと思いました。

律子(桜田淳子)が我を忘れた姿に魅入ってしまいましたが、ラスト、久兵衛(津川雅彦)が、律子を何度もビンタするシーンはやりすぎ感が否めないが久兵衛もかなりのお怒りモードだなと感じました。
 
兎に角、15分間が今まで以上に濃かった。

4.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0
澪つくし 第25話

久兵衛(津川雅彦)が、律子(桜田淳子)と信吾(寺泉憲)が付き合ってる事を知った後、今まで以上に怒っていたのが印象的でした。

律子と久兵衛が対峙した後に律子が怒って信吾を追いかけて逃げていってしまうシーンで終わり、次回が気になる。

改めて、恋のあらすじ が良い曲だなと感じましたが、このタイミングで流れたのも律子(桜田淳子)と信吾(寺泉憲)を現してる様な感じに思えてならなかったです。

しかし、津川雅彦 のキレ演技は昔から最高だなと感じました。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
澪つくし 第24話

律子(桜田淳子)と信吾(寺泉憲)の雨の中のディープなキスシーンがもはや、朝ドラ ではなく昼ドラぽいなと感じました。

その姿を目撃するかをる(沢口靖子)と入兆の一人の職人。

ここで終わったのが気になります。

途中のナレーションも官能小説ぽく感じて、これは単純に見れる作品かと思ったら恋愛描写が思った以上に大人な作品で観る前とは随分印象が変わったなと感じました。

しかし、久兵衛(津川雅彦)の怒る姿は怖かった。

4.5
出演者 4.5
ストーリー 4.5
演技 4.5
映像 4.5
澪つくし 第23話

律子(桜田淳子)のお見合い相手がなんか釣り合わない感じでまさに政略結婚という感じがしました。

律子が難しい事を言ってお見合い相手を困らせたり、煙草を吸うのは間違いなく、お見合いをぶち壊そうとしてるのが見え見えだったのが面白かった。

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
澪つくし 第22話

終盤、久兵衛が千代さんをおんぶするシーンは良かったな。

ナレーション通り、夫婦愛を凄く感じさせるシーンでした。

久々にエンディングで、「恋のあらすじ」が流れましたが改めて凄く良い曲ですね。

かをるが坂東家の食卓に入ってるのは素直に嬉しい。

評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す