メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

satsukiさん 91
satsukiさん 91
国内ドラマが大好き!脚本家がドラマ選びのポイント。趣味は舞台鑑賞です。
国内ドラマが大好き!脚本家がドラマ選びのポイント。趣味は舞台鑑賞です。

最新口コミ

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜 第9話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

第9話

3年前に発生した桜(徳永えり)ひき逃げ事件。
犯人探しに明け暮れていた同期の藤(戸田恵梨香)、そして
ペアを組んでいた伊賀崎(ムロツヨシ)。

最終回はムロさん演じる伊賀崎回でしたね。

「TOKYOMER」で渡辺真起子さんが演じた白金厚労省大臣が最終回でまくりまくったように、今回のムロさんの存在感はハンパなかった。

また、今まで見たことのないムロさんが「ハコヅメ」では
見られたような気がします。

穏やかで省エネタイプにも見えた伊賀崎ですが、
誰よりも、犯人逮捕への執念が強かったことが明らかになりました。

静かに燃える犯人への憎しみが握りこぶしから、表情から伝わる名演技。...

続きを読む

ボイスII 110緊急指令室 第1話

3.0
出演者 4.0
ストーリー 4.0
演技 4.0
映像 4.0

とにかく唐沢さんが走る走る!!

先日放送されていた「24」の日本版がまだどうしてもよぎってしまいますね(笑)

でも、アクション、銃を持つ姿はかっこいい!

今回は子どものために、刑事を退くも復帰して活躍する樋口彰吾を演じます。

そして樋口とともに活躍するのが、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署の室長、橘ひかり(真木よう子)。

音からさまざまな情報を分析できる特殊な力を持ったひかりは、第1話で上司で恋人の重藤を救えず…。

重藤が出てきた途端、なんとなくこの人、殺されるな…という予感がしました。

予感がはずれてほしいと思いつつ、見ていたんですが。。

心に...

続きを読む

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜 第1話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

刑事ではなく、交番勤務の女性警察官の生きざまを描く今までなかったドラマ。

UFOを見た、忍者がいる…などヘンな通報にもきちんと対応する交番女子のふたり、新人・川合麻依(永野芽郁)と刑事課の元エース・藤聖子(戸田恵梨香)。

この二人のバディのバランスがよい!

聖子の下で少しづつ警察官になっていく麻依の成長が楽しみでなりません。

そしてふたりを見守る交番所長のムロツヨシさん演じる伊賀崎さんのキャラが
めちゃくちゃいい。これも見たことのないムロさんのタイプでワクワクしました。

寮での女子会のシーンもよかった!

警察官でもちゃんと女子なんだなと。聖子さんと新任刑事・牧高美和(西野七瀬...

続きを読む

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 第11話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

第11話

ストーリーの4分の3ほど喜多見(鈴木亮平)が妹の涼香(佐藤栞里)の死にショックを受け、自分を責めて落ち込んでいた最終話。

大きくストーリーを動かした立役者は白金厚労省大臣(渡辺真起子)でしょう!

医系技官としてのポテンシャルを活かしまくり、
天沼(桂文珍)を見限ってMERを正式に認可。赤塚(石田ゆり子)に必要な心臓手術の認可が下りるように手を回し、医療機関にテロ被害者の受け入れを要請、近郊都道府県にも医療チームの応援要請を出し…。

目の前の命を救うために、どんなことをすればよいのか。
その判断力、決断力は目を見張るものがありました。

音羽(賀来賢人)と協力して、よりよ...

続きを読む

トップナイフ -天才脳外科医の条件- 第10話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

ドラマ唯一の色恋、幸子と来島の関係について。

ラストのラスト、幸子が「脳に興味あるから付き合って」と来島に不思議な告白をしていました。なんとなくうやむやに返事がごまかされ、幸子の恋はきっと終わりを迎えるのでしょう…。

しかし、その直前のシーンで新たな恋の始まりの予感が!

西郡と看護師たちが幸子と来島の恋愛を話していたとき、
西郡が「恋愛は脳の機能の問題」とつぶやいていたのを見逃しませんでした。

幸子と西郡の恋愛観がぴったりじゃないですか!

お互いに頭でっかちで不器用同士のカップルはうまくいきそうな気がしてワクワクしました!

そのふたりに来島が刺激され...

続きを読む

知らなくていいコト 第10話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

尾高とケイトの隠れ家みたいなスタジオのシーンがもう見られないのかと思うと寂しくなりました。時を経て既婚者と独身になったふたりが再び意識し合い、愛を確認した場所。あの愛の巣でのラストシーンは激しかった。日本中の女子を虜にしている尾高様のプロポーズ。

「ケイトと俺は違うんだから」
「命を削って真実に向かっていくケイトが好きなんだ」
「ケイトがいないとツライ」
「一緒に生きていきたい」

そして、バックハグでの「俺と一緒になってくれよ」でダメ押し!

しかし、ここまで言わせておいて振るケイト。

あとで「私たち戻る?一緒に子ども育てようか」ってムシがよすぎ。

いく...

続きを読む

やめるときも、すこやかなるときも 第8話

3.0
出演者 3.0
ストーリー 3.0
演技 3.0
映像 3.0

35億。男をガムにたとえるキャリアウーマンってブルゾンちえみさん
ですよね。

壱晴と別れた桜子は「イキのいいガム」
「ちゃんと好きって言ってくれるガム」を探しに合コンへ。
向かいに座った「イキのいいガム」くんとの会話。

イキのいいガム:どんな人がタイプなの?

桜子:木の香りがする人…。

イキのいいガム:…ウッディ系の香水が好きなんだ。

「好きなタイプ→木の香りがする人」と言われたガムくんの切り返しは
お見事!そんな彼の功績で「やっぱり壱晴じゃないとダメなんだ」と
気づくも桜子の悪いウジウジ癖が。

「もう誰も好きになれないまま、この家みたいに古...

続きを読む

トップナイフ -天才脳外科医の条件- 第9話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

そうそうたるトップナイフたちの競演にワクワク。深山、黒岩、西郡、そして今出川という最強の布陣で挑むオペはいったいどうなるのか。

そして、鈴木杏ちゃん。14歳の中学生の母親役なんですね。時の流れを感じます。。制服が似合っていた杏ちゃんからちょっと怖い宇宙人?の母親役。なんともいえない大御所女優オーラが。さすがです。

そしてそして、片岡鶴太郎さん。まさかの本人役。村西とおる監督風の去り方はきっとアドリブでしょう。最終回を前にして何かの伏線?宇宙人とか??あまりにも急すぎて、違和感がありすぎて。。

今回ほとんど出てこなかった幸子と来島はどうなるのか。黒岩は本当に保と別れてしま...

続きを読む

知らなくていいコト 第9話

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0

福西株が上がり、野中株がさらに暴落した第9話。

イマドキ若者は深夜ラーメンではなく、深夜カニクリームコロッケなんですね。ADくんと一緒にヨーグルトを食べる姿もかわいらしかった。

福西の「自信なさげでモタモタ」という短所を逆手にとって、上手く利用した上司ケイトは編集長になれそう。

そんな福西を見て、さらに闇を深める野中がケイト宅に押しかけて放った言葉は尾高との関係について。「不倫ですから」「誰からも応援されませんから」「僕よりサイテーですから」。

元カノの家に酔っぱらって深夜に押しかけて、吐くわ、わめくわ、水ではなく塩水を欲しがるわがままを言うわ、というサイテーなこ...

続きを読む

トップナイフ -天才脳外科医の条件- 第8話

3.5
出演者 4.0
ストーリー 3.5
演技 4.0
映像 5.0

第8話で「さすがにキツイわ。誰の役にも立たんのは」と奮起してようやく人の役に立った幸子。ドラマも佳境。あと残すところ数話のところで待ってました!幸子のターン!!

これまでウザい、役に立たない、恋愛下手キャラでよくわからない立ち位置だった幸子。座学が得意だったら、病理に行けばいいと思う。病理で輝く幸子はイメージできますから。

今回、幸子の口から飛び出した「感謝感激雨あられ」「愛しい恋女房」だの昭和生まれのおじさんが使う言葉を乱発。あのルーツはどこから。。ぜひ解明してほしいもの。

トップナイフから凡人ナイフとなった西郡の影が薄すぎるというか、扱いが雑なような気が。今回のカサ...

続きを読む

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す