• 美食探偵 明智五郎 第6話

    これは制作側は悔しいやろうな!!

    4.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 5.0
    • 映像 3.0
    ちょっと重めの内容が続いていて、序盤のような明るさが足りなくなってサスペンス色が強くなってきた「美食探偵 明智五郎」

    ドラマとして面白いし、キャストの演技力も素晴らしいのだけど

    主人...
    続きを読む ちょっと重めの内容が続いていて、序盤のような明るさが足りなくなってサスペンス色が強くなってきた「美食探偵 明智五郎」

    ドラマとして面白いし、キャストの演技力も素晴らしいのだけど

    主人公二人の雰囲気が暗くなってきたのと、やはり音楽のテイストが低音で上品だから少し暗さを感じるね。

    それでも僕はこのドラマ本当に面白いと思うし、どんどん話題になって映画化もされてほしいと思う。

    そんな「美食探偵 明智五郎」第6話のあらすじは

    実家の扇屋百貨店の将来を案じる母・寿々栄
    すずえ(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智
    あけち(中村倫也)。

    百貨店の役員・伊達だて(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英
    さえ(北原里英)に、明智か弟の六郎ろくろう(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことになるが、当日姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺
    いちご(小芝風花)が代役を務めることに!

    そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。

    大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する!

    マリアの影を感じ、事件の裏で交錯する意外な思惑に迫る明智。その先にはマリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!

    またもや不穏な雰囲気で始まった第6話

    明るさほしいなー!!

    こんな状況だからなー!!

    ちょっと重めの内容は見るのしんどいかもなー。

    と思いながらもいつもながらに明るい高橋刑事

    いやこの人の明るさじゃないんだよなー!!

    相変わらずなんかようわからん立ち位置やし。

    でも序盤から高橋刑事が良く出てくるってことは、今回は彼に焦点が当たるのか?

    このふわふわ感を払拭してくれるといいけどな。

    今回のテーマは「お見合い」

    お金持ちにはお金持ちの事情があるってところ、なんとなくわかるよね〜。

    名家が結婚するって言うのは、家の繁栄のために子孫を残すって役割

    いわば名家という組織に属しているようなもんだからね。

    この辺は大変だよね。

    ただ金持ちのお嬢さまが

    「いや〜、私も苦労してるのよ〜。」っていう言葉は認めませんけどね!!

    名家の恩恵にあやかって贅沢三昧しとるんじゃけえ!!

    それくらい我慢せんか!!!

    名家に生まれた時点で人生の3分1くらいの悩みは解決しとるんじゃけえの!!

    心の中の菅原文太さんが出たところで本題に戻るけど

    今回は、財前直美さんと六郎役の草川さんの明るさも加わってコメディ強め

    やっぱりこういう明るいシーンがあるとサスペンスが引き立つなあ。

    そして今回は、小池栄子さんの和服姿!!!!

    めちゃくちゃ和服がにあう!!!

    うなじよし!!

    目つきよし!!

    立ち姿よし!!

    いいですね〜。このドラマで小池栄子さんめちゃくちゃいいところ出てるよな〜

    と思ってたところにサスペンス!!
    あれ?このドラマで死ぬのは性格めっちゃ悪い奴って相場が決まってるのにな?

    死因はやはりフグ毒のテトロドトキシン

    この毒はものすごい毒性でどれくらいすごいかというと

    「テトロドトキシン」って10回言ったら舌噛んで死んだ人がいるくらいの猛毒

    ってこれは落語家がよくやるネタ!!!!

    ただ、養殖のふぐにはどくがないらしいよね。

    高級料亭だから天然物使ってるのかな?

    なんの罪もない人が死んだわりに、そんなことそっちのけで話は進みます。

    今回は実はマリアが明智を助けるという展開に!?

    そしてあっさり悪事が明るみになる伊達・・・。

    おい伊達ー!!

    お前は計画に抜かりがありすぎるやろー。

    目の前のコーヒーに毒入れるって殺せてもすぐバレるやーん。

    どうしても殺したいなら目の前でぶち殺した方がええんちゃうか?

    そして、明智を拉致監禁

    おい伊達ー!!

    もうこのタイミングで殺したらええやーん。なんでわざわざ遠いところに拉致する必要があるんよ

    「小さい頃からお前らの世話をしてきて、挙げ句の果てに見合い相手を探せだとー!!」

    おい伊達ー!!

    殺人を犯す動機が薄いわー・・・。

    もっと腹立つことあったやろー!!

    しかも拉致監禁計画的放火殺人って!!

    たとえ殺せても死刑ちゃうか?

    おい伊達ー!!こんな遠いところで拉致監禁

    って監禁場所料亭の裏!?

    ちか!!!!!

    誰かおるやろ!!

    すぐバレるやろ!!

    おい伊達ー!!

    無理がありすぎるよ〜。

    監禁されてる明智を助けにきたが、火事の勢いに尻込みするいちご

    ここからの小池栄子さんの演技がまた素晴らしい。

    今回は小池栄子の一人勝ち、小池無双回じゃないかと思ってた直後

    小芝風花さんの語りの演技力!!!!

    いやー、めっちゃよかった。

    ただなんで黒バックなんだろう?と思ってたら

    最後の最後で

    「コロナウイルスの感染防止のため今回はこういう撮影をしました」

    いや、この断りいらんわー!!!!!!!!!

    あの黒バックも演出としてそのまま生かしてよかったよ!!!!!

    ああいう演出ですって押し通してくれよ!!

    あれ入れることになんのメリットがあんねん。

    完全にドラマの世界観をぶち壊す余計な一言!!!!!
    これは制作側はめちゃくちゃ悔しいやろうな。

    制作側がこんな断り書きを出したいわけないもんね

    ムッチャいい回だったのに、最後にのこのテロップ一つでテンションめっちゃ下がってしまった。

    でもこれは、局が悪いわけでも、制作側が悪いわけでもなく

    全てコロナが悪いのだ!!!

    早く収束して続きが見れることを楽しみにしています。
トップページにいく このドラマのほかの口コミを見る
コメントを投稿するにはログインして下さい!