• スカーレット 第129話

    「分からないから否定する」世の中に

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    穴窯の成功までは「お金」か「芸術」かの対立軸が本作のテーマだった。
    極論をいえば、喜美子と八郎が決別したのもお金のせいだった。
    その心配がまったくなくなった今、スカーレットが描こうとしている...
    続きを読む 穴窯の成功までは「お金」か「芸術」かの対立軸が本作のテーマだった。
    極論をいえば、喜美子と八郎が決別したのもお金のせいだった。
    その心配がまったくなくなった今、スカーレットが描こうとしているのは
    「お金で買えないもの」なのだと思う。

    800万円積まれても譲れない作品に込められた「誇り」や「思い出」。
    不義理をした昔の弟子にさえも伝えたかった穴窯の「技能」。
    信作や照子の気持ちに寄り添うことで示した「友情」。
    利益がなかろうが体験教室を開くという「地域貢献」と「裾野の拡大」。

    豊かになり、人としての器が大きくなることで「家族の絆」も取り戻し、
    「お金で買えないもの」のために尽力し始めた喜美子。
    そんな喜美子の前に突きつけられる究極の「お金で買えないもの」、
    それがおそらく「いのち」なのだろう。

    「いのち」のために喜美子は、芸術は、何ができるのか。

    まさに今この時代、不要不急でないと言われ、切り捨てられようとしている芸術文化だけど、
    「お金で買えないもの」だからこそできることがあるはず。
    本作の制作陣には、その芸術文化の価値を
    「分からないから否定する」者どもに見せつけてやってほしいと切に願います。
    がんばれ、スカーレット!
トップページにいく このドラマのほかの口コミを見る
コメントを投稿するにはログインして下さい!