秋山菜津子の出演ドラマ

ごくせん1

4.2
  • 出演者 4.1
  • ストーリー 4.1
  • 演技 4.0
  • 映像 4.0
日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
初回 2002年04月17日
最終回 2002年07月03日
出演 仲間由紀恵 松本潤 伊東美咲 中澤裕子 生瀬勝久 沢村一樹 宇津井健
脚本 江頭美智留
主題歌 V6 「Feel your breeze」
原作 森本梢子
  • ごくせん1

    真っ直ぐに伝えられる生き方の指針

    4.5
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.5
    再放送されていて再度ハマったのでTVerで完走。

    2002年作品ということで今から10年以上前、当時小学生だっただろうが、今観たらちゃんとそれぞれのシーンを覚えていた。
    ちゃんと既視感が...
    続きを読む 再放送されていて再度ハマったのでTVerで完走。

    2002年作品ということで今から10年以上前、当時小学生だっただろうが、今観たらちゃんとそれぞれのシーンを覚えていた。
    ちゃんと既視感があって、それだけ小さい頃に観て心に残ってた作品だったんだなと改めて思えたのがよかった。

    当時はただただおもしろいと感じていただけであっただろうが、今観ると当時よりも心が動くという観点で、このドラマをより堪能することができた。
    この歳になっても、たくさん笑ってたくさん泣ける。
    当時おそらくそんなに感涙はしてなかった気がするから、そこは自分も成長できてるところは少しはあるのかなって思えた。
    でも本当に大袈裟じゃなく、毎話どこかしらでは涙が出たドラマだった。


    このドラマは一貫してるテーマがあって、そこがブレない中に、人と関わり合いながら生きていく上で大切なことが毎回1話完結で骨太に語られる。

    毎回クライマックスがちゃんとあって、義理と人情を重んじる極道の目線から、今を生きる私たちに、生き方の指針となる考え方を教えてくれる。
    それこそが、どの時代にも通ずるものであり、誰が観ても響くものがあるはずだ。

    さらにそうだと心の奥底ではわかっていながらも、なかなか正直になれない人間の弱さにもちゃんと寄り添ってくれて、その上で気づきを与え、変化と成長を促してくれる。

    このドラマで一貫していたこと。
    それは関わる人とちゃんと向き合うこと、その人の過去や外見などに囚われずに、その人の今をちゃんと見ることの重要性であった。
    その中に誰かを特別視することはしない。
    誰もが対等に信じられ、疑われる。
    そんな当たり前のことが真っ直ぐに語られていた。

    子どもは大人に導かれて育っていく。
    そこでは大人の度量が問われることになる。
    そのとき、接する人がどんな人かによって、人生は大きく変わっていく。
    ヤンクミとの出会いで確かに変わっていった生徒たちを見て、それを強く感じることができた。

    周りからどう見られるかの世間体ではなく、過去や外見や普段の素行であらゆることにレッテルを貼るのではなく、それぞれの人自身にちゃんと話を聞いて向き合っていくことが大事。

    話を聞いてくれて味方になってくれると思える人がいるだけで、そこで生きることにポジティブになれる。

    3Dの生徒たちがだんだん成長していって、向き合うヤンクミに心を開いていき、お互いに信頼関係が芽生えていく。
    そして、お互いに自らを犠牲にしてまでもそれぞれを守る関係にまで発展していく。
    それもちゃんとそうなることに違和感がないように、物語が作り込まれているからより大きな感動に繋がっていった。

    あとは見やすさも非常にある。
    学園ドラマでかつ、不良や極道などが出てくるとき、どうしても喧嘩の描写が多くなりがちだと思うが、本作はあくまでヒューマンドラマに徹してるのがよかった。
    また話がわかりやすく、言動などに嫌悪を抱かない絶妙なラインでのそれぞれの人間描写、そしてコミカルさが共存していて、全世代が楽しめる作品となっていた。

    ヤンクミと沢田慎はじめ、生徒間のやりとりもそうだし、ヤンクミと他の先生方、特に校長先生とのやりとりが思わず笑ってしまい、それは校長先生の描き方が本当絶妙だったから。
    完全な悪者ではないし、その周りの教師の中立性も含めて、よい働きをしていたと思う。

    笑って泣ける。
    さらにそこに生きていく上での指針が詰め込まれていて、それこそこのドラマを観るだけでも人生の勉強になる。

    生きていく上で本当に大事なベースとなる部分をこのドラマは教えてくれた。
    それがないといくら頭がよくても偏差値の高い学校に行っても、お金をたくさん持っていても、それをよくない方向に利用されてしまうことがある。

    綺麗事かもしれないけど、綺麗事が当たり前にならないと、個性は蔑ろにされてしまい、どんなことにでも従うことこそが正になってしまうのではないだろうか。
    今一度色々と考えさせられた。
  • 先に生まれただけの僕

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.6
    • 映像 3.6
    日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年10月14日
    最終回 2017年12月16日
    出演 櫻井翔 蒼井優 風間杜夫 高嶋政伸 瀬戸康史 木南晴夏 平山浩行
    脚本 福田靖
    主題歌 「Doors〜勇気の軌跡〜」
    原作 福田靖
  • 先に生まれただけの僕 第10話

    大団円。笑いありのハッピーエンド!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 素晴らしいエンディング!!笑いあり、感動あり、ストーリーの展開も良し!

    全話通じてのことになるが、加賀谷専務のキャラクターの変貌ぶりがとにかくすごい。威圧感ある風貌で鳴海をとにかく陥れる超悪役であったが、登場シーンすべてコメディーみたいになっていた。
    鳴海が転籍を決断した際は「振り返って俺を見ろ、なるみー」と叫ぶ始末。コミカルなメロディーも相まって非常に印象的なシーンだ。

    鳴海と松原(多部未華子)もうまくいってよかったと思える。「私がわがままだった。」「気づいてあげられなかった。」お互いにそんな風に言える関係は理想的だなーと思う。

    時間が少し経ってからの学校では細かい点だが、バスケ部が関東大会準優勝している。ちゃんと鳴海(先生)の想いに学生が応えている象徴といえるだろう。

    鳴海からの学生へ、先生へのメッセージ。
    何かをするまで未来なんて無い。未来を見通すことができない以上、あがくことしかできない。あがけば変わる。未来を作る。何歳になっても成長できる。
    これはきっと何歳になっても自分に当てはまることだ。

    そしてそれぞれの幸せを感じるエンディングに入ってくる加賀谷がやはり最高www
  • SEGODON西郷どん

    3.7
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.9
    • 映像 3.8
    NHK総合 月曜 18:00 〜     18:45
    初回 2018年01月07日
    出演 鈴木亮平 黒木華 渡辺謙 松坂慶子 錦戸亮 塚地武雅 水野久美
    脚本 中園ミホ
    原作 林真理子

    4 セカンド・ラブ

    3.5
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
  • セカンド・ラブ

    亀梨とのラブストーリー

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む 2人は年齢差、かけ離れた生活環境や価値観と戸惑いながらも恋に落ちる設定なんだけど…

    亀梨の、住むボロアパートで、2人は同棲するんだけど、その部屋古くて嫌でしょ…

    深キョンが全部身の回りのことするから、亀梨はちょっと、調子に乗っちゃったよね。

    ダンサーと教師の恋と年齢差とか色々モヤモヤしたけど楽しかった!
  • 5 純情きらり

    3.5
    • 出演者 3.4
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.4
    • 映像 3.3
    NHK総合 月〜土曜 07:30 〜     07:45
    2006年
    最終回 2006年09月30日
    出演 宮﨑あおい 寺島しのぶ 北乃きい 井川遙 室井滋 戸田恵子 福士誠治
    脚本 浅野妙子
    原作 津島佑子
  • 純情きらり 第24話

    最後のナレーションが秀一。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 最後のナレーションが良かったですね。桜子(宮﨑あおい)にとって直道先生(劇団ひとり)に好きと言ってもらえる事がどんだけ嬉しい事かが良く分かります。まあ、笛子姉ちゃん(寺島しのぶ)の立場からしたら悲恋になるから辛いですが。
    しかし杏子姉ちゃん(井川遥)を庇う、有森家が本当良い家族だなと改めて感じました。良い絆ができてるなと素直に感じます。桜子の毅然とした態度も、宮﨑あおい のヒロインとしての存在感として凄く良かった。
    久々に素直に涙しまくりな良い回だった。
  • 6 救命病棟24時第2シリーズ

    3.3
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.6
    • 映像 3.6
    フジテレビ系 火曜 21:00 〜     21:54
    2001年
    最終回 2001年09月18日
    出演 江口洋介 松雪泰子 伊藤英明 須藤理彩 田畑智子 小日向文世 渡辺いっけい
    脚本 福田靖
    主題歌 DREAMS COME TRUE 「いつのまに」
  • 救命病棟24時第2シリーズ

    医療に真っ向勝負がカッコいい

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 医療現場、
    しかも緊急病棟と呼ばれる生死を一瞬で判断しなければならない緊迫した内容が売りで、
    江口洋介と松嶋菜々子の主演で二人とも背が高くて医者役がとても似合っていたっけ。

    オペのシーンはすごく迫力があって、いつもドキドキしていた。

    患者を救うがあまり医師同士で対決することもしばしばあり、
    それも臨場感を高めて見どころ満載のドラマ。

    人気もあって何回もシリーズ化されているけど、やはり原点はここにあり!
  • 7 砂の器

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.1
    • 映像 3.2
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2004年01月18日
    最終回 2004年03月28日
    出演 中居正広 松雪泰子 渡辺謙 武田真治 京野ことみ 永井大 夏八木勲
    脚本 龍居由佳里
    主題歌 DREAMS COME TRUE 「やさしいキスをして」
    原作 松本清張
  • 砂の器

    中居くんの名演技!!

    4.5
    • 出演者 4.7
    • ストーリー 4.7
    • 演技 4.7
    • 映像 4.7
    続きを読む これまで、味いちもんめやナニワ金融道など、
    ヤンチャでハイテンションの中居くんだったが、
    犯罪者で逃亡し続けるピアニスト
    という繊細な役を見事に演じていた。
    くらーい話だったが
    映像化をたくさんされている作品なので
    物語的にも本当に素晴らしい作品。

    中居くんの演技も素晴らしい!!
  • 8 ぼくの魔法使い

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
  • ぼくの魔法使い

    古田新太の演技が素晴らしい!!

    4.8
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    クドカンドラマ常連の古田新太。
    古田新太と篠原涼子が入れ替わっちゃう話なんだけど、古田新太の演技が爆笑もの!
    脳裏に焼き付いて離れません!

    あと脇役も豪華で、私が好きだったのは井川遥。
    「意...
    続きを読む クドカンドラマ常連の古田新太。
    古田新太と篠原涼子が入れ替わっちゃう話なんだけど、古田新太の演技が爆笑もの!
    脳裏に焼き付いて離れません!

    あと脇役も豪華で、私が好きだったのは井川遥。
    「意外と井川です」ってセリフを強烈に覚えてる!

    クドカン作品の中ではあまり評価されてないかもしれないけど、面白いのでオススメ!
  • 2018

    2017

      先に生まれただけの僕

      3.7
      • 出演者 3.7
      • ストーリー 3.8
      • 演技 3.6
      • 映像 3.6
      日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
      初回 2017年10月14日
      最終回 2017年12月16日
      出演 櫻井翔 蒼井優 風間杜夫 高嶋政伸 瀬戸康史 木南晴夏 平山浩行
      脚本 福田靖
      主題歌 「Doors〜勇気の軌跡〜」
      原作 福田靖
    • 先に生まれただけの僕 第10話

      大団円。笑いありのハッピーエンド!

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      続きを読む 素晴らしいエンディング!!笑いあり、感動あり、ストーリーの展開も良し!

      全話通じてのことになるが、加賀谷専務のキャラクターの変貌ぶりがとにかくすごい。威圧感ある風貌で鳴海をとにかく陥れる超悪役であったが、登場シーンすべてコメディーみたいになっていた。
      鳴海が転籍を決断した際は「振り返って俺を見ろ、なるみー」と叫ぶ始末。コミカルなメロディーも相まって非常に印象的なシーンだ。

      鳴海と松原(多部未華子)もうまくいってよかったと思える。「私がわがままだった。」「気づいてあげられなかった。」お互いにそんな風に言える関係は理想的だなーと思う。

      時間が少し経ってからの学校では細かい点だが、バスケ部が関東大会準優勝している。ちゃんと鳴海(先生)の想いに学生が応えている象徴といえるだろう。

      鳴海からの学生へ、先生へのメッセージ。
      何かをするまで未来なんて無い。未来を見通すことができない以上、あがくことしかできない。あがけば変わる。未来を作る。何歳になっても成長できる。
      これはきっと何歳になっても自分に当てはまることだ。

      そしてそれぞれの幸せを感じるエンディングに入ってくる加賀谷がやはり最高www

    2015

    2006

    2004

    2003

    2002

      ごくせん1

      4.2
      • 出演者 4.1
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
      初回 2002年04月17日
      最終回 2002年07月03日
      出演 仲間由紀恵 松本潤 伊東美咲 中澤裕子 生瀬勝久 沢村一樹 宇津井健
      脚本 江頭美智留
      主題歌 V6 「Feel your breeze」
      原作 森本梢子
    • ごくせん1

      真っ直ぐに伝えられる生き方の指針

      4.5
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.0
      • 映像 3.5
      再放送されていて再度ハマったのでTVerで完走。

      2002年作品ということで今から10年以上前、当時小学生だっただろうが、今観たらちゃんとそれぞれのシーンを覚えていた。
      ちゃんと既視感が...
      続きを読む 再放送されていて再度ハマったのでTVerで完走。

      2002年作品ということで今から10年以上前、当時小学生だっただろうが、今観たらちゃんとそれぞれのシーンを覚えていた。
      ちゃんと既視感があって、それだけ小さい頃に観て心に残ってた作品だったんだなと改めて思えたのがよかった。

      当時はただただおもしろいと感じていただけであっただろうが、今観ると当時よりも心が動くという観点で、このドラマをより堪能することができた。
      この歳になっても、たくさん笑ってたくさん泣ける。
      当時おそらくそんなに感涙はしてなかった気がするから、そこは自分も成長できてるところは少しはあるのかなって思えた。
      でも本当に大袈裟じゃなく、毎話どこかしらでは涙が出たドラマだった。


      このドラマは一貫してるテーマがあって、そこがブレない中に、人と関わり合いながら生きていく上で大切なことが毎回1話完結で骨太に語られる。

      毎回クライマックスがちゃんとあって、義理と人情を重んじる極道の目線から、今を生きる私たちに、生き方の指針となる考え方を教えてくれる。
      それこそが、どの時代にも通ずるものであり、誰が観ても響くものがあるはずだ。

      さらにそうだと心の奥底ではわかっていながらも、なかなか正直になれない人間の弱さにもちゃんと寄り添ってくれて、その上で気づきを与え、変化と成長を促してくれる。

      このドラマで一貫していたこと。
      それは関わる人とちゃんと向き合うこと、その人の過去や外見などに囚われずに、その人の今をちゃんと見ることの重要性であった。
      その中に誰かを特別視することはしない。
      誰もが対等に信じられ、疑われる。
      そんな当たり前のことが真っ直ぐに語られていた。

      子どもは大人に導かれて育っていく。
      そこでは大人の度量が問われることになる。
      そのとき、接する人がどんな人かによって、人生は大きく変わっていく。
      ヤンクミとの出会いで確かに変わっていった生徒たちを見て、それを強く感じることができた。

      周りからどう見られるかの世間体ではなく、過去や外見や普段の素行であらゆることにレッテルを貼るのではなく、それぞれの人自身にちゃんと話を聞いて向き合っていくことが大事。

      話を聞いてくれて味方になってくれると思える人がいるだけで、そこで生きることにポジティブになれる。

      3Dの生徒たちがだんだん成長していって、向き合うヤンクミに心を開いていき、お互いに信頼関係が芽生えていく。
      そして、お互いに自らを犠牲にしてまでもそれぞれを守る関係にまで発展していく。
      それもちゃんとそうなることに違和感がないように、物語が作り込まれているからより大きな感動に繋がっていった。

      あとは見やすさも非常にある。
      学園ドラマでかつ、不良や極道などが出てくるとき、どうしても喧嘩の描写が多くなりがちだと思うが、本作はあくまでヒューマンドラマに徹してるのがよかった。
      また話がわかりやすく、言動などに嫌悪を抱かない絶妙なラインでのそれぞれの人間描写、そしてコミカルさが共存していて、全世代が楽しめる作品となっていた。

      ヤンクミと沢田慎はじめ、生徒間のやりとりもそうだし、ヤンクミと他の先生方、特に校長先生とのやりとりが思わず笑ってしまい、それは校長先生の描き方が本当絶妙だったから。
      完全な悪者ではないし、その周りの教師の中立性も含めて、よい働きをしていたと思う。

      笑って泣ける。
      さらにそこに生きていく上での指針が詰め込まれていて、それこそこのドラマを観るだけでも人生の勉強になる。

      生きていく上で本当に大事なベースとなる部分をこのドラマは教えてくれた。
      それがないといくら頭がよくても偏差値の高い学校に行っても、お金をたくさん持っていても、それをよくない方向に利用されてしまうことがある。

      綺麗事かもしれないけど、綺麗事が当たり前にならないと、個性は蔑ろにされてしまい、どんなことにでも従うことこそが正になってしまうのではないだろうか。
      今一度色々と考えさせられた。

    2001

    評価をする