メニュー

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す

先生のおとりよせ 1話〜12話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、原作、先生のおとりよせが見られる動画配信サイトの情報を掲載。 先生のおとりよせの口コミ(口コミ)・感想・評価を投稿する事ができます。

先生のおとりよせ

先生のおとりよせ

3.0
(24件の口コミ)
出演者 3.0
ストーリー 3.0
演技 3.0
映像 3.0
(24件の口コミ)
テレビ東京系
初回: 2022年04月08日
テレビ東京系 金 00:52-深夜01:23
初回: 2022年04月08日
テレビ東京系 金 00:52-深夜01:23

先生のおとりよせのあらすじ

漫画家の中村明日美子と小説家の榎田ユウリによる作品「先生のおとりよせ」を連続ドラマ化。ドSで無愛想な官能小説家・榎村遥華(向井理)とドMでフェミニストな一面を持つ漫画家・中田みるく(北村有起哉)が、「おとりよせ」という共通の趣味を通じて心を開いていき、さまざまな全国のグルメを堪能していくグルメコメディドラマ。

最新口コミ

5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第2話

榎村遥華と中田みるくが、意気投合して、早くも仲良くなったのが凄い(笑)

2人が「おとりよせ」好きだから犬猿の仲だった最初の展開もこう変わるのかと感じた。

食レポ、今回も秀逸で心地よかったが、バームクーヘンの食レポ、美味しさが凄く伝わって最高だった👏

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第1話

満を持して登場した編集長役の 橋本マナミ のキャラにイチコロだった初回。

向井理 & 北村有起哉 の見事なコラボに初回からこれは傑作になりそうと感じた。

「おとりよせ」をフューチャーする飯テロドラマと言う独自な感性が流石、テレ東 !

次回も期待。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第12話

チチクラさん(向井理)、フェミオサ(北村有起哉)と呼び合う間柄の天才作家のふたり。イケオジたちが落ち込んだり喜んだり、おとりよせをふたりでおいしそうに味わう姿に癒され、ほっこりする時間。来週からなくなると思うと本当にさみしいです。シーズン2に期待!!

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第12話

最終話。のおちゃめで大人の色気漂うふたりの作家榎村(向井理)×中田(北村有起哉)×極上のおとりよせのトリプルコラボが見られなくなるのかと思うと本当にさみしい限り。今までストーリーと絶妙にリンクしたさまざまなおとりよせが登場しましたが、今回中田が選んだ榎村の故郷・青森のシードルは特によかったですね。ワインとリンゴのプロ、ふたりの男が運命的に出会ってコラボした結果生まれたシードル。そしてワインの最高賞を獲得。2本セットでとりよせて、1本目は解散記念に。もう1本はふたりでコラボを続投した「花魁ヴァンパイアKYOKO」がコミックアワード1位受賞のお祝いに。なんて憎い演出!!

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第11話

榎村(向井理)が憧れていた恋愛小説家・壇之浦蜜子(高岡早紀)。榎村がかつて彼女のもとに通いつめ、おとりよせも蜜子の影響だったことが発覚。以前未熟だった榎村とコラボした作品で大幅に榎村の文章がカットされ、黒歴史に。編集者の意図でカットされたと思い、憎しみを抱いていた榎村。しかし、それが蜜子の指示であったことが明らかに。しかし、そんな蜜子から成長した榎村が認められ、コラボのお誘い。榎村の幸せを願う中田(北村有起哉)は自ら引き下がったのか!?

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第11話

榎村(向井理)がおとりよせした自由が丘モンブランのティーコンフェクト。実は憧れの壇之浦蜜子(高岡早紀)のお気に入り。やはり今でも崇拝してるんですね、榎村(向井理)は。そんな蜜子に褒められ、コラボのお誘いを受けた榎村。中田(北村有起哉)とのコラボはやめたくない気持ちはあるはず。喧嘩別れしてしまいましたが、来週最終回でなんとか仲直りして欲しい!!!そして1位を獲って欲しい!!!

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第10話

今回のおとりよせは榎村(向井理)と中田(北村有起哉)が食べるのではなく編集長(橋本マナミ)ら、編集部員たち女子が堪能。ふたりが選んだ渾身のスイーツにノックアウトされる女子たち。編集長の官能的な食べっぷりはお見事。ブラッキーなスイーツに悶える編集長がヴァンパイアKYOKOに見えました。

続きを読む
5.0
出演者 5.0
ストーリー 5.0
演技 5.0
映像 5.0
先生のおとりよせ 第10話

榎村(向井理)と中田(北村有起哉)のコラボ作品が読者アンケート3位。落ち込む榎村。まさかそんなに1位にこだわる男だったとは…。編集部員からは「過激すぎる」との読者からの意見があり、方向性を見直すようにとふたりに相談が。「誰のために作品を書いているのか」…榎村も中田もお互いにお互いが売れっ子になる前からのファン。そんなファン目線で考えた末に考えたのが今までどおり、濃厚で過激な作風のまま続行すること。それをおとりよせスイーツで編集長(橋本マナミ)に伝えるなんて…。おとよりよせマニアの先生たちらしいアイデアでした!

続きを読む
2.5
出演者 -.-
ストーリー -.-
演技 -.-
映像 -.-
先生のおとりよせ 第9話

多忙時にアシスタントが倒れて仕事に追われる中田(北村有起哉)。祖母が亡くなったが、駆けつけられない。中田の代わりに葬儀に参列した榎村(向井理)。葬儀会場で「チチクラさん」と駆け寄ってきた中田母と双子の妹たちになんだかほっこりしました。そして、帰京後に中田の地元・群馬県前橋市の名物焼きまんじゅうをおとりよせ。仕事をやり終えた中田を労いながら、祖母を一緒に偲ぶ榎村。そっと寄り添う感じ。優しさがあふれていましたね。この気遣い上手!

続きを読む
3.0
出演者 3.0
ストーリー 3.0
演技 3.0
映像 3.0
先生のおとりよせ 第9話

漫画家にはなるなと祖母に言い聞かされていた中田(北村有起哉)。そんな祖母との思い出の味、焼きまんじゅう。榎村(向井理)が代理で出席した葬儀で中田母から聞いたのでしょうか。それをおとりよせしてさりげなく持ってくる。優しいですね。そして漫画を嫌っていた祖母が中田のマンガを褒めていた投書ハガキのシーンはグッときました。中田の号泣シーンにはもらい泣きしそうになりました。

続きを読む
評価をする

ジャンル からドラマを探す

出演者 からドラマを探す