正しいロックバンドの作り方 5話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、正しいロックバンドの作り方 が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在2 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

正しいロックバンドの作り方 5話

5話 全国放送日2020年05月18日

正しいロックバンドの作り方 5話の総合評価
2.0
  • 出演者 2.6
  • ストーリー 1.8
  • 演技 2.6
  • 映像 2.8

正しいロックバンドの作り方 5話のあらすじ

シズマ(藤井流星)の部屋で、フェスの一次審査の結果を待っていたロックバンド・悲しみの向こう側のメンバーたち。するとそこに慌てた様子の母・麦子(ふせえり)がやってくる。麦子はテツ(神山智洋)が大切にしていたロボットのおもちゃがなくなったことを明かし、メンバーたちに疑いの目を向けるのであった。

【正しいロックバンドの作り方 5話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • 正しいロックバンドの作り方 第5話

    あとは最終回を楽しみにします。

    2.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 1.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    今日こそは音楽やれよ!!!

    そう心の中で叫びながら見はじめた「正しいロックバンドの作り方」

    はっきり言って毎回おんなじパターン

    コメディからのいい話

    そしてバンドの結束は...
    続きを読む 今日こそは音楽やれよ!!!

    そう心の中で叫びながら見はじめた「正しいロックバンドの作り方」

    はっきり言って毎回おんなじパターン

    コメディからのいい話

    そしてバンドの結束はさらに強くなってきた・・。

    しかし、さらなる波乱が待ち構えていようとは!!

    これも1回2回は面白くみてきてきたけど

    毎回やられると完全にだれてしまってちゃんと見る気なくすよね

    4人の仲の良さ、明るさが楽しかったのは最初だけで

    パターンに飽きてしまうと、このコメディのシュールさも受け付けなくなってしまう。

    正直、シュールなコメディはたまにでいいねん。

    このドラマはベタな方が面白いのに、シュールさを狙いすぎてるのかちょっと見ててしんどいなあ

    でもこれはおじさんの感覚でこう思ってしまうだけなので

    女子高生には面白くてたまらない雰囲気なのかもしれない

    ただやっぱりストーリーがほとんど進まないで足踏みを続けられると見る気しなくなるんだよな。

    そんな「正しいロックバンドの作り方」第5話のあらすじは



    バンド“悲しみの向こう側”のメンバー4人は、シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)が暮らす赤川家のシズマの部屋で、「電撃ロックFes」一次審査の結果を待ちながら、話し合いをしていた。
    「あなたにとってバンドとは何ですか?」
    有名になった時のシミュレーションだと、メンバーにインタビューを始めたシズマに対し、テツは「なんでもいい」とスマホを触りながら答える。心ここにあらずといったテツの態度に、シズマが怒り始めたその時……。
    「大変よ大変!!!」
    とシズマとテツの母・麦子(ふせえり)が大慌てで入ってくる。
    麦子によれば、テツが大切にしていたロボットのおもちゃがなくなったという。20万円はするという年代物のロボット。居間を掃除する際に、落としたら大変だと思い、一度縁側に置いたはずが、気付いた時にはロボットが消えてなくなっていたという。
    その日、家にいたのは、”悲しみの向こう側”の4人と、麦子の彼氏である幸野(小市慢太郎)だけ。
    麦子に疑われたオギノ(栗原類)とコバ(吉田健悟)は、無実を主張するがどこか怪しい…


    いややっぱり音楽やらへーん!!

    まあ別にええねんけど・・・。

    音楽やらないでみんなで実家におるってことは今回もストーリーの進展はないな

    お母さんが片付けてしている間にロボットのおもちゃがなくなって

    誰かが盗んだんじゃないかっていう推理もの

    てか、お母さんがすぐ友達を疑うのがすごいよな。

    普通、もしそうなったとしてもすぐに息子の友達を犯人扱いせえへんで

    めっちゃ嫌なオカンやん。

    でもこれは経験あるねんけど友達が家に来て帰ったらものがなくなってたっていうのは

    子供ながらにめっちゃ傷ついたな。。。

    同じマンションに住むFくんがくるたびにものがなくなり

    自転車は勝手に乗りすてられ

    おもちゃを騙し取られ

    本当にロクでもないやつだったけどのちに彼は大人になってからも盗み癖は治らず

    刑務所に何度も出たり入ったりしている・・・。
    ことは全くなく

    地域で一番の高校に入学、大阪大学を卒業したのちエリートコースを歩んでいるらしい・・・。

    世の中どないなっとんねん!!!!

    絶対あいつの息子も物盗んどるわ!!!

    そんな小さい頃のトラウマはさておき

    この犯人探しのシーンも僕がちょっとだれてしまったのか

    途中からどうでも良くなってしまった・・・。

    最後、お母さんにその彼氏がプロポーズするシーンも

    なんの感情も湧くことなく・・・。

    て言うかお父さん死んでたって言うの全く知らんで?

    なんでお父さんなくなってるのに

    第2話の「悲しいこと」を言い合うシーンで出てこなかったんやろ?

    最初の方は面白かったのにな〜。

    結構好きなドラマだったのに

    なんか毎回おんなじパターンで飽きてしまった・・。

    最終回だけ見ることにするかな・・・。
  • 正しいロックバンドの作り方 第5話

    気になっていたシズマの漢字表記は

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    第5話。

    シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)兄弟の家でミーティングをしているバンド“悲しみの向こう側”。

    ずっと気になっていたシズマの漢字表記。
    実家にあった卒業アルバムで「赤川...
    続きを読む 第5話。

    シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)兄弟の家でミーティングをしているバンド“悲しみの向こう側”。

    ずっと気になっていたシズマの漢字表記。
    実家にあった卒業アルバムで「赤川静馬」であることが発覚。

    横溝正史の名作「犬神家の一族」の青沼静馬と同じ表記!!
    ちょっとというかだいぶテンションが上がったのは私だけでしょうか。

    赤川と青沼もなんか遠からず、近からず。。

    シズマと聞くと、自動的にあの白マスク→菊人形→沼から
    ニョキっと突き出た二本の足が頭に浮かんでしまう病気にかかって
    いるからです。

    今回のストーリーの軸になったロボットを盗んだ犯人探しも
    静馬漢字表記解禁記念にちなんだものだったのか…。

    などと勝手に妄想が暴走してしまいます。

    ふせえりさんと小市慢太郎さんの熟年カップルがよかった。
    春巻きの中に指輪を仕込んでプロポーズとか、
    ロマンティックじゃないところがいい!

    この熟年新婚さんのハネムーンや新婚生活などを
    番外編で見てみたいなと思いました。


    美食探偵に続き、連続小市マン!!
評価をする