東山紀之の出演ドラマ

○○妻

3.3
  • 出演者 3.3
  • ストーリー 3.1
  • 演技 3.2
  • 映像 3.2
日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
初回 2015年01月14日
最終回 2015年03月18日
出演 柴咲コウ 東山紀之 黒木瞳 平泉成 城田優 蓮佛美沙子 奥貫薫
脚本 遊川和彦
主題歌 椎名林檎 「至上の人生」
  • ○○妻

    契約結婚の訳とは?

    3.5
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む ミステリアスで謎を秘めた完璧妻だが、実は席が入っておらず契約結婚という東山紀之と柴咲コウ。その母親役の黒木瞳は娘の落ち着いた雰囲気とはうっって変わって派手な母親だ。なるほど親がだらしないと逆に子供はしっかりするのかと思った。柴咲コウ演じるひかりの目的がわからず、最後まで展開が読めなくて面白かった。
  • 必殺仕事人2020

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 日曜 21:00 〜     23:04
    2020年
    最終回 2020年06月28日
    出演 東山紀之 松岡昌宏 知念侑李 和久井映見 キムラ緑子 中越典子 生瀬勝久
    脚本 西田征史
    主題歌 The SHIGOTONIN 「鏡花水月」

    琉球の風

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1993年01月10日
    最終回 1993年06月13日
    出演 東山紀之 萩原健一 沢田研二 江守徹 橋爪功 ショー・コスギ 小柳ルミ子
    脚本 山田信夫
    主題歌 谷村新司 「階(きざはし)」
    原作 陳舜臣
  • 琉球の風

    かつてない、大河ドラマ

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    「琉球」が取り上げられた初めての大河ドラマということもあり、期待と不安でいっぱいの中始まったドラマ。

    オープニング曲が異例の歌詞入り!
    それだけでも異国感たっぷりで嫌がおうにも期待が高ま...
    続きを読む 「琉球」が取り上げられた初めての大河ドラマということもあり、期待と不安でいっぱいの中始まったドラマ。

    オープニング曲が異例の歌詞入り!
    それだけでも異国感たっぷりで嫌がおうにも期待が高まる!

    そして、・・・・なんと出演者が標準語!!!


    一瞬にして、沖縄県民は絶望の底に落とされた。

    言葉はアイデンティティの最たるもの。
    ペラペラと話される標準語に、違和感満載なのである。

    さらに、ホリが深い人が多い沖縄県民の期待を裏切ったのは、橋爪功さんのしょうゆ顔。

    このしょうゆ顔のために、更に、感情移入するのが難しくなってしまった。

    とはいえ、琉球の歴史に光を当てたこのドラマの功績は大きい。

    新しいキャストと脚本でリメイクしてくれ!
    生まれ変わった「琉球の風」を見たい!
  • 4 元禄繚乱

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1999年01月10日
    最終回 1999年12月12日
    出演 中村勘九郎 東山紀之 大竹しのぶ 宮沢りえ 石坂浩二 愛川欽也 杉本哲太
    脚本 中島丈博
    原作 舟橋聖一
  • 元禄繚乱

    今は亡き中村勘三郎さん主演の名作!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    今は亡き、中村勘三郎さんが大石倉之助で素晴らしい名演技を見せている「忠臣蔵」。
    しかし、歌舞伎とは全く違う芝居なのに、ものすごく存在感があり、やっぱり天性の役者が努力をすると凄いことになるんだ...
    続きを読む 今は亡き、中村勘三郎さんが大石倉之助で素晴らしい名演技を見せている「忠臣蔵」。
    しかし、歌舞伎とは全く違う芝居なのに、ものすごく存在感があり、やっぱり天性の役者が努力をすると凄いことになるんだなぁと実感した作品。
    その息子の勘九郎さんが今年の大河で主演を務めているというのも素晴らしいなぁと思う。
    …もうちょっと、長生きしてほしかったなぁ、勘三郎さん。
  • 5 喰いタン1

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 21:00 〜     21:54
    初回 2006年01月14日
    最終回 2006年03月11日
    出演 東山紀之 森田剛 京野ことみ 市川実日子 佐野史郎 須賀健太
    脚本 伴一彦
    主題歌 B'z 「結晶」
    原作 寺沢大介
  • 喰いタン1

    一風珍しいサスペンス

    4.8
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    真面目に捜査に参加しないで、グルメを食べているだけのように見えるにも関わらず、事件を解決へと導くためにグルメを食べているのだと分かると面白くなってきたのと、グルメの視点から事件を解決するのが珍し... 続きを読む 真面目に捜査に参加しないで、グルメを食べているだけのように見えるにも関わらず、事件を解決へと導くためにグルメを食べているのだと分かると面白くなってきたのと、グルメの視点から事件を解決するのが珍しくてよかった。
    今後もグルメの視点からどのように事件を解決していくかどうかをまだまだ見たいからこそ、続編ができてほしい。
  • 6 花燃ゆ

    2.9
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.0
    • 映像 3.1
    NHK総合 日曜 18:00 〜     18:44
    初回 2015年01月04日
    最終回 2015年12月13日
    出演 井上真央 大沢たかお 北大路欣也 長塚京三 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大
    脚本 大島里美
  • 花燃ゆ

    偉人の妹の生涯を丹念に追いかけた物語

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真...
    続きを読む 吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真央ちゃんが凛々しくチャーミングに演じていて、最後までぐいぐい引っ張られてみてた。
    最後の鹿鳴館のドレス姿が本当に素晴らしくて、そんなシルクを作り、海外に売り出して日本を豊かにすることを目的に啓蒙していた美和は凄い、と思った。
  • 2020

    2019

    2018

    2015

    2010

    2009

    2007

    2006

    2000

    1999

    1993

      琉球の風

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
      初回 1993年01月10日
      最終回 1993年06月13日
      出演 東山紀之 萩原健一 沢田研二 江守徹 橋爪功 ショー・コスギ 小柳ルミ子
      脚本 山田信夫
      主題歌 谷村新司 「階(きざはし)」
      原作 陳舜臣
    • 琉球の風

      かつてない、大河ドラマ

      3.5
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      「琉球」が取り上げられた初めての大河ドラマということもあり、期待と不安でいっぱいの中始まったドラマ。

      オープニング曲が異例の歌詞入り!
      それだけでも異国感たっぷりで嫌がおうにも期待が高ま...
      続きを読む 「琉球」が取り上げられた初めての大河ドラマということもあり、期待と不安でいっぱいの中始まったドラマ。

      オープニング曲が異例の歌詞入り!
      それだけでも異国感たっぷりで嫌がおうにも期待が高まる!

      そして、・・・・なんと出演者が標準語!!!


      一瞬にして、沖縄県民は絶望の底に落とされた。

      言葉はアイデンティティの最たるもの。
      ペラペラと話される標準語に、違和感満載なのである。

      さらに、ホリが深い人が多い沖縄県民の期待を裏切ったのは、橋爪功さんのしょうゆ顔。

      このしょうゆ顔のために、更に、感情移入するのが難しくなってしまった。

      とはいえ、琉球の歴史に光を当てたこのドラマの功績は大きい。

      新しいキャストと脚本でリメイクしてくれ!
      生まれ変わった「琉球の風」を見たい!
    評価をする