蒼井優の出演ドラマ

ガリレオ第2シーズン

4.1
  • 出演者 3.9
  • ストーリー 4.0
  • 演技 3.9
  • 映像 3.9
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
2013年
最終回 2013年06月24日
出演 福山雅治 吉高由里子 渡辺いっけい 澤部佑 今井隆文 逢沢りな タモト清嵐
脚本 福田靖
主題歌 KOH+ 「恋の魔力」
原作 東野圭吾
  • ガリレオ第2シーズン

    シーズン1のほうがよかった

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    ガリレオ1ファンからすると
    湯川先生と柴咲コウとの恋の行方?
    が気になっていたから
    ガリレオ2の
    吉高由里子はいまいちでした。。
  • 先に生まれただけの僕

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.6
    • 映像 3.5
    日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年10月14日
    最終回 2017年12月16日
    出演 櫻井翔 蒼井優 風間杜夫 高嶋政伸 瀬戸康史 木南晴夏 平山浩行
    脚本 福田靖
    主題歌 「Doors〜勇気の軌跡〜」
    原作 福田靖
  • 先に生まれただけの僕 第10話

    大団円。笑いありのハッピーエンド!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 素晴らしいエンディング!!笑いあり、感動あり、ストーリーの展開も良し!

    全話通じてのことになるが、加賀谷専務のキャラクターの変貌ぶりがとにかくすごい。威圧感ある風貌で鳴海をとにかく陥れる超悪役であったが、登場シーンすべてコメディーみたいになっていた。
    鳴海が転籍を決断した際は「振り返って俺を見ろ、なるみー」と叫ぶ始末。コミカルなメロディーも相まって非常に印象的なシーンだ。

    鳴海と松原(多部未華子)もうまくいってよかったと思える。「私がわがままだった。」「気づいてあげられなかった。」お互いにそんな風に言える関係は理想的だなーと思う。

    時間が少し経ってからの学校では細かい点だが、バスケ部が関東大会準優勝している。ちゃんと鳴海(先生)の想いに学生が応えている象徴といえるだろう。

    鳴海からの学生へ、先生へのメッセージ。
    何かをするまで未来なんて無い。未来を見通すことができない以上、あがくことしかできない。あがけば変わる。未来を作る。何歳になっても成長できる。
    これはきっと何歳になっても自分に当てはまることだ。

    そしてそれぞれの幸せを感じるエンディングに入ってくる加賀谷がやはり最高www
  • 龍馬伝

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 3.6
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 2010年01月03日
    最終回 2010年11月28日
    出演 福山雅治 香川照之 大森南 広末涼子 寺島しのぶ 佐藤健 島崎和歌子
    脚本 福田靖
  • 龍馬伝

    新たな坂本龍馬像の構築した男

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 5.0
    続きを読む 維新の志士である坂本龍馬を現代風にアレンジし、これまでの坂本龍馬像を刷新したとおもいます。勿論、ルックスや声は誰もが認める才をお持ちで、演技についても渋い面もコミカルな面も演じ切る演技力が素晴らしかったです。
  • 4 タイガー&ドラゴン

    3.7
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.6
    • 映像 3.4
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2005年04月15日
    最終回 2005年06月24日
    出演 長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 塚本高史 蒼井優
    脚本 宮藤官九郎
    主題歌 クレイジー・ケン・バンド 「タイガー&ドラゴン」
  • タイガー&ドラゴン

    落語の面白さが分かるドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 落語の面白さを教えてくれたドラマです。
    10代の時の自分は「落語はお年寄りが聞くもの」「何が面白いのか分からないし、全然興味がない」と、勝手な偏見がありました。
    高校生の時に学校全体で、落語を聞きに行く事があったのですが、やはり全く興味がなかったので、物凄く退屈に過ごしていました。
    20代前半の頃に宮藤官九郎さん作のドラマ「タイガー&ドラゴン」を観て、落語の面白さを教えてくれ、また古典落語を現代に変えるという内容だったので、物凄く分かりやすく落語が好きになりました。
    落語に全く興味がなかった自分が、このドラマを通じて落語に興味を持て好きになれた事と、昔あった偏見も一切なくなったので、本当に自分の人生に大影響されました。
  • 5 ハロー張りネズミ

    3.6
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.5
    • 映像 3.3
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年07月14日
    最終回 2017年09月15日
    出演 瑛太 深田恭子 山口智子 森田剛 伊藤淳史 安藤聖 三本采香
    脚本 大根仁 黒住光 二宮孝平 関えり香 オークラ
    主題歌 SOIL & "PIMP"SESSIONS feat.Yojiro Noda 「ユメマカセ」
    原作 弘兼憲史
  • ハロー張りネズミ

    不器用な探偵達のハードボイルド作品

    4.8
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 瑛太もグレも所長も深キョンも、みんなそれぞれ個性的でいい味を出していてとても面白かったです。幽霊退治の回が特に面白くて、蒼井優さんの霊能力者役ははまり役ですごい演技力のある女優だと改めて思いました。
  • 6 うぬぼれ刑事

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 金曜
    2010年
    出演 長瀬智也 生田斗真 西田敏行 中島美嘉 要潤 荒川良々 矢作兼
    脚本 宮藤官九郎
    主題歌 TOKIO 「NaNaNa(太陽なんていらねぇ)」
  • うぬぼれ刑事

    長瀬の演技が最高!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 毎回繰り広げられる、主演の長瀬智也のうぬぼれ加減が最高に面白かった!
    すぐ女性を好きになってしまうところ、好きになった相手がみんな事件の犯人として捕まってしまうところ、とにかく見ていて可哀想で、でも憎めないキャラだと思った。
    中島美嘉の演技も上手いし、可愛いし最高だった。
  • 7 Dr.コトー診療所2006

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.2
    • 映像 3.2
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    初回 2006年10月12日
    最終回 2006年12月21日
    出演 吉岡秀隆 柴咲コウ 時任三郎 大塚寧々 蒼井優 桜井幸子 堺雅人
    脚本 吉田紀子
    主題歌 中島みゆき 「銀の龍の背に乗って」
    原作 山田貴敏
  • Dr.コトー診療所2006

    優しくなれる

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    2019年11月2日
    #Drコトー診療所2006 鑑賞
    #吉岡秀隆 はいい仕事してる。#柴咲コウ は乳ガンの手術が成功し五島先生とも結ばれそう。#筧利夫 と #蒼井優 が結ばれそう。#時任三...
    続きを読む 2019年11月2日
    #Drコトー診療所2006 鑑賞
    #吉岡秀隆 はいい仕事してる。#柴咲コウ は乳ガンの手術が成功し五島先生とも結ばれそう。#筧利夫 と #蒼井優 が結ばれそう。#時任三郎 と #大塚寧々 はなかなか進展しない。#小林薫 は #朝加真由美 の後遺症を気にしながら暮らす。#泉谷しげる はハゲキャラ
  • 8 贖罪

    3.1
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.3
    • 映像 3.1
    WOWOW 日曜 22:00 〜     23:00
    2012年
    最終回 2012年02月05日
    出演 小泉今日子 蒼井優 小池栄子 安藤サクラ 池脇千鶴 木村葉月 小俣絵里佳
    脚本 黒沢清
    原作 湊かなえ
  • 贖罪 第2話

    熱血の底

    3.5
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    事件で負った傷がどんな形で表れるかは、人それぞれ違う。

    大人になることを拒み、人との関わりを極小化しようとした第一話の蒼井優。いっぽう第二話の小池栄子は、過去の事件とずっと対峙し続け、勝利...
    続きを読む 事件で負った傷がどんな形で表れるかは、人それぞれ違う。

    大人になることを拒み、人との関わりを極小化しようとした第一話の蒼井優。いっぽう第二話の小池栄子は、過去の事件とずっと対峙し続け、勝利することで乗り越えようとしている。

    とはいえそれは意識的なものではなく、厳しい家庭で育てられたなかで無意識に身についた性向で、本人にも自覚がない。そこに今回のエピソードのせつなさがある、と感じた。

    人が意識的になし得る行為とは、果たしてどれほどのものなのだろう。
    過去のトラウマを引きずってしまう時、それは自分の意識ではどうにもならない。そしてその問題に対処する方法も、自分で選択しているように見えても、実はそれまでに身につけた対処法を無意識に選んでいたりする。とり得る選択肢が、あらかじめ無意識のうちに狭められている、と言ったほうがいいのか。

    不審者を撃退した小池英子の過剰な激しさは、このような無意識に根ざしていた。それを自覚することで、事件の傷が一段癒える。

    だがその自覚の表明によって、あの熱血教師の立場は、さらにどうでもいいものになってしまった。子どもたちを守った者と守らずに逃げた者、という対比すらもはやなされない、蚊帳の外で、たまたま職を終われた存在。やるせない。

    そもそも熱血ぶっている教師の熱血は意識的なポーズでしかなく、底の浅いもの。小池先生のかかえるトラウマとの違いは雲泥で、奥行きの深さは比べるべくもない。文学の世界では、とかく熱血教師の立場はなくなりがちで、いろんなドラマで似たように冷遇されているのを見かける。
  • 9 Dr.倫太郎

    3.1
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.2
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    初回 2015年04月15日
    最終回 2015年06月17日
    出演 堺雅人 蒼井優 吉瀬美智子 小日向文世 高畑淳子 余貴美子 松重豊
    脚本 中園ミホ
    原作 清心海
  • Dr.倫太郎

    心優しい精神科医のドラマ

    4.6
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 堺雅人さんの安定した演技が良かったです。蒼井優さんが素晴らしい演技をしていて存在感がありました。高畑淳子さんの怪演ぶりがすざましくて、強烈なインパクトがありました。すごかったです。内田有紀さんはいつまでたっても美しい。存在してくれるだけでいい。
  • 10 宮本から君へ

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ東京系 金曜 00:52 〜 深夜     01:23
    2018年
    最終回 2018年06月29日
    出演 池松壮亮 柄本時生 華村あすか 星田英利 古舘寛治 三浦透子 川面千晶
    脚本 真利子哲也
    主題歌 エレファントカシマシ 「Easy Go」
    原作 新井英樹
  • 宮本から君へ

    仕事はチームプレー

    3.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 原作を知らずにドラマ見ました。

    パワハラ、ワイロ、下ネタいじり、場所関係なく煙草を吸いまくり…と、この時代ならではな雰囲気に最初は入り込めなかった。なにより主人公の宮本浩が、一生懸命なのはわかるけど、不器用すぎてなんか痛々しいというか、とにかく宮本にも共感できない。全然面白くないドラマだなぁと…4話で彼女にフラれるまでは!

    5話から仕事メインの展開になって、キャストもマツケンと蒼井優ちゃんっていう演技派が登場したことで物語がガラっと変化!コンペを成功させるまでの道のりやサラリーマンたちの苦労、引き込まれる展開だった。

    宮本は問題児だけど、支えて見守って修正してくれる仲間がいて、仕事って個人ではなくチームプレイなんだなぁとしみじみ思いました
  • 2018

    2017

    2015

    2013

    2012

      贖罪

      3.1
      • 出演者 3.2
      • ストーリー 3.0
      • 演技 3.3
      • 映像 3.1
      WOWOW 日曜 22:00 〜     23:00
      2012年
      最終回 2012年02月05日
      出演 小泉今日子 蒼井優 小池栄子 安藤サクラ 池脇千鶴 木村葉月 小俣絵里佳
      脚本 黒沢清
      原作 湊かなえ
    • 贖罪 第2話

      熱血の底

      3.5
      • 出演者 3.5
      • ストーリー 4.0
      • 演技 3.5
      • 映像 4.0
      事件で負った傷がどんな形で表れるかは、人それぞれ違う。

      大人になることを拒み、人との関わりを極小化しようとした第一話の蒼井優。いっぽう第二話の小池栄子は、過去の事件とずっと対峙し続け、勝利...
      続きを読む 事件で負った傷がどんな形で表れるかは、人それぞれ違う。

      大人になることを拒み、人との関わりを極小化しようとした第一話の蒼井優。いっぽう第二話の小池栄子は、過去の事件とずっと対峙し続け、勝利することで乗り越えようとしている。

      とはいえそれは意識的なものではなく、厳しい家庭で育てられたなかで無意識に身についた性向で、本人にも自覚がない。そこに今回のエピソードのせつなさがある、と感じた。

      人が意識的になし得る行為とは、果たしてどれほどのものなのだろう。
      過去のトラウマを引きずってしまう時、それは自分の意識ではどうにもならない。そしてその問題に対処する方法も、自分で選択しているように見えても、実はそれまでに身につけた対処法を無意識に選んでいたりする。とり得る選択肢が、あらかじめ無意識のうちに狭められている、と言ったほうがいいのか。

      不審者を撃退した小池英子の過剰な激しさは、このような無意識に根ざしていた。それを自覚することで、事件の傷が一段癒える。

      だがその自覚の表明によって、あの熱血教師の立場は、さらにどうでもいいものになってしまった。子どもたちを守った者と守らずに逃げた者、という対比すらもはやなされない、蚊帳の外で、たまたま職を終われた存在。やるせない。

      そもそも熱血ぶっている教師の熱血は意識的なポーズでしかなく、底の浅いもの。小池先生のかかえるトラウマとの違いは雲泥で、奥行きの深さは比べるべくもない。文学の世界では、とかく熱血教師の立場はなくなりがちで、いろんなドラマで似たように冷遇されているのを見かける。

    2010

    2006

    2005

    評価をする