本多力の出演ドラマ

ガリレオ

4.3
  • 出演者 4.1
  • ストーリー 4.1
  • 演技 4.1
  • 映像 4.1
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
2007年
最終回 2007年12月17日
出演 福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 真矢みき 渡辺いっけい 品川祐 林剛史
脚本 福田靖
主題歌 KOH+ 「KISSして」
原作 東野圭吾
  • ガリレオ

    実に面白いが決めゼリフ

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    白衣の湯川先生役が福山さんにピッタリでした!
    柴咲コウもよかった。

    週替わりのゲストが豪華で毎週楽しみでした。
    唐澤さん、堀北真希、深田恭子、香取慎吾、広末涼子などなど。
  • 家売るオンナの逆襲

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.1
    • 映像 4.0
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    2019年
    最終回 2019年03月13日
    出演 北川景子 仲村トオル 松田翔太 工藤阿須加 イモトアヤコ 千葉雄大 梶原善
    脚本 大石静
    主題歌 斉藤和義 「アレ」
  • 家売るオンナの逆襲

    毎回おもしろいです

    4.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 5.0
    元宝塚花組トップスター真飛聖さん出演!

    これは観ないわけにはいかないと観始めたら、まぁおもしろい?!!

    真飛聖さんは美しいし、北川景子のセリフがかっこいい!
    観終わるとスカッとするドラマ!!
  • 家売るオンナ

    4.0
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 3.9
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
    初回 2016年07月13日
    最終回 2016年09月14日
    出演 北川景子 工藤阿須加 仲村トオル 梶原善 千葉雄大 イモトアヤコ 鈴木裕樹
    脚本 大石静
    主題歌 GReeeeN 「beautifuldays」
  • 家売るオンナ 第10話

    見事な最終回!

    3.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    今回は早い段階で「私が売ります」が出ちゃって、最終回なのにそこからどうなるの!?と不安だったけど、うまいこと話が進んでしっかり売却、そしてハッピーエンド!きっとこうなるだろうな、という予想はほぼ... 続きを読む 今回は早い段階で「私が売ります」が出ちゃって、最終回なのにそこからどうなるの!?と不安だったけど、うまいこと話が進んでしっかり売却、そしてハッピーエンド!きっとこうなるだろうな、という予想はほぼ当たったものの、その予想が嫌なものじゃなくてそれにほぼピッタリ当てはまってくれるから、予想できたストーリーでも見てるこっちはスッキリ。うん、おもしろかった!続編も楽しみ。
  • 4 ウチの夫は仕事ができない

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 3.9
    • 演技 3.9
    • 映像 4.0
    日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
    初回 2017年07月08日
    最終回 2017年09月16日
    出演 錦戸亮 松岡茉優 佐藤隆太 江口のりこ イモトアヤコ 壇蜜 吉本実憂
    脚本 渡辺千穂
    主題歌 関ジャニ∞ 「奇跡の人」
  • ウチの夫は仕事ができない

    ホッコリするドラマ

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 2017年に放送された「ウチの夫は仕事ができない」

    錦戸亮さん演じるキャラクター、小林司はとても残念なぐらい仕事ができない
    そんな姿を妻(松岡茉優)や妻のママ友たちに見られてしまう。
    そこから小林司がどう強くなって行くのか!
    仕事は…出来ないままの夫なのか。
    毎週頑張れ!と応援したくなる心あったまるドラマだ。
  • 5 チア☆ダン

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.7
    • 映像 3.8
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2018年
    最終回 2018年09月14日
    出演 土屋太鳳 石井杏奈 佐久間由衣 山本舞香 朝比奈彩 大友花恋 箭内夢菜
    脚本 後藤法子
    主題歌 サンボマスター 「輝きだして走ってく」
  • チア☆ダン

    部活への熱い気持ち

    4.2
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    学生時代が、こんなにやりたいことで日々過ごせたらとっても幸せだろうなと思わせる、人間ドラマでした。
    しかも、ドラマとはいえ、チアダンズ自体はそれなりに練習を積み重ねないと仕上がらないと思うので...
    続きを読む 学生時代が、こんなにやりたいことで日々過ごせたらとっても幸せだろうなと思わせる、人間ドラマでした。
    しかも、ドラマとはいえ、チアダンズ自体はそれなりに練習を積み重ねないと仕上がらないと思うので、学生さん役のみなさんはドラマを演じる以外に、きっとものすごーく練習をして努力して、このドラマが完成したのだと思うと、それだけで拍手をあげたいです。

    あれだけの部員をまとめる力、学生たちのいろいろのアクシデント、『チアダン』は、初めより、後半に連れて見逃せないドラマになっていきました。
  • 6 俺の話は長い

    3.6
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.7
    • 映像 3.3
    日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
    2019年
    最終回 2019年12月14日
    出演 生田斗真 安田顕 小池栄子 清原果耶 杉野遥亮 原田美枝子 水沢林太郎
    脚本 金子茂樹
    主題歌 関ジャニ∞ 「友よ」
  • 俺の話は長い 第10話

    この家族にもう会えないのが寂しい

    5.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    続きを読む 遂に終わってしまった…。
    久々に、別れがたいドラマだった。ドラマというよりも、この人々と離れるのがつらかった。作品という枠を超えて、毎週会いに行くような感覚だった。

    『俺の話は長い』は、近年珍しいほどに「平和」で「些細な」物語だった。ニートや登校拒否、無職等々の問題を描きつつも、全てを包み込む「家族」の愛情。僕らが忘れがちな、共同生活の暖かさ。

    面倒くさい人たちばかりだけど、悪人は1人もいない。だから安心して見られる。ぼやきながらも他者に向けるちょっとした親切心に、ホロリと泣かされてしまう。

    あのちゃぶ台を囲めば個人は消失し、家族という集団が生まれる。当たり前のように素を見せ合い、愛情も隠さず、料理をつついて賑やかな会話を行う。そうか、本来、食卓とはこういうものだった。大袈裟でなく、あの家族に救われた人は多かったと思う。

    最終回では、主人公が重い腰を上げ、面接に向かう姿が描かれる。彼を応援する家族や友人たちは、眼前で行われているマラソンのランナーに声をかけるふりをして、主人公に声援を送る。
    この面倒くさくて、遠回りで、だけどまっすぐな愛情。邪気のかけらもない、素直で優しい演出。素晴らしい役者陣のナチュラルな演技。

    本当に、良いドラマだった。
    誰かを愛したくなる。
  • 7 知らなくていいコト

    3.4
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.3
    • 演技 3.6
    • 映像 3.2
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    2020年
    最終回 2020年03月11日
    出演 吉高由里子 柄本佑 重岡大毅 秋吉久美子 佐々木蔵之介 小林薫 今井隆文
    脚本 大石静
    主題歌 flumpool 「素晴らしき嘘」
  • 知らなくていいコト 第10話

    視聴者は本当に「知らなくていい」の?

    1.0
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
    いつからだろう。『知らなくていいコ...
    続きを読む デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
    いつからだろう。『知らなくていいコト』を見ては、ある種の気持ち悪さを感じるようになっていた。メッセージ性があるようで(たいして)ない、トレンドや時事問題を上手く取り入れているようで上手に扱えていない、登場人物それぞれの人生が交差しているようで微妙に噛み合っていない。特にここ最近は「不倫は悪い」を大前提に、ケイトと尾高の関係を作品全体で正当化しているように見えてきて、それが何とも言えない気持ちを残した。


    今作の目玉だったケイトの恋愛は、急スピードでイージモードに突入する。不倫関係は職場公認のものになっていたし、家庭があるはずの編集長は尾高の妻子を顧みずにケイトの恋愛を後押し。すでに離婚の手はずを整えた尾高は、勢い余ってケイトにプロポーズをした。ここまで来たらケイトがサヨナラ満塁ホームランを打ってハイボール片手に「ウィ~~!」の未来しか見えてこない。特に、今までなんの問題もなかった尾高の良き妻が、薄暗い部屋で赤ん坊を一人置き去りにして出ていくような〝悪妻〟として描かれていたのが、最高潮に気持ち悪かった。編集長はこれを「妻の復讐だ」と言っていたけれど、ケイトと尾高のただならぬ関係を“きれいに”印象付けるための必要悪に見えた。

    「この世には、知らなくていいことがある」

    ケイトが記事に書いた一言は、この物語の着地点とも言えるだろう。ケイトと尾高のその後の未来も、それに翻弄された尾高妻の心情も、大量毒殺事件の真相も。なにがなんでも真実を追い求めていたケイトが、「知らなくていいコトもあるよね…」と悟るラストは確かに爽やかだ。でも私は“あえて”モヤモヤを残した脚本に、すこしズルさを感じてしまった。せめて一話から追っていた毒殺事件の真相くらいは明らかにされても良かったと思う。“小さな息子のために罪を背負った乃十阿”というのも、週刊イースト編集部が「ケイトのお父さんが犯罪者じゃないといいな」という理想論の上に作った美しき虚構に過ぎない(息子はカメラ目線で明らかになんか入れてたけど)。

    「白黒つけたがる現代の風潮に“あえて”グレーを提案する」

    そんなメッセージが『知らなくていいコト』にはあったのかもしれない。だけど私はやっぱり知りたかった。物語を見届けた、一視聴者として。
  • 8 浦安鉄筋家族

    3.2
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.1
    • 映像 3.0
    テレビ東京系 金曜 00:12 〜     00:52
    2020年
    出演 佐藤二朗 水野美紀 岸井ゆきの 本多力 斎藤汰鷹 キノスケ 坂田利夫
    脚本 上田誠 諏訪雅 酒井善史
    主題歌 サンボマスター 「忘れないで 忘れないで」
    BiSH 「ぶち抜け」
    原作 浜岡賢次
  • 浦安鉄筋家族 第6話

    破天荒家族の団結力。

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 2.5
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    続きを読む ご飯粒があらゆるところについてるところから始まった今回。最初全く意味分からなくて、ずっと見てたけど最後までよく分からなかった笑破天荒なのは相変わらずで、新たに登場したのは不味い中華料理店の店主。せっかくの2人のデートがまさかの大食いチャレンジになり、最後には家族全員で大鉄のチャレンジを応援することに。変な家族だけど、団結力だけはある!笑順子の調理も、小鉄や桜の発想も晴郎の発明も面白すぎた笑でもやっぱりポリバケツだと思って大鉄がかきこむところ!笑映像とかあえてアニメにしたのは良かった笑何とか巨大チャーハンとラーメンと餃子を食した大鉄。一万円は貰えなかったけど、店主も改心したみたいでよかったって思ってたのに、家に巨大杏仁豆腐を持ってきた店主。なんで家知ってるの?とかツッコミどころ満載だったし、何より不味かったみたいで最悪だよね笑
    てか、家のリビングに食事処って幕かかってるから大沢木家は毎日外食じゃん!笑
    今回は金鉄が登場しなかったのがちょっと残念笑
  • チャンネルはそのまま!

    笑って泣けるとはまさにこのこと!

    4.5
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

    行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進ん...
    続きを読む ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

    行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進んでは変わっていったりするのに、全然置いてけぼりにされずにちゃんとまとまってるのが見事。

    正直こんなに全てがうまくいくものなのかよとツッコミを入れたくなることもわりと出てくるけど、それぞれの個性が光っていてそれによって解決されていくから好印象を持てる。

    中でもなんやかんやで全てのキーポイントになってくる芳根京子演じる雪丸。
    バカ枠という前代未聞の採用枠で採用された雪丸は、決して仕事ができるとは言えなく、どちらかというと突飛な行動で局を荒らしまくっていく存在。

    でもその型にハマらない自然体の雪丸にあらゆる人が感化され、物事が思いもよらずよい方向に進んでいく。
    誰に対しても分け隔てなく変わらずに接していく雪丸は、空気読めないところもあってみんな振り回されるけど、それが組織によい風をもたらしてくれる。
    そしてそんな人にしか話せないことやできないことってやっぱりある。

    重くなりそうな(実際さよならテレビは狙いがそうかもだけどそうなっていた)テレビ業界の中身を、コミカルさをベースに、シリアスさも交えて笑って泣ける誰もに見やすくおもしろく、それでいて見応えのある内容に落とし込んでいて凄かった!

    毎回前半で笑って、後半で泣けるという1話完結の構成も素晴らしい。

    人が話すこととテロップで映し出すことの分担も絶妙で、違和感なく業界用語をちゃんと解説してくれるのも置いてけぼりにならない理由としてあった。

    キャスティング。
    雪丸に芳根京子を起用したのがとてもよかった。
    自然体の演技がとてつもなくハマる。
    ラストの芳根京子と大泉洋の対峙による演技合戦も見もの。
    大泉洋も相変わらず細かく凄くよい演技。

    さよならテレビとの共通点があるとしたら、やはり視聴率至上主義をちゃんと映し出し、そこだけに目が眩んでいることへの違和感を感じられる点。

    局を長回しで全部映し出してくれるエンディングも贅沢でよかったなー。
  • 10 あいの結婚相談所

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 金曜 23:15 〜     00:15
    2017年
    最終回 2017年09月01日
    出演 山崎育三郎 高梨臨 鹿賀丈史 前田美波里 中尾暢樹 山賀琴子 加藤晴彦
    脚本 徳尾浩司 矢島弘一 清水友佳子
    主題歌 山崎育三郎 「Congratulations」
    原作 加藤山羊 矢樹純
  • あいの結婚相談所

    最高

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    超くだらないドラマだけど、めっちゃ面白い。
    つっこみどころ満載のこういうドラマ大好きです。笑

    山崎育三郎のキラキラ感がすごい役にハマっている!
    高梨臨ちゃんもかわいい。

    みんなで踊る謎のミュ...
    続きを読む 超くだらないドラマだけど、めっちゃ面白い。
    つっこみどころ満載のこういうドラマ大好きです。笑

    山崎育三郎のキラキラ感がすごい役にハマっている!
    高梨臨ちゃんもかわいい。

    みんなで踊る謎のミュージカルシーンが印象に残ってます。
  • 11 闇金ウシジマくん Season3

    2.9
    • 出演者 2.7
    • ストーリー 2.9
    • 演技 2.7
    • 映像 2.7
    毎日放送系 日曜 深夜 01:15 〜 深夜     01:45
    2016年
    最終回 2016年09月18日
    出演 山田孝之 綾野剛 光宗薫 中村倫也 久松郁実 本多力 希崎ジェシカ
    脚本 福間正浩
    主題歌 「巣立ち」
    原作 真鍋昌平
  • 闇金ウシジマくん Season3

    洗脳くん

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    中村倫也の洗脳くんがまじで怖い。
    まゆみがどんどん洗脳されていく様は
    見ていて怖いし…引く。
    でもそれほど洗脳の過程が表現されてた。

    自分は大丈夫だと思っているけど、
    知らぬ間に洗...
    続きを読む 中村倫也の洗脳くんがまじで怖い。
    まゆみがどんどん洗脳されていく様は
    見ていて怖いし…引く。
    でもそれほど洗脳の過程が表現されてた。

    自分は大丈夫だと思っているけど、
    知らぬ間に洗脳って始まるのかなぁ。。恐ろしい。
  • 2020

      浦安鉄筋家族

      3.2
      • 出演者 3.3
      • ストーリー 2.9
      • 演技 3.1
      • 映像 3.0
      テレビ東京系 金曜 00:12 〜     00:52
      2020年
      出演 佐藤二朗 水野美紀 岸井ゆきの 本多力 斎藤汰鷹 キノスケ 坂田利夫
      脚本 上田誠 諏訪雅 酒井善史
      主題歌 サンボマスター 「忘れないで 忘れないで」
      BiSH 「ぶち抜け」
      原作 浜岡賢次
    • 浦安鉄筋家族 第6話

      破天荒家族の団結力。

      3.0
      • 出演者 3.0
      • ストーリー 2.5
      • 演技 3.0
      • 映像 3.0
      続きを読む ご飯粒があらゆるところについてるところから始まった今回。最初全く意味分からなくて、ずっと見てたけど最後までよく分からなかった笑破天荒なのは相変わらずで、新たに登場したのは不味い中華料理店の店主。せっかくの2人のデートがまさかの大食いチャレンジになり、最後には家族全員で大鉄のチャレンジを応援することに。変な家族だけど、団結力だけはある!笑順子の調理も、小鉄や桜の発想も晴郎の発明も面白すぎた笑でもやっぱりポリバケツだと思って大鉄がかきこむところ!笑映像とかあえてアニメにしたのは良かった笑何とか巨大チャーハンとラーメンと餃子を食した大鉄。一万円は貰えなかったけど、店主も改心したみたいでよかったって思ってたのに、家に巨大杏仁豆腐を持ってきた店主。なんで家知ってるの?とかツッコミどころ満載だったし、何より不味かったみたいで最悪だよね笑
      てか、家のリビングに食事処って幕かかってるから大沢木家は毎日外食じゃん!笑
      今回は金鉄が登場しなかったのがちょっと残念笑
    • 知らなくていいコト

      3.4
      • 出演者 3.8
      • ストーリー 3.3
      • 演技 3.6
      • 映像 3.2
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
      2020年
      最終回 2020年03月11日
      出演 吉高由里子 柄本佑 重岡大毅 秋吉久美子 佐々木蔵之介 小林薫 今井隆文
      脚本 大石静
      主題歌 flumpool 「素晴らしき嘘」
    • 知らなくていいコト 第10話

      視聴者は本当に「知らなくていい」の?

      1.0
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
      いつからだろう。『知らなくていいコ...
      続きを読む デスクに昇進した3年後のケイトが、何か言いたげに尾高親子の背中を見つめるラストシーン。思わず「うーーーーん」と口から出ちゃった、ちなみに良くない方の意味で。
      いつからだろう。『知らなくていいコト』を見ては、ある種の気持ち悪さを感じるようになっていた。メッセージ性があるようで(たいして)ない、トレンドや時事問題を上手く取り入れているようで上手に扱えていない、登場人物それぞれの人生が交差しているようで微妙に噛み合っていない。特にここ最近は「不倫は悪い」を大前提に、ケイトと尾高の関係を作品全体で正当化しているように見えてきて、それが何とも言えない気持ちを残した。


      今作の目玉だったケイトの恋愛は、急スピードでイージモードに突入する。不倫関係は職場公認のものになっていたし、家庭があるはずの編集長は尾高の妻子を顧みずにケイトの恋愛を後押し。すでに離婚の手はずを整えた尾高は、勢い余ってケイトにプロポーズをした。ここまで来たらケイトがサヨナラ満塁ホームランを打ってハイボール片手に「ウィ~~!」の未来しか見えてこない。特に、今までなんの問題もなかった尾高の良き妻が、薄暗い部屋で赤ん坊を一人置き去りにして出ていくような〝悪妻〟として描かれていたのが、最高潮に気持ち悪かった。編集長はこれを「妻の復讐だ」と言っていたけれど、ケイトと尾高のただならぬ関係を“きれいに”印象付けるための必要悪に見えた。

      「この世には、知らなくていいことがある」

      ケイトが記事に書いた一言は、この物語の着地点とも言えるだろう。ケイトと尾高のその後の未来も、それに翻弄された尾高妻の心情も、大量毒殺事件の真相も。なにがなんでも真実を追い求めていたケイトが、「知らなくていいコトもあるよね…」と悟るラストは確かに爽やかだ。でも私は“あえて”モヤモヤを残した脚本に、すこしズルさを感じてしまった。せめて一話から追っていた毒殺事件の真相くらいは明らかにされても良かったと思う。“小さな息子のために罪を背負った乃十阿”というのも、週刊イースト編集部が「ケイトのお父さんが犯罪者じゃないといいな」という理想論の上に作った美しき虚構に過ぎない(息子はカメラ目線で明らかになんか入れてたけど)。

      「白黒つけたがる現代の風潮に“あえて”グレーを提案する」

      そんなメッセージが『知らなくていいコト』にはあったのかもしれない。だけど私はやっぱり知りたかった。物語を見届けた、一視聴者として。

    2019

    • チャンネルはそのまま!

      笑って泣けるとはまさにこのこと!

      4.5
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.5
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

      行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進ん...
      続きを読む ベースはコミカルで明るめにテレビ局の様々な立場の人たちの奮闘が描かれていくが、所々にテレビ局のシリアスな部分が顔を出してくる。

      行ったり来たりしていく脚本で、話が同時並行に進んだり一気進んでは変わっていったりするのに、全然置いてけぼりにされずにちゃんとまとまってるのが見事。

      正直こんなに全てがうまくいくものなのかよとツッコミを入れたくなることもわりと出てくるけど、それぞれの個性が光っていてそれによって解決されていくから好印象を持てる。

      中でもなんやかんやで全てのキーポイントになってくる芳根京子演じる雪丸。
      バカ枠という前代未聞の採用枠で採用された雪丸は、決して仕事ができるとは言えなく、どちらかというと突飛な行動で局を荒らしまくっていく存在。

      でもその型にハマらない自然体の雪丸にあらゆる人が感化され、物事が思いもよらずよい方向に進んでいく。
      誰に対しても分け隔てなく変わらずに接していく雪丸は、空気読めないところもあってみんな振り回されるけど、それが組織によい風をもたらしてくれる。
      そしてそんな人にしか話せないことやできないことってやっぱりある。

      重くなりそうな(実際さよならテレビは狙いがそうかもだけどそうなっていた)テレビ業界の中身を、コミカルさをベースに、シリアスさも交えて笑って泣ける誰もに見やすくおもしろく、それでいて見応えのある内容に落とし込んでいて凄かった!

      毎回前半で笑って、後半で泣けるという1話完結の構成も素晴らしい。

      人が話すこととテロップで映し出すことの分担も絶妙で、違和感なく業界用語をちゃんと解説してくれるのも置いてけぼりにならない理由としてあった。

      キャスティング。
      雪丸に芳根京子を起用したのがとてもよかった。
      自然体の演技がとてつもなくハマる。
      ラストの芳根京子と大泉洋の対峙による演技合戦も見もの。
      大泉洋も相変わらず細かく凄くよい演技。

      さよならテレビとの共通点があるとしたら、やはり視聴率至上主義をちゃんと映し出し、そこだけに目が眩んでいることへの違和感を感じられる点。

      局を長回しで全部映し出してくれるエンディングも贅沢でよかったなー。
    • 俺の話は長い

      3.6
      • 出演者 3.7
      • ストーリー 3.6
      • 演技 3.7
      • 映像 3.3
      日本テレビ系 土曜 22:00 〜     22:54
      2019年
      最終回 2019年12月14日
      出演 生田斗真 安田顕 小池栄子 清原果耶 杉野遥亮 原田美枝子 水沢林太郎
      脚本 金子茂樹
      主題歌 関ジャニ∞ 「友よ」
    • 俺の話は長い 第10話

      この家族にもう会えないのが寂しい

      5.0
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      続きを読む 遂に終わってしまった…。
      久々に、別れがたいドラマだった。ドラマというよりも、この人々と離れるのがつらかった。作品という枠を超えて、毎週会いに行くような感覚だった。

      『俺の話は長い』は、近年珍しいほどに「平和」で「些細な」物語だった。ニートや登校拒否、無職等々の問題を描きつつも、全てを包み込む「家族」の愛情。僕らが忘れがちな、共同生活の暖かさ。

      面倒くさい人たちばかりだけど、悪人は1人もいない。だから安心して見られる。ぼやきながらも他者に向けるちょっとした親切心に、ホロリと泣かされてしまう。

      あのちゃぶ台を囲めば個人は消失し、家族という集団が生まれる。当たり前のように素を見せ合い、愛情も隠さず、料理をつついて賑やかな会話を行う。そうか、本来、食卓とはこういうものだった。大袈裟でなく、あの家族に救われた人は多かったと思う。

      最終回では、主人公が重い腰を上げ、面接に向かう姿が描かれる。彼を応援する家族や友人たちは、眼前で行われているマラソンのランナーに声をかけるふりをして、主人公に声援を送る。
      この面倒くさくて、遠回りで、だけどまっすぐな愛情。邪気のかけらもない、素直で優しい演出。素晴らしい役者陣のナチュラルな演技。

      本当に、良いドラマだった。
      誰かを愛したくなる。
    • 家売るオンナの逆襲

      4.1
      • 出演者 4.1
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      日本テレビ系 水曜 22:00 〜     22:54
      2019年
      最終回 2019年03月13日
      出演 北川景子 仲村トオル 松田翔太 工藤阿須加 イモトアヤコ 千葉雄大 梶原善
      脚本 大石静
      主題歌 斉藤和義 「アレ」
    • 家売るオンナの逆襲

      毎回おもしろいです

      4.0
      • 出演者 4.5
      • ストーリー 5.0
      • 演技 4.0
      • 映像 5.0
      元宝塚花組トップスター真飛聖さん出演!

      これは観ないわけにはいかないと観始めたら、まぁおもしろい?!!

      真飛聖さんは美しいし、北川景子のセリフがかっこいい!
      観終わるとスカッとするドラマ!!

    2018

    2017

    2016

    2014

    2007

    評価をする