唐田えりかの出演ドラマ

トドメの接吻

4.2
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.1
  • 演技 4.1
  • 映像 4.0
日本テレビ系 日曜 22:30 〜     23:25
初回 2018年01月07日
最終回 2018年03月11日
出演 山﨑賢人 門脇麦 新田真剣佑 新木優子 佐野勇斗 唐田えりか 宮沢氷魚
脚本 いずみ吉紘
主題歌 菅田将暉 「さよならエレジー」
  • トドメの接吻 第7話

    だんだんとハマるドラマ

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    ドラマが始まったときは、新田真剣佑が好きだから見てみようかなという感じでしたが、ありえない話と思いつつ、だんだんとハマりました。最初は、意味がよくわからない。でも見ていくうちに、あーそういうこと... 続きを読む ドラマが始まったときは、新田真剣佑が好きだから見てみようかなという感じでしたが、ありえない話と思いつつ、だんだんとハマりました。最初は、意味がよくわからない。でも見ていくうちに、あーそういうことだったのか、次が気になる~と、毎週楽しみにしてます。今回は門脇麦ちゃん演じる宰子と、新木優子ちゃん演じる美尊の壁ドンキスに衝撃!それは美尊だったら旺太郎の望む未来になると信じたための行動で、どこまでも健気な宰子に切なくなりました。尊氏が真実に気づくのも時間の問題ですが、春海がなんでタイムリープのことをバラしたのかが気になる!!
  • 凪のお暇

    4.1
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.1
    • 映像 3.9
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2019年
    最終回 2019年09月20日
    出演 黒木華 高橋一生 中村倫也 市川実日子 三田佳子 吉田羊 武田真治
    脚本 大島里美
    主題歌 miwa 「リブート」
    原作 コナリミサト
  • 凪のお暇 第3話

    同僚勝ち組のはずの足立さんの闇

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    再放送してくれてつい見入る。
    3話のエピソードはけっこう好きな話です。

    婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

    同僚の時、足立さんはとにかく態度も...
    続きを読む 再放送してくれてつい見入る。
    3話のエピソードはけっこう好きな話です。

    婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

    同僚の時、足立さんはとにかく態度も口も悪いし、とにかく調子よく勝ち組人生でいたい人で、そこに凪ちゃんを巻き込む人だった。

    そんな足立さんですが、断れなくて絡まれている凪ちゃんを気づかず助けます。「あなたもしっかり断りなさいよ!」って言いながら。

    すんごい嫌われる足立さんだけど、けっこういいやつなんです。単品だと。
    そう、この単品ってすごく曲者。

    グループにいてボスキャラになってしまうことで、強がったり見栄はったり忙しい足立さん。これは足立さんが思い描く、周囲から求められる立場を演じた結果であり、そこで負けるのもできないって言うのもプライドが許さない。さて、思い出しますね、慎二です。

    足立さんと慎二は勝ち組っぽいけど、本人は無理に勝ち組でいようと空気を読み、うまくやろうと虚勢をはる。そして結局やらかす。

    だから人目がないときはけっこういいやつ。見ず知らずの気弱な女の子助けるくらいには。(実際は凪だったけど)

    そして凪ちゃんは我慢するのをやめて、ラウンドでカウンターかましてしまう。でもその理詰めは凪ちゃんも傷つけた。
    結局凪ちゃんも同じで、見えるところしか見ていなくて、浅ましいって殴ったけど、その言葉は凪ちゃんも殴っていった。

    足立さんの普段はほめられたもんじゃないけど、そう生きなきゃいけない人って案外たくさんいるんだろうな。ボスの役、陰キャな役。とりまきの役。わかるーって同調する役。

    でも本当のことはないから壊れるのは早い。

    足立さんは自分を強いとは思ってなくて、多分彼女を主役にするなら「強がっているけど本当は弱いのに見栄を張り、彼氏からはお前は俺がいなくてもいいだろって言われそうなキャラクター。本人から見れば違うのに。

    自分が見ている自分と人が見ている自分、見られている自分、それぞれの付き合い方で何を大事にしたらいいか、足立さんの闇と弱さと迷いは、自分もちゃんと考えたいなって思うポイント。

    結末は知ってるけど、足立さん、いい変化が最終回後にもあるといいな。演じる友より、本音の友の方がきっと幸せだ。
  • この世界の片隅に

    4.1
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.1
    • 映像 4.1
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    2018年
    最終回 2018年09月16日
    出演 松本穂香 松坂桃李 宮本信子 伊藤蘭 村上虹郎 伊藤沙莉 土村芳
    脚本 岡田惠和
    原作 こうの史代
  • この世界の片隅に

    「存在」〜ドラマが教えてくれたこと

    4.6
    • 出演者 4.3
    • ストーリー 4.8
    • 演技 4.5
    • 映像 4.6
    続きを読む 「存在」
    このドラマを見終わって、私が最も感じたものです。

    物語の主人公のすず(松本)は子供の時から「どんくさい子」と言われていました。
    何を言われても「はぁ、そやねぇ、、」、決して怒ることもなく、まわりを呆れさせてしまうほどでした。
    なんだかすごく私に似てるかも、、、(汗)
    と、親近感が湧き、まるで自分がすずになったようでした。
    何度、径子お義姉さん(尾野)に怒られたことか、、(笑)

    すずが嫁いだ北条家は、皆良い方でした。
    しっかり者の素敵な夫の周作さん(松坂)、とても頼りになるサンお義母さん(伊藤)、科学の話になるなかなか止まらないおもしろい円太郎お義父さん(田口)、ちょっと怖いけど本当は心優しい径子お義姉さん。
    お嫁に行くなら、こんな家庭がいいなあ~と思ってしまいました。

    しかし、そんなも幸せも束の間、戦争の影が忍びよってきます。
    いつ爆弾が降ってくるかわからない不安、常に死と隣合わせの恐ろしさ。
    私はだったら、このような状況は耐えられません。
    しかし、北条家の人たちの表情には絶望はありませんでした。
    むしろ、ふとした瞬間の笑顔は一段と輝いて見えたのです。
    なぜ、そんな笑顔でいることができるのかと、最初はとても不思議でした。
    でも、物語を見ていくうちにわかりました。
    「今、生きている。自分も愛する人も・・・。」
    このことがとても幸せでした。
    「存在」というものの大切さをとても感じさせられました。

    「今日の一日は特別な一日。そして明日もまた特別な一日」
    今生きている一瞬一瞬に感謝しています。
    このドラマに出会えて、毎日がとても幸せになりました。
    本当にこのドラマに出会えてよかったです。
  • 4 恋仲

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.1
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2015年07月20日
    最終回 2015年09月14日
    出演 福士蒼汰 本田翼 野村周平 大原櫻子 小林薫 吉田羊 山本美月
    脚本 桑村さや香
    主題歌 家入レオ 「君がくれた夏」
  • 恋仲

    面白かった

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 福士蒼汰演じる主人公葵とその幼馴染、本田翼が演じるあかりの淡い恋にキュンキュンした!高校時代お互いに思い合っていたにもかかわらず親の事情で引き裂かれてしまうが、大人になって再開したのを見てホッとした。でもあかりには新しく彼氏ができていたりしてやきもきしたけれど最終的には結ばれてよかった!
  • 5 貴族探偵

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.4
    • 映像 3.8
    フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
    初回 2017年04月17日
    最終回 2017年06月26日
    出演 相葉雅紀 武井咲 中山美穂 仲間由紀恵 生瀬勝久 井川遥 滝藤賢一
    脚本 黒岩勉
    主題歌 「I'll be there」
    原作 麻耶雄嵩
  • 貴族探偵

    相葉くんのコスプレ

    4.0
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.5
    • 映像 4.0
    間の取り方、クスッと笑える感じにしたかったんだろうけど主役の力量不足が否めない??

    相葉くんの使い方は、そういう感じじゃないんだよな。

    でもファンの方にとっては王子様の相葉くんを楽し...
    続きを読む 間の取り方、クスッと笑える感じにしたかったんだろうけど主役の力量不足が否めない??

    相葉くんの使い方は、そういう感じじゃないんだよな。

    でもファンの方にとっては王子様の相葉くんを楽しめるって事で良いんじゃないかな。
  • 6 ハラスメントゲーム 秋津vsカトクの女

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    テレビ東京系 金曜 21:00 〜     22:48
    2020年
    最終回 2020年01月10日
    出演 唐沢寿明 仲間由紀恵 広瀬アリス 古川雄輝 喜多乃愛 石野真子 佐野史郎
    脚本 井上由美子
    原作 井上由美子
  • ハラスメントゲーム 秋津vsカトクの女

    安定の面白さ!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む 自信を持ってオススメできます。働き方改革が推進されて、都合よく解釈している人達に向けた言及や、この犯人ここまでやる必要あった?という疑問をしっかり代弁してくれる秋津さん。とても気持ちよく見られました。こんなに人情味あふれる主人公像が令和の時代でもたくさん出てきますように。
  • 7 病室で念仏を唱えないでください

    3.0
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.3
    • 映像 3.1
    TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
    2020年
    最終回 2020年03月20日
    出演 伊藤英明 ムロツヨシ 松本穂香 片寄涼太 中谷美紀 唐田えりか 谷恭輔
    脚本 吉澤智子
    主題歌 三浦大知 「I'm Here」
    原作 こやす珠世
  • 病室で念仏を唱えないでください 第10話

    仏の言葉よりも

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 医師として肉体を救命し、僧侶として魂を救済する。
    その二つの任を果たそうと、松本先生は日々格闘している。
    でもその戦いは挫折の連続。
    失敗するたびに落ち込み、自問し、悩む松本先生。

    そんな彼の周囲には、しかし、人々が絶えず、立場や考え方を超えて集ってくる。
    「人気者は僕じゃない」という、“おじさん” の決めセリフがそれをよく表していたと思う。

    仏になることができるのに、そうならずに人の傍にとどまる。
    “上がり” にならず、人と一緒にこの世のステージに止まって、苦楽を共にする。
    人に伝わるのは、そんな菩薩の在り方だ。
    悟りを開いた仏の言葉は、そのままでは届かない。
    「病室で念仏を唱えないで」というタイトルは、このことの言い換えなのかも知れない。
    病室で格闘する人々に必要なのは、完成されたお経ではなく、松本先生が体現する温かい行動だ。

    でも最後、おじさんの死に臨んで詠まれた松本先生のお経には、苦情は出なかったという。
    それはきっと、仏の言葉を松本先生が魂のこもったものにできた証、ではないのかな。

    いいドラマ、だったと思います。最後まで見てよかった。
  • 8 デジタル・タトゥー

    2.7
    • 出演者 2.8
    • ストーリー 2.7
    • 演技 3.0
    • 映像 2.6
    NHK総合 土曜 21:00 〜     21:50
    2019年
    最終回 2019年06月15日
    出演 高橋克実 瀬戸康史 唐田えりか 竹財輝之助 今野浩喜 飯田基祐
    脚本 浅野妙子
  • デジタル・タトゥー 第5話

    物足りない!

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 --.-
    続きを読む 5話じゃ物足らない〜!
    タイガとおじさんが二人で問題解決するのもっと観たかった。
    毎話考えさせられる話だったし、依頼者の心情などが丁寧に描かれていて好きだった。

    最終話と1話の犯人がまさか繋がっていたとは驚きだった。
    タイガのお父さんが最後いい形でタイガと仲直りというか和解してたけど
    今までの話からするとちょっと予想と違った。
    んー、ここの親子の確執に関してはもう少し描いて欲しかったかもしれない。やはり5話では無理だったのだろうか。
  • 2020

    2019

      凪のお暇

      4.1
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.1
      • 映像 3.9
      TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
      2019年
      最終回 2019年09月20日
      出演 黒木華 高橋一生 中村倫也 市川実日子 三田佳子 吉田羊 武田真治
      脚本 大島里美
      主題歌 miwa 「リブート」
      原作 コナリミサト
    • 凪のお暇 第3話

      同僚勝ち組のはずの足立さんの闇

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 4.0
      再放送してくれてつい見入る。
      3話のエピソードはけっこう好きな話です。

      婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

      同僚の時、足立さんはとにかく態度も...
      続きを読む 再放送してくれてつい見入る。
      3話のエピソードはけっこう好きな話です。

      婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

      同僚の時、足立さんはとにかく態度も口も悪いし、とにかく調子よく勝ち組人生でいたい人で、そこに凪ちゃんを巻き込む人だった。

      そんな足立さんですが、断れなくて絡まれている凪ちゃんを気づかず助けます。「あなたもしっかり断りなさいよ!」って言いながら。

      すんごい嫌われる足立さんだけど、けっこういいやつなんです。単品だと。
      そう、この単品ってすごく曲者。

      グループにいてボスキャラになってしまうことで、強がったり見栄はったり忙しい足立さん。これは足立さんが思い描く、周囲から求められる立場を演じた結果であり、そこで負けるのもできないって言うのもプライドが許さない。さて、思い出しますね、慎二です。

      足立さんと慎二は勝ち組っぽいけど、本人は無理に勝ち組でいようと空気を読み、うまくやろうと虚勢をはる。そして結局やらかす。

      だから人目がないときはけっこういいやつ。見ず知らずの気弱な女の子助けるくらいには。(実際は凪だったけど)

      そして凪ちゃんは我慢するのをやめて、ラウンドでカウンターかましてしまう。でもその理詰めは凪ちゃんも傷つけた。
      結局凪ちゃんも同じで、見えるところしか見ていなくて、浅ましいって殴ったけど、その言葉は凪ちゃんも殴っていった。

      足立さんの普段はほめられたもんじゃないけど、そう生きなきゃいけない人って案外たくさんいるんだろうな。ボスの役、陰キャな役。とりまきの役。わかるーって同調する役。

      でも本当のことはないから壊れるのは早い。

      足立さんは自分を強いとは思ってなくて、多分彼女を主役にするなら「強がっているけど本当は弱いのに見栄を張り、彼氏からはお前は俺がいなくてもいいだろって言われそうなキャラクター。本人から見れば違うのに。

      自分が見ている自分と人が見ている自分、見られている自分、それぞれの付き合い方で何を大事にしたらいいか、足立さんの闇と弱さと迷いは、自分もちゃんと考えたいなって思うポイント。

      結末は知ってるけど、足立さん、いい変化が最終回後にもあるといいな。演じる友より、本音の友の方がきっと幸せだ。
    • デジタル・タトゥー

      2.7
      • 出演者 2.8
      • ストーリー 2.7
      • 演技 3.0
      • 映像 2.6
      NHK総合 土曜 21:00 〜     21:50
      2019年
      最終回 2019年06月15日
      出演 高橋克実 瀬戸康史 唐田えりか 竹財輝之助 今野浩喜 飯田基祐
      脚本 浅野妙子
    • デジタル・タトゥー 第5話

      物足りない!

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 5.0
      • 映像 --.-
      続きを読む 5話じゃ物足らない〜!
      タイガとおじさんが二人で問題解決するのもっと観たかった。
      毎話考えさせられる話だったし、依頼者の心情などが丁寧に描かれていて好きだった。

      最終話と1話の犯人がまさか繋がっていたとは驚きだった。
      タイガのお父さんが最後いい形でタイガと仲直りというか和解してたけど
      今までの話からするとちょっと予想と違った。
      んー、ここの親子の確執に関してはもう少し描いて欲しかったかもしれない。やはり5話では無理だったのだろうか。

    2018

    2016

    2017

    2015

    評価をする