藤井流星の出演ドラマ

ようこそ、わが家へ

4.1
  • 出演者 4.0
  • ストーリー 3.9
  • 演技 3.9
  • 映像 3.9
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
初回 2015年04月13日
最終回 2015年06月15日
出演 相葉雅紀 沢尻エリカ 有村架純 佐藤二朗 山口紗弥加 眞島秀和 堀内敬子
脚本 黒岩勉
主題歌 「青空の下、キミのとなり」
原作 池井戸潤
  • ようこそ、わが家へ

    ストーカーは怖いと感じました。

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    続きを読む 相葉ちゃんがお兄ちゃんだったら、あのようにとても心配してくれる優しいお兄ちゃんなんだろうなって感じるドラマだったな。
    協力的な沢尻エリカさんの役は最後、どんどん怪しい表情を演じていてハラハラさせられたんだよね。
    相葉ちゃんがかっこよかったな?
  • 黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.8
    • 映像 3.8
    フジテレビ系 木曜 22:00 〜     22:54
    初回 2018年10月11日
    出演 佐々木蔵之介 中山美穂 黒木瞳 小野武彦 藤井流星 麻生祐未 石川恋
    脚本 浅野妙子
    主題歌 平井堅 「half of me」
    原作 弘兼憲史
  • 黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

    30~40代が見るには試練のドラマw

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    続きを読む 原作のなんともいえない哀愁ただよう雰囲気が好きだったけど、
    佐々木蔵之介と黒木瞳だと完全に失楽園的なムードに変わっていた(爆)

    なんだろう…ムズムズする。
    50過ぎた2人のデートが登山とか!!ムズムズする!!(でも見る)

    そしてルンルン気分でいざ不倫デートに出発!!の時かかってきた電話。
    そしてその始まってもないデートが終了しちゃう理由がボケてしまった母の介護施設からの呼び出し…(涙)

    もう色んな角度でしんどい…主人公たちがどちらかというと自分の親世代に近い部分と
    立場と感情的には私にもきもちが分かっちゃうっていう部分とで、
    見るのに若干しんどいドラマなんですよ…。

    中年の恋を映像で見せられるとキモイって思うのは、
    私ももう色恋でキャーキャーする年齢じゃないんだぞ!お前も中年なんだからな!?っていうことを認めてしまうようなかなしさをはらみ、

    一方、いくつになっても結婚してたって恋はしたいよね!!好きになっちゃう時はなっちゃうんだよ!!っていう理解も全然あり・・・

    気持ちはまだまだ若者、しかしスペック的には…っていう30後半の
    子持ち既婚オンナが見るには試練のようなドラマでもありました。

    見る年齢によって感想とか感じ方が全く変わるであろうドラマです。
    そもそも若者は興味も持たない分野かもしれないし、見ていられないかもしれませんね(だから見てられる私はやっぱり中年か(涙))(でも原作のTHE人生ってかんじの味わいはめっちゃ好き!!)

  • 正しいロックバンドの作り方

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 月曜 00:59 〜 深夜     01:29
    2020年
    最終回 2020年06月22日
    出演 藤井流星 神山智洋 栗原類 吉田健悟
    脚本 西田征史 おかざきさとこ
    主題歌 ジャニーズWEST 「証拠」
  • 正しいロックバンドの作り方 第10話

    太陽のようなキヨヒコ

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0
    第10話。

    電撃ロックフェス、最終審査の日。

    審査に出ないというテツ。

    心無いネットへの書き込みを見てプレッシャーを感じ、
    手の震えが止まらなくなっていたのだった。

    震...
    続きを読む 第10話。

    電撃ロックフェス、最終審査の日。

    審査に出ないというテツ。

    心無いネットへの書き込みを見てプレッシャーを感じ、
    手の震えが止まらなくなっていたのだった。

    震えを止めるためにリラックス法を考えるメンバーたち。

    元メンバーでコーヒーショップを営むキヨヒコは
    自慢のコーヒーではリラックスさせられなかったけど
    とびきり明るいキャラで重苦しいバンドの雰囲気を軽くしたことは
    間違いない。

    キヨヒコのコーヒーは飲むとリラックスではなく、
    元気になれそうな気がする。

    テツをリラックスさせられなかったキヨヒコは
    逃げるように去っていったが
    ほかのバンドのメンバーの楽屋に行っては
    持ち前の明るさで元気づけているんだろうなと。

    バンドよりコーヒー屋を選んで正解だったと思う。

    キヨヒコのスピンオフが見てみたい!!
  • 2020

    2018

    2016

    2015

    2013

    評価をする