宇田学の脚本ドラマ

99.9-刑事専門弁護士-2

4.3
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.2
  • 演技 4.2
  • 映像 4.1
TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
2018年
最終回 2018年03月18日
出演 松本潤 香川照之 岸部一徳 木村文乃 片桐仁 青木崇高 池田貴史
脚本 宇田学
主題歌 「Find The Answer」
  • 99.9-刑事専門弁護士-2

    主役3人の掛け合いがコミカル

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    主演の3名、深山(松本潤)、尾崎(木村文乃)、佐田(香川照之)の絶妙な関係性、それぞれの演技が光り、ストーリーとしても最後には守られるべき人が弁護で守られる非常にすっきりした作品。パラリーガルの... 続きを読む 主演の3名、深山(松本潤)、尾崎(木村文乃)、佐田(香川照之)の絶妙な関係性、それぞれの演技が光り、ストーリーとしても最後には守られるべき人が弁護で守られる非常にすっきりした作品。パラリーガルの方もいい味でてた。

    序盤の頃から深山の父親に関する話を持ってくるなど、シリーズの前半から終盤まで通じて見応えがある構成になっていたように思う。それぞれの人物の想いにふれ、最終回につながっていく。基本1話完結である中にもストーリー性があり、何話からでも入っていけるが、最初から見てそれぞれの人物の過去をもっと知りたくなるようにもなっていた。

    「裁判官、検察、弁護士が本来あるべきかたちから外れてしまったとき、被告人は圧倒的不条理にさられる。」

    弁護士ドラマでありながら、あくまで大事なのは3者のトライアングルという深山の発言に改めて作品の良さを感じた。弁護士だけで事実は必ずしも導かれない。それぞれの立場で様々なことを疑うからこそ真実は導かれる。どの立場も違って魅力ある仕事と見る側も感じるのではないだろうか。

    最終話では重要人物である裁判官・川上(笑福亭鶴瓶)の過去にも触れられ、シリーズ通じて言っていた「ええ判決」の定義の変化も納得のいくものだった。

    主人公側のいわゆる勝利だけでなく、敵側の川上にとっても「ええ判決」という終わり方。非常に良くできている。
  • 探偵が早すぎる

    3.9
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.8
    • 演技 4.0
    • 映像 3.7
    読売テレビ系 木曜 23:59 〜     00:00
    2018年
    最終回 2018年09月20日
    出演 滝藤賢一 広瀬アリス 水野美紀 高橋努 片平なぎさ 井上真偽 宇田学
    脚本 宇田学
    主題歌 edda 「フラワーステップ」
    原作 井上真偽
  • 探偵が早すぎる

    クサい演技が面白い

    4.0
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    キャラクターがみんな個性的で面白い!
    あまりにも突飛なシュチエーションで、リアリティーゼロなんだけど、そこがハマる。
    滝藤賢一さんの探偵は、親しみやすくて面白いし、広瀬アリスさんの一華は可愛...
    続きを読む キャラクターがみんな個性的で面白い!
    あまりにも突飛なシュチエーションで、リアリティーゼロなんだけど、そこがハマる。
    滝藤賢一さんの探偵は、親しみやすくて面白いし、広瀬アリスさんの一華は可愛いし、水野美紀さんの政子は、謎めいているけどどこか暖かい。
    この3人の、つかず離れずで、どこかで裏切りそうな、信じられない不安定な関係なんだけど、その緊張感が良い!
    さらに面白いのは、大陀羅一族。
    片平なぎささんや神保悟志さんといったベテランたちが、よくぞこんなクサい演技をやってくれた。
    本人達も演じることを楽しんでいるかのようで、オーバー気味な演技がハマる。
    なるほど…なトリックと、神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し。の決めゼリフも痛快。
    スカッとした逆転劇が気持ち良い、クセになるドラマです!!
  • 4号警備

    3.0
    • 出演者 3.6
    • ストーリー 3.0
    • 演技 2.6
    • 映像 3.3
    NHK総合 土曜 20:15 〜     20:43
    2017年
    最終回 2017年05月20日
    出演 窪田正孝 北村一輝 阿部純子 片岡鶴太郎 木村多江 賀来賢人 麿赤兒
    脚本 宇田学
  • 4号警備

    テンポがいい!

    4.9
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.7
    • 映像 4.0
    ふたりの会話とかがおもしろかった。
    セリフがうまい主役のふたりだけど、表情とか動きだけでもちゃんと演技ができるから、言葉の応酬と表情の演技みたいな緩急があるところもおもしろい。
    工事現場とかお店...
    続きを読む ふたりの会話とかがおもしろかった。
    セリフがうまい主役のふたりだけど、表情とか動きだけでもちゃんと演技ができるから、言葉の応酬と表情の演技みたいな緩急があるところもおもしろい。
    工事現場とかお店の警備さんはよく見かけるけど、人を警護する警備の人って、普通に生活してるとめったに見るものではないというか、見たことなんてないので、ほんとにこういう仕事あるんだなーと、ちょっと勉強になった気分。
  • 4 TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~

    3.0
    • 出演者 2.9
    • ストーリー 2.8
    • 演技 2.8
    • 映像 2.9
    フジテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2012年10月14日
    最終回 2012年12月23日
    出演 深田恭子 瀬戸朝香 時任三郎 佐々木希 要潤 瀬戸康史 梶原善
    脚本 宇田学
    主題歌 THE 5TH DIMENSION 「UP,UPANDAWAY」
  • TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~ 第1話

    深キョンが大人っぽい

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 --.-
    続きを読む 可愛らしい役が多い深キョンが管制官役に。
    大人っぽい深キョンもなかなか良いね。管制官の仕事ってよく知らなかったけど難しくて一瞬も気が抜けない大変な仕事なんだなぁって勉強になった。
    これから管制官として成長していく深キョンを見るのが楽しみ!!
  • 2020

    2019

    2018

      探偵が早すぎる

      3.9
      • 出演者 3.9
      • ストーリー 3.8
      • 演技 4.0
      • 映像 3.7
      読売テレビ系 木曜 23:59 〜     00:00
      2018年
      最終回 2018年09月20日
      出演 滝藤賢一 広瀬アリス 水野美紀 高橋努 片平なぎさ 井上真偽 宇田学
      脚本 宇田学
      主題歌 edda 「フラワーステップ」
      原作 井上真偽
    • 探偵が早すぎる

      クサい演技が面白い

      4.0
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.0
      • 映像 4.0
      キャラクターがみんな個性的で面白い!
      あまりにも突飛なシュチエーションで、リアリティーゼロなんだけど、そこがハマる。
      滝藤賢一さんの探偵は、親しみやすくて面白いし、広瀬アリスさんの一華は可愛...
      続きを読む キャラクターがみんな個性的で面白い!
      あまりにも突飛なシュチエーションで、リアリティーゼロなんだけど、そこがハマる。
      滝藤賢一さんの探偵は、親しみやすくて面白いし、広瀬アリスさんの一華は可愛いし、水野美紀さんの政子は、謎めいているけどどこか暖かい。
      この3人の、つかず離れずで、どこかで裏切りそうな、信じられない不安定な関係なんだけど、その緊張感が良い!
      さらに面白いのは、大陀羅一族。
      片平なぎささんや神保悟志さんといったベテランたちが、よくぞこんなクサい演技をやってくれた。
      本人達も演じることを楽しんでいるかのようで、オーバー気味な演技がハマる。
      なるほど…なトリックと、神のものは神に、カエサルのものはカエサルに、トリック返し。の決めゼリフも痛快。
      スカッとした逆転劇が気持ち良い、クセになるドラマです!!
    • 99.9-刑事専門弁護士-2

      4.3
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.2
      • 演技 4.2
      • 映像 4.1
      TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
      2018年
      最終回 2018年03月18日
      出演 松本潤 香川照之 岸部一徳 木村文乃 片桐仁 青木崇高 池田貴史
      脚本 宇田学
      主題歌 「Find The Answer」
    • 99.9-刑事専門弁護士-2

      主役3人の掛け合いがコミカル

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0
      主演の3名、深山(松本潤)、尾崎(木村文乃)、佐田(香川照之)の絶妙な関係性、それぞれの演技が光り、ストーリーとしても最後には守られるべき人が弁護で守られる非常にすっきりした作品。パラリーガルの... 続きを読む 主演の3名、深山(松本潤)、尾崎(木村文乃)、佐田(香川照之)の絶妙な関係性、それぞれの演技が光り、ストーリーとしても最後には守られるべき人が弁護で守られる非常にすっきりした作品。パラリーガルの方もいい味でてた。

      序盤の頃から深山の父親に関する話を持ってくるなど、シリーズの前半から終盤まで通じて見応えがある構成になっていたように思う。それぞれの人物の想いにふれ、最終回につながっていく。基本1話完結である中にもストーリー性があり、何話からでも入っていけるが、最初から見てそれぞれの人物の過去をもっと知りたくなるようにもなっていた。

      「裁判官、検察、弁護士が本来あるべきかたちから外れてしまったとき、被告人は圧倒的不条理にさられる。」

      弁護士ドラマでありながら、あくまで大事なのは3者のトライアングルという深山の発言に改めて作品の良さを感じた。弁護士だけで事実は必ずしも導かれない。それぞれの立場で様々なことを疑うからこそ真実は導かれる。どの立場も違って魅力ある仕事と見る側も感じるのではないだろうか。

      最終話では重要人物である裁判官・川上(笑福亭鶴瓶)の過去にも触れられ、シリーズ通じて言っていた「ええ判決」の定義の変化も納得のいくものだった。

      主人公側のいわゆる勝利だけでなく、敵側の川上にとっても「ええ判決」という終わり方。非常に良くできている。

    2017

    2012

    評価をする