正しいロックバンドの作り方 7話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、正しいロックバンドの作り方 が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

正しいロックバンドの作り方 7話

7話 全国放送日2020年06月01日

正しいロックバンドの作り方 7話の総合評価
1.6
  • 出演者 1.6
  • ストーリー 1.6
  • 演技 1.6
  • 映像 1.6

正しいロックバンドの作り方 7話のあらすじ

ロックバンド・悲しみの向こう側は無事に電撃ロックFesの一次審査を通過した。そして二次審査では、朝焼けをテーマに曲作りをすることが決まったが、与えられた時間はたったの一週間だった。まずは、作詞担当のシズマ(藤井流星)のために朝焼けが堪能できる場所に向かうが、なんとそこはオギノ(栗原類)の自宅だった。

【正しいロックバンドの作り方 7話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • 正しいロックバンドの作り方 第7話

    オギノ部屋の冷蔵庫には…

    2.0
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.0
    続きを読む 第7話。

    「電撃ロックFes」の一次審査を通過!
    ”悲しみの向こう側”の4人は、二次審査に挑む。
    お題は「朝焼け」。1週間後に締め切りということで
    急ピッチで取り掛かるメンバーたち。

    作詞はリーダーのシズマが担当。

    「朝焼け」が見たいと言い出し、朝焼けがキレイに見えるというベースのオギノ宅へ。

    このオギノくんの家のクセがすごい!!
    醸し出す雰囲気もなんか普通じゃない感じがしていましたが。

    時折見せていたオギノくんの納豆好き。
    打ち合わせ場所に納豆3パックを持ってきてその場で食べ始める始末。
    それもかき混ぜないで固まったまま食べるのがおいしいという。

    自宅の冷蔵庫を開けると納豆のパックと水だけ。
    モデル体型をキープする秘訣は納豆だったのね。。

    さらに畳のある部屋にはテントと寝袋、ペットのカメが。
    そのほかパソコンと黒の服という無機質な部屋。

    隠れ家というか、アジトというか、スナイパーが潜伏しそうな
    ニュアンスの部屋。
    生活感がなさすぎて。。。

    「朝焼け」を見ないと創作意欲がわかないと言っていたシズマ。
    なかなか歌詞の神様が降臨せず、期日が迫る。。

    前回作詞したときに降りたのは断食3日間した後だったという。

    でも、辛かったから断食したくないとダダをこねるシズマ。

    オギノ宅に来て数日経ってるのにやらないのかよ、シズマ。

    締め切りまであと数日なのに。そして、眠り続けるオギノ。

    歌詞が降りるスイッチを探し、オロオロするオギノ以外。

    眠り続けていたオギノが突然目を覚ます。

    オギノのシズマと思い出話がスイッチに!

    家を提供し、歌詞の降臨を促した今回の功労者オギノくんに
    納豆をたくさんたくさん買ってあげて!!

    オギノくんが眠りっぱなしだったら、、、どうなってたの!?
評価をする