千堂あきほの出演ドラマ

東京ラブストーリー

4.2
  • 出演者 4.2
  • ストーリー 4.1
  • 演技 4.1
  • 映像 4.0
フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
初回 1991年01月07日
最終回 1991年03月18日
出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
脚本 坂元裕二
主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
原作 柴門ふみ
  • 東京ラブストーリー

    「今」の「東京ラブストーリー」

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0


    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    ...
    続きを読む

    東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

    「どうしようかな、、、」

    とずっと迷ってました

    「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

    故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

    と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

    だから、どうせ観たとしても

    「ふざけんじゃねーよ!」

    って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

    しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

    自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

    そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

    僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

    そして、、





    気付くと朝でした



    僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




    「ふざけんじゃねーよ!」




    「最高じゃねーか、、、、」



    感動しました。



    このドラマに出ている俳優さん
    そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
    それらこのドラマに関わっている全ての人に

    「謝罪」と「感謝」をしたいです


    なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


    全然違いました


    ハードルなんか越えてないんです

    全く違うレーンを原作に寄り添って

    そして力強く走り抜けて行きました


    携帯電話は?


    ネットは?


    そんなのは只の雑音でした



    どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

    人は人の事を好きになる

    それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


    そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

    勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


    やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

    だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

    いいドラマはそこが圧倒的に違う

    今回もそれを凄く感じた

    このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

    しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

    元の「東京ラブストーリー」に

    「出来るだけ近づける」

    ではなくて

    「打ち勝ってやる!」

    って気迫がバンバン伝わってきた。


    何度も言うようだけど、本当に感動した。


    多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
    特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

    それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

    このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

    恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

    もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

    皆様是非










  • 振り返れば奴がいる

    3.9
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.6
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    フジテレビ系 水曜 21:00 〜     21:54
    初回 1993年01月13日
    最終回 1993年03月24日
    出演 織田裕二 石黒賢 千堂あきほ 松下由樹 佐藤B作 鹿賀丈史 中村あずさ
    脚本 三谷幸喜
    主題歌 CHAGE & ASKA 「YAHYAHYAH」
  • 振り返れば奴がいる

    生命の代償

    4.8
    • 出演者 4.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.5
    • 映像 3.0
    織田裕二と石黒賢のW主演で、おもしろみが格別だった。

    ライバル関係でもあり、お互いに似ていないことで衝突も多かった。

    お互いに頑固で認めない部分は似ていた気がする。

    織田裕二は...
    続きを読む 織田裕二と石黒賢のW主演で、おもしろみが格別だった。

    ライバル関係でもあり、お互いに似ていないことで衝突も多かった。

    お互いに頑固で認めない部分は似ていた気がする。

    織田裕二は最高の技術をもっているために首にならない。

    石黒賢は、患者から愛される模範的な医者だが、技術はそこまでない。

    石黒賢が癌に侵されて、担当者が織田裕二だったが怖くてしょうがないと思う。

    殺人マシーンな事もあり、殺されると思ったはず。

    オペは成功したが、急変して死んでしまい、わざとではないことを祈りたい。

    最後は刺されて終わるショッキングなドラマだった。
  • 2005

    1993

    1991

      東京ラブストーリー

      4.2
      • 出演者 4.2
      • ストーリー 4.1
      • 演技 4.1
      • 映像 4.0
      フジテレビ系 月曜 21:00 〜     21:54
      初回 1991年01月07日
      最終回 1991年03月18日
      出演 鈴木保奈美 織田裕二 有森也実 江口洋介 西岡徳馬 千堂あきほ 中山秀征
      脚本 坂元裕二
      主題歌 小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」
      原作 柴門ふみ
    • 東京ラブストーリー

      「今」の「東京ラブストーリー」

      5.0
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 5.0


      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      ...
      続きを読む

      東京ラブストーリー観賞させて頂きました。

      「どうしようかな、、、」

      とずっと迷ってました

      「東京ラブストーリー」という作品は僕にとって、始祖であり、神であるドラマ

      故に、そのドラマを30年の時を経てリメイクするなんて、、、、

      と、思ってしまうのが、人間のサガであろう。

      だから、どうせ観たとしても

      「ふざけんじゃねーよ!」

      って思うのがオチかと考えると、どうしても手を出せずにいたのです、、、

      しかし、観たらダメだと思えば思うほど観たくなるのも人間のサガ

      自粛期間中に仕事が無いというのも背中を押して、ついに、FODに手を出してしまったのです、、、

      そして、ホーム画面を開くと、そこに堂々とたたずむ「東京ラブストーリー」

      僕は覚悟を決めて、恐る恐る第1話をタップしました

      そして、、





      気付くと朝でした



      僕は、一切止まる事なく、最終話まで見きってしまったのです




      「ふざけんじゃねーよ!」




      「最高じゃねーか、、、、」



      感動しました。



      このドラマに出ている俳優さん
      そして脚本家さん監督さんプロデューサーさん
      それらこのドラマに関わっている全ての人に

      「謝罪」と「感謝」をしたいです


      なんとなく、僕の勝手な想像で、凄過ぎる「東京ラブストーリー」ブランドのハードルに怖気付いてしまうんでは無いかとか、越えることなんか出来ないんではないかとか、そう思っていたんです。


      全然違いました


      ハードルなんか越えてないんです

      全く違うレーンを原作に寄り添って

      そして力強く走り抜けて行きました


      携帯電話は?


      ネットは?


      そんなのは只の雑音でした



      どんなに時代が流れようと、科学が発展しようが

      人は人の事を好きになる

      それ以外の事は只の飾りなだけなのです。


      そして、今回の「東京ラブストーリー」は、それを見事に体現してくれました。

      勿論、練りに練られた、工夫の上に成り立っているわけですが、それでも、本当に素晴らしかった。


      やっぱり、いつも思うんですが、ドラマって当たり前だけど、一人で作ってるわけでは無い

      だから、チーム全体のやる気と言うか、なんか、迫力みたいなものが伝わっちゃう

      いいドラマはそこが圧倒的に違う

      今回もそれを凄く感じた

      このプロジェクトって、やりたいって皆が感じる反面、かなりの確率で、批判を受ける、そして、これくらいの伝説の作品にメスを入れようもんなら、その炎上は計り知れない。

      しかし、そこに対して、全力でそのままの「今」の「東京ラブストーリー」でぶつかって行った

      元の「東京ラブストーリー」に

      「出来るだけ近づける」

      ではなくて

      「打ち勝ってやる!」

      って気迫がバンバン伝わってきた。


      何度も言うようだけど、本当に感動した。


      多分、大半の方が、この作品に対して僕と同じで足踏みしていると思う。
      特に「東京ラブストーリー」を好きな人なら尚更

      それって僕達世代の一番の駄目なところで、自分も含めてですが、過去に囚われて勝手に諦めて、前に進めてない世代だと思う

      このドラマはそんな僕達に向けて作られたドラマなのかもしれない

      恐れて、今まで通りばっかりの自分を今日で卒業出来そうな気がする。

      もし、手を出せずに悩んでる方がいるのならば、是非その人にこそ観て欲しいドラマです。

      皆様是非










    評価をする