三田佳子の出演ドラマ

凪のお暇

4.1
  • 出演者 4.0
  • ストーリー 4.0
  • 演技 4.1
  • 映像 3.9
TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
2019年
最終回 2019年09月20日
出演 黒木華 高橋一生 中村倫也 市川実日子 三田佳子 吉田羊 武田真治
脚本 大島里美
主題歌 miwa 「リブート」
原作 コナリミサト
  • 凪のお暇 第3話

    同僚勝ち組のはずの足立さんの闇

    4.5
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    再放送してくれてつい見入る。
    3話のエピソードはけっこう好きな話です。

    婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

    同僚の時、足立さんはとにかく態度も...
    続きを読む 再放送してくれてつい見入る。
    3話のエピソードはけっこう好きな話です。

    婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

    同僚の時、足立さんはとにかく態度も口も悪いし、とにかく調子よく勝ち組人生でいたい人で、そこに凪ちゃんを巻き込む人だった。

    そんな足立さんですが、断れなくて絡まれている凪ちゃんを気づかず助けます。「あなたもしっかり断りなさいよ!」って言いながら。

    すんごい嫌われる足立さんだけど、けっこういいやつなんです。単品だと。
    そう、この単品ってすごく曲者。

    グループにいてボスキャラになってしまうことで、強がったり見栄はったり忙しい足立さん。これは足立さんが思い描く、周囲から求められる立場を演じた結果であり、そこで負けるのもできないって言うのもプライドが許さない。さて、思い出しますね、慎二です。

    足立さんと慎二は勝ち組っぽいけど、本人は無理に勝ち組でいようと空気を読み、うまくやろうと虚勢をはる。そして結局やらかす。

    だから人目がないときはけっこういいやつ。見ず知らずの気弱な女の子助けるくらいには。(実際は凪だったけど)

    そして凪ちゃんは我慢するのをやめて、ラウンドでカウンターかましてしまう。でもその理詰めは凪ちゃんも傷つけた。
    結局凪ちゃんも同じで、見えるところしか見ていなくて、浅ましいって殴ったけど、その言葉は凪ちゃんも殴っていった。

    足立さんの普段はほめられたもんじゃないけど、そう生きなきゃいけない人って案外たくさんいるんだろうな。ボスの役、陰キャな役。とりまきの役。わかるーって同調する役。

    でも本当のことはないから壊れるのは早い。

    足立さんは自分を強いとは思ってなくて、多分彼女を主役にするなら「強がっているけど本当は弱いのに見栄を張り、彼氏からはお前は俺がいなくてもいいだろって言われそうなキャラクター。本人から見れば違うのに。

    自分が見ている自分と人が見ている自分、見られている自分、それぞれの付き合い方で何を大事にしたらいいか、足立さんの闇と弱さと迷いは、自分もちゃんと考えたいなって思うポイント。

    結末は知ってるけど、足立さん、いい変化が最終回後にもあるといいな。演じる友より、本音の友の方がきっと幸せだ。
  • 過保護のカホコ

    4.1
    • 出演者 4.1
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.0
    • 映像 4.0
    日本テレビ系 水曜 22:00 〜     23:00
    初回 2017年07月12日
    最終回 2017年09月13日
    出演 高畑充希 黒木瞳 時任三郎 平泉成 竹内涼真 三田佳子 佐藤二朗
    脚本 遊川和彦
    主題歌 星野源 「FamilySong」
  • 過保護のカホコ

    幸せな気分になった

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    高畑充希ちゃん演じるカホコへの黒木瞳さん演じる母親の過保護っぷりがすごい!
    でもいいか悪いかは別としてそこまで娘を愛し尽くせる母親の愛情は素晴らしいと思った。
    家族愛が薄くなってきている今、とて...
    続きを読む 高畑充希ちゃん演じるカホコへの黒木瞳さん演じる母親の過保護っぷりがすごい!
    でもいいか悪いかは別としてそこまで娘を愛し尽くせる母親の愛情は素晴らしいと思った。
    家族愛が薄くなってきている今、とても幸せな気分になれる作品でした!
  • ドクターX~外科医・大門未知子~2

    3.7
    • 出演者 3.7
    • ストーリー 3.5
    • 演技 3.6
    • 映像 3.6
    日本テレビ系 木曜 21:00 〜     21:54
    2013年
    最終回 2013年12月19日
    出演 米倉涼子 三田佳子 西田敏行 藤木直人 内田有紀 笹野高史 遠藤憲一
    脚本 中園ミホ
    主題歌 Superfly 「Bi-Li-Li Emotion」
  • ドクターX~外科医・大門未知子~2

    面白いドラマ!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 待ってました大門先生!という感じ!
    シーリズに渡り、いつもの未知子節はたまらなくいい!
    そして、どんな難な手術にも、救いたいという気持ちだけで立ち向かう姿勢が素晴らしくて本当に面白い。
    「私失敗しないので」のフレーズが好き!
    今回最後は自分も病に倒れたけど、自分のオペのやり方までノートに書いて納めとくとは中々だった!
    痛みに耐えて患者のオペをしていたシーンかなり感動した。
    医師のドラマの中で1番好きです。
    本当に面白いドラマです!
  • 4 小さな巨人

    3.6
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 3.4
    • 演技 3.5
    • 映像 3.4
    TBSテレビ系 日曜 21:00 〜     21:54
    初回 2017年04月16日
    最終回 2017年06月18日
    出演 長谷川博己 岡田将生 香川照之 芳根京子 安田顕 春風亭昇太 駿河太郎
    脚本 丑尾健太郎 成瀬活雄
    主題歌 平井堅 「ノンフィクション」
  • 小さな巨人

    複雑に絡み合う、警察の闇を暴く

    5.0
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 5.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    続きを読む 警察内部との確執を描いたドラマで、はじめは難しい内容なのではと思っていた。当初は出世のことしか考えていない視聴者側から見ても嫌な奴というような冷たい演技だったのだが、途中から仲間と協力し合いやりがいを感じていく変化がとても表情に出ていて面白かった。最後は内部の闇を暴き、トップになった存在感も良かった。
  • 5 うぬぼれ刑事

    3.3
    • 出演者 3.2
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    TBSテレビ系 金曜
    2010年
    出演 長瀬智也 生田斗真 西田敏行 中島美嘉 要潤 荒川良々 矢作兼
    脚本 宮藤官九郎
    主題歌 TOKIO 「NaNaNa(太陽なんていらねぇ)」
  • うぬぼれ刑事

    長瀬の演技が最高!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 5.0
    続きを読む 毎回繰り広げられる、主演の長瀬智也のうぬぼれ加減が最高に面白かった!
    すぐ女性を好きになってしまうところ、好きになった相手がみんな事件の犯人として捕まってしまうところ、とにかく見ていて可哀想で、でも憎めないキャラだと思った。
    中島美嘉の演技も上手いし、可愛いし最高だった。
  • 6 緊急取調室2

    3.2
    • 出演者 3.3
    • ストーリー 3.2
    • 演技 3.3
    • 映像 3.0
    テレビ朝日系 木曜 21:00 〜     21:54
    初回 2017年04月20日
    最終回 2017年06月15日
    出演 天海祐希 田中哲司 小日向文世 大杉漣 速水もこみち 鈴木浩介 大倉孝二
    脚本 井上由美子
    主題歌 AI 「最後は必ず正義が勝つ」
  • 緊急取調室2

    吉川愛さんが素晴らしかった最終回

    4.1
    • 出演者 3.9
    • ストーリー 3.8
    • 演技 3.9
    • 映像 3.7
    続きを読む 元中学校校長の染谷巌がいずれかの事件に関わっていると思いましたが、原因が教え子と不倫したからだというのは衝撃的でした。それから大学生の北山未亜役の吉川愛さんの演技が素晴らしかったです。吉川さんは子役から女優をやっていて、いったんは勉強に専念するために芸能界を引退したそうですが、又女優に復帰したそうです。まだ19歳なので、これからとても飛躍していくと思いました。
  • 7 花燃ゆ

    3.0
    • 出演者 3.1
    • ストーリー 2.9
    • 演技 3.0
    • 映像 3.1
    NHK総合 日曜 18:00 〜     18:44
    初回 2015年01月04日
    最終回 2015年12月13日
    出演 井上真央 大沢たかお 北大路欣也 長塚京三 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大
    脚本 大島里美
  • 花燃ゆ

    偉人の妹の生涯を丹念に追いかけた物語

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.5
    吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真...
    続きを読む 吉田松陰の妹・美和を主人公に据えたということで、彼女の眼を通して”松陰先生”を描いた異色作。
    その彼女が明治維新を生き抜いて、さらに明治の代に女性の意識改革を行ったという女傑の一代記で、井上真央ちゃんが凛々しくチャーミングに演じていて、最後までぐいぐい引っ張られてみてた。
    最後の鹿鳴館のドレス姿が本当に素晴らしくて、そんなシルクを作り、海外に売り出して日本を豊かにすることを目的に啓蒙していた美和は凄い、と思った。
  • 8 国盗り物語

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1973年01月07日
    最終回 1973年12月23日
    出演 平幹二朗 高橋英樹 近藤正臣 松坂慶子 千秋実 南風洋子 田崎潤
    脚本 大野靖子
    原作 司馬遼太郎
  • 国盗り物語

    私にとっては、大河史上最高傑作。

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 3.5
    このドラマを見る2年ほど前から近藤正臣さんのファンだったのでワクワクして見たっけな。
    でも高橋英樹さんも火野正平さんも林隆三さんもみんな若々しくてエネルギッシュで
    一週間の中でも一番好きな番...
    続きを読む このドラマを見る2年ほど前から近藤正臣さんのファンだったのでワクワクして見たっけな。
    でも高橋英樹さんも火野正平さんも林隆三さんもみんな若々しくてエネルギッシュで
    一週間の中でも一番好きな番組だったもんね。
    当時は家庭用のビデオはなかったから、カセットテープに音声だけ録音してたほど!
    ビデオテープが発売された時はもちろん速攻買い。
    そのあとからビデオデッキを買ったというから、笑っちゃうよね。
  • 9 いのち

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1986年01月05日
    最終回 1986年12月14日
    出演 三田佳子 役所広司 石野真子 伊武雅刀 菅井きん 内田慎一 二階堂千寿
    脚本 橋田壽賀子
    原作 橋田壽賀子
  • いのち

    みきお嬢さまが必要だ!頑張れ!

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 5.0
    • 演技 5.0
    • 映像 4.0
    大河ドラマで、あんなに没頭して観たのは後にも先にも「いのち」だけだよ!脚本が橋田壽賀子と知り納得!主演の三田佳子もすごく良かった!演技だとは一切思えない、主人公みきそのものだったよ!それにしても... 続きを読む 大河ドラマで、あんなに没頭して観たのは後にも先にも「いのち」だけだよ!脚本が橋田壽賀子と知り納得!主演の三田佳子もすごく良かった!演技だとは一切思えない、主人公みきそのものだったよ!それにしてもあんなに試練が押し寄せなくてもいいのにって思うくらい波乱万丈のみきだけど、剛造と結婚した時は心から良かったと涙が出たよ!みきは苦労した分絶対に幸せにならなきゃならん人だよ!ああいう志を持った人だけ医師になって欲しいね!
  • 10 花の乱

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    NHK総合 日曜 20:00 〜     20:45
    初回 1994年04月03日
    最終回 1994年12月11日
    出演 三田佳子 市川團十郎 松たか子 市川新之助 佐野史郎 草刈正雄 かたせ梨乃
    脚本 市川森一
  • 花の乱

    野村萬斎と松たか子の出世作!

    4.8
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.0
    • 演技 4.5
    • 映像 4.0
    三田佳子演じる日野富子の若い頃を、デビューしたての松たか子が演じており、これが実質のメジャーデビューとなったらしい。
    まだ緊張している様子のお芝居は初々しくてかわいかった。
    物語中盤から出て...
    続きを読む 三田佳子演じる日野富子の若い頃を、デビューしたての松たか子が演じており、これが実質のメジャーデビューとなったらしい。
    まだ緊張している様子のお芝居は初々しくてかわいかった。
    物語中盤から出てきた野村萬斎は細川氏の統領である細川勝元を演じており、この芝居の中でその立ち居振る舞いから所作など含めて「この作品の中の唯一の本物」という称賛を受けた記念すべきドラマ。
    舞うシーンは舞台を観ているようで、目が釘付けになった。
  • 2019

      凪のお暇

      4.1
      • 出演者 4.0
      • ストーリー 4.0
      • 演技 4.1
      • 映像 3.9
      TBSテレビ系 金曜 22:00 〜     22:54
      2019年
      最終回 2019年09月20日
      出演 黒木華 高橋一生 中村倫也 市川実日子 三田佳子 吉田羊 武田真治
      脚本 大島里美
      主題歌 miwa 「リブート」
      原作 コナリミサト
    • 凪のお暇 第3話

      同僚勝ち組のはずの足立さんの闇

      4.5
      • 出演者 5.0
      • ストーリー 5.0
      • 演技 5.0
      • 映像 4.0
      再放送してくれてつい見入る。
      3話のエピソードはけっこう好きな話です。

      婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

      同僚の時、足立さんはとにかく態度も...
      続きを読む 再放送してくれてつい見入る。
      3話のエピソードはけっこう好きな話です。

      婚活パーティーでかつての凪ちゃんの職場の女子ボス足立さんと図らずも再会。

      同僚の時、足立さんはとにかく態度も口も悪いし、とにかく調子よく勝ち組人生でいたい人で、そこに凪ちゃんを巻き込む人だった。

      そんな足立さんですが、断れなくて絡まれている凪ちゃんを気づかず助けます。「あなたもしっかり断りなさいよ!」って言いながら。

      すんごい嫌われる足立さんだけど、けっこういいやつなんです。単品だと。
      そう、この単品ってすごく曲者。

      グループにいてボスキャラになってしまうことで、強がったり見栄はったり忙しい足立さん。これは足立さんが思い描く、周囲から求められる立場を演じた結果であり、そこで負けるのもできないって言うのもプライドが許さない。さて、思い出しますね、慎二です。

      足立さんと慎二は勝ち組っぽいけど、本人は無理に勝ち組でいようと空気を読み、うまくやろうと虚勢をはる。そして結局やらかす。

      だから人目がないときはけっこういいやつ。見ず知らずの気弱な女の子助けるくらいには。(実際は凪だったけど)

      そして凪ちゃんは我慢するのをやめて、ラウンドでカウンターかましてしまう。でもその理詰めは凪ちゃんも傷つけた。
      結局凪ちゃんも同じで、見えるところしか見ていなくて、浅ましいって殴ったけど、その言葉は凪ちゃんも殴っていった。

      足立さんの普段はほめられたもんじゃないけど、そう生きなきゃいけない人って案外たくさんいるんだろうな。ボスの役、陰キャな役。とりまきの役。わかるーって同調する役。

      でも本当のことはないから壊れるのは早い。

      足立さんは自分を強いとは思ってなくて、多分彼女を主役にするなら「強がっているけど本当は弱いのに見栄を張り、彼氏からはお前は俺がいなくてもいいだろって言われそうなキャラクター。本人から見れば違うのに。

      自分が見ている自分と人が見ている自分、見られている自分、それぞれの付き合い方で何を大事にしたらいいか、足立さんの闇と弱さと迷いは、自分もちゃんと考えたいなって思うポイント。

      結末は知ってるけど、足立さん、いい変化が最終回後にもあるといいな。演じる友より、本音の友の方がきっと幸せだ。

    2017

    2015

    2013

    2010

    1994

    1986

    1973

    1968

    1965

    評価をする