NEWSの主題歌ドラマ

ゼロ~一獲千金ゲーム~

3.8
  • 出演者 3.6
  • ストーリー 3.8
  • 演技 3.6
  • 映像 3.7
日本テレビ系 日曜 22:30 〜     23:24
2018年
最終回 2018年09月16日
出演 加藤シゲアキ 間宮祥太朗 小池栄子 梅沢富美男 小関裕太 加藤諒 岡山天音
脚本 小原信治
主題歌 NEWS 「生きろ」
原作 福本伸行
  • ゼロ~一獲千金ゲーム~

    絶対ありえない設定

    2.8
    • 出演者 2.0
    • ストーリー 2.0
    • 演技 2.0
    • 映像 2.5
    続きを読む 漫画の実写ということで。漫画は読んでいないのですが、現実社会ではありえない話すぎるので。NEWSのメンバーフル出演で、なんで今更こんなにNEWS推し?!と不思議に思いました。ちょっと過激なので観ていて怖かったのですが、だんだんそういったシーンは減り、最終的には友情推しのストーリーにまとまっていったので、よかったかなと思います。
  • 時をかける少女

    3.0
    • 出演者 3.0
    • ストーリー 3.0
    • 演技 3.0
    • 映像 3.0
    日本テレビ系 土曜 21:00 〜     21:54
    2016年
    最終回 2016年08月06日
    出演 黒島結菜 菊池風磨 竹内涼真 吉本実憂 高橋克実 加藤シゲアキ 高畑淳子
    脚本 渡部亮平
    主題歌 AKB48 「LOVE TRIP」
    NEWS 「恋を知らない君へ」
    原作 筒井康隆
  • 時をかける少女

    感動するストーリー

    5.0
    • 出演者 5.0
    • ストーリー 4.5
    • 演技 5.0
    • 映像 4.5
    夏といえば時をかける少女を見たくなる季節です。
    タイムリープできるストーリー。

    青春だなと思いました。タイムリープしていろんなことを解決して、それに感動する場面もあり面白かった。感動した。
    夏...
    続きを読む 夏といえば時をかける少女を見たくなる季節です。
    タイムリープできるストーリー。

    青春だなと思いました。タイムリープしていろんなことを解決して、それに感動する場面もあり面白かった。感動した。
    夏のドラマの中で一番好きなドラマです。
  • レンタルなんもしない人

    2.9
    • 出演者 2.9
    • ストーリー 2.8
    • 演技 2.9
    • 映像 2.7
  • レンタルなんもしない人 第8話

    なんもしない人に惹かれる理由

    3.5
    • 出演者 --.-
    • ストーリー --.-
    • 演技 --.-
    • 映像 --.-
    続きを読む 8話目にして初視聴。
    トリッキーな存在についていろいろと語るのは無粋な気もするけど
    何かをしなくともお金を稼げる、という設えがとても現代的だと思う。
    実際のモデルがいると理解してる。

    第8話は婚活で悩む男性につきそい、デートをトレース。
    だが意見を言うわけでもなく、ただパンケーキを食べ、占いにつきあい、ボートに乗る。それだけ。主人公は確かに何もしない。だが依頼人の中では次々と感情が生まれては消え、変化する。何もしない分、依頼人の内心が吐露され自己認識が進んでいく、という感じだろうか。

    何もせずとも、何かをしている。
    何もしないことで、何かを起こしている。

    でもそれは主人公の意図でも戦略でもない。そうだったら面白くない。ただ飄々と、事態の中で呼吸してるだけ。とはいえ透明ではなく、むしろとても不透明な存在だ。演じる増田さんの雰囲気がよく合ってる。

    人は何かをするからお金をもらうことができ、生きていくことができる。存在を許される。
    そんな風に感じている人は多い。

    でも心のどこかでは、何らかの根拠や理由なしに自分の存在を肯定されたい、という思いをもっている。
    この物語に視聴者が惹かれるのは、この希望にドラマの設えが応える格好になっているからかも知れない、などとも思った。

    何もしなくとも、ただ正直でいるだけで、人は周囲に何かを引き起こす。
  • 2020

      レンタルなんもしない人

      2.9
      • 出演者 2.9
      • ストーリー 2.8
      • 演技 2.9
      • 映像 2.7
    • レンタルなんもしない人 第8話

      なんもしない人に惹かれる理由

      3.5
      • 出演者 --.-
      • ストーリー --.-
      • 演技 --.-
      • 映像 --.-
      続きを読む 8話目にして初視聴。
      トリッキーな存在についていろいろと語るのは無粋な気もするけど
      何かをしなくともお金を稼げる、という設えがとても現代的だと思う。
      実際のモデルがいると理解してる。

      第8話は婚活で悩む男性につきそい、デートをトレース。
      だが意見を言うわけでもなく、ただパンケーキを食べ、占いにつきあい、ボートに乗る。それだけ。主人公は確かに何もしない。だが依頼人の中では次々と感情が生まれては消え、変化する。何もしない分、依頼人の内心が吐露され自己認識が進んでいく、という感じだろうか。

      何もせずとも、何かをしている。
      何もしないことで、何かを起こしている。

      でもそれは主人公の意図でも戦略でもない。そうだったら面白くない。ただ飄々と、事態の中で呼吸してるだけ。とはいえ透明ではなく、むしろとても不透明な存在だ。演じる増田さんの雰囲気がよく合ってる。

      人は何かをするからお金をもらうことができ、生きていくことができる。存在を許される。
      そんな風に感じている人は多い。

      でも心のどこかでは、何らかの根拠や理由なしに自分の存在を肯定されたい、という思いをもっている。
      この物語に視聴者が惹かれるのは、この希望にドラマの設えが応える格好になっているからかも知れない、などとも思った。

      何もしなくとも、ただ正直でいるだけで、人は周囲に何かを引き起こす。

    2018

    2016

    評価をする