まんぷく 60話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、まんぷく が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

まんぷく 60話

60話 全国放送日2018年12月08日

まんぷく 60話の総合評価
3.3
  • 出演者 3.3
  • ストーリー 3.4
  • 演技 3.3
  • 映像 3.3

まんぷく 60話のあらすじ

萬平はビンガムに自分以外の人間だけでも釈放してくれるように交渉する。自分のことより他人を優先する萬平を犯罪者と思えないビンガムは、もう1度だけ手榴弾漁の検証をやらせることにした。

【まんぷく 60話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • まんぷく 第60話

    ついにクライマックス!

    4.6
    • 出演者 4.5
    • ストーリー 4.8
    • 演技 4.5
    • 映像 4.6
    続きを読む 福子さん(安藤)が英語で必至に訴えた言葉は進駐軍の人達に届くのでしょうか。
    その行方がとても気になる今日の「まんぷく」です。

    福子さんが萬平さん(長谷川)と従業員の皆に向けて書いた手紙は皆の元に届けられました。
    皆は福子さんの思いに大感動!
    福子さんの手紙は萬平さん、そして従業員皆に希望を与えました。
    全員元気を取り戻します!

    そして、三田村会長(橋爪)も進駐軍に萬平さんの無実を訴えます。
    しかし、それでもまだ進駐軍は信じません。
    萬平さんを軍事裁判にかけるという進駐軍に対し、「僕は構わないから、従業員の皆を釈放してくれ。」という萬平さんに萬平さんの人間性を見ました。
    このような萬平さんだからこそ、証拠人として誰を取り調べても、萬平さんのことを悪く言う人はいなかったのだと思います。

    場所は変わってたちばな塩業事務所。
    鈴お母さん(松阪)は事情聴取の結果が気になってソワソワ・・・。
    一方、福子さんはドンとしています。
    「あんたは不安ではないの?」という鈴お母さんに対して、「どんな時もうろたえてはいけませんと教えてくれたのはお母さんでしょ。私は武士の娘の娘ですから。」と福子さん。
    お母さんの名台詞を取っちゃいました(笑)
    こんな深刻な状況の中でも、ほっこりする会話がチラホラ。
    これが私が一番大好きな「まんぷく」の面白さです!

    そして、進駐軍が再度やってきます。
    世良さん(桐谷)の言う通り、時間を変えて海に手榴弾を投げることにしたようです。
    最後のチャンス。これで失敗したら萬平さんは・・・。
    息を飲んだ次の瞬間!
    「きたーーーーーー!!!」
    と思わず、テレビの前で叫んでしまいました(笑)
    海に入って喜ぶ福子さん!
    誰よりも心配し、不安だったにもかかわらず、萬平さんを、そして運命を信じた福子さん。
    本当によかったです!!

    たちばな塩業全員釈放され、一件落着!
    本当に今週の「まんぷく」にはハラハラさせられました(笑)

    しかし、このままでは終わらないのが「まんぷく」!
    来週からの新たなスタートも楽しみです!!


評価をする