まんぷく 58話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、まんぷく が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

まんぷく 58話

58話 全国放送日2018年12月06日

まんぷく 58話の総合評価
2.7
  • 出演者 2.6
  • ストーリー 2.9
  • 演技 2.7
  • 映像 2.6

まんぷく 58話のあらすじ

萬平の無実を信じる牧と加地谷は進駐軍まで行き萬平の人柄について語る。しかし萬平の会社は塩の取引停止を通告されてしまう。福子は萬平を助ける為に英語で無実を訴える練習をする。

【まんぷく 58話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • まんぷく 第58話

    絶体絶命のたちばな塩業

    3.8
    • 出演者 3.5
    • ストーリー 4.0
    • 演技 3.8
    • 映像 3.6
    続きを読む 魚を撮っていたことを実証できるチャンスに失敗した萬平さん(長谷川)たち。
    そんな萬平さんたちの無実を証明しようと、今度は福子さんの知り合いの大阪歯科医師会理事や、萬平さんとちょっといざこざのあった知り合いのちんどん屋も立ち上がります。
    しかし、またもや進駐軍は聞く耳を持ちません。
    世良さん(桐谷)も魚は時間帯が悪かったからいなかっただけ。もう一回検証してくれと頼みます。
    たしかに、同意見です。本当に実験するならそこも合わせないとわかりませんよね(汗)
    ちょっと事件を解決するサスペンスを見ているようでした。
    しかし、それも全く聞かない進駐軍。

    一方、福子さん(安藤)の方には専売局から契約を打ち切るとの電話が。
    八方塞がりのたちばな塩業。
    なんとかならないのでしょうか。
    それでも「なんとかなる、大丈夫」と信じて元気に振る舞う福子さん。
    すごいメンタルだと思いました。
    物事何があってもポジティブに考えることの大切さを学んだ気がしました。

    さらに福子さんは自ら進駐軍に訴えるべく、日本語を英語に訳し始めました。
    いつもと違う福子さんの姿。なんかとてもかっこいいです!!
    がんばれ、福子さん!!
評価をする