まんぷく 51話のあらすじ、放送時間、出演者、脚本家、主題歌、まんぷく が見られる動画配信サイトの情報を掲載。現在1 件の口コミ(レビュー)・感想・評価を見ることが出来ます。

まんぷく 51話

51話 全国放送日2018年11月28日

まんぷく 51話の総合評価
2.7
  • 出演者 2.7
  • ストーリー 2.6
  • 演技 2.9
  • 映像 2.8

まんぷく 51話のあらすじ

ダネイホン組と塩作り組が激しい喧嘩を始めてしまう。仲裁に入った萬平は、社員の不仲が自分のせいであることに気がつく。そこで萬平は、全員にダネイホン作りをしてもらうことにする。

【まんぷく 51話のみんなの口コミ・感想・評価】

  • まんぷく 第51話

    ケンカだらけの新規事業

    3.8
    • 出演者 3.8
    • ストーリー 3.5
    • 演技 4.0
    • 映像 3.9
    続きを読む 「仕事に集中したいんだ。子育てはお前に任せる。」
    と、話はいきなり夫婦ゲンカから始まりました。
    体調の悪かった源ちゃんの様子も見なかったという萬平さん(長谷川)。
    その表情はいつもの優しい萬平さんとは違い、怖いくらいの真剣なものでした。
    仕事のことで頭がいっぱいで、何も見えなくなってしまっているのですね。
    「許したらダメ」
    という鈴お母さん(松坂)に、福子さん(安藤)も
    「私は遠慮しません!」と決意しました。
    でも、いざ萬平さんの前になると・・・(笑)
    やっぱり福子さんは優しいなあ、いい奥さんだなあ、と夫婦ゲンカさえもほっこりしてしまいました。
    しかし、そんな福子さんでも少し悩んでしまっていたようでした。
    そんな時、亡くなった咲お姉さん(内田)が福子さんの夢枕に現れました。
    「お互いの足りない部分を補い合うのが夫婦」だという咲お姉さん。
    咲お姉さんの温かい眼差しに心が包み込まれたようでした。

    夫婦喧嘩も一件落着と思った矢先、今度はたちばな塩業の従業員たちが大ゲンカ。
    新規事業のダネイホン組に対して塩組の不満が爆発したようです。
    それを見た萬平さんは、みんながダネイホンを作りたがっていると勘違い。
    塩組に、「ダネイホンの材料を取ってくる」という仕事を増やしてしまいます。
    案の定、「仕事が増えるばかり」「やってられっか」と、従業員の不満が溜まってしまいました。
    従業員のみんなに嬉しそうに「がんばろう!」と声をかける萬平さん。
    少し空回りしてしまっているようですが、その萬平さんの声を聞いて、みんなが一つになってくれるといいなと心から思いました。
    頑張れ、萬平さん!!

評価をする